これといって熱狂的ファンではないので、どうでもいいことのように思いますが、ちょっと豆知識として知っておきたいのですが・・・、

言わずと知れたタラス、MR・BIG等で有名なベーシストですが、いつの頃から「ビリー・シーン」って呼ばれるようになりましたよねぇ?。私の記憶に間違いなければ、タラスの頃は「ビリー・シーハン」って呼ばれていたと思うのですが・・・。

「ビリー・シーン」って名前なんですかねぇ?それとも愛称?。「ビリー・シーン」って言う呼び方は、世界共通なんですかねぇ?(日本だけ?)。呼ばれ方が違う(改名?)ことに、何か意味があるのですかねぇ?(例えば安岡力也さんのように、離婚して「力也」になったみたいな・・・)。

くだらない質問ですんません。よかったら教えて下さいませ。失礼いたしました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 昔からハードロックを聴いている人ならその経緯もよく知っていると思うのですが


そういう勘違いをする人がいるのも仕方ないかもしれませんね。

 日本では最初「ビリー・シーハン」として紹介されたのですが
恐らくレコード会社の担当者がBilly Sheehanというスペルを見て
(これはビリー・シーハンと読むんだろうなあ)と思い込んだのでしょう。
確かにローマ字読みすればシーハンですね。
そしてそのまま印刷され、プレスもその資料を基にビリー・シーハンとして紹介したのですが
いざアメリカで取材をしようとすると
「ビリー・シーハンって誰?」ってことになったんです。
説明すると「ああ、ビリー・シーンのことか」とやっとわかってもらえた。
つまり発音は「シーハン」ではなかったのです。
ちょっとこれは恥ずかしいぞということになり、
レコード会社も「シーハン」をやめて「シーン」とするようになった。
と、こういう経緯を伊藤政則がPRTでしゃべっていました。

 こういうことは時々あります。
例えば「クリエイター」と呼ばれていたバンドが発音重視になって「クリーター」になりましたが
最近ではまた「クリエイター」に戻ったようです。
英語をカタカナで表記するということ自体無理がありますから
もちろん「ビリー・シーン」だって正確な発音ではないはずです。
ただ、原語に近い読み方として「ビリー・シーン」として日本では統一されている
そういうふうにお考えになった方がいいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参入ありがとうございます。

ハードロック聴き始めて20年以上になりますが、そんな経緯があるとは全く知りませんでした(興味がなかったので、気にも留めていませんでした)。ここで質問しなければ、間違ったまま時を過ごしていましたねぇ。

「シーハン」では通じない「シーン」でやっと通じた。しかもその「シーン」も正確ではなく、日本人向けってことですねぇ。発音が難しいのか、カタカナがいい加減なのか、難しい?問題ですねぇ。

いろいろとありがとうございました。

お礼日時:2002/02/07 16:21

 「多分」じゃなくて100%正解ですよ。


伊藤政則がつくってなければ。
影響力のある人間にあれだけラジオで言われたら、変更せざるを得なかったんだと思いますが。

 大体カタカナ表記なんていいかげんなものです。
例えば「ゲイリー」なんて呼びかけたって全然通じません。
「ギャリー」と呼んで初めて自分のことだと認識してくれます。
でも慣用的にGaryは「ゲイリー」と表記するようになっていますね。
ついでに言いますと、「デヴィッド」も通用しません。
日本のファンは何て叫んでいるんだろうとDavidは不思議に思っていて
日本側のスタッフに聞いて初めて自分の名前なんだと知るそうです。
もちろん知らないままに帰っていくDavidも多いでしょうね。
でも日本語では表記しようがないので「デヴィッド」となっているだけなのです。
これにしても「デヴィッド」あり「デビッド」あり、
表記については慣例に従っているだけのことのようです。
ビリーの表記の変更の経緯については前述の通りです。
    • good
    • 0

多分todorokiさんのお話でいいと思います。

「もしもしビリー・シーハンさんですか?」「誰だよそれ?」という会話が交わされたかもしれません。女子ゴルファーでパティ・シーハン(Patty Sheehan)という方がいたのでそれに従ったのかもしれません。

こんな例はいくらでもあります。先日のスーパーボウルを制したのはペイトリオッツ、ミサイルはパトリオット。ボブ・ディランは昔はダイランだったそうです。これは一旦定着すると訂正が面倒ですね。最近ではネッスルからネスレに変わりましたね。

ただ米国以外でなんと呼ばれているかは分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参入ありがとうございます。

担当者がいい加減なのか、発音が難しいのか、カタカナでは無理があるのか、どれにせよ難しい?問題ですねぇ。

いろいろとありがとうございました。

お礼日時:2002/02/07 16:34

たしかスペルはSheehanですよね。


要はそれをどうカタカナ表記で書くかってことでないっすか?。
別に本人が改名したワケではないと思いますが(笑)。
まっ、たぶん実際の発音はシーンとシーハンの中間ぐらいなんでしょーね。いや、よくは知りませんが(笑)。
これが本名かどうかは知りませんです。だふんそうだと思うけど....。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お世話になってます。参入ありがとうございます。

pirorikinさんの回答をたまに拝見する機会がありますが、いやぁ~~、大変おもしろいお方でございますねぇ。いい意味でナイスなボケっていうのでしょうかねぇ・・・(笑)。失礼いたしました。

またの御参入心よりお待ちしております。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/07 16:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最初と最後のシーンが同じなのに意味が違ってみえる

最初と最後のシーンが同じなのにストーリーの流れによって意味が違ってみえる映像作品(映画、ドラマ、PV等)を探しています。
最初と最後に限らず一つの作品の中で同じシーンが流れるが意味が違ってみえる、というような効果があるものでも構いません。
全く同じシーン(映像)でなくても、同じ様な行動をしているけど意味が違ってみえる効果があるものでもかまいません。
なるべく多く知りたいです。
ジャンルや国、映像形態の種類は問いませんが、レンタルや購入、インターネットでの視聴が可能なものですと大変助かります。
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

「アラビアのロレンス」や「戦場にかける橋」などの大作で知られるデビッドリーンの初期作品に「逢びき」という恋愛ものがありますが、駅のシーンから始まり、駅のシーンで終わるという回想形式を取っていて、ファーストシーンではカメラの前から居なくなった主人公の女性が、ラストシーンではなぜそうしたのかが解るという仕掛けになっています。
この効果は絶大で映画史にも残る傑作として知られています。
レンタル店にも置いてあるショップはあると思います。DVDには何度もなっているので購入は可能です。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=298


劇中の同じシーンなのに意味が変わって見えるようにしている作品で有名なのはスタンリーキューブリックのこれも初期作品「現金に体を張れ」です。
ならず者たちが競馬場である計画を実行に移す話しですが、時間軸を行き来させ、Aの視点から見たカットが、Bの視点からでは違ったものになっているという手法を主要な箇所で用いて、大きな効果をあげています。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=7263


上記の手法を取り入れて近年名を売ったのがクエンティン・タランティーノです。カンヌ映画祭で賞を獲った代表作の「パルプフィクション」もファミレスから始まりファミレスで終わるという構成の中に、時間軸を交差させた手法を用いています。
ただそんなに効果があったかというと、たまたま主要な登場人物がファミレスに居ました...くらいのもんですけど。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=18665

この前作でデビュー作となった「レザボアドッグス」の方が構成的には良くできていたと思います。こちらもある犯罪を主要人物のそれぞれの視点で描いた作品で、ふつうのハリウッド映画だったらクライマックスになるはずの”襲撃場面”をまったく描かないというのが、映画オタクを自認するタランティーノならではの演出の妙だったと思います。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=25304


新しいところでは2008年の「バンテージ・ポイント」も時間軸を交差させた映画でした。
大統領の狙撃の現場に居合わせた目撃者やSPら8人の視点から、狙撃の前後を描き、エンディングへ結びつけていくという構成をとっています。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=329345

今年公開されたのでまだDVDになってませんが、「ワン・デイ 23年のラブストーリー」もファーストシーンをエンディング近くに持ってきて効果をあげている作品でした。
これはある男女の23年間のなかの7月15日だけを描いた恋愛ものなんですけど、現在の7月15日から始まり23年前の出会いのきっかけの7月15日に戻り、それからしばらくは時系列で7月15日のふたりの様子を描くという手法をとっています。
で、最後に上記の「逢びき」のように、出会いの場面で見せなかったシーンを細かに描くことで、涙を誘うような構成になっていました。
6月公開だったのでDVDは冬くらいでしょうか? 名画座ではこれから上映すると思いますけど。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=341932

「アラビアのロレンス」や「戦場にかける橋」などの大作で知られるデビッドリーンの初期作品に「逢びき」という恋愛ものがありますが、駅のシーンから始まり、駅のシーンで終わるという回想形式を取っていて、ファーストシーンではカメラの前から居なくなった主人公の女性が、ラストシーンではなぜそうしたのかが解るという仕掛けになっています。
この効果は絶大で映画史にも残る傑作として知られています。
レンタル店にも置いてあるショップはあると思います。DVDには何度もなっているので購入は可能です。
...続きを読む

Qビリー・シーンのベース

元MR.GIBのベーシスト。ビリーシーンが使っているベースってどこのでしょうか?
ご存知の方よろしくお願いします

Aベストアンサー

RBのビリー・シーンモデルなら持ってます。

えっと、とりあえず「MR.BIG」ですよね?

どこと言われればYAMAHAです。
歴代でいうと現在のシグネチャーモデル以外にBBやRBを使っていました。

Q猿の惑星(2001年)のラストシーン意味が分りません。

猿の惑星(2001年)のラストシーン意味が分りません。

どういう意味か教えて下さい。

Aベストアンサー

私は、最初の主人公が辿り付いた星と、最後に辿り付いた星は同じ場所ではあるけれどもパラレルワールド状になっているのだと解していました。最初に辿り付いた星では猿と人間がうまくやっていく方向になったけれども(多分?)、最後に辿り付いた星は全くベツモノの星で、セードが勝った場合の世界、って感じで・・・

ちなみにアレはアレでラスト、むっちゃかっこいー(ティム・バートンぽくて)と思いました(笑)

QMR.BIGのビリー・シーンが解雇?

誰か、詳しい情報知ってる人教えてください。

Aベストアンサー

#2のものです。女子マラソンを見ながら書いています。自宅で例のFAXを取り出したのですが、あまりビリーのことが載っていませんでした。しかし昨日ラジオを聞いたので、細かい所は間違っているかもしれませんがフォローしたいと思います。

*ビリーが日本でプロモーションしているときにアルバムの内容が変化した。
*ビリーはアルバムに不満を持ちながらアルバムを作り直すことはしなかった。
次第に他のメンバーとビリーの連絡が取れなくなった。
*残りのメンバーはビデオ・クリップ撮影をデットラインにした。
*それでもビリーは来ないので解雇した

といった具合です。今の所ビリーからの反論はないようですが、こじれるかもしれませんね。プロモーション来日は残りの3人でやるようです。これが8月11日までの情報です。

Qマンガ「デビルマン」のこのシーンの意味は?

ソ連が光の球に覆われて消滅したり、アメリカの戦闘機の操縦士がやはり光の球に覆われて塩になったりするシーンがありました。サタン=飛鳥了はテレビで光の球を見てひどく怯えていました。これは神の悪魔に対する反撃を意味するのでしょうか。神らしき存在はその後現れないので、このシーンだけが作品中で浮いていますよね。

Aベストアンサー

神による反撃、というものではなく、罰、と表現すべきところでしょう。神様はいつでも上から目線ですから。

当該シーンですが、No.1で回答されている様に旧約聖書の中にあるソドムとゴモラの滅びのシーンを映画“天地創造”を参考に絵にしたのでしょう。
このシーン、原作である旧約聖書では、

19:24主は硫黄と火とを主の所すなわち天からソドムとゴモラの上に降らせて、
19:25これらの町と、すべての低地と、その町々のすべての住民と、その地にはえている物を、ことごとく滅ぼされた。
19:26しかしロトの妻はうしろを顧みたので塩の柱になった。
19:27アブラハムは朝早く起き、さきに主の前に立った所に行って、
19:28ソドムとゴモラの方、および低地の全面をながめると、その地の煙が、かまどの煙のように立ちのぼっていた。

と表現されています。ルシフェル飛鳥了からすればどうやっても敵わない神がやって来やがった!殺されるっ!!といったところでしょう。
それでも理不尽にもデーモンを滅ぼそうとする神と敵対せざるを得ないところがルシフェルとしては辛いところですね。

そして確かに、最後まで神は現れませんよね。確か最後のシーンはハルマゲドンを生き残ったルシフェルと下半身を失った不動明が語らって、不動明が亡くなった時、空に天使の集団が現れて終わっていたように記憶しています。
このように神を直接描写しない、というのも西洋の映画で使われている手法を流用したのかもしれません。映画“ベンハー”などでは神どころかキリストについてもその“顔”を映像に乗せていませんよね。勿論、直接描写しないことで厳かさが増しているのでこれはこれで大正解なのでしょう。

兎も角、仰る通り、あのシーンだけ神が直接介在しており、ストーリーの中で浮いてしまっているのは確かです。何故このシーンを入れたのか?その理由について理由付けしようとすると幾らでも考えられるのですが、それ等はあくまで想像に過ぎないので書くのはやめておきます。
漫画や小説などの中の疑問については、有名なところで“あしたのジョー”のラストで矢吹丈がどうなったのか?を考えるのと同じ様に、読者それぞれが自分なりに理由をつけて納得するのが一番です。

以下、全くの蛇足です。
“デビルマン”を読まれたのであれば、その先駆的作品である“魔王ダンテ”もご一読されることをお勧めします。

神による反撃、というものではなく、罰、と表現すべきところでしょう。神様はいつでも上から目線ですから。

当該シーンですが、No.1で回答されている様に旧約聖書の中にあるソドムとゴモラの滅びのシーンを映画“天地創造”を参考に絵にしたのでしょう。
このシーン、原作である旧約聖書では、

19:24主は硫黄と火とを主の所すなわち天からソドムとゴモラの上に降らせて、
19:25これらの町と、すべての低地と、その町々のすべての住民と、その地にはえている物を、ことごとく滅ぼされた。
19:26しかしロトの妻はう...続きを読む

Q抽象的ですんません『ロックンロール』が聴きたいぜ!!

私、「ロックンロール」と言う得体の知れない言葉に取り憑かれはや何(十)年、今でも「定義」は良く解りませんが(笑)、大好きです。
で、年も押し迫り、ベタベタなクリスマスソングに始まり、いよいよ年の瀬になると「第9」や何故かビートルズを嫌でも聴かされるこの時期、寂しさを「とぼける」が為、ここは皆様のお薦めの『ロックンロール・ナンバー』聴きたく思う所存です。

取り敢えず私の趣味で、今思いついたのは下記4曲です。これを見て「beavas!おめーはアメーんだよ!!」とお怒りの先輩方、是非あなたのお薦めの『ロックンロール・ナンバー』をご紹介下さい。ベタベタなんから、ハードなもん、又ホットからクールなもん(よーわからん)まで「あなたのご趣味」で宜しくお願い致します。曲名で結構ですが、出来ましたら収録アルバム名もお願いします。
ちなみにLed Zeppelinは詳しい訳ではないですが、"Rock 'n' roll"は知ってますので(これもイイ)却下です。

尚、もしも未聴の方には私からも是非ご紹介したく思い、大変差し出がましいですが下記にURLも添付する所存です。

Slade "Get down and get with it"下記1曲目。
http://cdnow.com/cgi-bin/mserver/SID=1175089000/pagename=/RP/CDN/FIND/album.html/ArtistID=SLADE/ITEMID=392209

Sex Pistols "Bodies"下記2曲目。
http://album.yahoo.com/shop?d=ha&id=1801386031&cf=10&intl=us&clink=dmmu-ks/sexpistols

AC/DC "Shoot to thrill"下記2曲目。
http://album.yahoo.com/shop?d=ha&id=1800434172&cf=10&intl=us&clink=dmmu-ks/acdc

Elton John "Saturday night's alright for fighting"下記14曲目。
http://album.yahoo.com/shop?d=ha&id=1800560205&cf=10&intl=us&clink=dmmu-ks/eltonjohn

この暗い年の瀬を「ロックンロール」で乗り切りましょう。シェケナ・ベイビー!!

私、「ロックンロール」と言う得体の知れない言葉に取り憑かれはや何(十)年、今でも「定義」は良く解りませんが(笑)、大好きです。
で、年も押し迫り、ベタベタなクリスマスソングに始まり、いよいよ年の瀬になると「第9」や何故かビートルズを嫌でも聴かされるこの時期、寂しさを「とぼける」が為、ここは皆様のお薦めの『ロックンロール・ナンバー』聴きたく思う所存です。

取り敢えず私の趣味で、今思いついたのは下記4曲です。これを見て「beavas!おめーはアメーんだよ!!」とお怒りの先輩方、是...続きを読む

Aベストアンサー

まずはこれでしょ、やっぱ(笑)。
ゲイリー・グリッター(Gary Glitter)
下手すると石立鉄男にしか見えませんが、立派なグラムロックスター。
常にワンパターンのサウンド、エコー、コール&レスポンス。
悪趣味の極致(当時の評価)だろうが何だろうが、好きなんだから仕方がない。
http://album.yahoo.com/shop?d=ha&id=1801589518&cf=10&intl=us&clink=dmmu-ks/

で、グリッターっぽさを継承している唯一のロッカーかもしれないのが
ジョーン・ジェット(Joan Jett)
実際グリッターのカヴァーも多いんですが。
とりあえず、このアルバムの1曲目とか、チャック・ベリーのカヴァーである4曲目とかは、今でもたまに聴きます。
http://album.yahoo.com/shop?d=ha&id=1800558914&cf=10&intl=us&clink=dmmu-ks/

イギー・ポップ(Iggy Pop)
私のお勧めはこれ。'81年の『PARTY』に入っていた「Bang Bang」。
これ確かトミー・ボイスが書いた曲で、モンキーズの曲をやってたライターがイギーをねえ、と当時驚いたけど実にかっこいい。
http://album.yahoo.com/shop?d=ha&id=1801515815&cf=10&intl=us&clink=dmmu-ks/

モット・ザ・フープル(Mott The Hoople)
これって以前紹介したかな?もう分からなくなってきた(笑)。
日本のみでしかカタログが生きていないと思われるこのアルバムを。
当然タイトル曲です。
http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=770896

ミッチ・ライダー(Mitch Ryder)
デトロイト・ホイールズ名義の楽曲とソロが混在したベスト盤をご紹介。
有名なのは[1][14][15]あたり。
http://album.yahoo.com/shop?d=ha&id=1801330242&cf=10&intl=us&clink=dmmu-ks/

ということで、とりあえず5つ。

まずはこれでしょ、やっぱ(笑)。
ゲイリー・グリッター(Gary Glitter)
下手すると石立鉄男にしか見えませんが、立派なグラムロックスター。
常にワンパターンのサウンド、エコー、コール&レスポンス。
悪趣味の極致(当時の評価)だろうが何だろうが、好きなんだから仕方がない。
http://album.yahoo.com/shop?d=ha&id=1801589518&cf=10&intl=us&clink=dmmu-ks/

で、グリッターっぽさを継承している唯一のロッカーかもしれないのが
ジョーン・ジェット(Joan Jett)
実際グリッターのカヴァーも多...続きを読む

Q名前の綴りを言うシーンの意味

たまに主人公が名前を言う時に、スペルを強調したり、間違った相手に正すシーンがあります。
これにはどんな意味があるのでしょうか?
アイデンティティーが強い欧米人なので、その名前のルーツをも強調する…といったところかな、と私は感じてます。
英語圏でないと分かりにくいニュアンスがあって、日本人にとってはスルーしてしまう様なシーンですが謎です。
分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

> 従業員が『~はRR?それともRL?』と問いただして

こういう例であれば作る方は別に「わざわざ」描写しているつもりはありません。
ごく普通の日常風景のひとつです。紛らわしい発音の人はほぼ確実に聞かれます。

意図的にネタとして扱う場合は下記のようなものがありますね

・お家柄
 貴族の家系の人なんかは名前がもうブランドなわけで
 「キミ、それ違っているよ。ウチを知らないのかね、ウチを」
 てな感じでボンボン野郎の象徴に使われたりします

・うっかり間違うと放送できないような単語になってしまうピー!
 文字数が少ないので日本語よりなりやすいです
 聞いた人がみんな間違えてる方で言っちゃうというネタはよくあります

・字面と発音が一致しない
 変態読みになる Ralph Fiennes で「レイフ」とか
 国によって変わる Milla Jovovich で「ジョヴォヴィッチ/ヨーヴォヴィッチ」とか
 一致するけど話者が訛りまくってて聞いてる方が「ハァ?」になるネタもあります

・名前自体がネタ
 お約束で必ず間違えられて毎回激怒する、っちゅーアレですな

> 従業員が『~はRR?それともRL?』と問いただして

こういう例であれば作る方は別に「わざわざ」描写しているつもりはありません。
ごく普通の日常風景のひとつです。紛らわしい発音の人はほぼ確実に聞かれます。

意図的にネタとして扱う場合は下記のようなものがありますね

・お家柄
 貴族の家系の人なんかは名前がもうブランドなわけで
 「キミ、それ違っているよ。ウチを知らないのかね、ウチを」
 てな感じでボンボン野郎の象徴に使われたりします

・うっかり間違うと放送できないよ...続きを読む

Qビリー・ジョエルの…

「ピアノ・マン」のビリージョエルは現在どういった活動をしているのでしょうか。
最近ベスト盤がでたようですが、ニューアルバムを製作するなんてことはないのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして。

活動の方はすでにNo.1の方が説明されているので・・・。

なんでも今はサイドビジネスが大当たりしているらしく左団扇状態だそうです。

若い奥さんをとったようなのでまたポップミュージックに帰ってくるかも・・・、と個人的には期待しています。

Q昔見た映画のラストシーンの意味は?

2つ意味が解らないシーンがあります。一つは松田優作主演の「家族ゲーム」の最後のヘリコプターの音は何を意味してるのか。もう一つは記憶が曖昧ですが「ダブルクラッチ」か「デッドヒート」(主演が誰かが思い出せないのですが85年くらい放映で長門ヒロユキさんが死ぬ役で仇役が故沖雅也だったのは確か)最後にカーレースで敗れた沖の車の助手席に乗っていた人形の意味。「ほっとけよ」の台詞の後のシーンです。記憶がかなり錯綜してますのでついでに糾して下さい

Aベストアンサー

「家族ゲーム」
ヘリは事件や事故の象徴だと思います。現代の家族の関係性は稀薄になっていて、お互いよそよそしく、どこかちぐはぐです。ほんの些細なきっかけでいつ事件(家庭内暴力、幼児虐待、離婚等)が起こってもおかしくない。そんな危うさを表現しているのではないでしょうか。
この映画は音楽、BGMを排除しているので、ラストのヘリのノイズがより一層引き立つようになっていると思います。

白熱(デッドヒート)(1977)
見ていないのでよくわかりませんが、義足のようです。参考URLを参照してください。

参考URL:http://members.at.infoseek.co.jp/anutpanna_/2001_/200106_1.htm

Qビリージョエルのロンゲストタイム

この度、披露宴でビリージョエルの「ロンゲストタイム」を歌うことになったのですが、CDしか持っておらず、コーラスパート別の楽譜かMIDIなどが何処かにないかと探しております。どなたか心当たりございませんでしょうか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

【Longst time 歌詞】
下記のサイトにあります。

http://www.reallyrics.com/Lyrics/B004900010056.asp
【MIDI】
下記のサイトにあります。2番目です。

http://www.corvettesofbuffalo.com/midi/l.html

参考URL:http://www.corvettesofbuffalo.com/midi/l.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報