こんにちわ。
この度、結婚を機に土地を購入して家を建設予定の者です。
土地は契約が済み今ローンを決める所です。
金額的には土地建物合わせて5200万円です。
私の貯金と親の贈与(550万円)が1450万円。
夫となる者の貯金と贈与を合わせて350万円です。
頭金を2人で出すとなると共有名義にしておかないと、私が夫へ贈与したことになり、贈与税を払うと聞き、共有名義にしようとしました。
そしてローンも2人の名義で借りて2人で返すようにしなければならないと思うのですが、2,3年後には子供を出産し仕事を辞める予定です。
するとローンは2人名義で組んでいるのに、返しているのは夫だけとなり、夫が私のローンを負担していることになり、夫が私に贈与していることになり、贈与税がかかると聞きました。
出来る限り贈与税を払いたくないと思っています。
この場合どういう名義にした方がいいのでしょうか?
又、共有名義にする場合は比率はどのようになるのでしょうか?
頭金の割合で決まってしまうと聞いたのですが、それだと私の方が多くなってしまうのでそれは出来ません。
どなたかアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自宅を妻と共有名義で所有しているものです。



私の場合、妻が頭金(全体の二割)を出し、ローンを私の名義のみで組んでおります(八割分)ので、共有名義も妻が20%、私が80%となっています。ですから、terukenさんの場合でも、terukenさんが1300万円を出して共有持ち分25%、夫となる方が単独でローンを組んで共有持ち分75%とすればよろしいかと思います。

なお、家の購入には土地家屋の値段だけではなく、仲介手数料や税金などの諸費用が最大で10%ほどかかりますから、手持ちの現金には多少の余裕をお持ちになった方がよろしいと思います。具体的には、terukenさんの残り150万円、夫となる方の350万円をそれにあてればよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます!
諸費用の事は覚えていたのですが、それを手持ちの現金から考える事をすっかり忘れていました!
そして私だけが頭金を出して、残りを夫になる者がローンを組んで割合を決めればいいのですね。
今まで色々と考えてはどうすればいいのかわからず頭だけが痛くなっていました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/07 13:37

#1の回答の方法も有りますが、収入の関係でご主人一人でローンを組めない場合も有ります。



そんな場合は、ローンは一口で連帯債務という方法でローンを組みます。
この場合は、どちらが返済をしても問題ありませんから、奥様が仕事をやめて返済が出来なくなり、ご主人が一人で返済しても贈与税の問題は発生しません。
又、住宅ローン控除もお二人で受けられます。

連帯債務については、銀行でお尋ねください。
下記のページも参考になります。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/zeikin/zeikin01 …

http://www.mitsui-hanbai.co.jp/tebiki/mtebiki/2_ …

もう一つ、親から住宅資金550万円の贈与を受けるとのことですが、これは確定申告をしないと非課税の適用を受けられませんからご注意ください。
住宅資金の贈与の場合の申告方法は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.ads-network.co.jp/momey/tax/tax-02.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます。
夫となる者の収入だけでローンが組めない場合、贈与の確定申告のアドバイスまでありがとうございます。
おそらく夫の収入だけでは足りないと思います。
連帯責務と言う方法があることを初めてしりました。
贈与税もかからず住宅ローン控除も2人で受けられると言うのはとても魅力的で是非活用しようと思います。
ご紹介いただいたサイトの方も見てみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/07 14:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺産分割中、名義預金の出金についての方法

遺産分割協議中です
申告が必要となり相続税が発生します。

相続人は4人ですが、亡くなった父が長男名義の名義預金を3口ほど作っていたのがわかりました。
名義預金ですから相続として申告するつもりです。

一般被相続人の口座から出金するには分割協議書を作成して出金の手続きをするようですが
存命している長男の名義預金はどのように出金するものでしょうか

相続分として同様に分割協議書を提出して出金なのか
もしくは通常預金同様、本人が銀行に出向き出金をするということになるのでしょうか
あるいは別の方法があるのでしょうか

Aベストアンサー

>亡くなった父が長男名義の名義預金を3口ほど…

その預金は、通帳とカード、判子を父が握ったままだったのですか。
それなら確かに父の財産のままです。

一方、通帳等が兄に渡されていたのなら、兄への贈与が成立していると考えられます。

>存命している長男の名義預金はどのように出金…

銀行から見れば、あくまでも兄の預金ですから、兄が判子を持って行けばすんなり出してくれます。

父の生前に通帳等が兄に渡ってはいなかったのなら、相続税の申告や遺産分割協議書には、お考えのとおり父の遺産として扱う必要があります。

Q母と私の共有名義マンションにて夫がSOHOの青色申告

いつも拝見させていただいてます。さて。

母3/5:私2/5の共有名義で、マンションに関する出費は管理費と固定資産税のみ、ローン無し。
そこに私たち夫婦が生活し、夫がSOHOを始めた場合です。
青色申告する場合、生計を一にする私が夫に家賃を請求出来ないようなので、母に家賃を支払う形で部屋を按分するのでしょうが、何しろ「共有名義」というところで複雑になってしまい判断できません。
現在専従者給与無し、母は別居です。
ご指導よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 なぜ回答がないのか不思議ですが、分かるところから。

 ご質問の中でふれていらっしゃるとおり「生計を一にする」親族間で「経費」の収受があっても計上できませんし、もらった方も所得のもととなる収入とはなりません。(逆に贈与税の対象となるケースも考えられます)

 ですのでポイントはお母様が同居別居を問わず「生計を一にする」ご家族なのかどうかということです。同居の場合は別々の収入で生活を維持していても生活資材の共有があれば同一の生計と考えることもありますし、別居であり且つ別々の収入で生計を立てている状況ですと生計を一にしているとはたいていは言えません。また税務上お母様を扶養控除の対象にされていると別居であっても生計を一にすることになります。

 お母様とは別居とおっしゃっていますので、生計を一にしない親族としますと、家賃を払うことはできます。しかし一方お母様の方に所得税が発生する可能性があります。もちろん正式な事務所として賃貸借契約を結び、お金の動きが領収書や銀行口座に見えるような形にしておかなくてはなりません。

 家賃の額ですが、そのマンションのある近辺で同じような時期に完成し同じような間取りで同じような状況にあるマンションの賃貸契約において社会通念上違和感のない金額を設定し、それを持ち分の割合で按分した額をお決めになると良いかと思います。例えば近所の同程度のマンションの一室を月10万円で賃貸されているとしたら、その60%つまり6万円の家賃となり、経費としての家賃はそれを事業占有率で按分した数字となります。事務所・作業場として20%を使用していれば1万2千円の家賃とするのが妥当かと思います。同時に賃貸契約書にもその金額で書き、毎月現金できちんと渡し領収書を受け取られるか、銀行振込にしてお金の移動の痕跡を残すことです。
 
 それから必要経費ですが、ご質問にあげられているものの他に減価償却費があります。この計算はちょっと面倒ですが、かいつまんでポイントだけを書きます。

●不動産のうち建物だけが対象
土地は減価償却の対象にはなりません。建物だけの取得価額を算出します。入手されたのが消費税施行後ですと明確に分けてあるはずですのでお買いになった当時の資料をご覧になると分かるはずです。
●費事業期間の耐用年数は事業用期間の1.5倍
例えば現在、鉄筋コンクリートの建物の場合耐用年数47年が考えられますが、事業用として使わず居住用のみの用途であった期間の耐用年数は事業用としての期間の1.5倍の70年になるということです。
●平成10年耐用年数が法律上変更になっていること
従前は60年(非事業用では90年)であった耐用年数が平成10年に47年(非事業用では70年)に変わっています。その年を減価償却のスピードが速くなり、それを未償却残高の計算に反映させなくてはならないということ
●事業占有率を加味すること
事業の使用面積分だけが経費計上できます
●使用月数を加味すること
本年中例えば10,11,12月の3ヶ月間事業をされるのであれば3/12だけが本年の減価償却費となります。

http://www.rakucyaku.com/Koujien/I/I010000/I010100
http://www5d.biglobe.ne.jp/~search/ac/
http://www.daikyo.co.jp/kaikae/tax/main/qa/qa2000/qa2109.htm

減価償却に関しては以上のことを念頭に置いて計算しなければなりませんが、取得価額を5千万円としたばあいでも本年残り3ヶ月の事業とした場合、1万円ちょっとの経費にしかなりませんでしたのであまりあてにはならないかもしれません。

 これ以外にも通信費や水道光熱費などの経費が考えられますが、特に通信費など使用面積によらず実際に事業に使った金額が通話明細などで分かればそのぶんを算入できます。

 ご自宅の火災保険ですがこれも使用面積で按分し、事業に使った分は経費となりますが、それ以外の居住用の部分は損害保険料控除の対象となることがあります。(影響を受ける税額はわずかですが)

 まずはマンションを入手された際の建物の購入金額がわかる資料などを準備されて税務署に相談に行かれるとよいでしょう。青色申告の場合さまざまなメリットがありますので有利と言えますが、届けを出せる期間が開業から2ヶ月以内ですのでご注意下さい。事業開始届や青色申告開始届けに関しては下記のサイトをお読み下さい。
http://www.jusnet.co.jp/kakutei/kp2.htm

 それから今は法人化も簡単ですが、売上の大きい時期に第一期の決算期を短期で設定してしまうと、課税期間がすぐにきてしまうことがありますのでご注意を。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=935697

減価償却の計算など面倒な割りにたいした経費の額にはなりませんが、お母様との「生計同一」関係の判断も必要になるかと思いますので、一度ここに寄せられた皆さんの回答を印刷するなどして税理士や税務署にその一つ一つについて説明を求められてはいかがでしょうか。

 なぜ回答がないのか不思議ですが、分かるところから。

 ご質問の中でふれていらっしゃるとおり「生計を一にする」親族間で「経費」の収受があっても計上できませんし、もらった方も所得のもととなる収入とはなりません。(逆に贈与税の対象となるケースも考えられます)

 ですのでポイントはお母様が同居別居を問わず「生計を一にする」ご家族なのかどうかということです。同居の場合は別々の収入で生活を維持していても生活資材の共有があれば同一の生計と考えることもありますし、別居であり且つ別々...続きを読む

Qauの名義変更での質問ですが、名義変更での過去の質問をみると「auケータイ代金を分割支払中の場合、名

auの名義変更での質問ですが、名義変更での過去の質問をみると「auケータイ代金を分割支払中の場合、名義変更は出来ません。名義変更をする場合は、残金を一括清算いただきます。残金は譲渡手続きをおこなった月の翌月請求分と合わせて譲受者へ請求されます」と書いてあるのですが、これは名義変更されたから譲受者へ請求されてるんですよね?
親の口座ではなく自分の口座に変更したので(免許証も見せました)名義変更されたのかな?と思ったんですが、ただ口座を変えただけで、名義変更は一括支払いが終わったあとにまたauに行かないとダメですかね?

Aベストアンサー

http://csqa.kddi.com/posts/view/qid/k1112050668
http://cscnt.kddi.com/_layouts/A/QA.aspx?ID=29774678

支払い方法の変更(引落口座の変更など)と名義変更は異なります。
名義変更をすると、支払い方法が変更となります。

Q1500万円の住宅ローン減税の贈与税の特例について

1500万円の特例について夫婦2人でお互いの両親からそれぞれ住宅取得のため贈与を受けた場合、合計で3000万円まで贈与税はかからないのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

夫が夫の両親から1500万円、妻が妻の両親から1500万円住宅取得等のために贈与を受けるなら非課税です。配偶者の親から受けた贈与や、片方だけで1500万円を超えれば贈与税が課されることになります。ただし、贈与が平成23年度だけになる場合は1000万円まで、贈与を受ける人の所得が2000万円を超える場合は特例の適用はありません。なお、非課税といっても、贈与税の申告自体は必要ですので忘れず行ってください。
詳しくは↓をご覧ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm

また、贈与を受けた金額とそれぞれが出した金額の割合で不動産登記(持分登記)をしないと、夫婦間での贈与になりますので注意してください。

QiPhone5分割払い残りありで名義変更

新規契約で新品(ショップでの設定程度)分割払いはまだ支払いはじめてません。
この場合名義変更は可能なのですか?
こちらの事情で契約後使用目的がないため、まよってます。2台あり。

Aベストアンサー

 回答1の者です。

 名義変更って端末だけではなく回線ごとということですか?それならば可能です。アップルケアに入っている場合には回線だけではなくアップルケアの譲渡手続きも必要です。

 ただし相手が料金滞納やiPhoneを購入してから1年経過しないままMNPした履歴があるとかでブラックリストに入っていたりするとダメですが。名義変更自体には特に制限はありません。

 ただ、問題があるとすればあなたの方です。解約やMNPではなく名義変更なので、まず大丈夫だとは思うのですが、もしかしたらあなた自身がブラックリストに入ってソフトバンクと今後契約できなくなる可能性はあります。先に記したとおり、iPhoneの1年以内での解約はブラックリスト入り濃厚なので。念の為にソフトバンクに電話して名義変更ではブラックにならないかどうか確認した方がいいと思います。

 だだ、あなたはiPhoneを分割で購入し、残債はまるまる残っている状態です。その残債は回線契約者にかかってきますので名義を譲渡された側が支払うことになります。果たしてそんな回線を受け入れてくれる人がいるかどうかが問題ですが。

 あと蛇足ですが、ここでの返答は回答の補足ではなく回答へのお礼でした方がいいですよ。あなたのプロフィールに表示されるお礼率が上がって有効な回答を受けやすくなりますし、相手が特に設定していなくてもレスをしたメールが届くので気づきやすくなります。ここって補足だと設定しない限りメールが届かないんですよね…。

 回答1の者です。

 名義変更って端末だけではなく回線ごとということですか?それならば可能です。アップルケアに入っている場合には回線だけではなくアップルケアの譲渡手続きも必要です。

 ただし相手が料金滞納やiPhoneを購入してから1年経過しないままMNPした履歴があるとかでブラックリストに入っていたりするとダメですが。名義変更自体には特に制限はありません。

 ただ、問題があるとすればあなたの方です。解約やMNPではなく名義変更なので、まず大丈夫だとは思うのですが、もしかしたらあなた自...続きを読む

Q弥生会計で、共有名義と単独名義混合の決算書の作成法

不動産賃貸業を営む個人事業主です。
物件は親族との共有名義で、持ち分は3分の2です。

弥生の青色申告09で確定申告をしていますが、貸借対照表と減価償却費は収益物件の100%のものを載せて、備考欄に「持ち分は3分の2です」と記入しています。
3分の2にしたものを作ろうと思ったら、割れきれないものが出て貸借が合わなくなってしまった為です。

しかし、この度父が他界して、新たに古いアパート1棟を相続することになりました。
このアパートは、私単独の名義なので今までの方法が使えなくなってしまいました。

共有名義と単独名義の物件を持っている場合、どの会計ソフトを使えばいいのか?、どのように処理すればいいのか?、がわかりません。

経理に関しては素人で、会計ソフトを使うために「簿記3級」の本をかじった程度です。

どなたかよいお知恵がありましたら、何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

最初から全部まとめたものを経理しようとせず、

(1) 共有の物件についての収入と個別の経費のみを経理する。(手書で損益計算だけでもOKだと思います)
  (個別の経費:固定資産税、損害保険料、減価償却費、支払利息など)

(2) 上記(1)の結果について、収入、経費、所得金額の計算ができる。
   
(3) 単独所有の物件の収入、経費、両方に係る共通経費を含めて計理し、決算書を作成する。

(4) 上記(3)の決算書に上記(2)の共有物件の2/3の金額を加える。

   収入  事業主貸 / 収入  (共有物件の持分相当額)

   経費  共有物件の経費 / 事業主借  (共有物件の持分相当額)

   科目は決算書の空欄を使って、このまま使えると思いますよ。

あくまでもひとつの方法ですが、なるべく簡単な方法が良いと思い、ご紹介しました。

Q遺産分割協議書作成まえに、土地の名義変更

親がなくなり貸家付土地を含む遺産相続のことで、税理士さんにお世話になっています。今分割協議中ですが、登録免許税の税率が4月から0.2%から1%に改正になるので土地を相続することになる人(私に内定してます)は3月までに所有権移転登記をしたほうが、節税になるといわれました。まだ他の不動産や有価証券の分割があって、遺産分割協議書作成ができていない段階ですが、相続人たちの同意があれば、この貸家付土地を私の名義に変更できるものなのですか。できるのなら税率が変わる前に、そうしたいのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>今分割協議中ですが、登録免許税の税率が4月から0.2%から1%に改正になるので

 相続を原因とする所有権移転登記の登録免許税の税税率は、0.2%から「0.4%」に変わります。

>相続人たちの同意があれば、この貸家付土地を私の名義に変更できるものなのですか。

 遺産分割協議書の作成は必要です。しかし、全ての遺産について遺産分割協議を成立させる必要はなく、本件不動産について遺産分割協議が成立したのでしたら、本件不動産についてのみの遺産分割協議書を作成して、それを相続登記の添付書類とすることができます。

Q金融機関の抵当権の付いている私名義の土地の売買について

こんにちは。

ある有限会社を経営していて、私が代表取締役です。会社の建物は
会社名義で、私個人名義の土地の上に建物があります。
私個人名義の土地には金融機関の抵当権が付いています。
この土地を売却して金融機関への借入金を返済したいと思っています。
控えめに見積もっても、借入金の額よりも土地売却予想額のほうが
多いようですので、土地の売買契約時に抵当権は抹消出来るとは
思いますので、金融機関も土地売却には同意は取れそうです。
ただ、土地が更地ではなく、上に会社名義の建物があり、その建物
の一部に私の家族4人が住んでいます。(形式上は社宅?)
不動産売買の常識としては、最も売りやすい(=買い手が付きやすい)
のは、建物を解体して更地にする事だと知人が言いますが
やはりそうなのでしょうか。
ただ、そうすると会社はどこかにテナントとして入居せねばならず
私の家族4人は賃貸アパートを借りねばなりません。
大甘の考えかもしれませんが、土地売却後も建物は解体せずに
会社は営業し、家族4人も地代を払って引き続き住まわせてもらいたいです。不動産取引にお詳しい方、コメントして下さいませんか。

こんにちは。

ある有限会社を経営していて、私が代表取締役です。会社の建物は
会社名義で、私個人名義の土地の上に建物があります。
私個人名義の土地には金融機関の抵当権が付いています。
この土地を売却して金融機関への借入金を返済したいと思っています。
控えめに見積もっても、借入金の額よりも土地売却予想額のほうが
多いようですので、土地の売買契約時に抵当権は抹消出来るとは
思いますので、金融機関も土地売却には同意は取れそうです。
ただ、土地が更地ではなく、上に会社名義の建物が...続きを読む

Aベストアンサー

更地の方がいいのは完全な事実です。

借入金を一括返済したいという理由は何ですか?
本来なら少しずつ返済して行く方が楽ですよね。
しかも上に建物がありそこに済んでいるとなると。
私が計算するにそこを出るとということは・・・

1)そちらの家族の住居費

2)会社の事務所家賃

を負担しなければならないわけですね。
これが保証金と家賃と考えたらそうとうな現金が
必要です。仮に借金返済してあまりでそれを補って
もいずれは足が出てその後は高額な費用をずっと
払い続けなければなりません。

逆に会社としては社長の私有財産の土地の上に自社
所有の建物がたっているとなれば多少なりとも信用
はつくはずです。品物を仕入れる、仕事を回すにし
ても信用が有れば資金繰りは楽になるはずです。
つまり「金の支払いを待たせられる」と。

そういう事を考えると出る事は得策ではないかも
しれません。なので一括返済を考える理由ですよね

例えば、借り入れを起こしていて返済が滞ってどう
しても一括返済を迫られているとなればもちろん
抵当権をつけている所が競売をすることは可能です。
しかし建物が有る場合は同意が無い限り難しいです。
仮に土地使用代金だけを支払う契約をしてもそれを
支払わないという事態に陥ったときでも建物が自分の
ものだと手続きがややこしいのです。

なのでこういう物件の競売はまともなところはあまり
手を出しません。暴力団関係は逆に安く変えるからと
乗り出す可能性は有りますが。

私ならまず「土地を売らない方法」を考えます。
それと社長は他人にするべきです。
社長があなたであれば色々と建物主権者としていい
づらいところがあるはずですが他人なら関係ありません。
そして抵当権がついただけの状態の間にできれば
賃貸契約を延長してしまいます。
これは契約書の内容(書き方)にもよるので弁護士に
相談が必要です。まだ競売になっていないにしても
そのタイミングは微妙だしまた契約書の内容によっ
ては単なる競売妨害と取られかねませんから。
速めに確認をしたほうが良いです。

本来なら土地代(借地料)はかなり安くなります。
だから地権者となったらそんなのは望まないでしょう
すぐに売却しなければなりません。
なのでその交渉をするのはいいのですが至急いろい
ろと手を打つ必要があります。

まあ「土地を借りる」という交渉よりは今の状態を
残したままでのリスケジュール(支払い金額の変更)
を相談したほうが良いと思いますよ。
どうかんがえても「家賃」「事務所代」を払い続け
ていくのは大変だと思いますから。


あなたが地主である間に手は打つべきです。
借りているのが赤の他人で立ち退き、売却に同意
しなければ土地所有者はどうにもなりません。
だから売れない。だから更地にするのが前提なのです。
逆を取れば・・・あなたがどうすればいいのか?
ということですよね。
ただどうしても借金を早く綺麗にしたいというので
あれば・・・ようはその条件で競売を開始するしか
ないんでしょうけど。

更地の方がいいのは完全な事実です。

借入金を一括返済したいという理由は何ですか?
本来なら少しずつ返済して行く方が楽ですよね。
しかも上に建物がありそこに済んでいるとなると。
私が計算するにそこを出るとということは・・・

1)そちらの家族の住居費

2)会社の事務所家賃

を負担しなければならないわけですね。
これが保証金と家賃と考えたらそうとうな現金が
必要です。仮に借金返済してあまりでそれを補って
もいずれは足が出てその後は高額な費用をずっと
払い続けなければなりません。

逆に会...続きを読む

Q共有名義の遺産分割協議書の書き方について

 父、母、兄の共有名義(持ち分各3分の1)の建物がありますが、母は平成9年、兄は平成10年、そして母は平成14年に亡くなりました。
 私は亡くなった兄と二人兄弟で兄には息子が一人います。相続人は私と兄の子供(甥)の二人になると思いますが、甥は土地、家屋は相続しないで、金銭を相続することになっています。
なお、この他に土地がありますが母の名義になっています。
次のことについて教えてください。
1 共有名義の建物と母名義の土地について遺産分割協議 書は一つにまとめて作成することは可能でしょうか。
  可能である場合、どのように書いたらいいのでしょう か。
2 共有名義の建物の兄の持ち分について私が取得した場 合、贈与の対象となるのでしょうか。

Aベストアンサー

1.父の持分については、母・兄・あなたが相続人ですね。
2.兄の持分及び1での兄の相続分は甥が相続人です。
3.母の持分及び1での母の相続分にあなた及び甥が相続人となります。

最終的にあなたと甥が現在生存する相続人ということになりますので、「父・母」が名義人となっているものについては「あなた・甥」で遺産分割協議が可能です。
遺産分割協議書も1通でかまいません。

但し、甥が未成年者であって婚姻していない場合は、甥の親権者(兄の元妻でしょうか)が甥にかわって協議することとなります。(甥の法定代理人として)

兄の持分については甥だけが相続人ですので、協議書は必要なく戸籍等を整えれば相続登記(兄→甥)を行うことができます。
その後、甥が相続にて取得した持分をどうするか(売買・贈与など)ということになるでしょう。


前回回答にも書きましたが、専門家に依頼して法律的に問題のないように作成してもらう方がいいと思いますよ。

Qアパートローンと住宅ローン、2人の名義でどう組めば

34歳、自営業の男性です。確定申告は2期だけしてあります。(120万円と400万円)
母は64歳で、確定申告は1期だけです。(120万円)
自宅を取り壊して、その敷地に
2000万円の自宅と
3500万のアパート
を新築することになりました。頭金は両方で1000万円ぐらいを考えております。
さらに、1,2年後に、2000万円ほどのローンを組んでマンションを買いたいと思っています。
この場合、アパートローンと住宅ローンをそれぞれ、どちらの名義で、いくらずつにするのが得策でしょうか?
また、今後1,2年間の確定申告は、いくらぐらい必要でしょうか?
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

この情報だけでは、十分でないので、正確な回答になりませんが、この点をご承知ください。

1.アパート経営(不動産収入)では、ローンの金利は、損金(経費)になりますので、できるだけ、アパートローンの比率を多くするような借入資金計画が有利になります。

2.しかし、アパート併設自宅の自宅部分は、面積比率などの基準で、金利や固定資産税など、共通にかかる経費は按分することになります。

3.アパートの戸数が10戸以上の場合(事業として営む場合)で、青色申告の場合で、その管理を、もしお母さんがなされば、専従者給与をお母さんに支給でき、損金(経費)にできます(年間毎月7万円、ボーナス年2回の合計100万円程度)ます。

4.確か、新築貸家の建物の特別償却がまだ生きていると思いましたが(税務署で確認してください)、それを適用すれば、当初の一定期間は減価償却費が増えますので、減税効果があります。

5.マンションは賃貸マンションで、家賃収入を計画されているか、自宅かはっきりしませんが、賃貸なら、その収入と建物の減価償却費、ローン金利などが経費になります。

6.名義は、原則、資金の所有者の割合となります。
もし、お母さんの資金で、自分の名義にすると、お母さんからの贈与税がかかりますので、注意が必要です。
ただし、自分の居住用建物の資金の贈与を受ける場合、たしか、500万円までは、贈与税がかかりません。これも、税務署に確認してください。丁寧に教えてくれます。

7.1,2年後の確定申告の数字は、この程度の情報では全く想像すらできません。

この情報だけでは、十分でないので、正確な回答になりませんが、この点をご承知ください。

1.アパート経営(不動産収入)では、ローンの金利は、損金(経費)になりますので、できるだけ、アパートローンの比率を多くするような借入資金計画が有利になります。

2.しかし、アパート併設自宅の自宅部分は、面積比率などの基準で、金利や固定資産税など、共通にかかる経費は按分することになります。

3.アパートの戸数が10戸以上の場合(事業として営む場合)で、青色申告の場合で、その管理を、もし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報