呼吸器系の生理学を勉強していて分からない事があったんで教えてください。
昨日、 『閉塞性障害の有無を、1秒量でなく、1秒率で評価するのはどうしてでしょうか???』
という質問をしたんですが、、、、、その答えは、お答えいただきよく分かったのですが・・・・

拘束性障害の有無は、なぜ、1秒率ではなく、1秒量で評価するのでしょうか????

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

再び-mizuki-です。



拘束性障害とは、肺を包んでいる胸膜や肺自体が硬くなり、弾力性がなくなるために、空気が十分吸えなくなってしまうものです。
つまり、一回換気量の低下を意味しているのです。
したがって、人が最大吸気時から、1秒間でどれだけ息を呼出したか、というのが大事になります。

ですから、1秒率ではなく1秒量で評価するのです。

以下のURLも参考にしてください。

参考URL:http://www.city.gifu.med.or.jp/vc.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。 何度もすみません。
基礎の基礎という感じで、持っていた本には載っていなかったものですから・・・。 とても分かりやすかったです。

お礼日時:2002/02/10 22:19

%肺活量<80% というのが一般的な拘束性障害の定義だと思いますが、、。



肺のコンプライアンス(一定の圧変化に伴う肺の容量変化)が小さな肺線維症のような疾患では、肺活量と一秒量の差が小さいですから、拘束性障害の程度を一秒量で評価できないことはないでしょうが、コンプライアンスが大きく、閉塞性障害の強い肺気腫などの疾患では、一秒量と肺活量の差が大きく出ることが多いので、一秒量で拘束性障害の評価をするのは困難になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2002/02/10 22:28

拘束性障害の有無は肺活量や%VCで評価する、というふうに習いました、教えました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/10 22:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生理学おすすめ問題集・参考書(医学部)

大学で生理学を学びましたが、いまいち理解できていないので
休暇を利用して復習をしようと考えています。

それには問題を解きながらの方が良いかと思っているのですが、
大学の過去問ではマニアック過ぎ、CBT用では問題の量が少なす
ぎるので物足りません。何か良い問題集はないものでしょうか?

それから参考書なのですが、大学の授業がかなり偏り+細か
すぎな分野があり、単位はとれたものの理解できていません。
一応、参考書として見たことのあるものとしては、
(1)人体機能生理学
(2)標準生理学・・・これは持っています。
(3)シンプル生理学・・・これも持っています。

です。
生理学の先生の好みに近いのが標準生理学だったので
(2)を購入したのですが、自分には少々難しいので他に
お薦めの参考書がありましたら教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

問題集については低学年のため詳しく知らないのでお答えできませんが、僕の大学では「生理学テキスト(文光堂)」という黄緑色の参考書が先輩から代々オススメとされていました。
比較的薄めの参考書で、読み易さが重視されているようです。
かく言う僕自身は、参考書に辞書的な役割を求めていたので、標準生理学を愛用していましたが…(^^;
いきなり買わずに、一度立ち読みでもしてみてください☆

それにしても、あの生理学をもう一度復習しようなんて素晴らしい心意気ですね。単位取れて満足してる僕とは大違いです(笑)
その御姿勢、是非とも見習いたいです。

Qたばこの「タール」の量と発ガン率について。

たばこの「タール」の量(9mgとか3mgとか)はいろいろありますが、それが多ければ多い程、発ガン率は上がるのでしょうか。逆に少なければ少ないほど、率は下がるのでしょうか。多分、とかではなく、ちゃんとした正確な解答をしりたいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

喫煙行動を維持させているのは、個人の嗜好ではなく、ニコチンに対する依存であるということが定説になっています。個々の喫煙者には、その人にとっての最適な血中のニコチンレベルがあります。喫煙者は、ニコチンの血中レベルが下がってくると、常にそのレベルを維持しようとして喫煙行動を起こします。したがって、いわゆる「軽い」たばこに変えても、喫煙者は、最適なニコチンレベルを維持するために、無意識のうちに深く吸い込んだり、せわしなく吸ったりします。結局、タール、ニコチン、一酸化炭素といういわゆる三大有害物質のほか、様々な有害物質の吸入量は、「軽い」タバコに変えても、残念ながら期待するほどには減りません。多数の喫煙関連疾患から逃れるためには、禁煙を目指すしかないのです。

Q生理学の教科書

 今、私は大学で生理学を学んでいます。生理学は非常に広範な知識を求められる科目だと思います。そこで質問なのですが、授業と並行して使う参考書で何かお勧めのものはありませんか。ちなみに標準生理学の参考書は難しすぎて理解に苦しみました。最も理解しやすい生理の参考書を紹介してください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

検査関係の者です。
私が使用していたのは、医歯薬出版「臨床検査講座 生理学」という教科書でした。わりとわかりやすいと思います(あまり奥深いことは載っていませんが)。
ただこの本、一般の本屋では購入できないようです。オンラインショッピングは
できるようなので、下記URLをご参考になさってみてください。生理関係の本、多数扱っているようなので。

参考URL:http://www.ishiyaku.co.jp/

Q腸閉塞・腸炎・静脈栄養法

 腸閉塞と診断され、入院。鼻から管を入れ、胃腸内の内圧を下げ、点滴など。退院するも、嘔吐、腹痛、などくりかえし、3度目の入院の際、在宅中心静脈栄養法の静脈ポートカテーテルを入れる。しかし、在宅4日目に再入院。3ヶ月で4度の入院。もちろん、経口摂取はしていない。点滴のみ。手術をした方がいいのか。他に何か回復に向かえるような方法はないものでしょうか。

Aベストアンサー

補足拝見しました。
この状況で考えられる腸閉塞の原因は、術後の腸の癒着と放射線照射後腸炎に伴う腸管の瘢痕狭窄の二つだと思います。
内科的な治療でコントロールできれば一番よいのですが、このまま何度も腸閉塞を繰り返し、経口摂取が困難な状況が続くのなら、手術も考えなければならないと思います。
その場合でも、腹腔鏡下の手術のように侵襲の小さな方法が可能かどうか、担当の先生と十分ご相談になってください。

Q病態生理学の参考書

 私は現在某医学部2年に在籍しております。ここではよくお世話になっています。さて、私の大学では生理学を二年次の前半から後半にかけて履修することになっているのですが、時間の都合上、私たちが学んだ生理学が実際の疾病とどのようにリンクするのかを学ぶ機会がないので、いわゆる病態生理を自分で勉強せざるを得ない状況です。そこで質問なのですが、どなたか病態生理学の参考書で利用価値のある本(専門性の高いことが書かれている本)をお知りの方いらっしゃいましたらどうぞその本の概要と表題を教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

かなり昔に使ったので、私のは役に立たないと思います。

で、その後色々見ていて、比較的専門的で医学部学生には易しいが、実際が書いてあり、分かり易いのが看護系の雑誌・本なんです。
医学書院の「図解 知っておきたい病態生理」なんてどうでしょう。 
図解のは基礎生理学でも分かり易いのは医系でお馴染みでしょうが、看護系だと更に分かり易く書かれています。

私もわかりにくかった、薬理系や心電図、ERなどではお世話に成りましたし、同じ生理学では医学書院の図解生理学は臨床の時代もその後もチョクチョク見ていました。

此れを臨床に入ってから、もう一度実際とつき合わせると良く分かります。

Q腸閉塞の治療について

4日前に夫が腸閉塞と診断され即入院しました。
食事も水分も一切禁止され、ずっと点滴を受け続けています。
お腹の痛みは入院時よりは軽くなっているようですが、38度くらいの熱がずっと続いております。

昨日の医師の説明によると、
虫垂(盲腸?)が炎症を起している。それによって小腸が癒着を起している。
1週間絶食して、その後、口から造影剤を入れて、下まで通れば、食事を開始しましょう。
腸閉塞が治ったら、大腸がんなどの検査もしてみましょう。
というようなものでした。

とりあえず、説明をただ聞くことしかできなかったのですが、口から入れた造影剤が下まで通ったら食事OKということは、それで腸閉塞は治ったと考えていいのでしょうか?
絶食だけで治ったりするものなのでしょうか?

点滴は、抗生剤も含まれているようです。

医師は、場合によっては手術の可能性も・・といっていましたが、その手術と言うのは、炎症を起している虫垂を切除するのでしょうか?
それとも、小腸の癒着を剥がす手術でしょうか?

こんなこと、医師に聞けといわれそうですが、
なかなか担当医と面会時に会うことができなくて。。

また、腸閉塞の原因として、虫垂の炎症によるものと説明を受けたのですが、
もっと根本的な原因ってどんなことが考えられるのでしょうか?つまりなぜ虫垂が炎症を起したのか・・という原因です。

やはり食生活でしょうか?
お酒は1日缶ビール1本。煙草は吸いません。

とにかく、心配で愚問かもしれませんが、
どなたかわかる犯意で結構ですので、ご回答よろしくお願いします。

4日前に夫が腸閉塞と診断され即入院しました。
食事も水分も一切禁止され、ずっと点滴を受け続けています。
お腹の痛みは入院時よりは軽くなっているようですが、38度くらいの熱がずっと続いております。

昨日の医師の説明によると、
虫垂(盲腸?)が炎症を起している。それによって小腸が癒着を起している。
1週間絶食して、その後、口から造影剤を入れて、下まで通れば、食事を開始しましょう。
腸閉塞が治ったら、大腸がんなどの検査もしてみましょう。
というようなものでした。

とりあえず...続きを読む

Aベストアンサー

 予想範囲内で書かせていただきます。詳しくは医者にお聞きください。
 
 腸閉塞は腸がつまってるって意味です。
だから造影剤が通るって事はつまりがなくなった。→腸閉塞は治った。と言うことです。
 でもまた何かしらの原因でつまれば腸閉塞になります。再発はあるってことです。

 今回のケースは絶食だけで治るものなんでしょうね。レントゲン等撮られてそう判断されたのでしょう。
詰まっている程度、物によります。
 腸の道が完全にくっついてしまったりすごく細くなっているなら造影剤は通りません。
 食べ物などの固まりが詰まっていていて腸を通り抜けられないならそれを取り除くことが必要です。

 手術。それも場合によってですよね。虫垂の炎症がひどければ切除しなければならないでしょうし、先程上で書いた造影剤が通らないような場合です。
 でももし手術することになればもっと詳しく説明がありますから大丈夫ですよ。

 虫垂の根本的な原因ってのは、たいてい不明です。何らかが詰まったことにより炎症を起こしたと考えられています。
 よくスイカの種を飲むと盲腸になるとか言われているように、何か完全に消化し切れなかったものがたまたま詰まってしまったと考えられています。
 ただ単に食生活がどうのこうのという事ではないんです。

 予想範囲内で書かせていただきます。詳しくは医者にお聞きください。
 
 腸閉塞は腸がつまってるって意味です。
だから造影剤が通るって事はつまりがなくなった。→腸閉塞は治った。と言うことです。
 でもまた何かしらの原因でつまれば腸閉塞になります。再発はあるってことです。

 今回のケースは絶食だけで治るものなんでしょうね。レントゲン等撮られてそう判断されたのでしょう。
詰まっている程度、物によります。
 腸の道が完全にくっついてしまったりすごく細くなっているなら造影剤は通り...続きを読む

QOT、PT基礎から学ぶ生理学ノート

OT、PT基礎から学ぶ生理学ノートは柔整の生理学にも勉強になりますか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

どんなコメディカルでもまとまっていれば十二分に参考になると思いますよ

各専門で使うところが違うと思ったら大違いです。

Q腸閉塞 糞詰まり?

私は、腸閉塞ではないかと疑っています。
以下の状態です。

【症状】周期的に来る激しい腹痛(気を失いそう)、吐き気、冷や汗、(便器で苦しんでいる間に)硬い便の後に下痢

【頻度】3ヶ月に1回(6年前から 20代中盤、男です)

今まで、過敏性腸症候群かと思っていましたが、腸閉塞ではないかと思いました。
普段、便秘がちです。3日に1回ぐらいで排便します。
糞詰まりの場合も、上記の症状が起きるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

単なる便秘でしょう、便秘で詰まっているときその奥で下痢が起きているのですよ。

Q解剖学と生理学について

解剖学と生理学はどういった学問ですか?
どのようなことを覚えればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

解剖学:生体の構造を知る学問
生理学:生体が正常に機能する様子を知る学問

だと思っています。
どのようなことを覚えればよいのか・・・これはあなたがどのような状況におかれているかに依存します。学部の学生に必要な知識と、医師免許を取る際必要な知識、そして臨床に出るにあたって必要な知識は異なってきます。

Q閉塞性動脈硬化症(AOS)の対処方について

 55才の男性です、約2カ月前位の人間ドックで以下のような結果になりました。

 約2カ月前位に両足が「閉塞性動脈硬化症(AOS)」と診断され、膝から下が紫色に腫れて即手術と言われましが、
別の病院では血液がサラサラになるまで待ったほうが良いとも言われ薬を飲んでいます。(12月位の手術予定)
  
 富山、金沢方面でこの種の評判の良い専門医を何方かご存知でしょうか。
 また、どなたか色々とアドバイスをお願い致します。
 
 今後どのような心構え、専門医を探せば良いでしょうk。

Aベストアンサー

◆AOSの神様・大豪院です。

AOSの手術は血管内視鏡的な手術や両足に分かれていく大動脈の部分で人工血管に置き換える大手術までいろいろです。
閉塞の具合で対応が変わります。

手術法の選択幅と技術の点から、中小の病院で行う手術ではありません。大学病院レベルの血管外科で行うことをお勧めします。金沢大学か富山大学、に受診されることでいかがでしょうか。

ただ「膝から下が紫色に腫れて」というのはAOSの一般的症状ではありません。歩行時の筋肉痛があるはずですが・・・果たして診断が正しいのかも「?」です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報