成人の日は、なぜ1月15日(旧)に制定されたのか、調べているのですが、どの文献にものっていません。
どなたかご存じの方、教えて下さい!

A 回答 (2件)

昔は、「数え歳」といって元日にみんな一緒に年を撮ることになっていました。

そして男子は15歳、女子は13歳頃になると「成人」となるのを祝っていたのです。
でも、旧暦(太陰暦)の元日は新月で闇なので、望月(満月)の15日に「元服式」を行っていたそうです。で、これが「成人の日」の起源となった・・・というのが有力な説です。

下記のURLによれば、「深い泉の国」の文化学(山内健生、展転社、平成10年)という本が参考になるそうです。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_1/j …
    • good
    • 2

こんなことを聞いたことがあります。



1月15日は、鏡開きの日です。
また、この日に元服を行うことが多かったといいます。
私の記憶間違いでなければ、元服とは武士の男の子が子供の髪型から大人のちょんまげの髪型に変え一人前の大人の男として扱うお祝いの日だったと思います。
必ず、この15日に元服をしなければならないことはなかったそうですが、この日に元服をすることが多いので、大人になる祝いの日「成人の日」と定められたということのようです。

参考になれば、幸いです。
tukitosan でした。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q引用文献と参考文献の両方に、一つの文献を書いても良い?

卒業論文を書くにあたって質問があります。
論文の最後に「参考文献」と「注」を書くのですが、そこで迷ったことがあります。
「注」の欄に引用した文献を記載して、さらに同じ文献を「参考文献」として記載してもよいのでしょうか?
つまり、ひとつの文献を、「注(引用文献)」と「参考文献」の両方に書いてもだいじょうぶでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

両方書いても大丈夫でしょう。

引用した箇所に注を施して末尾に書くのは基本的なルールですが、その引用した箇所以外にも、その文献をすべて読み、その内容を自分で咀嚼した上で、論文中に内容を反映させたとしたとすれば、むしろ、参考文献として必ず挙げておくべきではないかと思います。

参考にしたのが引用した一箇所だけとか、その引用自体も論文の主旨からいえば些末なことであるならば、わざわざ参考文献として列記する必要はないと思いますが、重要な参考文献であると思うのであれば、参考文献として挙げればよいと思います。

私が卒業論文を書いたのはもう随分前のことですし、文系、理系、その他、学科の違いで引用文献の扱いも違うのではと思うので、あくまで参考ということで。

Q参考文献中の参考文献を参考にする?

レポートを書いているのですが参考文献の書き方に困っています。
ちょっとややこしくて説明になっているか不安ですが。。。

「(1)参考文献」として見つけたサイト中で
「(2)参考文献として取り扱われているサイト」の引用内容が参考になりました。

それを私の参考文献としてレポートに書くとき、どのように扱ったらいいのでしょうか?

大本の「(1)サイト」を題名・発行など、私のレポートの参考文献として書くだけでいいでしょうか?

それとも、その大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を参考文献として書くべきなのでしょうか?

大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を検索してみると、
会員制のみが見られる論文サイトのようで一般の人が見ることはできず、
結局、私が参考にできたのは、大本「(1)サイト」が参考にしたという引用部分だけです。

わかりにくてすみません。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

一般的には(2)を読んでから参考文献にあげるべきだと思います。

ただ、レポートであれば(1)が(2)を参照していたということを書けばいいと思いますよ。

あとは、(2)を読んでいないのに(2)を参考文献に上げて読んだように見せかけるといったことも実際にはやられているようです(いけないことだと思いますが)。

(2)の著者にメールなどを出来る手段があれば、問い合わせるといったこともいいのではないでしょうか?

QSS400 許容引張応力値 機械文献or建築文献 どちらを採用?

 SS400の各温度における許容引張応力は0°Cから350°Cにおいて100N/mm2(JIS G3101 1995)なので通常室温にて用いる際は100N/mm2と理解しています。
一方 一般構造用鋼材 許容応力(引張)は結果的に基準強度と同等で2400キログラム毎平方センチメートル(建築基準法令行令 第90条、昭和55年建設省告示第1794号)となっております。
つまり前者は10000N/cm2、後者は24000N/cm2 どうしてこんなに違うのでしょうか?
機械計算がらみの場合は前者を、建築物がらみの場合は後者の許容引張応力の値を使うことになるんでしょうか?

Aベストアンサー

なるほど、経験者の方でしたか。しかも圧力容器ですか。
私は全く設計したことがありません。(失礼しました)

私の持っている材力のテキストの「フープ応力」の例題を見ると
「板の引張強さを、40kg/mm^2として、安全率を4とする」と
なっていました。これぞ、まさに許容応力=100N/mm^2ですね。

そこで調べてみると、「圧力容器構造規格」なるものが見つかり
ました。(参考URLの第4条、一のイ ヤッター!)

あと他に、こんなものも見つかりました。
 ↓
http://www2u.biglobe.ne.jp/~xbm95632/hp110.htm
これは、ちょっと…という内容ですが、勉強になりますよ。
(ちょっと酔いますが)

では、失礼します。

参考URL:http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-10/hor1-10-4-1h1-0.htm

Qなぜ9月15日が敬老の日

本日会議で9月15日がなぜ敬老の日になったのだろうという話に
なりましたどなたかご存知ですか?

Aベストアンサー

下記HPを参照ください。

参考URL:http://www.ccc.ne.jp/cccnet/43_index_msg.html

Q5=15この場合1=この形になると15はいくつになりますか? この5と15は比例しています どのよう

5=15この場合1=この形になると15はいくつになりますか?
この5と15は比例しています
どのように求めればいいですか?

Aベストアンサー

5=15で5と15が比例してるんだから15は5の3倍。

1=は、1を3倍すれば1×3=3
∴1=3


人気Q&Aランキング

おすすめ情報