ファンタビの世界観を作る二人にインタビュー!

タイトル通り、この2つはどう違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

特別会員証券外務員必携によると


投資家が拠出する基金(ファンド)に関する法的スキームの違いによる分類である。

契約型:委託者と受託者が締結した信託契約に基づき信託財産という形態で基金が設立され、当該信託の受益権を投資家が取得する。
会社型:資産運用を目的とする法人を設立し、その発行する証券を投資家が取得するという形態である。

契約型と会社型の相違点
契約型:信託財産そのものには法人格がない。
会社型:法人格をもった投資法人の資産運用という形態
契約型の場合:基金に投資資金を拠出する投資家が直接基金の運営には関与することはないが、会社型の場合、投資主として投資主総会への出席、議決権の行使名とを通じて基金の運営に関与できる。

なお、我が国の法制度上、契約型と会社型の投資対象に差はないが、歴史的背景及び投資対象資産の特性などから、実際上は、証券投資信託については契約型投資信託、不動産投資信託については会社型投資信託といった棲み分けになっている。(一部割愛してあります。)
噛み砕いた解りやすい解答が出来ませんでした。あしからずご了承願います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「集団投資スキーム」の意味をわかりやすく説明して下さい。

タイトル通りです。
金融商品取引法における「集団投資スキーム」
の定義等をわかりやすく説明していただきたいのです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

御免なさい。「集団投資スキーム」の意味ではないのですね。「集団投資スキーム」というと不動産のイメージがありましたので。

金融商品取引法における「集団投資スキーム」とは一言で言うと「ファンド」を「集団投資スキーム」として規制のの対象にしようとするものです。

今現在日本には「ファンド」と呼ばれるものが数多ありますが、そのファンドに規制をかける事ができないのです。
例えばファンドといわれますと、投資信託を思い浮かばれると思います。投資信託では現在のところ国が「投資信託法」により投資信託の形態をとっている「ファンド」に規制をかけています。
しかしながら高利回りを謳った例えば「真珠養殖ファンド」「牛肉ファンド」などは規制が無いのです。要するに悪質な業者に業務停止などの行政処分を課す、などといった事は期待できないの訳ですね。(詐欺罪や窃盗罪や出資法などに該当する場合はありますけど・・・)

ですからその様な問題に対処する為に数多あるファンドを「集団投資スキーム」と位置づけて実質的にファンドと認められるものに対して包括的な規制をかけて、投資家保護を徹底させようとしています。

以上から質問者様のご質問には「集団投資スキーム」=「現在沢山あるファンドを国が規制するための位置づけの用語」という回答になるのでしょうか?
分かりにくかったらすいません。

御免なさい。「集団投資スキーム」の意味ではないのですね。「集団投資スキーム」というと不動産のイメージがありましたので。

金融商品取引法における「集団投資スキーム」とは一言で言うと「ファンド」を「集団投資スキーム」として規制のの対象にしようとするものです。

今現在日本には「ファンド」と呼ばれるものが数多ありますが、そのファンドに規制をかける事ができないのです。
例えばファンドといわれますと、投資信託を思い浮かばれると思います。投資信託では現在のところ国が「投資信託法」に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報