痔になりやすい生活習慣とは?

直列6気筒は今あまりないと聞きました。
日本車外車とも、直6のいいところを教えてください。

総括的なご回答のみならず、メーカー名・車種を具体例に挙げていただけますと、大変ありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

日本では直6エンジンの車を生産できる会社はコストも掛かり乗用車ではトヨタ、日産、三菱の大手しかできませんでした。

現在はトヨタクラウンセダンがあります。直6エンジンの最大のメリットはエンジンルームが長くなるデメリットをとっても採用する利点が回転の滑らかさと静粛性です。ロータリーエンジンでも直6並みの滑らかさと静粛性ですといわれます。直4エンジンはクランクシャフトが1回転するとピストンが4個同時に2回上死点下死点でほんの瞬間停止します。直6エンジンでは2個が上死点下死点で瞬間停止した時は他の4個は動いているので振動の発生のタイミングが違います。エンジン1回転で2回爆発燃焼する直4と3回と細かい直6の差は交差点などで発進加速する車の音を外で聞くとはっきりわかります。
昔は高級車の代名詞としてトヨタクラウン、日産セドリックグロリア、三菱デボネアに積まれていた直6はそのパワーをもってスカイラインに積まれて「羊の皮を被った狼」とよばれスポーティカーにも積まれる様になりました。その後はぞくぞくとトヨタマークII、チェイサー、セリカXX、クレスタ・・・、日産ローレル、フェアレディーZ・・・、スカイラインの人気にブルーバードまでも。
直4は当初クランクシャフトの軸受けメタルは前後と中央の3個でした。ハイパワー化するのに各シリンダー間の5メタルになりました。直6のデメリットであるエンジン長さ縮めたV6が主流ですが軸受けメタルが4個に対し各シリンダー間に軸受けメタルをもつ直6は6シリンダー7メタルで強靭で静粛な力持ちと言うわけです。
    • good
    • 4

回答出ているので重複はできるだけ避けて、



>今あまりない

新開発エンジンの量産は恐らくBMWだけと思います。古いものならトヨタ1G型がクラウンに残っています。

>直6のいいところ

直4~5や水平対向でなく、最も量産されている60~90度V6と比較して、
・回転が滑らか:直列に爆発するのと右バンク左バンクと爆発するのでは回転や振動に差が出ます。
・幅が狭い:吸排気系の自由度があり、補機類取付も容易、前部からの冷風の流れが良いのでエンジンも補機類も冷却が良い、タイヤ切れ角を大きくできる、エンジンと補機類の整備性が良い
・メーカでは:これまでの直4直6設計開発のノウハウが生かせる、直4延長型は低開発コスト(1G型等)、低製造コスト(Vはカム軸、ヘッド、VVT、チェーン、センサ、等が2ヶ必要)

V6の短所はメーカ努力で解消されてきて、直6に拘る理由が無くなってきたので今後も直6は減少していくと思います。
    • good
    • 3

直列6気筒は完全バランスエンジンと呼ばれ振動が少なく滑らかに回るエンジン形式とされています。

続いて90度V8や水平対向6気筒などが滑らかに回るエンジンとされていますね。

バイエルン発動機という会社名からも分かるようにBMWはエンジンにこだわって今でも直列6気筒を採用していますがほとんどのメーカはV6に切り替えてます。
BMW以外だとTVRが自社開発の直6搭載車(TVR サーブラウ・スピードシックスなど)を今でも販売しています。

V6の採用は衝突安全性を確保するためのスペースを確保するためだったり、前輪駆動車へ横置きで搭載するためだったり、コスト削減だったりと、どちらかというと消極的な理由によるものです。
    • good
    • 3

いいところはデザインでしょう。

ピストンが縦に並んでいるのでボンネットが長い独特のデザインになります。
今は車内の広さなどの面でVをよく使うようになっていますが…。
直列で有名なメーカーといえばドイツのBMWでしょう。
コンパクトカーでも直列エンジンを使っていますし。
http://www.bmw.co.jp/Contents/
    • good
    • 2

昔は…(有名な型番は…ほかにもあります)



●トヨタ(1G、7M、JZ系…ヤマハ系)
一世代前までの「クラウン」「マーク2系」
「ソアラ」「スープラ」「セリカXX」
「トヨタ2000GT(確か…)」
「クラウン・セダン→現在も売っているかも?」

●日産(RB系)
一世代前までの「スカイライン」、「GTR」
初代「ステージア」
なくなる型から2代前までの「ローレル」
初代「セフィーロ」、「クルー(上級版」

●ベンツ
C280、E280等

●BMW(シルキー6)
330、328,325,323,320
525,530
Z3-2.8…等

★発祥は定かではありませんが、
BMWが、かなり有名で、
それを、トヨタ・日産が、真似をした…
こんな感じでしょう~たぶん

米国では、V型エンジンが人気あります。

最近は、BMW以外、
ほとんどのメーカーで直6は、製造していません。

その理由は、
直6エンジンは、シリンダーが縦方向に6つ並ぶので、
ボンネットが長くなり、キャビンが狭くなる。
それを、ジグザグに配列したV6エンジンにすることで、
室内が大きくなるので、設計上有利になる。

マーケティング上、売れなければ、商売にならない。
FF車にも載るのは、V6エンジンだ。
流用も効く。

こんな感じでしょう。

以上(専門家ではありません)
    • good
    • 3

L20型エンジン フェアレディーZ、スカイライン、ローレル


S20型      スカイライン
RB型  
http://ja.wikipedia.org/wiki/RB20#RB30DE
直6
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B4%E5%88%976 …
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトヨタの1G-FEエンジンについて

私は、トヨタの「ヴェロッサ」に乗っています。  2000ccの為、エンジンは1G-FE型です。確か、このエンジンって、トヨタのエンジンの中で1番古いんですよね? VVT等で、燃費はよくなっているみたいですが、ちょっと出足が・・・。           1G-FEエンジンの車にお乗りの方、どう思いますか?

Aベストアンサー

おっしゃるとおり,もう20年になるかならないかのエンジンですね.
かつてはスーパーチャージャーを載せた(1G-GZ)クラウンもありました.このエンジンは元気でしたよ.人の車を運転させてもらったんですが.一世を風靡したエンジンなんですけど.
L6のエンジンですからFFにも搭載できず,FRになってしまいますね.ところがいまどきFRの乗用車は大型化していますから2000ccでは苦しいように思います.
それで需要もそれほど多くないので新しく開発するのは勿体ないし,結局長く使われているんですね.
FRに2000ccの設定が消えるまで使い続けられるのでしょうか.

Qクルマの走行距離で30万キロ突破は難解ですか?

クルマに関する質問が有ります。
ぜひ、お教え下さい。

Q1.クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?
   また、とてつもない記録に入りますか?

Q2. クルマの走行距離が30万キロを超えると、スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載される  のは事実か?

Aベストアンサー

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行っているだけです。

>また、とてつもない記録に入りますか?

自家用車として利用していれば、記録になりますね。
国土交通省は「国産車は、世界最低水準の性能・品質だ。10年乗ったら廃車だ!」と、今でも運輸省時代の方針を堅持していますよね。
この命令に従わない者には、毎年車検という罰を科していました。
(アメリカ政府の命令で)毎年車検罰が廃止になりましたが、今では代わりに「自動車税UP」という罰を科しています。
国・自動車業界に反する行動をする訳ですから、記録になります。^^;

>スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載されるのは事実か?

事実です。
先に書いた通り、国内では10年落ちの車は「廃車が原則」です。
が、廃車になった車は「海外に輸出されて、現地で高性能車として高く売買」されます。
東南アジア各国等では、10万キロ・20万キロ・30万キロ走行は普通の事。
実際、マレーシア旅行の時にチャーターした車は「20万キロ超え」のツワモノでした。
えっ?何故、20万キロって分かるの?
この国産車は、オドメーターが6桁でした。^^;

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行...続きを読む

QチェイサーツアラーVの寿命(中古購入について悩む)

チェイサーのツアラーV(5MT)を中古で探してみました。
・・・が結構、走行距離いってます。当たり前と言えばそうですけどね。6~7万kmなんて普通ですよね。
にしては、結構なお値段。中古車、走行距離にしては価格もお高め。人気車種なんで、これも当たり前と言えば当たり前なんでしょうけど・・・。
では、ここで疑問です。
チェイサーのエンジンなど、どれ位もつものなんでしょう?一年一万乗るとして、5~6年好調に乗れるものなんでしょうか?せっかくのツアラーVを買って、エンジン駄目~(パワーダウンしてる~山登らね~)ってことならがっかりですし。
もちろん、一概には言えないでしょうが、車屋さんとかの営業さんが言いづらいって感じの話じゃなく「こんな感じだよ♪」ってところで回答もらえるとありがたいです。ちなみに走り屋ではありません。乗用車でたま~にスポーツチックに走れれば。っていう位です

Aベストアンサー

人気グレードですから 価格高は止む無し!

距離も5~6万km走行が平均で これより多めは避け 少ないのは 怪しいですねー

機械ですので 使用頻度が高ければ それだけ性能低下は免れません
適切メンテし普通に使っていれば 20万km走行も可能ですが 車種的に ぶん回して走る様な使われ方がそうていされます そんな中でも 程度の良い物を探す。
焦らず捜せば 出てくるものです。

走行距離は年式 相当のもの
ノーマルが基本(エンジン改造車は× バランスの取れた改造なんて滅多に有りません 付けたい願望でめちゃくちゃ改造が殆どです)
タイヤの減り方で前オーナーの走り方を予想
新品タイヤに交換されてるものも ちょっと疑った方が 安全かも
エンジンメカニカルノイズや エンジンオイル漏れ・にじみ具合で エンジン程度を把握する
試乗し 具合 パワー感や加速・減速時の異常のチェック ハンドリングや 振動など 違和感が無いか
クラッチのつながり具合固さ

3年後 8~9万kmで買い替える考えなら 気にしなくていいんじゃないかな?

トヨタ車のエンジンピーク(最高調の時期)は2~4万kmと聞いております 
良い状態が早くやってくる様になっているようです(買い替えサイクルを見据えた設計か?) 他メーカーはもう少し遅めの設定です。
その後急激にダウンすると言う訳では有りませんが
油脂交換サイクルなど
「★適合★する油脂での」
メンテナンスを「遅れぬ様」にすれば 気になるような パワーダウン無く乗り続けられるでしょう 

10万km超えたら いたわり運転 高回転など酷使は避けたほうが無難なんですが・・・
 

人気グレードですから 価格高は止む無し!

距離も5~6万km走行が平均で これより多めは避け 少ないのは 怪しいですねー

機械ですので 使用頻度が高ければ それだけ性能低下は免れません
適切メンテし普通に使っていれば 20万km走行も可能ですが 車種的に ぶん回して走る様な使われ方がそうていされます そんな中でも 程度の良い物を探す。
焦らず捜せば 出てくるものです。

走行距離は年式 相当のもの
ノーマルが基本(エンジン改造車は× バランスの取れた改造なんて滅多に有り...続きを読む

Q古いBMWはなぜ安い?

よろしくお願いします。
10年落ちのBMWの3シリーズとかって中古で20万前後くらいでよくありますよね?
なぜそんなに安いのですか?
「古いけど一応BMWでかっこもつくし、国産車買うよりいいじゃん。10万キロちかいのもあるけどBMWならまだ走れるんじゃないの。」
という考えが貧乏な若者には思い浮かぶのですが、浅はかな考えでしょうか?
やはり外車なので壊れるんですかね?
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

これは正規ディーラーさんでも困っている話で、10年落ちしたあたりから、そもそも維持費以前に店頭に並べる前の基本メンテナンス費用だけで一般的な「その年式のBMW」の価格を軽く上回ってしまうのだとか。部品代が国産の2割増程度ですから初期整備で解消すべき内容で部品代は相当額になりますし(20万くらい軽く行きますね、部品だけで。故障してなくても)、さらにBMWは動力系の組み方が特殊で、ミッションやエンジンを下側からメンテナンスしようとすると工賃が他社よりかかる上、専用の工具を多く必要とするためディーラー以外だと余程の専門店でないとメンテは難しいそうです。故に商品にならず、ディーラーで下で取ったものの持て余したものを、つてのある中古車屋さんに流したり、という事例が多いそうです。

E36の方がそれ以降の3よりもデザイン素晴らしいですし、脚周り的にはE90に遠く及ばないにせよDSCが無い程度でE46には劣らないだけに、勿体無いのですけどね。…ATアッセンブリは酷いもんですが;
私がお世話になったディーラーさんでは、ストックヤードにメンテ入れればすぐにでも走りそうな850iなどたくさんの「ほんの少しのトラブルで売りに出せない車体」が眠っていました。いずれも前述の理由で眠っているそうです。

質問者さんの仰る通り、10年経ってもBMWはBMW、内装などの配慮で国産を突き放す部分は多いです。しかし、「この年式この車種に愛着がある!」でない場合は、残念ながらオススメはできません。
ちなみにガソリン代もかなり厳しいので、今このタイミングはますます厳しいと思います。

BMWは日本以外では「お金持ってるだけでは買えない車」ですので、本気でメンテもありかと思いますが、そのお金で他の車を買ったほうが多分幸せになれます。

これは正規ディーラーさんでも困っている話で、10年落ちしたあたりから、そもそも維持費以前に店頭に並べる前の基本メンテナンス費用だけで一般的な「その年式のBMW」の価格を軽く上回ってしまうのだとか。部品代が国産の2割増程度ですから初期整備で解消すべき内容で部品代は相当額になりますし(20万くらい軽く行きますね、部品だけで。故障してなくても)、さらにBMWは動力系の組み方が特殊で、ミッションやエンジンを下側からメンテナンスしようとすると工賃が他社よりかかる上、専用の工具を多く必要と...続きを読む

Qどうしてレガシィは6気筒に人気がないのか

世の中、気筒数が多い方が高級なのが普通です。ところがレガシィに関してだけは4気筒のターボの方が人気が有る。メーカーも何だかターボのほうを売りたいようなラインナップに見える。

「あの」ポルシェと同じボクサー6を、NAで味わえるなんてこんな贅沢なことはないと思うのですが、どうしてスバルはこういう売り方をするのでしょうか。皆さんもレガシィはターボの方が好きですか?

個人的にはターボの不自然なフィールよりも、大排気量のトルクフルなリニアな感じが好きなんですけれど。

Aベストアンサー

レガシィを3代乗り継いだ人間からの視点ですが…。

1.3Lエンジンの割りに差別化がされていない
レガシィは2Lがメインとして設計されているせいか、3Lエンジン搭載車でも特に「高級感あふれる」「より充実した」といった内装や装備にはなっていませんね。つまりエンジン以外は差別化がされていないので「3Lであることの売り」が少ないのです。

2.購入客層の嗜好とマッチしない
トヨタのクラウンのようなアッパークラスのセダンでしたら「とにかく高いバージョン」ということで3Lを買い求める人もいるでしょうが、レガシィはミドルクラスのスポーツセダンですから、購入客は特に3Lであることにこだわりがないというのもあると思います。また、レガシィの購入客層は、豪華装備であれば買う、といった人種ではないので、大排気量の3Lだから買う、といった流れにもなりませんし…。

3.車のイメージに多少合わない
レガシィは昔からターボをイメージリーダーとしたスポーツセダン&ワゴンとして売り込んできましたので、ターボ車のほうに購入者の意識が行きがち。

といったことがあるのではと思っています。

ちなみに、私はD型購入時に3.0R SpecBと2.0GT SpecBを比べて2.0GTを買いました。
2.0GTにした理由は、
1.3.0はノンターボの割に高価
2.3Lなので税金が高い
3.3.0は2.0GTより燃費が悪い(これはスバル営業マンさえも認めていました)。
といったのがありました。

3L6気筒は、評論家連中の評判はいいようなのですが、買うにあたって「コレ」といった魅力が「スムースで滑らかな回転」くらいしか見あたらないのですよ…。
2L4気筒ターボのほうが絶対的な性能は上ですし、SI-Driveを駆使すれば高速でリッター13kmというかなりの高燃費も叩き出せますし…。

じゃあ、何でわざわざ6気筒を出すのか、というと、アメリカ市場の睨んでのことと思われます。
アメリカ市場では、「高級車」として認められるのは6気筒以上なので、北米でスポーツユーティリティワゴンとして販売の好調なスバル・アウトバックのイメージを高める為に6気筒を追加投入し、それを日本市場にも展開したのではないかと…。

レガシィを3代乗り継いだ人間からの視点ですが…。

1.3Lエンジンの割りに差別化がされていない
レガシィは2Lがメインとして設計されているせいか、3Lエンジン搭載車でも特に「高級感あふれる」「より充実した」といった内装や装備にはなっていませんね。つまりエンジン以外は差別化がされていないので「3Lであることの売り」が少ないのです。

2.購入客層の嗜好とマッチしない
トヨタのクラウンのようなアッパークラスのセダンでしたら「とにかく高いバージョン」ということで3Lを買い求める人もいるで...続きを読む

Q古い車に5W-40のオイルは大丈夫?

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということはありません。(まあまあ快適と思います。というか、あまり違いがわからない?)

しかし、知人からは、14年前の車に5W-粘度のオイルを入れると、良くない。と言われました。
その理由を聞くと知人の方が説得力があるので、気になって仕方がありません。
理由:(1)エンジンの設計自体が、5W粘度を想定していない。
(2)9万kmも走っている軽四に、低粘度オイルの使用はエンジン摩耗を促進する。
(3)旧車に粘度の柔らかいオイルを入れるとエンジン音がうるさくなる。
(4)夏場で焼き付きを起こす可能性が高い。
(5)オイル漏れを起こしやすい=エンジンを痛める。

確かに、当時のエンジンオイル(指定オイル)は10W-30で、5Wと言う粘度自体が存在しませんでした。
しかし、○-○バックスで交換しようとのぞいても、軽四輪用(3L)のオイルは5W-40がほとんどで、
格安品(安すぎて不安!)に10W-30が見られる程度です。
平成5年当時の車両に入れるオイルを、
5W-40のオイルと、10W-30のオイルとで比較した場合、、
実際、どちらを入れるのが、車にとって正しい選択なのでしょうか?
今の車は気に入っていますので、快適に末永く乗ろうと思っていますので・・・
次のオイル交換の時期も近づいてきており、どちらにしようか決めかねている次第です。

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということ...続きを読む

Aベストアンサー

オイルの粘度表示 5W-40 という意味ですが5Wというのは低温時の粘度表示で40というのが高温時の粘度表示です。
10Wより5Wの方が低温時に軟らかいので始動直後などの抵抗が減りエンジンが冷えている間の燃費が若干良くなります。
高温時というのはエンジンが温まった状態ということですから普通走行しているときに40番のほうが粘度が高いということになります。
その為抵抗によって燃費は落ちます。
ただ長年使用したエンジンでは各部が磨り減って新車時よりすき間が大きくなっているところがあります。
こういった部分を高粘度でカバーしてピストンの密封性を良くしたりすることでパワー燃費が若干回復することがあります。

逆に粘度が極端に低いオイルは使えません。
最近の省燃費車のように0W-20のような高温時20番のオイルは燃費もよくなりパワーも出ますがエンジンが20番に対応していないとオイルシールなどからオイル漏れしてしまうそうです。

QフェアレディZってなぜ重たくてスポーツエンジンじゃないんですか

フェアレディZに乗ったことすらありません。しかも日産車も乗ったことはないです。しかしフェアレディZのデザインがかっこよく惹かれるものがあります。それでネットで調べていたらZは重たくてエンジンもホンダみたいなスポーティなエンジンじゃないと書かれていました。なぜZはスポーツカーなのにスポーティーなエンジンと軽いボディに仕上げなかったんでしょうか?車の方向性が走りバリバリを目指していなかったと言われればそれまでなんですが、車体まで重たい必要はないかと思います。何か安全のために重たくしてるとかあるんでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.4です。
まだ書き足りない気分なので、もう少し書きますね。。。。。

「軽量スポーツ」という言葉があります。
MR-Sやロードスターはこの範疇に入ります。
出力も、サスも、「テキトー」でいいから、とにかく軽く作ろうという車です。
車にとって慣性モメントが少ないというのは重大なことで、安物サスでも、セッティングが決まれば、びっくりするくらい軽快にコーナーを抜けていきます。
もともとは、イギリスやフランスのいわいる「バックヤードビルダー」と呼ばれる人たちが、自宅のガレージで、手に入ったパーツをパコパコっと組み立てて、自分で楽しんだものです。
そのうち、「その車を譲ってくれ」という人が現れるようになって、ビジネス化していきました。
ロータスセブンやヨーロッパは、商業的に最も成功した軽量スポーツです。

しかしモータースポーツを楽しむ人の性で、どうしても「モアパワー」ということになります。
そうすると、大きくて重いエンジンを積む必要があり、高出力がかかってもボディがねじれないように鉄板を使って補強する必要があり、サスも「きちんとしたもの」を組む必要があり、そうやって車はどんどん重くなっていきます。
そうした方向性の先にあるのが、Zであり、スープラであり、さらにその延長線上には、ポルシェやアストンマーチンがあります。
F1マシンの重量が軽自動車と同じというのは、走ることだけに特化した車で、しかも湯水のようにカネを使うからできることで、市販車はまだ「鉄の時代」です。

もうひとつは、「スポーツカーのゆううつ」と呼ばれる現象があります。
新しいスポーツカーがデビューした時、最初はスポーツカーというものを理解した人しか買いません。
ところがそのスポーツカーが評判になり、売れ出すと、普通の人たちが、大量に買いに入ってきます。
彼らは、そもそもスポーツカーを理解していませんから、クイックなステアリングや、固いサス、高回転を維持しないとまともに走らないエンジンに、大ブーイングを起こすことになります。
自動車メーカーも商売ですから、営業サイドからの要求で、車はどんどん「改良」され、「乗用車化」していきます。
同時に、高い値段で売るために、(逆にいえば高い値段でも売れるために)いろいろなアクセサリーが追加されていきます。
「元」スポーツカーは、どんどん重くなっていきます。

ANo.4です。
まだ書き足りない気分なので、もう少し書きますね。。。。。

「軽量スポーツ」という言葉があります。
MR-Sやロードスターはこの範疇に入ります。
出力も、サスも、「テキトー」でいいから、とにかく軽く作ろうという車です。
車にとって慣性モメントが少ないというのは重大なことで、安物サスでも、セッティングが決まれば、びっくりするくらい軽快にコーナーを抜けていきます。
もともとは、イギリスやフランスのいわいる「バックヤードビルダー」と呼ばれる人たちが、自宅のガレージで...続きを読む

Q車の生涯寿命30万km以上走行する車はどんな整備をしているのでしょうか?

どんな整備をしてそれだけ延命させているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは♪
No.3です。

そうなんですよ・・・エアコンのコンプレッサーは14万円かかりました。(約200,000Kmの時)

ショックは確か数万円???
ショック交換は約120,000Kmでの交換で、高速で飛ばされそうになってヤバッってなったのでした。
ところが以後293,000Kmまでそういう現象は起きませんでした。
品質上のバラツキなのか走行履歴条件なのかなんですが、高速走行は変わらず多いのでバラツキなのではないかと思っています。

おそらく今のツーリングワゴンは300,000Km以上乗ることになるか私の寿命が先になるかですね(^^)

Qインナーサイレンサーってエンジンに負荷がかかってよろしくないと聞きますが、実際にブローした方いらっしゃいますか?

タイトルの通りなんですが、インナーサイレンサーをつけるとエンジンに負荷がかかって回転をあげるとよくないと聞きますが、実際にタービンまたはエンジンブローしたやそういった経験を周りがした方いらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか?乗っているのはNAなのでタービンブローの心配はないのですが・・・ もちろん、インナーサイレンサーの絞り具合や構造によっても負荷の具合は変わると思うので一概には言えませんが、その時の状況(ブローしたときの回転数など)も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、その原理を利用したのがディーゼルの排気ブレーキです、もちろんエンジンに影響はありません

以上を考慮するとエンジンの負荷は全くありません、マフラーの抜けという排気干渉の度合いはあるかもしれませんが一般公道レベルでは問題無いでしょう

しかしながらマフラーに負荷はかかると思います
ノーマルと比べ軽く、素材も鉄やステン等の薄い素材を使っていますから、溶接部分やプレス部分には負荷はかかるでしょう
インナーサイレンサーも取り付け部分が緩んでいたり、腐食するとミサイルのごとく飛んで行きますから点検が必要ですね

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、そ...続きを読む

Q憧れの80スープラを購入したい・・

初めまして。私は80スープラに乗りたい男です。
20歳からずっと憧れていまして、25歳の今も変わらずです(笑)
マクドでバイトしていた時に社員の方にシルビアS15?だったかな。助手席に乗せてもらった事がありまして、その時にスポーツカーというものに初めて乗り、気持ちがよかったです(^^)
”車って楽しい”って感じた瞬間でもあります。スポーツカーに乗るなら、スープラ!といつも思っていました。が、今は好きなデザインの仕事が忙しくなかなか購入の準備が進まない状態です(^^;お金も貯まってませんし(笑)
気がつけば、生産中止になっちゃうし、もう”いらない車”になってしまった感がありますが・・それでも乗りたい!です
スープラの魅力・メリット/デメリット・維持費(笑)などを教えて頂けたらと思いまして。実際乗っている方のほうがリアルな情報が得られると思いましたので。長々と書いてしまいましたがお願いします。

Aベストアンサー

どうも。80オーナーです。私のはRZです。
メリットといえばやはり暴力的な加速と頑丈なエンジンでしょう。個体差はありますが本体ノーマルのままで600馬力くらいまでは耐えてくれます。
あと最近は増えてきましたが国産初の6MTです。街乗りではあまり使いませんが・・・。
スタイルもまだまだ現役でやっていけると思っています。


デメリットはちょっと細かい内容ですがフロントスピーカーに社外でポン付け出来るものがほとんどありません。あっても要加工となってます。
それからこの車にはドリンクホルダーが着いていないのですが後からエアコンの噴出し口なんかにつけるドリンクホルダーを追加する際サイズがあわず苦労するでしょう。
この手の車はたいてい同じですが後部座席はつかいものになりませんしトランクは浅いです。タイヤ2本つんでギリギリ。
車重のわりにブレーキも弱いかな。途中からビッグキャリパーというものがつくようになりましたが私はそれでも不満でしたので交換しました。ただしABSはかなり優秀です。

それからこれは好みですがインパネ周りが全て運転者に向いているのは操作しやすくていいんだけど、助手席側からは見難い上に隔離されたような状態になるので隣に女の子を乗せてるときは不便ですw

私の車の燃費6~7キロくらいです

百聞は一見にしかずです。ぜひ乗ってみてください。この車は運転していて楽しいです。もし買うなら後悔しないようにターボ車を買うことをお勧めします。

どうも。80オーナーです。私のはRZです。
メリットといえばやはり暴力的な加速と頑丈なエンジンでしょう。個体差はありますが本体ノーマルのままで600馬力くらいまでは耐えてくれます。
あと最近は増えてきましたが国産初の6MTです。街乗りではあまり使いませんが・・・。
スタイルもまだまだ現役でやっていけると思っています。


デメリットはちょっと細かい内容ですがフロントスピーカーに社外でポン付け出来るものがほとんどありません。あっても要加工となってます。
それからこの車にはドリンクホル...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング