イソジンのCMに、「うがい以外に使用しないで下さい」って字幕が表示されていますが、うがい以外に使用するのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

イソジンの成分である「ポピドンヨード」は殺菌力が強く、微生物等にも効くそうです。


 アポロ11号が地球に帰還するとき地球外生命体(というか細菌・微生物)がくっついてきちゃまずいってんで、船体(まさにアポロチョコみたいな格好のヤツ)にポピドンヨードを塗りたくっていました。(落下した海への環境汚染の心配も少なかったらしい)

ということからも、殺菌目的で傷口や肌に塗ろうとする人が出ても不思議でない → 人によっては肌が荒れる・かぶれる、という懸念からの注意書きではないでしょうか。
    • good
    • 0

すみません。

私、うがい以外にも使ってます。

足に豆が出来た時、つぶれる前に速やかに縫い針で水を抜くんですが。
その際糸を原液にひたして消毒薬として。

鼻血が出たときの鼻栓ティッシュにつけたりもするし。

あと、広い意味では「うがい」の内ですが。
歯が痛んだ時や歯科通院(抜歯等)してる期間の夜に目一杯濃くした奴でブクブクうがいを。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

~総括~

うがい以外にそのような使い方があるとは知りませんでした。

素朴な疑問に答えてくれてありがとう御座いました(*^^)v

お礼日時:2002/02/07 23:52

ああいった注意書きというものは、


「そんな事するやつはいない」と
勝手にメーカー側が決め付けたりはできないんです。
どんな些細なことでも、書いておく必要があります。
もし、万が一そういったことをされた場合、
責任を負わなくてすむためです。
これはうがい薬に限らず、巷に売られている商品すべてそうです。
「書いていないから」といってわざとやって、
慰謝料等を請求してくるやからも、世の中にはおりますので。
    • good
    • 0

『イソジン消毒液』という消毒液があり、アトピーの人に効果があるようです。

(手術の時の消毒液としても、使われています)

イソジンうがい用を、イソジン消毒液と同じものだと思って、皮膚に塗る人がいるための注意書きだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイソジン(うがい薬)のCM

さっき、TVでイソジンのCMが流れていて、ふと思ったんです。
「最後の方なんて歌ってるんだろう…」と。

そこで質問なんですが、CMで流れている
「♪ただいま~の後は~ ガラガラして~♪」
という歌の最後の方の歌詞が分かる方はいますか?

すごく気になってます。ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その後は、「♪ガラガラジンジン、ガラガライソジンジン」と歌っているように聞こえます。

↓こちらも参考に。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210555442

参考URL:http://www.meiji.co.jp/drug/isodine/

Q小林製薬の薬のCMの「使用上の注意をよく読んで正しくお使いください」の表示について

以前からずっと疑問に思っていたのですが、
小林製薬の「ニューアンメルツヨコヨコ」のCMは他社であれば「使用上の注意をよく読んで正しくお使いください」の表示と警告音を出さない外用薬(外用消炎鎮痛剤)なのになぜか表示と警告音を出しています(ちなみに、同じ小林製薬でもアンメルツフェルビナエースとアンメルシンのCMでは使用上の注意の表示・警告音は出していません)。
一方で、同社の水虫薬「タムチンキパウダースプレー」のCMはどういうわけか使用上の注意の表示も警告音もありません。他社なら水虫薬のCMには必ず「使用上の注意を~」の表示と警告音を出すのに。
どこかおかしいと思いませんか? 
使用上の注意の表示に関して、きちんとした基準って定められているのですか? 
それとも、製薬会社の裁量に任せられているのですか? 
詳しい方、ご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

使用上の注意の表示・警告音については、日本OTC医薬品協会の「広告自主申し合わせ」に詳しく書いてあります。
今年6月の薬事法改正以前は、指定品目によって定められていました。

抗ヒスタミン剤を主剤とした外用薬、殺虫剤(蚊とり線香は除く)、ナファゾリンを含有する目薬、ビスマス塩類を含有する止瀉薬、劇薬に該当する成分を含有する鎮咳去痰薬、アンモニアを含有する虫さされ用外皮用薬、抗生物質を含有する外皮用薬、サルファ剤を含有する外皮用薬及び点眼薬、副腎皮質ホルモン剤を含有する外皮用薬、血管収縮剤を含有する点鼻外用薬、メクリジンなどを含有する鎮暈薬、水虫用薬(液剤)、グリチルリチン酸等を含有する内服用薬(一部)、鎮痛鎮痙剤を主体とする胃腸薬(一部)、ヒマシ油を主体とする瀉下薬

アンメルツヨコヨコは、マレイン酸クロルフェニラミンが入っていて、これが「抗ヒスタミン剤を主剤とした外用薬」に該当したのでしょう。
また「タムチンキパウダースプレー」は液剤じゃないので対象とならなかったのかもしれません。

今年6月の薬事法改正以降は、指定品目による分類を取りやめ、
「第1類医薬品」「指定第2類医薬品」が対象となり、文面も変わりました。
http://www.jsmi.jp/advertisement/pdf/kaitei.pdf
そのため、現行のアンメルツヨコヨコのCMには「使用上の注意をよく読んで~」の表示が消えました。
http://www.kobayashi.co.jp/Seihin/cf/index.html
「タムチンキパウダースプレー」はまだ以前のままですが、指定第2類なので、新作が作られた時には「薬剤師、登録販売者にご相談のうえ、使用上の注意を~」の表示が入ると思います。

参考URL:http://www.jsmi.jp/index.html

使用上の注意の表示・警告音については、日本OTC医薬品協会の「広告自主申し合わせ」に詳しく書いてあります。
今年6月の薬事法改正以前は、指定品目によって定められていました。

抗ヒスタミン剤を主剤とした外用薬、殺虫剤(蚊とり線香は除く)、ナファゾリンを含有する目薬、ビスマス塩類を含有する止瀉薬、劇薬に該当する成分を含有する鎮咳去痰薬、アンモニアを含有する虫さされ用外皮用薬、抗生物質を含有する外皮用薬、サルファ剤を含有する外皮用薬及び点眼薬、副腎皮質ホルモン剤を含有する外皮用薬...続きを読む

Q昔の公共広告機構のCMで、(25年くらい前だと思います)バケツの中に捨て猫がいるCMってご存知ないで

昔の公共広告機構のCMで、(25年くらい前だと思います)バケツの中に捨て猫がいるCMってご存知ないでしょうか?
確かバイオリンらしき音がバックで流れていました。

Aベストアンサー

これですか?
https://youtu.be/teMzmiVbBGQ

Q「ヤマヒサ」のCMの「エリカ」って誰?

「ヤマヒサ」のCMに出ている「エリカ」って女の子のことを教えてください。
ここで聞く前に一応「ヤマヒサ」の公式サイトは見たんですが、載ってませんでしたので(笑)
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

沢尻エリカさんの事でしょうか。違ってましたらごめんなさい。

http://www.stardust.co.jp/file/profile/sawajiri.html

参考URL:http://www.stardust.co.jp/file/profile/sawajiri.html

QCMソングが「育ち盛りは食べ盛り」のCMは?

すいません。
どうしても思い出せずにいます。

昔のCMで「育ち盛りは食べ盛り」っと歌ったCMは
なんの商品のどのようなCMだったでしょうか。。。

分かる方がいらしたら。是非、教えて下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ありますよね~、そういう度忘れ。

「育ち盛りは食~べざかり、ゴマの健康~あ~らよ出前いっちょ~♪」ですね?

出前一丁で合ってますよ^^。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報