子供の頃、「燃えろ燃えろ♪」という歌が大好きで本も読んだ覚えはあるのですが、この物語の最後ってどういう内容だったでしょうか?
城のお姫さまが、森に行くとこまでは覚えてるのですが・・・
よろしくお願いします。
それと、これについて、舞台などがされてる場合、ビデオが出てるなんてことありますか?

A 回答 (3件)

ストーリーですが、


お姫様が森に行った後は、また12の月の神様(?)の出番があって、主人公の継母と義姉は「寒いから毛皮をください、犬の皮でも何でもいい」とか言ってしまって、出された犬の毛皮を着ると犬になってしまう。
お姫様は神様から説教を食らって反省、主人公は犬になった2人の引くソリに乗って家に帰り、2人は来年になったら犬から人間に戻してあげるからまたおいで、とか言われて幕、だったと記憶しています。
乱暴な説明でスミマセン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

悪いヤツにはバツがくだされるのですね。
だいたいでもわかればいいので、よかったです。
後は図書館にでも行って本があるか探して見ます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/01 08:17

その「森は生きている」のアニメのビデオは出ていますが、


確か廃盤なので在庫があるところしか置いていないと思います。
かなり探すのは困難かと、、、。

最後にどうなるかですが、
私はそのビデオを見たことが無いので
わかりません(^_^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アニメなら知ってます。
「どんなにどんなに ちいさァくても♪ どんなにどんなに みすぼらしくゥ~ても 優しい心が優しい心が 真冬の森に花を咲かせ~~たァ 森は今春 森は今春 森は~~~♪も~りはいき~~ている♪」とかいう歌詞だったような(爆!)
ただし、物語の最後は子供の頃で全然記憶に残ってません。
でも、お話しにきてくださってありがとうございました。

お礼日時:2002/03/01 08:14

舞台はあちこちでやってるみたいですが、舞台のビデオはどうでしょうかねー。


私もテレビで舞台中継を見たことはありますが、最後はどうなるかは憶えていません。ごめんなさい。途中までのあらすじは↓を見てください。
映画のビデオはあるそうですが↓確実に手に入るかどうかはわかりません。

参考URL:http://cat.zero.ad.jp/peony/book20.html,http://w …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなりました。ビデオ注文してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/01 08:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q老人と海について。

ヘミング・ウェイの『老人と海』についての質問です。
話の初めの方に(老人が海に出る前です)老人と少年の会話で次のようなものがあります。

「親方そんなに目が悪いのかい?」
「めくらも同然だよ。」
「変じゃないか」と老人は言った、「あいつは、海亀とりはやらなかったぜ。あれをやると、きっと目をダメにする」…

ここで出てくる、「海亀とり」ですが、なぜ「海亀とり」をすると目が悪くなるのでしょうか?誰か教えてください!!

因みに、原作の英文はこちらです↓↓
“Are his eyes that bad?”
“He is almost blind.”
“It is strange,”the ole man said.“He never went turtle-ing.That is what kills the eyes.”

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

漁師や地元民に伝わる迷信から来た言い回し(ジンクス)ではないでしょうか?
日本でも昔から『亀』は長寿や幸運など縁起の良い生き物の象徴とされています。
諸外国でも『海の神様の使い・幸運・幸せ・長寿』等々『亀』は、特別な生き物として考えていた国も多いようです。
その特別な生き物を殺して商品とする訳ですから、失明(目がつぶれる)するほどの『罰(バチ)』が当たると言う意味だと思います。
60年も前に書かれた作品なので、今では信じられない言い伝えや迷信が数多く存在していたはずです。
面白いですよね。

Q「彼女を見ると森を思い出し、森を見ると彼女を思い出す」というセリフのある本

20年くらい前に読んだ本を探しています。

ある森の管理人のところに、片方の手の手首から先がない少年が、ここで働かせて欲しいとやってきます。
(もしかしたら、森ではなくて庭とか花園だったかもしれません)
その森の中で、悪人との諍いやら何やらがありまして、その過程で本人も知らなかった少年の生い立ちが明らかになっていきます。

ラスト、少年はある女の子と婚約するのですが、その女の子について語る次のようなセリフがあります。

「僕は、彼女と森を別々に考えることができないんです。彼女を見ていると森を思い出すし、森を見ていると彼女を思い出すんです」

このセリフをもう一度読みたくて探しているのですが、タイトルも作者も覚えていないので探しようがありません。
作者はたしか外国人で、わりと子供向けの平坦な文章で書かれていたと思います(少年少女文学全集のような本だったかもしれません)。

どなたか、この本のタイトルをご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

◆小説本の方は、絶版のようですが、たぶんこのお話だと思います。
http://webopac2.ndl.go.jp/ows-bin/syousai.cgi?S_NO=3&S_DB=A0XX&TMPFILE=tmp_8260_3463&SORTKEY=0

「そばかすの少年 」
ジーン・ポーター∥著  村岡花子∥訳
出版地 :東京
出版者 :角川書店
出版年月:1964
資料形態:325p  15cm  
シリーズ名: 角川文庫  



◆都立図書館でしたら、所蔵しているようです。
http://catalog.library.metro.tokyo.jp/


◆以前,角川書店から、「マイディアストーリー」シリーズとして、家庭小説ばかりを集めたものが出版されていまして、その中に収められたこともあります。

角川文庫
「そばかすの少年 」
ISBN:4042218024
ジ-ン・ストラットン・ポ-タ-;村岡花子
角川書店 1990/12出版
15cm 370p

 

◆また、このお話は、マンガ化されていて、そちらの方でしたら、まだ入手が可能です。

「そばかすの少年」
竹宮惠子∥著  ジーン・ポーター∥原作
出版地 :東京
出版者 :講談社
出版年月:2000.2
資料形態:235p  16cm  619円
シリーズ名: 講談社コミックス  ポケットコミック  
注記  : 東京 講談社(発売)
ISBN:4063480135
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063480135/qid=1014993250/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-6553860-7008230


↑で、ストーリーが少し紹介されています。


#とても感動的なお話でした。わたしもこの話が大好きです。(*^o^*)
再会できることをお祈りしています。

◆小説本の方は、絶版のようですが、たぶんこのお話だと思います。
http://webopac2.ndl.go.jp/ows-bin/syousai.cgi?S_NO=3&S_DB=A0XX&TMPFILE=tmp_8260_3463&SORTKEY=0

「そばかすの少年 」
ジーン・ポーター∥著  村岡花子∥訳
出版地 :東京
出版者 :角川書店
出版年月:1964
資料形態:325p  15cm  
シリーズ名: 角川文庫  



◆都立図書館でしたら、所蔵しているようです。
http://catalog.library.metro.tokyo.jp/


◆以前,角川書店から、「マイディアストーリー...続きを読む

Q英語 to 不定詞 「老人と海」(続き)

前回の質問で、消化不良をおこしましたので、自分なりの「理解」を述べたいとおもいます。

No one would steal from the old man but it was better to take the sail and the heavy lines home as the dew was bad for them and,though he was quite sure no local people would steal from him,the old man thought that a gaff and a harpoon were needless temptations to leave in a boat.

ここで、私の意見ですが、「省略がある」、と考えると、文法的に理解ができます。


(1)to leave them in a boat.  とすると、leave は、他動詞になるとおもいますが、
   いかがですか?


(2)他動詞だとすれば、老人が、主語になると思いますが、いかがですか?


(3)老人の動作だとすれば、to leave 以降は、副詞的用法となりますか?


(4)目的語 them を省略してもなお、leave は、他動詞といえますか?


(5)to be left in a boat . と書き直すと、形容詞的ですか? 副詞的ですか?



(6)to leave の to の前に、「カンマ」を入れる表現方法がありますか?


(7)その場合、副詞的用法と、いえますか?


(8)形容詞的用法は、名詞を修飾する限定用法のみが存在し、
  to 不定詞の形容詞的用法に、叙述用法はない、といえますか?

前回の質問で、消化不良をおこしましたので、自分なりの「理解」を述べたいとおもいます。

No one would steal from the old man but it was better to take the sail and the heavy lines home as the dew was bad for them and,though he was quite sure no local people would steal from him,the old man thought that a gaff and a harpoon were needless temptations to leave in a boat.

ここで、私の意見ですが、「省略がある」、と考えると、文法的に理解ができます。


(...続きを読む

Aベストアンサー

>国語の世界では、「象は、鼻が、長い。」  主語は、どっち、か?  と、言う大論争が、かつてありました。  「主題」(テーマ)と、言う単語を持ち出して解決しました。

興味のある話題なのでちょっとお邪魔します。(笑)
この論争は本当に解決したのでしょうか。

この文には主語がひとつもない。日本語にそもそも主語など不要なのだから当然と言えば当然だが、二重主語どころではないのだ。「象は」は主題であり、文がここで切れている。「象について話しますよ」と聞き手の注意を引いておき、それに続く話し手のコメントが「鼻が長い」だ。「主語」という外来の範疇に囚われているから総主「論争」などが出てくるので、これは初めから前提が間違っている「疑似問題」なのである。 (『日本語文法の謎を解く』79~80ページ)という三上章氏の主張を質問者様は支持されるということでしょうか。

「象は鼻が長い」は「象は鼻が長い動物である」という「入れ子型文」(英語では関係代名詞を使って表すことのできる文)の述部省略という考えは思い浮かびませんか。「象」という「主語」が含意(内包)している「動物」という「範疇」の言葉を省略できるのが日本語の面白くてユニークなところなのではないでしょうかね。


本題の議論に戻って一言。
>A gaff is a temptaion to leave in a boat.

これを形容詞用法で訳してみましょう。
「魚かぎは、船に残すための誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残すような誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残すべき誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残そうとする誘惑するものである。」

また、タフ構文なるもので訳すと
「魚かぎを船に残すということは、誘惑するものである。」

>A gaff is a needless tamptation to leave in a boat.

同じく、形容詞用法で訳してみましょう。
「魚かぎは、船に残すための避けられるはずの誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残すような避けられるはずの誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残すべき避けられるはずの誘惑するものである。」
「魚かぎは、船に残そうとする避けられるはずの誘惑するものである。」

タフ構文での訳は
「魚かぎを船に残すということは、避けられるはずの誘惑するものである。」

どちらも意味が異味になっちゃいますね。(LOL)!!

以上、参考になれば幸いです。

追伸:「接続法」の動詞については別の質問の折に説明させて頂きたいと思っております。「仮定法」との「論理積」はありますが、ほんのわずかです。

>国語の世界では、「象は、鼻が、長い。」  主語は、どっち、か?  と、言う大論争が、かつてありました。  「主題」(テーマ)と、言う単語を持ち出して解決しました。

興味のある話題なのでちょっとお邪魔します。(笑)
この論争は本当に解決したのでしょうか。

この文には主語がひとつもない。日本語にそもそも主語など不要なのだから当然と言えば当然だが、二重主語どころではないのだ。「象は」は主題であり、文がここで切れている。「象について話しますよ」と聞き手の注意を引いておき、それに続...続きを読む

Q人魚姫のお話

最近、「人魚姫」のお話を読んだのですが、それはグリム童話の本の中でのことでした。
また、そのあとにアンデルセン童話を読んでもやっぱり「人魚姫」が掲載されておりました。
このお話をつくったのはほんとうはどっちなのでしょうか?

Aベストアンサー

私たちの知っている「人魚姫」は、アンデルセンのそれに間違いありません。

ただ、グリム兄弟とアンデルセンでは、基本的に童話の作り方が違うと思うのです。
グリムは、ヨーロッパ中に伝わっている地方の民話を集め、あるものは原型どおり、あるものは児童用に脚色して発表していったといわれています。

一方アンデルセンについてはあまり詳しくありませんが、グリムの少し後の時代でもあり、出典が例え既出のものだったとしても、多分に彼の主観の入った作品となっているはずです。

原型がグリム童話にあるのかどうかはわかりませんが、私どもが普通「人魚姫」と呼んでいる話は、アンデルセンのものです。

Q『老人と海』の女性の朗読が聴けるサイトを教えて

『The Old Man and the Sea』 の女性の朗読サイト
または、男声でもクリアな音声が聴けるサイトを
お教えください。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

あー、懐かしい。中学校の時に読みましたよ、これ。

http://lite.air-nifty.com/air/2009/03/x95-f6c8.html

ここで一応全部かどうかはわかりませんが聞けました。男の人ですけど。
こんな所かな?英語圏のサイトで合法のフリーはありませんでした。
違法なら、Torrent系であると思います。

The old man and the sea audio book

で検索するとごろごろ出てきますけど、リンク切ればっかで探すのめんどうになったので、
自分で探してみてください。
買ってもよいならこちらとか。

http://books.simonandschuster.ca/Old-Man-and-the-Sea/Ernest-Hemingway/9780743565134

Q星の王子さま

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ『星の王子さま』の 原作の日本での著作権保護期間が2005年に満了しています。作者自身による挿絵も著作権がきれていますか。数社から新訳が色々発表されていますが、これらの本にもオリジナルの挿絵が掲載されているのでしょうか。

Aベストアンサー

ども、No.2です

>サン=テグジュペリ権利継承者から原版を提供され、複製され

この継承者とは、ダゲイ家のことですが、要するに一手販売していて、だれにでも売る、というちょっと、な人たちなんですよ。母親からの遺産相続者であるガブリエル死去の年に財団を作って商標権を登録し、世界中に売りさばいているのです。あと、日本ではセラムと言う会社がここと結託していまして、星の王子さま関連グッズはここを通さなければ、それこそサン・テグジュペリが乗っていた飛行機の模型すら、日本では作れません。

そういった背景があることをご承知の上で、いろいろ探されていくのがいいと思います。

Qあらすじって誰が書いてるんでしょうか?

私にとって、なくてはならないが、時に手ひどく裏切られるもの。それは、文庫のあらすじ。

ハードカバーや新書にはあまりないが、文庫には大抵ついているあらすじ。

あらすじを読んで本を買ったら、中身が大して面白くなかった場合は、まぁいいとします。相手も売るためにがんばっているのだから。

しかし、許せないのは、あらすじでほとんど話が終わっている場合!

あらすじ
「幼馴染のAとB。お互いに相手を意識しているが、すれ違う二人。そんな時に親友のOがAを好きだと言い出して?!Aを体育館裏に呼び出したB、果たして二人の関係は?!番外編AB君の日常も同時収録!」

本文を読み始める、すれちがうAとB。文庫の半分まで来ている。体育館裏、5分の4ページまで来てしまった。

あれ、もうページが残り少ないぞ・・・。

もしや、このパターン・・・。

あらすじで話がほとんどおわってるぅ~!

こんなことなら、あらすじ読んで、最後の1~2ページ立ち読みすればよかったよ!

あらすじを書いたやつが悪いのか?あらすじで語られる内容しか書けない作者が悪いのか?!

一体、あらすじって、誰が書いてるんでしょうね?

私にとって、なくてはならないが、時に手ひどく裏切られるもの。それは、文庫のあらすじ。

ハードカバーや新書にはあまりないが、文庫には大抵ついているあらすじ。

あらすじを読んで本を買ったら、中身が大して面白くなかった場合は、まぁいいとします。相手も売るためにがんばっているのだから。

しかし、許せないのは、あらすじでほとんど話が終わっている場合!

あらすじ
「幼馴染のAとB。お互いに相手を意識しているが、すれ違う二人。そんな時に親友のOがAを好きだと言い出して?!Aを体...続きを読む

Aベストアンサー

ホント、たまに腹立つあらすじとか、ありますよね!
結末さえ書かなきゃいいと思ってるのか、前半のクライマックス書いてくれたりして「このあらすじさえなきゃ、もっと楽しめたのにー!」って、悔しい思いをします。

あらすじを書いてるのは(多分ですが)編集者が多いんじゃないかと思います。
まず最初の読者というのは担当編集者でしょうし。
そういえば「世界の中心で愛を叫ぶ」というパクリタイトルも編集者が付けたそうですね。
あれだけ売れたのもこのタイトルによる所が大きいと思われるので、この場合はいい仕事をしたわけですね。

>あらすじで語られる内容しか書けない作者が悪いのか?!
中にはそういう作者もいるでしょうが、まともな小説でもこういうことがありますので、やはりあらすじを書いたやつが悪いんでしょう。

「売るためなら全部書いちゃうぜ!後は知ったことか!」と思ってるのか、単に読者の気持ちがわからなくて真っ正直に「あらすじ」を書いてるのか、どっちなんでしょうね_ _;

Qたけもとのばらの鱗姫

たけもとのばらさんは、どんな漢字でしたっけ?また鱗姫のストーリーを教えてください。

Aベストアンサー

  これですね。
発行所  小学館
著  者 嶽本野ばら
本体価格 1,200  
発行年月 2001/04

 ↓のサイトの検索によると、新刊にもかかわらず出版社の在庫がもうほとんど無いようです。増刷されるかどうかも微妙な感じです。
 物語に付いては、後続の回答にご期待下さい。

参考URL:https://www.honya-town.co.jp/yurindo/index.html

Qジャンプあらすじ

ジャンプあらすじ


週刊少年ジャンプを次の木曜日から買おうとおもうのですが
漫画のあらすじがぜんぜんわかりません
各まんがの簡単なあらすじをおしえていただけませんか
おねがいします

Aベストアンサー

http://www.shonenjump.com/j/rensai/index.html

Q「燃えよ剣」 初版か第二刷を探してます

新潮社の文庫本のものを探してます。
なかなか入手は難しいものなのか、気長に探せば見つかるものなのか、その辺りもよくわからないのですが・・・。

Aベストアンサー

今晩は、
アマゾンで今出品されているのが、コレクター商品とありますのでもしかしたら、お望みのものかもしれません。
問い合わせてみたら如何でしょうか?
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/410115208X/sr=1-1/qid=1174161341/ref=olp_tab_collectible/503-8132741-2974368?ie=UTF8&coliid=&qid=1174161341&sr=1-1&seller=&colid=&condition=collectible

ご参考までに


人気Q&Aランキング

おすすめ情報