日本はアメリカに続き世界第2位の経済大国だと中学のときに習いましたが
なにをもって世界第2位なんでしょうか?
GDPですか、一人あたりのGDPですか、それとも他のものでしょうか?定義を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 世界における影響力ですので全体のGDPです。

日本は1位のアメリカの半分、3位のドイツの倍以上です。
具体的な数値は
http://www.stat.go.jp/data/sekai/04.htm
の「4-3 国内総生産(米ドル表示)」を見てください。

参考URL:http://www.stat.go.jp/data/sekai/04.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変よくわかりました。ありがとうございます

お礼日時:2002/02/08 23:48

そのとおりGDPやGNPなどがアメリカに次いでるのを意味してるのです あと輸出入の多さもアメリカに次いでるから第二位と言われてるの

です 

この回答への補足

回答ありがとうございます。
GDPっていうのは、1人あたりのことですかそれとも総計のことですか?
もし総計だったら人口の多いほうが有利になると思うんですが
あと、貿易に関しては輸出と輸入額を引き算したものではなくて足したものの事を言うんですよね?

補足日時:2002/02/08 04:05
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界13位の経済大国

皆様閲覧いただきありがとうございます。世界13位の経済大国とは勿論韓国のことであります。計画では10年後に日本を抜くのだと学校で習いました。そんなに韓国が凄かったとは知らなかったです。ですが韓国の成長率は毎年5%以上あって日本は戦後最大の不況のため1%台とまあ時間の問題みたいですね。

日本はじきに抜かれると思いますが、ずばりそれはいつ頃になりますか。根拠を交えて教えて下さい。

それと今竹島の問題でぎくしゃくしていますが、立場が逆転するのに日本はそんなに強気に出ていいのでしょうか。おとなしく韓国領土を認めた方が今後も日本にとっては得策だと思います。どうして自民党は馬鹿なんでしょう。民主党はなかなか冷静なようですが。

質問は今後の韓日関係を考えた以上2点です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あくまで参考資料としてご覧ください。
http://link.allblog.net/12386258/http://blog.daum.net/016-631-5689/16579383

上から4番目のグラフはゴールドマンサックスが今年出した世界経済展望です。
(グラフは翻訳はしたのですが紹介できないので検索すればでるかもしれません)
グラフのほとんどが政府白書やIMFからの資料で作られており、恐らくよい部分だけ集められたと思いますが、悪くない数字だと思います。
また自国内ではなくゴールドマンサックスの予想で2050年には世界2位のGNI(日本は8位)になるとでているのは無視することはできないと思います。
ただし、韓国経済は不安要素は多々あるのでこの通りに行くのも難しいと思います。
アジア通貨危機の前例もありますし、サブプライムのような問題が出ないとも限りません。
比較的日本の経済基盤は安定しているので、抜かれるのはまだまだだと思います。

ちなみに領土問題も仰っていますが、経済規模と領土問題は別物と思います。自国の土地を失うのは国家として大変な損失です。EEZや石油埋蔵の可能性ではなく政治的な問題として強く出るべきです。
現時点では強く出れない日本に対して韓国に歩があると思います。

日本と韓国は相互に重要な顧客関係にあると思います。ただ対立するのではなくお互いを高めあう関係で進めていかないと韓国の成長も日本の成長もないと思います。

あくまで参考資料としてご覧ください。
http://link.allblog.net/12386258/http://blog.daum.net/016-631-5689/16579383

上から4番目のグラフはゴールドマンサックスが今年出した世界経済展望です。
(グラフは翻訳はしたのですが紹介できないので検索すればでるかもしれません)
グラフのほとんどが政府白書やIMFからの資料で作られており、恐らくよい部分だけ集められたと思いますが、悪くない数字だと思います。
また自国内ではなくゴールドマンサックスの予想で2050年には世界2位のGNI(日本は8位)に...続きを読む

Q日本はどうして世界第二位の経済大国なのですか

日本は米国に次いで世界第二位の経済大国だと言われてるようですが、異論を唱える国は一国も無いということでしょうか。
借金まみれで、貧困者も少なくないと思いますが、経済大国だと言う根拠は何でしょうか。

Aベストアンサー

一応、GDPが世界第二位だからだと思います。

Q日本やアメリカなどの経済大国が多くの貧困層を抱えている格差社会ですが、どうしてチェコや北欧は経済大国

日本やアメリカなどの経済大国が多くの貧困層を抱えている格差社会ですが、どうしてチェコや北欧は経済大国ではないのにあんなに皆が一般的な生活を送れるんでしょうか。
日本やアメリカほど金儲けした国はそんなにないはずなのにそのお金は全くもって享受されていない気がします。
北欧と日本やアメリカの違いはなんでしょうか?

Aベストアンサー

北欧について

一番大きな理由は「人口が少ない」ことと「資源が豊富」である、ということです。
北欧は一番大きなスウェーデンで1000万人程度、他は500万人ぐらいしかいません。それを資源を売った輸出利益と、高比率な税金で国家運営で、貧困者を出しにくい国家運営をしているわけです。貧困層が人口の5%程度だとすれば25万人ぐらい、世帯数で10万ぐらいでしょうから、十分にケアできるわけです。

また北欧の文化的な要素として相互扶助があります。寒い国ですので、貧困者を外に放り出して置くわけにはいきません。凍死してしまうからです。そういう昔からの社会保障の在り方「貧困でも冬を越せるように補助する」という考え方が、ある意味高比率な税金を納得させ、福祉制作を充実させる方向になり、貧困者をすくなくさせる、ということになります。

ただし、貧困者が「居ない」わけではありません。

アメリカは「資本主義」の権化です。成功すれば豊かになれる、というのを具体的に制度かしてる国でもあります。人口も3億を超えていますので、貧困政策も薄くならざるをえません。
 ただし「貧困」は必ずしも個人の責任ではない(病気だったり、家族に問題あったり、会社が倒産したりなど)ので、再チャレンジするチャンスはたくさんある、そういう意味での「平等」は比較的確保されています。


チェコについて
 チェコは20年ぐらい前まで、共産主義国でした。社会主義国は北欧以上に個人の平等が求められる国である、といえます。富裕層や貧困層がない、すべての人が労働者で平等という考え方で、経済のすべてを国が管理したのです。
 そのかわり、自動車などは40年も前の車種のまま「全員に車が行き渡ること」を目標に製造していましたので、貧富の差はないかわりに、モノが全員に行き渡らない、こともあったわけです。

今は資本主義国になっていますが、社会保障制度などは共産主義時代の名残がありますので、今のところはそれほど貧富の差は激しくありません。ただし、今後どのような制度運営をするかによって、変わってくるでしょう。

北欧について

一番大きな理由は「人口が少ない」ことと「資源が豊富」である、ということです。
北欧は一番大きなスウェーデンで1000万人程度、他は500万人ぐらいしかいません。それを資源を売った輸出利益と、高比率な税金で国家運営で、貧困者を出しにくい国家運営をしているわけです。貧困層が人口の5%程度だとすれば25万人ぐらい、世帯数で10万ぐらいでしょうから、十分にケアできるわけです。

また北欧の文化的な要素として相互扶助があります。寒い国ですので、貧困者を外に放り出して置くわけにはいきま...続きを読む

Q日本が「世界第2位の経済大国」に返咲くことはないのでしょうか?

2010年、中国がGDPで日本を抜き、「世界第2位の経済大国」というニュースをよく目にします。

安易な発想ですが、日本が「世界第2位の経済大国」に返咲くことはないのでしょうか?

日本に負けてほしくない気持ちで一杯です。

日本人として、日本が中国に負けていないと安心できるようなポジティブなご意見を頂きたいです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

中国の数字は捏造が多く信用がおけないのはご存知でしょうか?
例えば輸出業者は輸出割り戻し税(名前が違っていましたら失礼)なるものがあり、
輸出を多くした方が得だから桁を1つ多く申請するのだとか。
地方は地方で成績が良いほど出世が早くなるので、水増しは当たり前です。
中国の最悪の輸出品は数字であると言っている経済評論家もいます。

だいたいGDPというのは国民の消費の合計であり、相手は人口が10倍います。
つまりGDPの伸長が10倍の速さで可能ですから、まともに競争しても勝ち目はありません。
とはいえ、中国の貧農の悲惨さはよくお分かりかと思います。
比較するのなら一人当たりGDPとか、格差を示すジニ係数などを併せて評価すべきでしょう。

結局、欧米が中国をG2とか持ち上げるのは市場規模が違うからです。
おまけにサブプライムローンで欧米は瀕死の状態ですから、
嫌でも中国様を持ち上げて、自国製品を買ってもらうよりないからです。

日本の成長率がバブル以後、長期に渡って停滞しているのは米国の脅しのためです。
日本が長いこと政策金利を低く設定していたのはご存知だと思いますが、
本当は2.5%とか、あるいは欧米水準の5%並みに上げれば、それに見合って物価も上昇し、
GDPも今よりずっと高い水準に到達できていた筈です。

しかし、それでは米国の資本家は低金利の円キャリーで儲けることができません。
そこで日本政府や日銀に圧力をかけて金利を上げさせないようにしていたのです。

ということで日本はあなたの想像以上に力があります。
日本の繁栄を勝ち取るなら、対米追従を辞め、独立国として振る舞うことです。
そして企業の国内回帰を政策的に進めて、一刻も早く1985年以前の態勢に戻すべきです。

中国の数字は捏造が多く信用がおけないのはご存知でしょうか?
例えば輸出業者は輸出割り戻し税(名前が違っていましたら失礼)なるものがあり、
輸出を多くした方が得だから桁を1つ多く申請するのだとか。
地方は地方で成績が良いほど出世が早くなるので、水増しは当たり前です。
中国の最悪の輸出品は数字であると言っている経済評論家もいます。

だいたいGDPというのは国民の消費の合計であり、相手は人口が10倍います。
つまりGDPの伸長が10倍の速さで可能ですから、まともに競争しても勝ち目はあり...続きを読む

Q日本は世界から見て経済大国?

(1)日本はよくアメリカについで世界第二位や三位と言われ
 ますが、どこを見て経済大国と言ってるのでしょうか?

(2)日本は技術の開発力は素晴らしいとおもいます。
 何で日本はこんなに技術開発力あるのでしょうか?

(3)日本人はよく働くと言われますが、何故でしょうか?
 何でそんなに働くのだとおもいますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本人の宗教心が強い・・・のではなく、日本の宗教が お仕事熱心になっちゃった。というところがポイントです。

資本主義の倫理に関しては、マックス・ウェーバーによる研究が有名です。プロテスタンティズムから資本主義のエトスが生まれた・・・なんて説明されています。

ほんでは、日本や東アジアでなんで、資本主義が発展したの?に関しては説明できない・・・
儒教資本主義・・・みたいな形で説明されています。
特に日本では、江戸時代の儒教の一派 心学(鈴木正三なんかが有名)では、職業に貴賎なし!みたいな感じで、近代的な職業倫理を構築したなんて、言われています。

くれぐれも、日本人という種が、才能があった・・・とかではなく、歴史的背景として、そういう文化を育んできたと ご理解ください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報