今日、職場から「年末調整は書類不備だったので出来なかった」と言われました。
私は今の職場に来てまだ一年になっていないのですが(入社は去年の4月)、何でも前の職場からの源泉徴収票が必要らしいのです。

それ以外に何か必要なものがあるのでしょうか?
それとこの場合、年末調整を自分でやるという事になりますよね。
この場合は普通の確定申告と違って今からでもすぐに税務署は処理してくれるのでしょうか。

とにかくどうすればいいのか、(こんな事は初めてなので)大変困っています。御助言を宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

あなたの場合は、確定申告をすることになります。


必要なものは、今の会社と前の会社の源泉徴収表、生命保険や火災保険に入っているときは、その控除証明書(11月頃に保険会社から送られてきています)、多額の医療費がかかった場合はその領収書(出来れば計算して行ったほうが良い)、あとは印鑑、銀行の口座番号のメモです。
記入方法については、税務署で教えてくれます。
なお、給与所得のみの場合は大体税金が戻ってきますので、今から行ってもかまいません。
    • good
    • 0

まえの職場で源泉徴収票をもらって、現在の職場の源泉徴収票をもらって、控除の対象となる生保などの領収書(正式な領収書でなくても、金額が判ればいい)と。


たぶん、現在の職場で年末調整できていない場合には、源泉徴収票に「年末未調整」と書いてあると思います。

あとは、申告用紙の項目ごとに計算すれば、給与所得だけであれば難しくないので、中学生でも計算できます。
    • good
    • 0

 この場合は去年一年間の勤め先だった事業所からすべて源泉徴収票をもらって所得税の確定申告を行うことになります。

還付になる場合は税務署等ですでに申告の手続きが始まっていますが、期限は3月15日までです。

>それ以外に何か必要なものがあるのでしょうか?
 生命保険、火災保険に加入されていらっしゃるなら去年10月頃に、控除証明書が送付されているはずですので、その控除証明書、

 医療費がある場合は領収書(所得が200万以上なら10万円以上の医療費の支払が必要)、

 奥さん(配偶者にあたる方)に収入があるならその方の源泉徴収票など去年一年間の所得が分かる書類、

 扶養されているご家族の方の生年月日、ご家族に障害者の方がいらっしゃるなら手帳の級を確認しておく、

 去年一年のあいだ、離職期間に国民健康保険や国民年金、任意継続健康保険料の支払いがあるならそれらの支払実額のメモ、

 泥棒や自然災害にあって被害を受け、生活用資材に被害を受けたなら、消防署から受ける罹災証明書など

 政党などへの寄付金があるならその領収書など

細かくいうときりがありませんが、だいたい上記でカバーできるかと思います。

 申告には印鑑(シャチハタは不可の可能性大)、還付の場合は、入金される金融機関の口座のメモが必要です。早く手続きをすればその分早くお金はかえります。

 不明な点は、税務署で相談にのってくれますのでお早めに手続きを。
  
    • good
    • 0

前の勤務先の源泉徴収票を提出しなくて 年末調整がされていない場合は、ご自分で確定申告をして、1月から12月の1年間の所得税の精算をする必要があります。



確定申告に必要なものは、源泉徴収票(前・現勤務先の2枚)と印鑑です。
他に、生命保険料の控除や医療費控除が有れば、保険料控除証明書や医療費の領収書が必要です。

確定申告は、税金が戻る場合は税務署で既に受け付けていますが、それ以外の場合は2月16日から3月15日までの間に行ないます。
提出先はお近くの税務署か市役所です。

貴方の場合は、戻るかどうか不明ですから、2月16日から3月15日までの間に行ないます。
なお、税金が戻る場合は、振り込みになりますから、銀行の口座番号のメモか通帳を念のために持っていってください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年末調整未済だった前職(複数社)の分を転職先が年末調整してくれましたが、その結果をe-TAXで申告する時にはどう入力しますか

【平成20年の状況】
正社員 A社 平成20年11月30日まで勤務 →(転職)→ B社 平成20年12月1日から勤務 ※ただしB社は平成20年12月の給与を平成21年1月10日に支給した。
パート C社 数ヶ月間勤務
派遣 D社 数日間勤務
派遣 E社 数日間勤務

パートC社から得た収入+派遣D社から得た収入+派遣E社から得た収入=合計20万円超でした。これら3社それぞれで源泉徴収がなされ、年末調整はされませんでした。

平成20年12月1日から働き始めたB社の人事総務の担当者に相談したところ、前職のA社の源泉徴収票(年末調整未済)に加え、これら3社の源泉徴収票(年末調整未済)の計4枚の源泉徴収票を提出すれば、こちらで年末調整をすると言われ、実際してもらい、平成21年1月10日の給与支給時に、この年末調整の結果還付となった税金の返金がありました。

【ご質問】
この状況を踏まえ、「電子証明書等特別控除」の適用を受けるため、e-taxにて申請書類を現在作成中ですが、確定申告書Aの第二表の左上にある「所得の内訳」にはどのように入力すれば良いのでしょうか。

転職先で年末調整をしてくれていますので、平成20年に働いた4社それぞれの収入金額と源泉徴収税額を数字をそのまま入力していってしまうと「源泉徴収税額の合計額」が自動計算されて、調整後の税額と異なる金額となってしまいます。

この欄には、正社員として以前働いていた会社名に「等」をつけて、合算した金額を入力したら良いのでしょうか。

丁寧にわかりやすく説明していただける方にご回答をお願い致します。どうぞ宜しくお願い致します。

【平成20年の状況】
正社員 A社 平成20年11月30日まで勤務 →(転職)→ B社 平成20年12月1日から勤務 ※ただしB社は平成20年12月の給与を平成21年1月10日に支給した。
パート C社 数ヶ月間勤務
派遣 D社 数日間勤務
派遣 E社 数日間勤務

パートC社から得た収入+派遣D社から得た収入+派遣E社から得た収入=合計20万円超でした。これら3社それぞれで源泉徴収がなされ、年末調整はされませんでした。

平成20年12月1日から働き始めたB社の人事総務の担当者に相談したところ、前職...続きを読む

Aベストアンサー

B社では、年末調整後の源泉徴収票を貴方に交付してると思います。

一社からの給与を受け取り年末調整をうけたとして、入力をし、確定申告書を作成します。

4社それぞれ入れると、ご質問のようにおかしな数字が出てきます。

なぜなら、B社から受け取った源泉徴収票が4社全部の収入金額に対しての税額に基づいての年末調整をした後の額なので、他の3社分を含めた還付金を受けた額を二重計上してしまう形になってしまうからです。

会社名には「B」を入れて、B社以外の源泉徴収票に記載されてる額は、すべて無視して入力をしてください。

Qなぜ年末調整が必要なのか。

年末調整に関しての質問です。
「平成21年分 年末調整のしかた」にて下記の内容があります。
給与の支払者は、毎月(日)の給与の支払の際に所定の「源泉徴収税額表」によって所得税の源泉徴収をすることになっていますが、その源泉徴収をした税額の1年間の合計額は、給与の支払を受ける人の年間の給与総額について納めなければならない税額(年税額)と一致しないのが通常です。
この一致しない理由は、その人によって異なりますが、その主な理由としては、(1)源泉徴収税額表は、年間を通して毎月の給与の額に変動がないものとして作られているが、実際は年の中途で給与の額に変動があること、(2)年の中途で扶養親族等に異動があっても、その異動後の支払分から修正するだけで、さかのぼって各月の源泉徴収税額を修正することとされていないこと、(3)配偶者特別控除や生命保険料、地震保険料の控除などは、年末調整の際に控除することとされていることなどがあげられます。

上記の理由(1)の「毎月の給与の額に変動がないもの」の部分はよく理解できていない。
毎月の所得税の計算は「毎月の給与の額に変動がないもの」によって計算していますか。つまり、残業手当等の変動があるものは税金計算用賃金総額に記入しないということですか。
上記の理由(1)によって、残業手当等は税金計算用賃金総額に記入しなくでも大丈夫ということですか。
外国人なのですが年末調整の知識を勉強していますのでよろしくお願いします。

年末調整に関しての質問です。
「平成21年分 年末調整のしかた」にて下記の内容があります。
給与の支払者は、毎月(日)の給与の支払の際に所定の「源泉徴収税額表」によって所得税の源泉徴収をすることになっていますが、その源泉徴収をした税額の1年間の合計額は、給与の支払を受ける人の年間の給与総額について納めなければならない税額(年税額)と一致しないのが通常です。
この一致しない理由は、その人によって異なりますが、その主な理由としては、(1)源泉徴収税額表は、年間を通して毎月の給与の額...続きを読む

Aベストアンサー

>上記の理由(1)の「毎月の給与の額に変動がないもの」の部分はよく理解できていない。
>毎月の所得税の計算は「毎月の給与の額に変動がないもの」によって計算していますか。つまり、残業手当等の変動があるものは税金計算用賃金総額に記入しないということですか。
いいえ。
もちろん残業手当も税額表の額に含みます。
なので、支給額が増えれば税額も増えます。(たまたま同じ階層なら増えませんが…)
「毎月の給与の額に変動がないものとして」という意味は、税額表自体の税額がそれを前提にして計算して決めている、ということですね。

>上記の理由(1)によって、残業手当等は税金計算用賃金総額に記入しなくでも大丈夫ということですか。
いいえ。
含めます。
その額に含めないのは、「社会保険料」「交通費(非課税分)」だけです。

なお、前年の収入をもとに所得税を天引きすることはありませんので…。

Q年末調整していません。今からでも間に合いますか?

源泉徴収?年末調整?について質問です。妹に聞かれたのですが姉妹そろって全くの素人で、とても愚かな質問ですが、よろしくお願いします。

日雇いのアルバイト(イベント)を継続してやっています。月1万~20万稼いでいます(大学生のためばらつきあり)。
本題ですが、源泉徴収で引かれた税金のうち、年末調整をするといくらか戻ってくると聞いたのですが、去年の暮れには何も手続きをしていないんです。いまから手続きをしても間に合うでしょうか?
会社からそれ用の用紙などはもらっておらず、毎回日雇い給料の領収証をもらうのみです。手続きに必要な用紙は申告すれば会社からもらえるとのことです。この領収証だけで足りますか?
妹は、今からでも間に合うか、どうすればいいのか、を知りたいようです。

不足している情報があれば指摘してください。
私はバイト経験がなく源泉徴収の意味も年末調整の意味もわかりません・・・。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

年末調整というのは、その名のとおり年末に一年間の税金を調整することを指します。年末調整をするのは会社員のみです。

バイト、自営業等の方は「確定申告」を行います。
税金は過去5年に遡って申告できるので、まだ申告していない年があれば併せてすることが出来ます。

あと国民年金、健康保険をご自分で払っていたら、対象になりますよ。
確か今年からは国民年金は11月頃に送られてきている払い込み証が必要だったと思います。健康保険は払った金額が分かるようにメモしていればいいと思います。

今、申告時期ですので書類等は国税庁のHPからダウンロード出来るし、お近くの税務署で配布しています。
税務署に電話、来庁すれば丁寧に教えてくれますよ。

参考URL:http://www.nta.go.jp/

Q今になって言うのも遅いですが、年末調整を忘れたら

平成16年8月からアルバイトして現在(平成17年4月)もアルバイトしています。
先輩から年末調整で所得税の還付があった聞いたので、自分の年末調整が忘れていたことを気づきました。

会社からは何も言われなかったし、知識もなかったので確定申告もしていません。

今さら無理かもしれませんが、平成16年度の所得税還付を受ける方法があれば教えてください。

収入の内訳
平成16年8月 8万円
平成16年9月 11万円
平成16年10月 7万円
平成16年11月 8万円
平成16年12月 10万円

ところで、勤務先の会社ではアルバイト学生に対して年末調整をするよう勧める義務はないのでしょうか。

Aベストアンサー

正社員でもアルバイトでも、給与の支払者は、所得税の概算として源泉税を給与から控除して、その年最後の給与か賞与の際に、年末調整で1年間の所得税の精算をします。
ただし、勤務先に「扶養控除等申告書」を提出していないと、年末調整をすることが出来ません。
このように、年末調整がされていない場合は、本人が確定申告をして、1年間の所得税の精算をすることとなります。

又、年収が103万円(勤労学生の場合は130万円)までは、所得税が課税されませんから、確定申告をすれば
今まで控除された源泉税が全額還付されます。

このように、還付になる場合は5年まで遡って確定申告が出来ます。

確定申告には、勤務先から源泉徴収票を貰い、印鑑と、還付金を振込んでもらう口座の通帳を、税務署に持参します。

なお、今後については、勤務先に「扶養控除等申告書」を年末調整の時までにて提出すれば、年末調整が受けられます。
用紙は、会社か税務署に用意されています。

Q【再掲】年末調整をしても確定申告は必要?

以下のような質問を夕方、投稿しました。丁寧にご回答いただき、納得したので回答を締め切らせていただいたのですが、あとから重要な情報を載せ忘れていたことに気付きました。その情報をまた追記して再掲させていただきます

↓↓↓↓前回の文章↓↓↓↓

確定申告について教えてください。

私は一ヶ所の会社でパートとして働いて給与をもらっています。
それ以外に収入はありません。

年末調整を行い、源泉徴収額は0円となっています。

これならば、確定申告の必要はない、と思うのですが、少々イレギュラーな部分があるため、心配で、書き込ませていただきました。


一点目。
去年4月に大学を卒業し、社会人(フリーターですが)になり、父の扶養から外れて国民健康保険料を自分で払っております。

二点目。
はずかしながら、4月からの国民年金保険料を10月までに払ったいませんでした。このため、年末調整の時点では、「国民年金保険料等の金額」の欄が0円になっています。

このような状況でも、確定申告は必要ないのでしょうか?

ちなみに「社会保険料等の金額」の欄には金額が書いてあります。給与明細と照らし合わせると、11月までの累計のようです。これは何の金額でしょうか?


↑↑↑↑前回の文章↑↑↑↑



追記。


年末調整の際、国民健康保険料をいくら支払ったか、というのを会社に知らせておらず、いくらか確定申告で返ってくるのでしょうか?

また、年末調整後、年金の支払いをH24.4~H25.3月分まで済ませました。これに関しては、納付証明書が来ています。

新たな二点の情報を追加しても、やはり確定申告は必要ないのでしょうか?

以下のような質問を夕方、投稿しました。丁寧にご回答いただき、納得したので回答を締め切らせていただいたのですが、あとから重要な情報を載せ忘れていたことに気付きました。その情報をまた追記して再掲させていただきます

↓↓↓↓前回の文章↓↓↓↓

確定申告について教えてください。

私は一ヶ所の会社でパートとして働いて給与をもらっています。
それ以外に収入はありません。

年末調整を行い、源泉徴収額は0円となっています。

これならば、確定申告の必要はない、と思うのですが、少々イレギュラ...続きを読む

Aベストアンサー

前の質問に回答しました。

>年末調整の際、国民健康保険料をいくら支払ったか、というのを会社に知らせておらず、いくらか確定申告で返ってくるのでしょうか?
いいえ。
還ってきません。
貴方年末調整され(還付された)た結果、所得税0円です。
所得税を払っていないということですから、戻ってくる所得税はありません。

>新たな二点の情報を追加しても、やはり確定申告は必要ないのでしょうか?
必要ありません。
もともと貴方に確定申告の義務はありません。
還付される所得税があれば、確定申告するということもありますがそうでないのでするありません。

>住民税がかかる場合があるのですね。支払い金額は890,520円、社会保険料等の金額は4,856円です
その年収なら、国保や年金の控除なくても住民税もかかりません。
なので、「住民税の申告」も必要ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報