ちょっと今日知人に頼まれてボチボチ半日検索しています
頼んだ知人も私も知識ゼロです
色々と検索し出てきたものを読みましたがよく理解出来ませんでした どなたか・・

1)フォッサマグナと構造線の違いの説明(構造線は西端の事で有るのは分かりました 中学生位で理解出来る様な説明が有るといいのですが)

2)フォッサマグナは面ですので横幅が有りますね 構造線には横幅が有るのでしょうか?

困っております 宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

2つ目の質問についてですが、


横幅はあります。ただこれはスケールの問題で、日本全図で表せるような大きさではありません。ですからフォッサマグナと比較すると線として捉えられるのです。


糸魚川ー静岡構造線の有名な路頭に以下があります

http://www.osk.janis.or.jp/~mtl-muse/t021224istl …


ここでは高々数メートルを境に西日本と東日本の地質が接しているのですが、多分これは断層の一部を見ているに過ぎず、実際の構造線自体はある程度の幅をもって広がっていると考えられます(私見)。つまり周囲のどこか(地下・地表)に似たような境界が見つからずに潜んでいると思われます。また、たまたまこの地点では断層がある狭い幅に集中したと考えることもできるでしょう。


現在、糸魚川ー静岡構造線は活断層帯として定義されているようですので、その幅を考えると数キロから10キロくらいにわたるようです。
http://www.city.itoigawa.niigata.jp/fmm/detail-m …

しかし、構造線の性質も南北でだいぶ違ってきますので、一概に幅何キロとは言えないと思われます。地質現象は物理的複雑さに加え、時間的スケールが長く、過去のさまざまなイベントが何重にも重なって記録されているので明確に定義するのは難しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました
教えて頂いた2つのURLは既に紫に色が変わっており即ち本日私が訪れたページでしたが 用語が難しいのか未知の分野で脳に入ってこないのか何度トライしても斜め読みしか出来ませんでした(恥
が、分かりやすく説明頂き随分と理解出来ました 感謝致します
とても参考になりました ありがとうございました!

お礼日時:2006/05/08 02:53

下記サイトにフォッサマグナは溝で、西縁は糸魚川-静岡構造線、東縁は新発田-小出構造線と柏崎-千葉構造線とありますが、参考にはなりませんでしょうか?



参考URL:http://www.city.itoigawa.niigata.jp/fmm/outline- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
こちらは検索で見て目を通しましたがいまいちよく分かりませんでした

2)の静岡構造線には横幅が有るのか否か 有れば幅を(メートル、キロ)ご存知の方いらっしゃいましたら引き続きお願い致します

回答感謝致します ありがとうございました

お礼日時:2006/05/07 19:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフォッサマグナって?

フォッサマグナっていったい何なんですか?
断層なんですか?
ただの線引きなんですか?
ウィキペディアを見ても、詳しすぎて結局、よくわかりません。
単純にお答えいただければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本列島を
東西に分けている、活断層です
その断層の力によってできたのが南アルプス、中央アルプス、北アルプスです

Qフォッサマグナはどうやって出来たのですか?

今、高校でフォッサマグナに関するレポートを書かされているのですがいまいちどうやってフォッサマグナが出来たのか良くわかりません。Wikiではフィリピン海プレートがやってきて本州を折り、その折れ目がフォッサマグナだと書いてあったのですがWikiなのであまり信用できず……これで正しいのでしょうか?具体的に教えてください。正しく分かりやすいサイトのURLも載せていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

日本列島の元になる部分はもともと大陸部にありました。

日本列島が大陸から分離するとき、東北日本は反時計回り、西南日本は時計回りに回転しながら移動し、分離しました(このことは古地磁気の測定でわかっています)。
そのため、裂け目が生じてそこがフォッサマグナになっています。

wikiにもありますが、その裂け目の西端が糸魚川・静岡構造線で、東端ははっきりしていません。

Qフォッサマグナ等に関する大元の根拠文献は?

学術論文で
・日本列島はユーラシア大陸と約18000年前までは地続きだったこと
・フォッサマグナとは古い地層でできた本州の中央をU字型の溝が南北に走り、その溝に新しい地層が溜まっている地域のこと
という二つの事実(基礎的学説)を、基礎的なバックグラウンドとして一文程度ずつで紹介しようと思っています。このとき、根拠文献として相応しいものが何なのか、分からず困っております。

適切な根拠文献をご教示頂けないでしょうか。なお、私自身は地学の専門家や研究者ではありません。

Aベストアンサー

 フォッサマグナのおおもとの論文は下記のナウマン博士論文集の中の
15.1885年(明治18年)日本群島の構造と起源について
Naumann, E., 1885a, Ueber den Bau und die Entstehung der japanischen Inseln. R. Friedlaender und Sohn, Berlin, 91S.
だそうですが、ここでは grosser Graben der Bruchregion (断裂地域の大溝)と名づけ、翌年 Fossa Magna に改めたそうです。
 
http://www.city.itoigawa.niigata.jp/fmm/detail-menu/129detail-results/129naumann-papers.html

Q「フォッサマグナ」について

詳しい方教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本列島は、1本の弓状の列島のようですが、
関東以北の東日本と、中部以南の西日本とでは、
成り立ちが違います。
日本列島は、太平洋プレートがユーラシア大陸の
下に潜り込んだ結果、その沈んだ先の方でマグマを
生じ、噴出して日本海が形成された結果、大陸の
辺縁部が押し出されてできたのです。
で、西日本は、ユーラシア大陸プレートの周縁に
残る古い海洋プレート(今はあまり動いていない)
フィリピン海プレートの上に乗っているのに対し、
東日本は北米プレートに乗っているのです。

実は、一億年ほど前まで、太平洋プレートは赤道
付近で形成され、北上していました。
それがマントルからの湧出点の変動で、東から西
へと移動するようになり、その時に北米プレートの
一部がちぎれて、ユーラシア大陸に押し付けられ、
また、古い太平洋プレートがフィリピン海プレート
として残っているのです。
つまりフォッサマグナは、世界でも稀な4つのプレ
ート(ユーラシア大陸、太平洋、北米、フィリピン海)
の集まった境界であり、その地殻の押し合いにより、
糸魚川―静岡構造線の断層帯や日本アルプスの
隆起を生じ、またその接点には、富士山という世界
最大級の巨大な火山が噴出したのです。

ちなみに、フォッサマグナというと「日本アルプス+
糸魚川―静岡構造線」と同一視されますが、あの
隆起の始まったのは、2百万年前と比較的新しく、
地質的にフィリピン海プレートと北米プレートがぶつ
かったのは、北関東の「柏崎千葉構造線」だと考え
られており、糸魚川―静岡構造線は、その圧力で
二次的に座屈したものだと考えられています。
(ただし関東平野は富士山の噴出物(関東ローム層)
で厚く覆われており、正確に分かっていない点が多い)

日本列島は、1本の弓状の列島のようですが、
関東以北の東日本と、中部以南の西日本とでは、
成り立ちが違います。
日本列島は、太平洋プレートがユーラシア大陸の
下に潜り込んだ結果、その沈んだ先の方でマグマを
生じ、噴出して日本海が形成された結果、大陸の
辺縁部が押し出されてできたのです。
で、西日本は、ユーラシア大陸プレートの周縁に
残る古い海洋プレート(今はあまり動いていない)
フィリピン海プレートの上に乗っているのに対し、
東日本は北米プレートに乗っているのです。

実は、一億年ほ...続きを読む

Q【中央構造線断層帯】大地震は予想されていますか?

中央構造線断層帯大地震は
いつ頃起きるとされていますか?
かなりの被害になりますか?
2008年の四川省の大地震のような地震の規模になりますか?

Aベストアンサー

こちらのサイトで各活断層の想定規模と発生確率が調べられました。
http://www.j-shis.bosai.go.jp/
左メニューの主要活断層帯にチェックを入れ、
地図上で断層帯をクリックすると詳細が表示されます。

中央構造線断層帯はいくつかの領域に分かれていますが
紀淡海峡-鳴門海峡、奈良盆地東縁以外は発生確率が0となっていました。

この断層以外も含めたこの周辺地域の地震リスクは
http://risk.jishin.co.jp/
こちらでも簡単に調べられました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報