細胞の移動に関する葉状仮足と糸状仮足の違いが知りたいのですが、どなたかご存じの方教えていただけないでしょうか?

もしかすると厳密な違いはないのでしょうか?その辺がよく分からないのですが・・・

かなり急いでいるのでよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

そもそも、有殻アメーバは大きく二つの種類に分けられています。


今は、生物学上の生物の分離方法が、「五界説」→「遺伝子による分子系統樹」が基本と成っています。
この分類法で行くと、葉状仮足の有殻アメーバは「アメーボゾア」。
糸状アメーバの方は「リザリア」と言う全く違ったグループに分けられています。
この関係を簡単に説明すると、この説にある「後生動物(Metazoa)」に属している私たちと同じくこのグループにカビが入っています。
つまり、人間とカビの関係より葉状仮足と糸状仮足の有殻アメーバ同士の方がもっと離れていると言うことになります。
ですから、これらは「表現型」の関係にあると思います。
ちなみに系統樹作成に使われる遺伝子は「18s rRNA」です。
    • good
    • 0
    • good
    • 0

どなたも、答えていないようですので。



私には単純に形の違いのような気がします。
岩波の生物学事典 第4版で調べたところによると、
"葉状仮足"は、一般のアメーバ(Amoeba proteus)で見られる仮足で、
"糸状仮足"は、有殻アメーバで見られる仮足とあります。
しかし、同じ事典の"仮足"の項に書いてある通り、Amoeba proteusでも、
低張液に移したり、長時間観察している内に、温度を上がったりすると、
細長い仮足を出していたような気がします。

しかし、当然この程度のことは調べていて、より突っ込んだ内部構造の違い
などをお知りになりたいのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。
色々調べてみたのですが,あまり詳しく書いてあるものがなく,
ここでも回答が一件もなくてどうしたものやら・・・と考えています。

またなにか有力なものがあれば教えて下さい。

お礼日時:2002/02/18 09:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真核細胞のDAPI染色

ふと思った疑問です。
現在真核細胞のDAPI染色をしておりますが,

○DAPI染色はDNAのA-T領域のintercalaterである。
○真核細胞にはミトコンドリアがある。
○ミトコンドリアにはミトコンドリアゲノムがある。

以上のことから考えますと,ミトコンドリアはDAPI染色で染色可能である,
という結論になりますが,通常細胞のDAPI染色像ではそのような像が観察されません。

この理由をお教えください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

的を得た考察であると思います。
結論から言いますと、ミトコンドリアDNAはDAPIで染色されます。
実際にDAPIで染色している方はいます。

ANo.1の方が回答されている通り、ゲノムDNAとミトコンドリアDNAではサイズが違いすぎるため、細胞全体を見ている状態ではゲノムDNAの蛍光シグナルが強すぎてミトコンドリアDNAからの蛍光シグナルが見えないだけだと思います。
核と細胞質を分ける、または倍率を上げて視野内にゲノムDNAの蛍光シグナルが入らないようにすることで見ることができるようになるかもしれません。

Q葉状茎と葉?アスパラの葉状茎とサボテンの刺って…

受験生ですが、受験にはあまり関係ないお話です。

植物が好きで観葉植物の本を見ていたら
アスパラガスの葉に見える部分は「葉状茎」というもので、葉ではなく茎が葉のようになったもの。
とありました。

また、生物の授業では、「サボテンの刺はもともと葉」と習いました。

はたまた、苔・藻類では葉のようなものを「葉状体」という、ということも本で読みました。
でも苔についてそれはゼニゴケなどのぺらーっとした物は「葉状体」だけれども
スギゴケのような茎っぽいもの葉っぽいものがあるものは、とりあえず「茎、葉」と呼ぶとも。


これらの、葉っぱのようで葉っぱでないもの。また葉っぱではなさそうなのに葉っぱであるものが
「葉っぱであるか否か」というのは、何で決まっていることなのでしょうか?
「葉」の定義とは何ですか?

葉は光合成する、茎はしない。ということであれば、アスパラガスの葉状茎は光合成をしているので葉といえるだろうと思うし、
さく状組織や海綿状組織、孔辺細胞があるものが葉であるとすれば、スギゴケの葉っぱは全然そんな複雑な構造はしていませんし、サボテンの刺は全く違うものですよね…。

(サボテンの刺は、単に葉が起源であるというだけで、葉ではないですかね…)

いまいち腑に落ちる答えが見つけられないでいます。
なにかすとんとくる解答、よろしくお願いします。

受験生ですが、受験にはあまり関係ないお話です。

植物が好きで観葉植物の本を見ていたら
アスパラガスの葉に見える部分は「葉状茎」というもので、葉ではなく茎が葉のようになったもの。
とありました。

また、生物の授業では、「サボテンの刺はもともと葉」と習いました。

はたまた、苔・藻類では葉のようなものを「葉状体」という、ということも本で読みました。
でも苔についてそれはゼニゴケなどのぺらーっとした物は「葉状体」だけれども
スギゴケのような茎っぽいもの葉っぽいものがあるものは、とりあ...続きを読む

Aベストアンサー

私見です。

植物の器官は根茎葉花種。

葉器官の定義は茎頂分裂組織から分化した側生器官とするのがいいように思います。そしてその大部分は扁平で光合成を行うとする。葉っぱの平たい部分は葉身で、茎から伸びている茎状部分は葉柄で、どちらも葉の要素です。

配置とその後の発展性です。先端が植物体の成長点にならず花や種をつけません。
葉状茎は茎器官です。葉が植物体を支えたり根を生やしたりしないでしょう。葉の機能をも持ったいわば葉状の茎器官です。生長を観察すれば分別可能になると思います。
それでも無理な植物体は葉状体です。この場合は分別できていないのですからその葉の意味は側生器官の葉器官ではなくなり光合成を行う器官の代名詞としての葉になるとする。

サボテンの刺は側生器官だから分類すれば葉器官です。茎でも花でもありません。光合成機能を失った葉 器官です。

組織と器官は分けて考えた方がいいでしょう。同じ器官でも構成する組織が異なるということです。

まとまっていないのはあなたや私のせいではありません。研究者と教育者の無責任です。

植物園は専門家の一つだと思いますがサボテンは難しいので下の方の葉状茎を茎とするというようなサイトもありました。とりあえずそれは先述した理由から支離滅裂な専門家による見解と思います。

私見です。

植物の器官は根茎葉花種。

葉器官の定義は茎頂分裂組織から分化した側生器官とするのがいいように思います。そしてその大部分は扁平で光合成を行うとする。葉っぱの平たい部分は葉身で、茎から伸びている茎状部分は葉柄で、どちらも葉の要素です。

配置とその後の発展性です。先端が植物体の成長点にならず花や種をつけません。
葉状茎は茎器官です。葉が植物体を支えたり根を生やしたりしないでしょう。葉の機能をも持ったいわば葉状の茎器官です。生長を観察すれば分別可能になると思いま...続きを読む

Q精細胞と受精卵の核には何本の染色体が

ある植物(たぶんたまねぎだと思います。)の根の細胞の核には、16本の染色体がある。a精細胞、b受精卵の核には、染色体がそれぞれ何本あるか?という試験問題があります。

 減数分裂だから、 a:8本、b:8本 だろ?と思って答えを見たら、
a:8本  b:16本 となっていました。これはどういうことなんですか?
このまま受精したら、染色体の数が増えてしまうのではないですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>このまま受精したら、染色体の数が増えてしまうのではないですか?

「受精卵」なら受精した後じゃないですか。勘違い?(^_^;)
精細胞8本(減数分裂)+卵細胞8本(減数分裂)=受精卵16本

Q孔辺細胞は複雑ですが、一つの細胞ですか。

植物の体を作っている多くの細胞に比べて複雑に思います。唇の形が別の細胞とかではないですか。(中学3年レベル)花の部分に一つで複雑な細胞がありますか。

Aベストアンサー

孔辺細胞は1対の細胞です。

> 花の部分に一つで複雑な細胞がありますか。

こっちの方は漠然とした質問ですね。胚嚢なんか複雑といえば複雑でしょうか。

参考URL:http://www.jspp.org/17hiroba/topics/kinoshitakinoshita.html

QサイクリンB1抗体で核染色できません。

現在、蛍光染色を行なっております。
線維芽細胞をビメンチン、サイクリンB1で染めていますが、
ビメンチンはきれいに染まるのですが、サイクリンだけ染まりません。
サイクリンB1なので、核が染まるはずなのですが、何度やっても核以外の部分が染まってしまいます。Triton処理を行なっているので、膜は透過して、核まで染まると思うのですが。
染色手順は以下のとおりです。
4%アルデヒド固定→wash out→0.01%Triton-X→wash out→1%ヤギ血清にてブロッキング→anti rabbit cyclin B1→一晩室温→Alexa488
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

サイクリンB1は分裂期(M期)で、強く発現が見られますが間期ではほとんど発現が認められません。

細胞は通常培養下では、大部分が間期ですので染まってこないのだと思います。

核を染めるだけでしたら、DAPI等を使われるのがいいのではないでしょうか。

それと、interphaseは間期です。中期はmetaphseです。

Q幹細胞 ES細胞 iPS細胞 違いは?

今話題の再生医療についての質問です。

「幹細胞」
「ES細胞(胚性幹細胞)」
「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」

と色々あり、調べてみたのですが、いまいちちゃんとした理解が得られている実感がありません。

知っている方がいらっしゃいましたら、分かり易く教えて頂けないでしょうか?





ちなみに自分が調べた上での認識は以下の通りです。

1、幹細胞→生物の骨髄にある万能細胞
2、ES細胞→発生段階の受精卵が有する万能性を利用した、実験用に作られた幹細胞。
3、iPS細胞→体細胞を転写因子で万能化して作られた、医療用の幹細胞。再生医療に用いられる(予定)。

ES細胞は、発生段階の受精卵を使用するから、すでに成熟してしまった人間に対する臓器提供などといった再生医療には使えないんでしょうか?

Aベストアンサー

おおよそはその理解でいいんじゃないでしょうか。

細かく言うと、

1、幹細胞という言葉は、いろいろなものに使います。
「造血幹細胞」「神経幹細胞」「間葉系幹細胞」「胚性幹細胞(ES細胞)」
これらの細胞がその名に示されたものに分化します。
それだけでなく、他の組織の細胞にも分化するという可能性が示されてきてもいますはいますが・・・。

それで、幹細胞はいろんな組織に存在し得ます。よって骨髄にだけあるというのはちょっと守勢が必要かと思います。

2、実験用に作られたというのは少し語弊があります。
実験でなくて再生医療に使おうと思えば(現在は使っていませんが)使えるので、「実験用」ということはないです。

3、「医療用」とは限りません。こちらは実験に使おうと思えば使えますので。

どちらも可能性として、どっちにしか使えないということではないのです。

>ES細胞は、発生段階の受精卵を使用するから、すでに成熟してしまった人間に対する臓器提供などといった再生医療には使えないんでしょうか?

ES細胞もiPS細胞も、いろいろな組織の細胞に分化する可能性を持っています。
しかし、現在はES細胞やiPS細胞から試験管内では、いろいろな臓器の「細胞」を作れるいう段階です。例えるならば、「膵臓の細胞」は作れるけど「膵臓」を作れるまでには至っていません。

そもそも、ES細胞やiPS細胞がいろんな臓器になれるというのは、マウスの胚にこれらの細胞を混ぜて、母親の中で胎児を成長させて生まれてきたマウスを調べると
これらの細胞由来の臓器が存在するということで確かめられています。
つまり、「生体内で」これらの細胞が臓器を作ることができるとわかっているだけです。「試験管内」ではまだ作ることができません(誘導や分化をどう制御するか?)。

>すでに成熟してしまった人間に対する臓器提供などといった再生医療には使えないんでしょうか?

このこととはちょっと違うことがわかりますでしょうか?

おおよそはその理解でいいんじゃないでしょうか。

細かく言うと、

1、幹細胞という言葉は、いろいろなものに使います。
「造血幹細胞」「神経幹細胞」「間葉系幹細胞」「胚性幹細胞(ES細胞)」
これらの細胞がその名に示されたものに分化します。
それだけでなく、他の組織の細胞にも分化するという可能性が示されてきてもいますはいますが・・・。

それで、幹細胞はいろんな組織に存在し得ます。よって骨髄にだけあるというのはちょっと守勢が必要かと思います。

2、実験用に作られたというの...続きを読む

Q染色した切片の核の上に透明な粒々が現れたのですが。。

現在マウス腸管の免疫染色を行っているのですが、前回染色した際に、標本の一部の核の上に透明なサイズのある物質が多く見られました。

脱パラや脱水、透徹などの染色自体に関わらない部分に原因があるのではないかと考えているのですが。。どなたかわかる方教えてください。

Aベストアンサー

現物を見ないと断言出来ませんが、脱水がヘタレでキシレンで透徹
しようとした時に細かい水滴がビッシリなんてこともあります。
核染にケルンエヒトロートを使う場合は、十分水洗しないと硫酸ア
ルミの結晶が出てきます。核染の後までPBSで洗い、一気に純エタ
ノールで脱水したらリン酸の結晶が出たって話もあります。

病理の技師に現物を見せて指導を仰ぐのが一番確実ですけどね。

Qタマネギの細胞とオオカナダモの細胞の形の違い。

並べてみればわかりますが、テストで片方だけでると自信がありません。よろしく。

Aベストアンサー

テストで出されるとしたら、タマネギの細胞は染色して観察するので核がはっきりわかりますが、オオカナダモは染色せずに観察することが多いので核がない(見えない)図になるでしょう。
また、オオカナダモの細胞には葉緑体がありますが、タマネギの細胞は食べる部分を見るので葉緑体はない細胞になります。

Q染まるのは、染色体だけ? (細胞の核)

酢酸カーミンで、染まるのは、

漢字的にも、、、 染色体だけ、、なのでしょうか?

「核が染まる」という表現があったので、洞なのかと思ったのですが、、、。

Aベストアンサー

酢酸カーミン溶液は細胞核や染色体の染色に用いる染色固定剤ですね。
45%酢酸水溶液に塩基性色素であるカーミンを加えて飽和させ、鉄イオンを加えて作ります。生物の細胞にこの溶液を加えると、まず酢酸によって固定が起こり、負に荷電した核や染色体に、正に荷電したカーミンが吸着して赤く染まります。鉄イオンは媒染剤としてはたらきます。なので厳密には負に荷電したものは染まりやすいので「染色体」だけとはいえません。

Q「ES細胞」と「万能細胞」の違い

最近、新聞やテレビなどで「万能細胞」が、よく出ています。しかし、わたしは、「万能細胞」は、「ES細胞」とどう違うのかよくわかりません。誰か簡単に、わかりやすく教えてください。  

Aベストアンサー

suiran2ですが,またポカやりました。様々な組織に分化することを「全能性」(「万能性」ではありません。)といいます。それをマスコミ関係者が「万能性」と表現したのですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報