2月6日付日経新聞によると、財務省は5日、市場関係者や有識者を集めた国債市場懇談会において国債価格の暴落の恐れについては、「ありえない」と否定した。
その根拠として、
1.国内民間貯蓄が大幅黒字で、国内だけで財政赤字を
   補う。
2.赤字が膨らんでも海外からの借り入れに
  依存していない。

確かに、国債残高は約400兆円、個人貯蓄は1400
兆円でおつりがくる。
個人の貯蓄で、国債をチャラにしようとしているので
しょうか?

どなたか分かりやすく説明して下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

http://www.nikko-am.co.jp/invest/column/b_number …

http://www.nikko-am.co.jp/invest/column/b_number …

http://www.nikko-am.co.jp/invest/column/b_number …

一年以上、半年前に書かれたものですが、今においても合致する部分があると思います。ご参考になりそうでしたので、貼付いたします。

『国債暴落あるいはその危機感の高まり』→『消費税増税』というような歓迎したくないシナリオもあります。本当に暴落危機になっているのであれば、必ず増税論議に発展すると考えています。(個人の課税最低限の引き上げなどを行う為の環境整備のための国債暴落論の疑いもあります)
現時点(ここ1年程度)における国債暴落論は、(曖昧なものは沢山ありますけど)明確に発生シナリオを提示できない以上、国債売りポジションを持つ運用体のポジショントーク(市場の無責任な噂話)の域を出ていないと思われます。『短期間のうちに日本の景気が良くなる或いはデフレ払拭される』及び『日本が戦争に参加する』ということが可能性として全くないことではないと考えれば、『国債暴落』は小さいけれども可能性はあると言えます。最も、確かに2~3年前と比較すれば暴落の危険性は高まっているとも言えますけど‥。

以下は、今の世間の意見を反映した結果でしょう。
http://www.vote.co.jp/vResults/index.phtml?voteI …

尚、暴落の定義ですが、以下のサイトによると20%以上の下落を指すそうです。(#3の回答最後の文面は『債券価格で2割以上の下落で、金利に換算すると3%の上昇発生』に訂正させてください)
http://www.japan-investor.com/bnNYsp000613.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考資料をいろいろ提示して頂いてありがとうございました。前提条件によって可能性が変化するのでなかなか難しい問題です。良く読んで自分で考えをまとめていきたいと思います。

お礼日時:2002/02/14 22:48

まず、その懇談会の議事の内容は、財務省のHPで見られます。

(参考URLの前の方)私が読んだ限りでは、日経記事の「国債暴落の懸念はありえない、という認識で出席者が一致した」というのは、ちょっと言い過ぎに思えます。「現時点では、暴落は考えられない」というところでしょうか。様々な意見の羅列みたいなもんですが、ご興味があれば読んで下さい。
とりあえず、日経記事を前提に考えると、財務省(の懇談会参加者?)が言っている「財政赤字が国内の民間貯蓄でファイナンスされている」という点は、それだけでは100%ではないが、確かに重要だとは思います。円建の金融資産の中で、信用リスクという点では、日本人にとって日本の国債は「相対的には一番まし」(政府が破綻した時には、どんな優良企業でも無事でいるのはシンドイし、なんと言っても最後は増税という手もあるから)なので、そう簡単に日本人は国債を見捨てない⇒買い手はちゃんといる、と考えられるからです。

尚、「個人の貯蓄で、国債をチャラにしようとしている」かどうかですが、どんな国でも、経済主体としては、貯蓄するのは個人、金を借りるのは企業と(ほとんどの場合)政府、という構造になるのが普通なので、個人が直接国債を買うのか、金融機関への預金を通じてかは別として、個人の貯蓄が国内の資金需要に回る、という構造になります。どこかで「個人の金でチャラにしよう」と考えているのかどうかは別にして、ここでの民間貯蓄は、「個人」という意味ではなく、「政府ではない」という意味でしょうが、発言した人が意識していたかどうかには関わらず、結果的に個人にならざるを得ない、という事です。

日経記事に関する私の理解はこういう事で、あとはおまけとして、暴落があるかどうかですが、個人の金が最終的に国債を買い支えているとしても、個人から見れば、それは預金をした銀行が勝手にやっている事ですから、価格については、実際に直接買っている投資主体の事を考えて見る必要があるでしょう。参考URLの真中が主体別の保有残高ですが、約4割を持っている公的部門は売りに回らない、と考えると、同じく4割を持つ民間金融機関(内、広い意味での銀行は全体の26%)がどうするか、が肝腎です。

今、銀行が国債を買っているのは、No.1の方が言うように「他に持って行き様がないから」というのが大きいと思います。つまり、本来の業務である貸付金は、不景気で資金需要もないし、あぶなそうな貸し先が多いし、それに不良債権処理で自己資本比率が悪化しているので、BIS規制上もリスクは増やせないし、という事です。(それでも総資産のうち、貸付金は少なくとも半分ぐらいなのが普通だとは思いますが…。)
このように、「仕方が無く買っている」というのは、ちと危ないと思います。もし、何らかのきっかけで、金利上昇懸念が増すと、国債発行残高からすれば塵みたいな比率の売りでも、スパイラルな下げが起きる可能性はあると思います。(その点No.2の方と同意見です。)御存知のように日本の金融機関は「横並び」が好きですしね。
そういう場合、日本全体のマクロで見ると、結局は個人が直接あるいは銀行を通じて国債を買うしかないので、結果的には個人の資産配分にはごく僅かな変化しか起きなくても、金融機関同士のキャッチボールでどんどん値段が下がっていく(金利は上がって行く)というのは、充分ありうる事でしょう。

「日銀が自らの信用の毀損のリスクをとって、ムチャクチャな金融政策をとり始めた」とか「政府の財政規律が、今よりも、本当に、完璧になくなった」と市場(≒金融機関)が考えれば、少なくとも自分だけは生き残ろうと、国債を売りに回ってもおかしくないと思います。一言で言えば、「デフレスパイラルから、(僅かでも)インフレ懸念へ、市場の予想がシフトした時」はやっぱり危ないと思います。(この点ではNo.3の方とたぶん同意見だと思います。)

参考URL:http://www.mof.go.jp/singikai/kokusai/gijiyosi/a …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

国債の格付けがまた下がりそうだとか、郵便局の国債が2兆円売れ残ったとか聞くと、また早晩デフレは収束される
とか考えると、やはり不安要素は多々あるように思います。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/14 22:56

誤解のないように確認いたしますが、『国債暴落がありえない』と否定したのは政府担当者ではなく、市場関係者や有識者(ディーラー、トレーダー、エコノミストやアナリスト)です。



>国債残高は約400兆円、個人貯蓄は1400兆円でおつりがくる。

基本的にはこの考え方に基づくもの です。
http://www.yusei.go.jp/policyreports/japanese/gr …
参考資料
 ○ 郵便貯金
  5 家計(個人)金融資産の種類別シェア (PDFファイルです)

上記は個人金融資産の比率です。平成12年分で主なものを記載すると
民間預貯金470兆円
保険年金 390
郵便貯金 249
債券    28
このへんのカテゴリーが国債の需給に関係あると思います。

民間預貯金を受けた銀行などは何で運用しているかと言うと、比率の問題はありますが、国債で運用している部分が圧倒的に多いです。BIS規制で国債的な金融機関は8%以上、金融庁の指導で国内金融機関は4%以上の自己資本比率を維持しなければなりません。仮に全体で7%の自己資本規制で投資を貸出と国債運用に限定した場合、このうちの93%を国際で運用しているということになります。
470×0.93=437
これだけで400兆円を上回ります。(預貯金の中に外貨預金もありますから本来はこれを除外しなければなりませんけど)

勿論銀行などの運用は国債だけではありませんから、全額国債とするのは暴論ですが、保険年金関係も50%以上国債などの円建ての公社債で運用されています。郵便貯金は大半が財投にまわっていますが、一部分は国債に行っています。勿論、国債を直接購入している個人もいます。

以上のことから、上記の枠外に個人金融資産が大きくシフトされない限り、暴落は有り得ないということになります。
個人が預貯金を辞めて、株式投資や外貨預金或いは商品関連などの投資を増やすという趣向の変化が劇的に発生しない限りは、『ありえない』ということになります。高齢化を控えて、株や外貨の積極投資が大幅に活性化するという環境は私はないと思っています。

尚、上記の考えは未来永劫継続するというものではありません。日本の人口が減少トレンドに入ると同時期に貿易赤字国になると思っています。こういう状況で税収50兆円に対して予算80兆円(新借金30兆円)という飽満財政を継続すると、10年後に暴落が発生している可能性があります。
また、(実行される可能性はないと思いますが)積極的なインフレ政策(日銀が外債や土地、株を買って市場に通貨供給を加速させる)で無理矢理日本円の価値を切り下げた場合は日本人による外貨買いが加速して暴落する可能性があります。

ちなみに、先物などで一時的に売りを出して小さな下落(現在1.5%の長期金利が2%程度まで上昇、国債価格は下落)を発生させることを行うところもあると思います。これを暴落と呼ぶならばその可能性はそこそこあると思います。但し、2%まで上昇したとしても現状のデフレ状態が継続しているならば再び金利低下に向かうと考えています。

私の国債暴落のイメージは債券価格で1割以上の下落で、金利に換算すると1.5%の上昇発生(長期金利が一週間位で3%になるということ)です。
    • good
    • 0

政府の宣伝ですから.必ずありえないと答えます。


日経のどこかに国際取引残だかが書いてあると思います。この程度の国際をお持ちでしたらば.売りに出してみてください。簡単に暴落します(売りが2倍になると大体かいささえが不能になる)。
米国で購入した某後進国の国際を米国が売りに回ったことで該当国の国際は暴落し経済破綻となりました。誰かが通常の取引高相当額を売りに回れば暴落します。

もし.「ありえる」と政府が答えたならば.購入者は一気に売りに回ります。当然暴落します。この事をさけるために常に「ありえない」と政府は答えます。
    • good
    • 0

国債残高を個人貯蓄でチャラにと言うのではなく、2で書かれているようにほとんどを最初から国民のお金を扱う国内の金融機関でまかなっているからだそうです。

銀行などが資金の持って行き場を失って国債に流れたので海外からの借り入れは10%に満たず、なので銀行がわざわざ自分から損をするはずもないので暴落の危険はない、と言うのを聞いたことがあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロイターの国債増発がインフレリスクの高まりを警戒する声が外為市場で高まり、ドル安になった、という記事について

 初歩的な質問かもしれませんが教えて下さい。
 
 ロイターの記事で、「国債増発によるインフレリスクの高まりを警戒する声が外為市場で高まり、ドル売りの色彩が濃くなり、ドル/円は95円台に下落した。」という記事がありましたが、国債の増発がインフレリスクになって、その事を警戒してドル安になった、という意味がわかりません。

 少し調べましたが、よくわかりませんでした。

 どなたかわかる方がいたら、教えて下さい。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

FRBが長期国債を買い支えることで長期金利が低下。目下、日米金利差が縮小したことから、円に対してドルが売られています。
また、国債増発の一方でFRBが長期国債の買い支えることは、大量の資金供給を意味しますから、将来的なインフレ期待が生まれることになります。インフレは通貨の価値下落を意味しますから、ドル安になるというわけです。

Q「国債って何?」&「建設国債と赤字国債の違い」

日本の借金について調べていたら、国債(建設、赤字国債)のことが出てきました。

債権のこともよくわからないのに、赤字国債と建設国債と言う言葉が出てきたので、頭の中が整理できません。

出来るだけ、詳しく教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

簡単な考え方で個人レベルに置き換えると
建設国債=住宅や車をローンで買う
財政にゆとりが有っても、一度に年収以上の多額の支払いを行うのは困難なので、長期で支払う方法です。

赤字国債=生活費の不足を借金で賄う
給料日までの一時凌ぎの様に一時的ならいいのですが、続けば借金が膨れ上がり破綻します。
となります。

Q銀行の、国債の価格低下リスクって、満期保有でもあるんですか?

新聞で、バーゼル3では銀行の国債保有が規制されかねないと出ていました。

国債の価格低下が、時価評価したときの資産価値低下(損失発生)に繋がる。なので、国債保有のリスクを規制していく、というような説明がなされていました。

ところで、銀行が余資を国債で運用するとき、売買目的ではなくて、年間ベースの利回りを参考に、満期保有目的でするのではないのですか?

なんとなくそう思っていたもので、時価評価したときの資産価値の目減りという部分が納得できません。

どなたか、わかりやすく教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

国債は銀行の運用先の一つではないでしょうか?
つまり企業に融資して利子を受け取るのと同じレベルで

国債購入時より景気が良くなり金利が上昇した時、国債を債券市場で売ってキャッシュを得て企業などに融資することになったら損金が出るとかありませんか?
つまり国債の(表面)金利より融資の金利が高くなるとすれば換金すると思います。

個人国債ではないので満期までということはないと思います。(全部売るとはないでしょうが)

Q経常赤字が続くと国債の国内消化ができなくなるか

経常赤字が続くと国債の国内消化ができなくなると言う人がいますが、その論理がよく分かりません。そもそも財務省が売っている国債の7割は日銀が買っており、消費増税の後、景気が悪化すれば更に追加緩和をすると黒田総裁は言っています。

日銀という強力な買い手がいる限り国債の国内消化ができなくなるわけがないと思いますが如何でしょう。もちろん、日銀の国債引受は禁止されていますが、どこかの金融機関を迂回すればよいだけでしょう。金融機関にしても、日銀に転売すれば100%儲かるのであれば、喜んで買うでしょう。海外の投資家の助けなどいらないと思うのですが如何でしょう。

Aベストアンサー

経常収支で見るというのは、すこし乱暴な気がしますが、一応、考察してみます。

おっしゃる通り、現在日本は金融緩和によってデフレ脱却を狙っています。
円を刷り続けていくと、まず地価が上昇し始めます。(実際に、都市圏の地価は上昇していますね)
そうすると、預金しているよりそちらの方が儲かります。銀行は預金を下ろされたくないので、地価上昇分だけ金利を引き上げます。また土地を絡めた債権等で利益が出ると、銀行はその利益を使って他行の預金者を奪おうと、また金利を引き上げます。

そうやって徐々に金利が上昇していくと、銀行としては引き上げた分、より儲けなければなりませんから、低金利の国債を持っていては損をすることになります。
となると国債を消化させるためには、やはり金利を引き上げざるを得なくなります。

つまりインフレになると、金利が上昇するわけです。

もし、この金利上昇を食い止めるために日銀に引き受けさせ続けたとすると、それは金融緩和の続行です。ただでさえインフレになっているのに更に金融緩和をすると、悪性のインフレへと変わってしまいます。

また、日本の基礎的財政収支は70兆円を超えており、これはバブル期の税収60兆円をはるかに上回る金額です。つまり日本では、もう一度バブルを起こしても借金は続けなければならないのです。

金利の引き上げが財政を圧迫して、さらなる国債の発行、、、と、破綻はしないまでも、厳しい財政運営となることは予想されます。国の対外資産などで国債の安全性を語る人もいますが、それももちろん大事ですが、一方でこのように経済情勢にも充分に左右されてしまいます。

ここで、経常収支を見ていきます。経常収支の赤字とは、入ってくる金額よりも出ていく金額のほうが大きいことを意味します。つまり、長期的には円安傾向となるわけです。すると、海外に投資家からみると、あまり優良物件な物件ではなくなってきます。また国内銀行から見ると、円安傾向によって相対的に海外資産が優良物件となり、その保有率が高くなります。

そうすると、国内銀行や海外の投資家はより高い利率を国債に求めてくるのではないでしょうか。そして国債が買われない場合、日銀引き受けは前述の通りインフレ下では悪性になりやすく、難しいでしょう。
つまり、「低金利で国内消化できないならば海外に売ればいい」ということが、経常収支が赤字なことによってできなくなる。という意味合いなのではないでしょうか。

私は、経常収支の多寡で見ることには疑問を持ちますが。

ちなみに、この議論は国が財政再建を全くしないという仮定のもとでの話です。実際にはプライマリーバランスの黒字化を安倍首相は宣言しましたし消費税は上がりますから、そう簡単には陥らないとは思います。
もちろん経済情勢や金融政策如何によっては、急展開することもありますので確証は出来ません。

経常収支で見るというのは、すこし乱暴な気がしますが、一応、考察してみます。

おっしゃる通り、現在日本は金融緩和によってデフレ脱却を狙っています。
円を刷り続けていくと、まず地価が上昇し始めます。(実際に、都市圏の地価は上昇していますね)
そうすると、預金しているよりそちらの方が儲かります。銀行は預金を下ろされたくないので、地価上昇分だけ金利を引き上げます。また土地を絡めた債権等で利益が出ると、銀行はその利益を使って他行の預金者を奪おうと、また金利を引き上げます。

そうやって徐...続きを読む

Q任意団体の国債購入リスクについて

マンションの積立金資金運用で
国債購入を検討しています。

取引銀行によれば
元本割れのリスクがある商品で
取扱件数もとても少ないとのことです。
ゆうちょ銀行に聞いても
任意団体との取引前例がないので回答が難しいと言われました。

満期を迎えた場合でも、状況によっては
元金を割ることがあるのでしょうか?

ご教示を何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>マンションの積立金資金運用で
>国債購入を検討しています。
ウチのマンションでも修繕積立金で利付国債を買うプランがあります。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/qa/index.htm
詳しいことは財務省のHPで調べることができます。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/shinmadohan/contents/pamphlet/index.html
にある国債のパンフレットには「購入対象者:制限無し(法人やマンション管理組合などでも購入できる)」と書いてありますけど…
>取引銀行によれば
>元本割れのリスクがある商品で
>取扱件数もとても少ないとのことです。
ウチのマンションでも定期預金を勧められました。
>ゆうちょ銀行に聞いても
>任意団体との取引前例がないので回答が難しいと言われました。
へぇ~。そうなの。ウチのマンションの理事長に聞いてみようかしら?

>満期を迎えた場合でも、状況によっては
>元金を割ることがあるのでしょうか?
私が個人で国債購入のために電話でゆうちょ銀行に問合せた時は、担当の方が「アイルランドがデフォルトした時は、そんなこともありましたが、日本はデフォルトしないと思いますよ」というお応えでしたけど…お宅さまの取引銀行さまは日本がデフォルトするとお考えなのかもしれませんね。

…日本がデフォルトしないためにも国債を買って、納税に励むしかないように思います。

>マンションの積立金資金運用で
>国債購入を検討しています。
ウチのマンションでも修繕積立金で利付国債を買うプランがあります。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/qa/index.htm
詳しいことは財務省のHPで調べることができます。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/shinmadohan/contents/pamphlet/index.html
にある国債のパンフレットには「購入対象者:制限無し(法人やマンション管理組合などでも購入できる)」と書いてありますけど…
>取引銀行によれば
>元本割れのリスクがある商品で
>...続きを読む

Q素朴な疑問 赤字国債発行している国が米国債購入で出来るのでしょうか

赤字国債(税収の倍ぐらい)、財政赤字出している国がどうして米国債を大量に保有、購入できるのでしょうか、理由は何なのでしょうか。
日本はアメリカのいいお財布(デパート1Rで米国人が財布を空にしても2Rで日本が財布にお金を入れてくれる)とは日本がお金を借りて米国債を購入しているから、又はアメリカに輸出した代金で米国債購入しているからアメリカの財布は減らないからなのでしょうか。日本はどうしてお財布になる必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

単年度の予算で政府が消費するお金と、財政投融資資金や日銀の運用資金がごっちゃになっていないでしょうか?
外貨準備を用意するにしても、国際決済通貨であるドルで保有する割合が高くなります。そのドルを保有する形態に米国債などがあります。普通、WTOやIMFに加盟する国は多かれ少なかれ、米国債を保持していますよ。
米国債はドルで購入しているわけで、為替リスクは日本側が背負っています。ですから、ODAと利率のみでの比較はできません。ODAは円建てがほとんどで、為替リスクは援助受け入れ側が背負う事になります。

Q日本の金融機関が日本国債を売るリスク

日本国債は、約9割が日本の金融機関が持っているので、暴落することはないという意見が多いです。ふと思ったのですが、日本の金融機関は日本国債を投げ売りしないという前提があるようですが、日本の将来に危機を覚え、日本の金融機関が自分の銀行を守るために、日本国債を投げ売りすることはあるでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本の将来を憂えてじゃありませんが、景気回復で国債投げ売りされる可能性はありますよ。

景気回復によって長期金利も上がります。
デフレ下では株配当利回りよりローリスクの長期金利の方が低くなりますが、インフレ時には株の値上がりが想定されるので長期金利の方が高くなるのが正常だからです。
ただし、日本がデフレ不況から完全に脱するには、まだまだ時間が掛かりそうなので、当分は長期金利は株配当利回りの壁に跳ね返される事になるでしょう。
因みに、現在の株の平均配当利回りは1.55%の予想、長期金利は0.8%前後です。

それで、本題の長期国債が投げ売りされる話ですが、償還期限を迎えれば国債は元本が支払われるので、満期目的で保有していれば、一見、国債価格の下落では損しないように見えます。
しかし、日本は国債に時価会計を適用しているため、長期金利が上昇した分だけ含み損が拡大します。
大中規模の金融機関の資産は国債だけじゃありませんので、そこまで深刻ではありませんが、国債を多く抱えてる地方の小規模な金融機関は、含み損の拡大で債務超過に陥る可能性が出てきます。

つまり、金融機関が金利上昇による含み損を嫌って、長期国債を売却する可能性は十分考えられるという理屈です。

まあ、だからって、デフレ不況のままで良いわけがありませんし、金融機関が国債を投げ売りしても、日銀が買い取れば大して問題ないのですが、もともと日本が「国債に時価会計を適用している」事が根本的な原因なので、ここは欧州諸国に習って、国債(満期目的)に簿価会計を適用したら良いだけだと思います。

日本の将来を憂えてじゃありませんが、景気回復で国債投げ売りされる可能性はありますよ。

景気回復によって長期金利も上がります。
デフレ下では株配当利回りよりローリスクの長期金利の方が低くなりますが、インフレ時には株の値上がりが想定されるので長期金利の方が高くなるのが正常だからです。
ただし、日本がデフレ不況から完全に脱するには、まだまだ時間が掛かりそうなので、当分は長期金利は株配当利回りの壁に跳ね返される事になるでしょう。
因みに、現在の株の平均配当利回りは1.55%の予想、長期金...続きを読む

Q市場規模○○兆円について

経済誌で市場規模○○兆円という言葉が載っていますが・・・何を基準に算定をしているのですか?例えば食品業界は○○兆円というのは売上の合計というのは、イメージがわかるのですが・・・未開拓な分野に関しては?どう算出するのでしょうか?

Aベストアンサー

未開拓の分野の市場規模は、あくまでも予測です。ハッキリ言って、大雑把なものです。例えば、ある新商品について、「高校生の何%がこの商品を買うとすると、売り上げはこれくらいかな?市場規模はこれくらいかな?」といった感じです。ですから、どうしても誤差はあります。

Q国債(日本)のリスクって?

ゆうちょ銀行のページを見たら、「国債は、元本と利子の支払いを日本国政府が行なうため、安全性の高い商品ですが、日本国の信用状況などの悪化などにより損失が生じるおそれがあります。」とありました。

償還金額の項で「額面金額100円につき100円」とあるのですが、国債は元本保証ではないということでしょうか?

また損害(元本割れする)となる場合、具体的にはどうなるのでしょうか?
要するに政府に踏み倒されるということですか?

外国債ならレートの違い等で元本割れが生じる可能性があるのはわかるのですが…

Aベストアンサー

 まず、国債一般について考えます。
 国債は国の借金ですから返済の原資は、国民が払う税金(か、資産を売却して得られるお金)です。日本国の歳出が異常に膨らむか、税収が異常に減少すれば、借金返済にまわすお金がなくなります。これが、「日本国の信用状況などの悪化」に該当します。
 次に、個人向け国債と通常の国債に分けて考える必要があります。 個人向け国債の場合、満期前の換金は、国が国債を買い取ることで行われます。その場合、手数料はかかりますが、券面額で買い取ってくれます。
 通常の国債の場合、満期前の換金は、市場を通じて行います。従いまして、発行金利<市中金利の場合、券面額以下でないと売買は成立しません。また、日本の先行きが懸念されるようになると(つまり、借金を返せなくなるかもしれない、とみんなが思うようになると)、券面額以下でないと買ってくれません。これも「日本国の信用状況などの悪化」の一時例です。

Q【国内消費】国内消費が縮小していって毎年、若者の人数は出生率が1なので毎年半分に市場規模が縮小。さら

【国内消費】国内消費が縮小していって毎年、若者の人数は出生率が1なので毎年半分に市場規模が縮小。さらに消費の対象であった大人は終活とかが流行って消費しない。

若者の年収は消費の中心であった大人の時代の半分となり、年収1000万円→年収500万円。

さらに出生率が2から1になり、今の若者は昔の大人の4倍消費しないと今の経済は維持出来ないってことですよね。

若者に今の4倍消費しろって無茶じゃないですか?

Aベストアンサー

この話って何が根拠なんですか?
質問者の妄想?

>若者に今の4倍消費しろって無茶じゃないですか?

経済を回す方法って、何も消費だけではないと思うんだけど。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報