ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

タイトル通り、住宅建築の際に参考になるテレビ番組
を探しています。

渡辺篤史の「建物探訪」以外で、関東方面で見られる住宅に関する情報番組などございましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、リンク集を。


http://www.ken2-jp.com/kenken.cgi?category=102
↑の中で「建築テレビ」というブログは重宝すると思います。

建築に関するテレビ番組情報などを掲載しているメルマガもあります。
http://www.melma.com/backnumber_10283/

そして、CATVやスカパーで放送される番組が↓で検索できます。
http://www.so-net.ne.jp/tv/bangumi-s/search.html
全ジャンル内で検索の枠に「建築」と入れて検索してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい情報をありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2006/05/09 23:00

条件は地上波のみですか?

この回答への補足

デジタル・ケーブルも視聴可能です。
宜しくお願いいたします。

補足日時:2006/05/08 15:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1畳って何m2ですか?

4月から下宿する大学生です。部屋の広さを検討するのに1畳は何m2か知りたいです。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

マンションの洋室などの計算では、1.8m×0.9mの1.62m2で計算されています。但し壁芯からの計算ですから当然部屋内はもう少し小さくなります。

但し和室の場合違ってきます。
最近のマンションではある程度の範囲内で6畳や4.5畳を作っているのでバラバラです。
それと古い物件では本間、関西間、江戸間等というようにちゃんとした畳のサイズであっても色々なものがあるので(地域によって違います)上記の数字が目安にはなりますが、測ってみないと駄目ですね。

Q建築条件付土地の建物価格を値引きできませんか?

場所、価格とも大変気に入った建築条件付の土地を2週間後に契約する予定です。建築条件は某ハウスメーカと3ヶ月以内に請負契約をすることです。そのハウスメーカーは比較的に値引きが大きいと言われている中堅のメーカーです。

既にハウスメーカと何度か話し合いをしており、間取りもほぼ決定しました。建坪45坪、本体価格2850万円です。(外溝工事、屋外給排水工事、設計申請費など除く)

本体価格が高いため、値引き交渉すると、営業は「値引きには一切応じない」、「価格を下げるためには仕様を下げろ」の一点張りです。競合できないので、強気です。なんとか、値引きを勝ち取ろうと考えていますが・・いい方法はありませんでしょうか?

・ハウスメーカの知り合いはいません。
・建物の内訳明細は入手できました。
・間取りは注文建築の分類になると思います。
・土地契約と同時に請負契約することを迫られていますが、建物の値段が高いことを理由に拒む旨は伝えています。
・建物の値段によっては土地契約後、3ヶ月以内に土地を解約する覚悟があることを伝えています。(実際は値引きがなくても買うと思います。営業もそれは感じていると思います。)

一社独占という条件。「イヤなら他の人に買ってもらうからいいよ」みたいな雰囲気も感じており、もし「足元を見られている」としたら、今後どのような交渉が有効となるでしょうか?

一生の中で最大の買い物。なんとかクリアな気持ちで決着をつけたいと思いますので、回答(アドバイス)をどうぞよろしくお願いします。

場所、価格とも大変気に入った建築条件付の土地を2週間後に契約する予定です。建築条件は某ハウスメーカと3ヶ月以内に請負契約をすることです。そのハウスメーカーは比較的に値引きが大きいと言われている中堅のメーカーです。

既にハウスメーカと何度か話し合いをしており、間取りもほぼ決定しました。建坪45坪、本体価格2850万円です。(外溝工事、屋外給排水工事、設計申請費など除く)

本体価格が高いため、値引き交渉すると、営業は「値引きには一切応じない」、「価格を下げるためには仕様を下げろ...続きを読む

Aベストアンサー

No.5のものです。なかなか難しいですね・・45坪で本体のみ坪63万であれば選ばれている設備等にもよりますが、実質値引きはゼロですね。売主にマージンが必要なのでしょう。支店長決済はウソで、支店長命令だと思いますよ。ハウスメーカーは3月末が年度末ですから、そこに標準を合わせて契約したいはずですし、それと9月完工をとりたいはずです。それを条件にするのもいいでしょう。今の段階で言っても無駄ですから、予算が合わなければ土地契約を解約することを伝えて、土地契約をしててください。その後3月末を視野に入れて建物を再度打ち合わせて、それから交渉です。支店長に会って話をしましょう。一度打合せに同席をお願いして、直接値引きの交渉をしてください。支店長等は格好をつけたがりますから、その場で断ることはないと思います。私もお客様とタッグを組んでよくやった手段です(笑)頑張って下さい。

Q自分の家の南側に隣の家が隣接している方に質問です。

更地を購入し現在間取り作成中ですが、
私の家の南側には2~3mの距離で二階建ての家が建ちます。

プランとしてはダイニングとリビングが横並びで南に面する形で、
ダイニングの南側に大きな窓を設ける代わりに、
仕切りのない隣のリビングの南側の窓は縦に長い採光用を両サイドに配置し
その間に壁掛けテレビを置こうと考えています。

私としては一階南側に窓を付けても家が隣接しているのでそこまで明るくならないだろうから問題ないと思うのですが、
それだとリビングはダイニングと比べ暗くなる気がすると旦那に反対されました。

なので立地条件が同じような方がいらっしゃれば、
一階南部分の明るさや採光用窓で不具合があるかないかを教えて頂きたいです。
あと逆光でテレビが見え辛いんじゃないかとも言われました。
テレビが見辛くなる程明るくなるなんて考えもつきません。

無知で恥ずかしいですが色んなご意見を頂ければ有り難いですm(__)m

Aベストアンサー

うちも2~3m離れて南側に2階建てのお宅があります。

我が家のリビングの南に大きな窓(掃き出し窓と言いますが)がありますが
本当に明るいんだろうかと建てている間はずっと心配でした。
緯度から日光の入り方をシミュレーションしたりもしました。
建った結果、真冬は直射日光は入りにくいですが、
間接光はよく入り、朝でもリビングは思ったより結構明るいです。
ちなみに、南と西に掃き出し窓があります。

間接光は大気で乱反射された光ですので、どの向きの窓にも入りますが、
(仮に北側の窓であっても)、窓の面積が大きければ大きいほど当然ながら
明るくなります。

ソファーが廊下のドアを向いていたとしても、別にどうってこと
なんじゃないでしょうかね。。。
それより、南を壁にすした方が、暗くて余計後悔されませんかね。。
光が欲しいって。。。
最近の液晶テレビは明るいとはいえ、南側におくと、
そばの細長い窓はカーテンをしないとまぶしくて落ち着いて
見られないじゃないかという気がします。
すると余計、昼間は暗くなります。。。部屋全体が。。北が壁なので。

私なら100%、南に大きなまどをつけます。

追加質問があれば要求してください。

うちも2~3m離れて南側に2階建てのお宅があります。

我が家のリビングの南に大きな窓(掃き出し窓と言いますが)がありますが
本当に明るいんだろうかと建てている間はずっと心配でした。
緯度から日光の入り方をシミュレーションしたりもしました。
建った結果、真冬は直射日光は入りにくいですが、
間接光はよく入り、朝でもリビングは思ったより結構明るいです。
ちなみに、南と西に掃き出し窓があります。

間接光は大気で乱反射された光ですので、どの向きの窓にも入りますが、
(仮に北側の...続きを読む

Qマイホーム、3階建てが極端に少ない理由

周りを見渡してみますと、3階建てマイホームが極端に少ないですが、
たまにぽつぽつとはあります。地域によっては景観を損なう事からNG
なところもあるでしょうけど、統計的に見て、3階建てが少ないのは
何故でしょうか?

単に高いから?地震対策等で安定しないから??

また、2階を1とした時、1階建て、3階建ては何倍くらい
値段が違ってくるのでしょう?

Aベストアンサー

3階建てにすると建物の総重量はそれだけ重くなりますが、
地盤はそれに耐えうるものに地盤改良できますので
地盤が軟弱で建てられないということは少ないと思います。

しかし、地盤改良はその方法によって金額に大きな差がでてきます。
固い地盤が地中深くにある場合はそれだけ費用が必要となってきます。
数百万必要となることもあれば、数十万で済むこともあります。

適切な地盤改良の方法は、地盤調査の結果によって判断しますので、
ここでいくら必要ということはお伝えできません。

建物の工法によっても建物の総重量に大きな差が出来てきます。
軽いものは木造住宅となり、重いものは鉄骨コンクリート造です。
重量に数倍の差があります。

重い建物の方がそれだけ頑丈な地盤が必要となってきますので
それにともなって費用も比例して必要となってきます。

建物本体も木造住宅がもっともコストを必要としないのですが、
それだけ耐久性も他の工法に比べ低くはなります。

ただ、現在では木造住宅も接合金物を適正に使用していますので
自然災害で倒壊するなどの被害はまずありません。
使用する木材自体も人工乾燥させていますので、
建てた後の自然乾燥で支障が出てくることもほとんどありません。

建て主さんの考え方によっては「建物は頑丈なことに越したことはない」という方もいらっしゃいますので
木造以外の工法で建てられる方も大勢いらっしゃいます。

3階建てが少ない一番の理由は、
2階建てに比べて費用が割高になるということだと思います。

地盤の件も含め、2階建てに比べて3割増しくらいから
多いときは2倍近くになる場合もあります。

例えば、2階建てだと坪単価50万円で建てられたものが、
3階建てになると70万円や80万円になります。

計算すると、
総2階建て40坪の住宅で合計2000万円。
総3階建て40坪の住宅で合計2800万円。
これだけの金額の差がでてきます。

さらに、面積は同じでも、3階へのぼる階段が増えるため、
実際に部屋として使用できる空間は2階建てよりも少なくなります。

同じ床面積でこれだけ金額の差が出てくると
たいていの場合は、2階建てを建てられる土地を探し直すことになります。

さらに、住み心地という一番重要な要素を考えても難点がでてきます。
やはり、階段を上り下りすることは体力的にも精神的にも障害です。
1階で洗濯したものを3階のベランダで干す作業を想像してみてください。
実際の労力もそうですが、想像しただけで精神的な負担もでてきます。

また、木造の3階建ては揺れます。
それで倒壊することはありませんが、強い風の当たる場所などの場合、
生活していても体感できるくらいの揺れがあります。

法律的に建てたくても建てられない場合もありますが、
そのようなことはなかなかないでしょう。

3階建ては必要に迫られて建てる場合がほとんどです。
その土地に愛着がある場合や、家柄の関係で離れることの出来ない場合など、
または通勤距離や都会のような大きな土地が売り出されていない場合。

ほとんどの方は、当初のマイホームの計画は2階建てと考えています。
それが、諸事情により2階建てでは面積が足りず、
生活に必要な部屋を確保することが出来ないとわかったときに
初めて3階建てという選択肢がでてきます。

建物として3階建ては2階建てに比べて利点があまりありません。

それと、ごく稀に、三階建てが「都会的」という先入観で建てられる方もいらっしゃいます。

3階建てにすると建物の総重量はそれだけ重くなりますが、
地盤はそれに耐えうるものに地盤改良できますので
地盤が軟弱で建てられないということは少ないと思います。

しかし、地盤改良はその方法によって金額に大きな差がでてきます。
固い地盤が地中深くにある場合はそれだけ費用が必要となってきます。
数百万必要となることもあれば、数十万で済むこともあります。

適切な地盤改良の方法は、地盤調査の結果によって判断しますので、
ここでいくら必要ということはお伝えできません。

建物の工...続きを読む


人気Q&Aランキング