うちの娘は2歳ぐらいの頃から、たまに、右の目が真中へ寄ってきました。
眼科で診てもらった所、‘遠視’ということでした。
それからはメガネをかけて、はや2年。
最近、「目には ルテイン が効く!」と聞きましたが、本やネットなどで検索しても‘遠視’に関しては、記載されてないのです。
何か、ご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

眼科医です。


遠視というのは、眼球の奥行きが小さいという状態のことで、病気ではありません。
従って、どんな薬も無効です。

眼鏡が要らなくなるのには、どんなに早くても12歳頃になるでしょう。
もちろん2年や3年ではとれません。
それ以前に眼鏡が可愛そう・・などと言って外してしまうと、内斜視だけでなく、
弱視といって一生眼鏡やコンタクトや手術をしても視力が出ない目になってしまう可能性があります。

もちろん12歳以降も遠視が強く残り眼鏡の必要なお子さんはたくさんお見受けしますが、その場合中学生くらいからは、コンタクトレンズ使用で快適に過ごされています。

今はともかく、きちんと視力を発達されることを目的に眼鏡以外の手段を考えないで下さい。
藁をも掴む思い・・という親の切ないお気持ちはよく判るつもりですが、変な業者の口上に引っかかって、眼鏡を外してしまい、後に弱視化して後悔する症例もあります。

堂々と遠視の王道の訓練に励みましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 2~3日外出していて、お礼遅くなり、申し訳ありません。
 明確な回答、ありがとうございました。
今までよくわからなかった“遠視”の事が、とてもよくわかりました。
やっぱりメガネでガンバルしかないんですネ。
2歳の頃より、本人も嫌がらず、かけ続けています。
少しずつですが、視力が上がってきているようなので、弱視にはならないよう、メガネのコワレ回数にめげずに、気長にがんばっていきます。
本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/11 21:21

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「ルティンの秘密」
http://www.jin.ne.jp/imamura/qa.htm
(近視・乱視・遠視の種類)
遠視の場合目の構造上の問題で、ルティンでは効果がないのではないでしょうか・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.lexsmenimeni.com/~santa/index16.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
参考になりました。やはり、遠視には効かなさそうですネ。
メガネひとすじで、気長に考えていきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/11 21:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qルテインは目にいいのですか?

目に良い成分としてルテインというのも見かけたりします。
サプリメントでも効果はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

ルテインが目に必要な成分なのは確かです。
目にも存在する成分なのですから、ルテイン自体を否定することは出来ないでしょう。
http://xn--eck8a9bk8ewc2cd8ee.pw/

ただ、それがサプリメントになるとどうか分かりません。
効果を感じている人もいるようですが、こればかりは飲んでみないと分かりませんね。

Q目が寄り目といいましょうか。右目と左目が寄っている人がいますがこれは病

目が寄り目といいましょうか。右目と左目が寄っている人がいますがこれは病気なのでしょうか?
それとも生まれつきなのでしょうか?

Aベストアンサー

 内斜視でしょうか。
 原因は乳幼児期の目の筋肉バランスが崩れてしまうことによるそうです。
 また、外傷による場合もあるとのこと。
 病気と言えば病気なんでしょうが、軽度ですと通常の生活と変わらない様です。
 素人ですので参考まで。

Qルテインが白目をキレイにする

マリーゴールドから採れるルテインが目に良いのは有名ですが、(飛蚊症改善や、ピント合わせなど)
「白目をキレイにする効果がある」っていうのは本当でしょうか?
一般的に、黄色みがかった白目より、より白い白目のほうがキレイに見えることから、商業的に聞こえの良い宣伝文句として使われているだけですか?

実際に、ルテインのサプリを摂取して、やや黄色っぽかった白目が白くなった、という方いますか?

Aベストアンサー

ルテインは黄色い色素で、目の網膜に多く含まれます。とくに網膜の中心付近の黄斑部はルテインが集まって黄色くなっている部分です。
 ルテインで白くなるという話はあまり聞きませんが、、。
ベータカロテンの仲間のカロテノイドで、とりすぎると色素のため皮膚が黄色くなります。

Q6歳の遠視、眼科でどんなこと行ってますか?

6歳の娘が遠視と診断され、眼鏡&アイパッチを始めました。
私自身、眼科にほとんど通ったことがない為、ましてや遠視の一般的は治療がわからず、今通っている眼科でいいのかわかりません。
みなさんの眼科で、遠視通院で行っていることを教えて下さい。その場で、訓練みたいなことはありますか?

今、通っている眼科に、眼鏡を作ってから、度数確認で一度受診、その後、1ヶ月ごとに2回受診。視能訓練士さんがおられます。
行ったことは、視力検査でした。「立体視力(?)が少し、上がりましたね。」「視力の変化によって、眼鏡の度数を変えていきますね。」と言われ、終わりました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

眼科医です。
子供の場合は通常遠視気味なのですが、あまり高度の場合や、左右差がある場合は弱視になる可能性があります。(子供は調節能力が高いので軽い乱視ならば弱視にならないのですが、調節能力を上回る遠視の場合は危険です。)
7歳ぐらいまでが視神経の発育の一番重要な時期で、両眼に遠視がある場合は通常完全矯正した眼鏡を終日かけていただく必要があります。
よく誤解されているのは「遠視は遠くが見える」というものです。
遠視とは正しくはピントが合わない状態のことを言いますので、正しい視覚刺激を受けられなくなります。結果として神経発育が妨げられ弱視になります。
アイパッチをしていることから、左右の度数に差がある可能性があります。差がある場合は見やすいほうの眼ばかり使ってしまい、つかっていない方が弱視になるわけです。
立体視とは物を両眼でみて初めて可能なもので、それが良くなってきているということは、両眼のバランスが良くなっているということですから喜んでいただける結果が出てきています。
成長とともに通常は遠視は軽くなってきますから、いずれは眼鏡を脱却できるようになってくるでしょう。
視能訓練士もおられるようですし、文面を見る限り間違ったことをされている気配は感じられません。ちゃんと診ていただけていると思いますよ。

眼科医です。
子供の場合は通常遠視気味なのですが、あまり高度の場合や、左右差がある場合は弱視になる可能性があります。(子供は調節能力が高いので軽い乱視ならば弱視にならないのですが、調節能力を上回る遠視の場合は危険です。)
7歳ぐらいまでが視神経の発育の一番重要な時期で、両眼に遠視がある場合は通常完全矯正した眼鏡を終日かけていただく必要があります。
よく誤解されているのは「遠視は遠くが見える」というものです。
遠視とは正しくはピントが合わない状態のことを言いますので、正しい視...続きを読む

Qルテイン

友人に「視力回復にはルテインが効く」と言われて、ルテインを勧められています。
ルテインは妊娠中・授乳中にも服用してもいいものなのでしょうか?

Aベストアンサー

目の健康にルテインの含まれている製品はよいとされています。

しかし、妊娠中・授乳中の方の服用は医師と相談するほいがいいようです。

http://www.star-line.co.jp/a2/sip1234u/visualeyes.htm

参考URL:http://www.star-line.co.jp/a2/sip1234u/visualeyes.htm

Qアレルギーで目が痒い 眼科で目薬貰うのですが受診するたびに 今日はどうされましたか? 目が痒いです

アレルギーで目が痒い

眼科で目薬貰うのですが受診するたびに

今日はどうされましたか?

目が痒いです

いつからですか?

ずっと前から…

と言うやり取りします

いつからですか?に対してなんと答えたらいいですか?

そしてこのやり取りは永遠とするのでしょうか

カルテみてよ、って思ってしまいます

Aベストアンサー

マニュアルにしか仕事が出来ない流れ作業ですから諦めるしかありません。

私も同じ思いをちょくちょくしてましたが、合理化とゆうか仕方ない世界になってますから。

Qルテインって知ってます?

父が知人に「ルテイン」という健康食品を勧められています。
22日分ほどで15000円と結構高価なので、迷っている様子です。
父は糖尿のために目が悪いので、このルテインの眼病に効くというのがとても気になるようです。
いろいろと検索してみましたが商品説明ばかりで、実際に効くのかが、いまひとつ判りません。
知人が経営する喫茶店の常連客のひとりが、ルテインを販売している人で、別の客である医師の人が「ルテインはいい」と絶賛されたそうで、父はすっかり信用しています。その医師はルテインの販売会社のグルではありません、念のため。
近日、その販売会社の説明会があるそうです。会社は東京で、わざわざ関西まで来るそうです。なんか怪しいような気もします。説明会に行ったら、買わずには帰れないのでは…?
どんなことでも結構ですので、ルテインについて教えて下さい。

Aベストアンサー

ルテインとは緑黄色野菜などに含まれる天然色素(カロチノイド)の一種です。ヒトの目(水晶体など)には、このルテインとゼアキサンチンという物質の2つのカロチノイドがあることが分かっています。また、乳房や大腸、子宮頚部にも蓄えられています。
このルテインは、活性酸素を取り除く作用があり、さらに水晶体にあるルテインは白内障を軽減する働きをしています。
 活性酸素がもたらす目の異常としては、白内障、飛蚊症、網膜剥離、黄斑変性症などという病気が考えられます。
 目の他にも、ルテインの多い器官から考え、大腸がん、乳がん、子宮がんなどにも関係が深いと言えるでしょう。
 以上、ルテインによる効果の体験談ではありませんが、ご参考になったでしょうか?

Q遠くを見ると左目が内側に寄ってしまいます

30代です。遠くを見ると左目が内側によってしまい悩んでます。両目とも近視で、両目とも0.06前後です。先日意を決して眼科を受診しましたが、「立体的に物を見ることが劣っている。もう大人なので様子をみるしかない」と言われました。

高校生の頃から一時的に症状が出てました。5年ほど前から、この左目が内側に寄ってしまう時が多くなりましたが、人と話したり、集合写真や証明写真を撮ったりするのに気になることはなかったのでそのままにしてました。ただ、酒を飲んで酔いが回ると症状が出てしまい、人に悟られないよう片目を閉じていました。

2年ほど前から焦点が合う範囲が狭くなり、人や物との距離が1m~2mぐらい近くでないと左目が内側に寄ってしまいます。ただ、両手で目をヒラメのように引っ張ると遠くも両目で見ることができます。調子がいいときは、右目のみ引っ張ると両目しっかり焦点が合います。感覚ではなく、鏡で確認済みです。

毎日何らかの目の運動で症状が軽くなるなら頑張りたいと思いますが、そういう方法がないなら、やはり別の眼科を受診すべきでしょうか?

Aベストアンサー

運動療法のあるなしに関わらず
別の眼科に相談した方がいいと思いますよ。
セカンドオピニオンという言葉も普及しましたし
別に気兼ねなく他の眼科に行ってみるべきです。
同じ患者でも医者によってまるで対応などが違ったりしますしね。
医者によって知識の違いもありますし、
手術などの方法があるかもしれません。

Qルテインとアスタキサンチンについて

ネイチャーメイドのアスタキサンチンとルテインとビタミンCwith RoseHips を友人に購入しました。

理由は、仕事で1日中パソコンを見ている為の視力低下が著しい事と
前にはなかった物忘れ、日々の多大なストレスの為です。

視力低下予防の為にルテインを選んだのですが、アスタキサンチンでも同じ効能があるようです。
一度に全部試すより、まずアスタキサンチンとビタミンCを1ヶ月~2ヶ月試した方がいいのでしょうか。
それとも全て飲んだ方がより効果がでるのでしょうか。

サプリメントの効能には個人差があるので一概には言えないと思いますが、
それを踏まえた上でアドバイスをいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一般的に、目の疲れや視力低下に即効性があるといわれているのは、ルテインのほうです。
私自身、定期健診のひと月前辺りからルテインのサプリメント(他社製品)を摂取したことがありますが、視力回復に効果がありました。(両目0.2~0.5程視力アップ)
また、服用し始めて半月ほどで、眼球の奥がじわっと重くなるような疲労感が、服用前に比べ明らかに減った印象を覚えました。

一方、アスタキサンチンは海藻や鮭の赤身の部分を形成する成分でビタミンEの何千倍に匹敵するくらいの抗酸化作用が期待できる説があります。
ストレスによって体内に生じる活性酸素を抑える働きを持ち、さらに、体内でその効果を発揮できる時間は、水溶性ビタミンであるBやCよりも長いといわれています。
ご友人の環境対策には有効なサプリメントといえそうです。
同じくビタミンCも抗酸化作用を持ち、アスタキサンチンと助け合ってお互いの効果を長く高くする役割を果たすようなので、併せて摂取できるといいですね。
(ローズヒップにはビタミンCの体内持続効果を高めるビタミンPが含まれているので、質問者様が選んだビタミンCのサプリメントは効果が高そうです。)
ポリフェノールなど、抗酸化作用を持つことで有名な成分は、イコール老化防止に役立つ栄養素で、記憶力や視力低下の軽減が実証されています。
アスタキサンチンが目にいいという情報も、抗酸化作用の延長線上である視界改善効果を期待してのことでしょう。

ただ、ご友人が、物忘れやストレスより視力低下の問題に重きを置き、より素早い効果の実現を期待しているなら、私はアスタキサンチンよりルテインをお奨めしたいです。
ルテインはブルーベリーエキス等と同様、抗酸化作用の中でもとりわけ、視界クリアに特化された成分だからです。

食事は多品目を摂るが健康上好ましいとされているのと同様、サプリメントも単独より複数組み合わせる方が相乗効果を得やすいので、ルテイン・アスタキサンチン・ビタミンCと、3つ一緒に摂取することも問題ありません。
ただ、サプリメントは食品の部類であり、薬品ではありません。少量でも1日でも長くコツコツと飲み続けることが大切です。
そのためには、毎日のご負担にならない程度の量を考えてあげることが先決なのは言うまでもありません。
サプリの容器には摂取目安量が表示されていると思いますが、1つのサプリの摂取量を目安より少なくし、その分、多品目を摂って、あとは身体の調子や効果と相談しながら摂取量を変化させてもいいかも知れませんね。
そのあたりの最終判断は、ご友人の日ごろの性格も参考にしつつ、おふたりでおこなっていくといいと思います。

蛇足ですが、パソコンの利用環境の見直しも必要かも知れません。
採光の位置の関係で、暗がりになる場所でパソコンを使用してはいないか。
部屋の明るさは作業面の明るさの少なくとも10分の1以上はないと、眼精疲労等のストレスが起こりやすいといわれています。
また、1時間に1回は身体を軽くほぐせるような数分程度の休息を取れているかどうか。
静的作業の疲労回復には身体を動かすことが有効です。
ご友人へサプリメントをプレゼントするついでに、よかったら確認してみて下さい…。

一般的に、目の疲れや視力低下に即効性があるといわれているのは、ルテインのほうです。
私自身、定期健診のひと月前辺りからルテインのサプリメント(他社製品)を摂取したことがありますが、視力回復に効果がありました。(両目0.2~0.5程視力アップ)
また、服用し始めて半月ほどで、眼球の奥がじわっと重くなるような疲労感が、服用前に比べ明らかに減った印象を覚えました。

一方、アスタキサンチンは海藻や鮭の赤身の部分を形成する成分でビタミンEの何千倍に匹敵するくらいの抗酸化作用が期待できる説があり...続きを読む

Q目の上のくぼみは眼科?

ここ数カ月、ストレスや多少の体重が落ちる事があったのですが、
気づくと目の上がくぼんでいました。

朝から、上瞼が眼球の上に乗っている感じで目が重く、
周りから疲れているように言われますし、自分でも瞼が重い感じで
眠い気がします。

色々調べてみると、目の上のくぼみは整形外科で手術して…
というのがあるのですが、そこまでする勇気はありません。

何か、眼科に行って治療したり、自分で何かすることにより改善する方法はないでしょうか。

Aベストアンサー

>上瞼が眼球の上に乗っている感じで目が重く、周りから疲れているように言われます

それは飽くまでも目に見えている現状であって、そのこと自体が疾患の本質ではないでしょ?

>ここ数カ月、ストレスや多少の体重が落ちる事があった
こっちが問題の本質なんでしょ?

ほんとにストレスが原因なら精神科系だし、疲労や他の病気で体が衰弱したり体重が減少しているのなら内科系でしょ

>目の上のくぼみは整形外科で手術して
それは、外傷などでの話であって、疲労衰弱で目が落ち込んだのに対して外科手術でまぶたに脂肪注入しても意味なし

体重が落ちるというのが、1~2キロ程度なら疲れてるんですねぇで済むだろうし
5キロとか10キロならすぐに受診すべきで、「自分で何かすることにより改善」という範疇ではない


人気Q&Aランキング

おすすめ情報