昔TVでやっていたのを見たのですが、確かアメリカの映画です。しかしタイトルが思い出せません。記憶に残っている部分を以下に書きます。わかる方よろしくお願いします。

・悪魔崇拝のような感じ。

・心臓を食う (しかし食っている場面はなかったと思う。そうじゃなくてそういうことをした人が主人公、という設定だったように思う。誰の心臓かは忘れたけど兵隊のだったかな?)

・主人公は悪魔に導かれていて、最後に「おまえは他人の記憶の中で生きている」というような台詞を悪魔から言われる(その場面で悪魔の人の目の色は通常ではないような色(緑だったかな?))

A 回答 (3件)

同じ回答ですが


断言します。それは「エンゼル・ハート」です。

ある探偵(ミッキー・ローク)はルイスというお金持ち(デニーロ)から
ジョニーという男を捜すように依頼されます。
探偵が手がかりを求めてジョニーゆかりの人物に会うのですが
ことごとく彼らは殺されます。

ラスト、記憶を呼び起こされた探偵の前にルイス=悪魔が現れる。
ジョニーは昔、悪魔と契約をしていたのだが、それを欺くため
ある探偵の心臓を食い、探偵として生きていたのだった・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/09 09:41

ミッキー・ローク主演の「エンゼル・ハート」ッぽいのですが…



ロバート・デ・ニーロがルイス・サイファーというお金持ち。
ミッキー・ロークがハリー・エンゼルという探偵。
途中でヴゥー・ドゥー教っぽい祭事が出てきたりします。

ラストは大どんでん返しで終わります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/09 09:41

たぶんアラン・パーカー監督作「エンゼル・ハート」ではないでしょうか?ミッキー・ロークとロバート・デ・ニーロが出てましたね。

最後に鉄格子のエレベーターが出てたと思いますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/09 09:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心臓血管外科(大動脈弁手術)医院の転院

私は心臓弁膜症及び大動脈縮窄につき現在通院をしている者です。

人間ドッグで心臓異常を指摘され、その病院から現在の大学病院を紹介していただきました。
大学病院では循環器内科にて一通りの検査を終えており、後は手術(弁置換・血管置換)をするだけという段階なのですが、色々な見解からその大学病院の心臓血管外科を信用する事が出来ないのです。

そこで現在病院の転院を考えているのですが、病院の転院に関して
全く無知なためどうしていいのかわかりません。

出来れば今の循環器内科からカルテをいただき、別病院にて手術を受けたいのですがどうすればいいのでしょうか?

現在通院している病院の検査結果の期限があと1ヶ月と迫っているため
早い段階で皆様にご回答いただけるとありがたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 現在治療を受けている病院に気を使う必要はありません。
紹介を受けた病院が上部の付属病院とかでも正直に医者に○○病院で
受けたいと言っても医者は快く紹介状、これまでの
検査データを貸してくれますよ。

患者が医者、病院を選ぶ権利は広く認知をされていますので
ので全く問題はありません。

転院する事が決まっているなら早めに意思表示をするのが
いいでしょう。段取りを取ってもらえますよ。

Q最後の場面で写るのが真の主人公?

前に、何かの本か雑誌で、
映画の最後のシーンに写るのが、真の主人公
といった説を読んだ覚えがあります。

もちろん例外だらけでしょうが、先日『アイ,ロボット』を観て、ふとこのことを思い出しました。

ほかの作品で、この説に該当するような映画はありますか?
私見でも結構です。教えてください。

Aベストアンサー

ユージュアルサスペクツはどうですか?
最後に、写るのが犯人=主人公なんですが、これは背筋がゾッとしました。

Q高齢の心臓人工弁手術について

僧帽弁狭窄症+心房細動を患う86才の実父が心不全で入院。
徐脈症状(脈箔が35~40回/1分)除去の為、体外ペースメーカー装着中。
これで脈を上げ肺から水を減らすのが、目下の治療目的。

ただし「もし心不全が改善した場合でも狭窄症の根本治療は
人工弁手術しかなく、高齢の為合併症や体力を考えると手術は
もう無理」との医師の言葉。

その際「既に平均寿命も越えているし」とつけ加えられた医師の言葉が
家族としては(見捨てられた?)と気になりました。

一般的に見ても86才での人工弁手術は有り得ないのでしょうか?
もしかしたら、という可能性を求め、ダメ元で手術をお願いするのは
無謀な事でしょうか?
セカンドオピニオンを受けるべきかも考えております。

実父の意識ははっきりしておりまだ現役で働いている程なので、
何も積極的な手立てをしないのは家族の立場では勿体無い気が
するのです。

アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

日本の医者は厚労省に洗脳され、
コスト意識を植え込まれつつあります。

医療費を削減しろというプレッシャーが現場にはかけられ続けてますから、
平均寿命を超えた高齢者に4,5百万もかかる心臓手術は・・・
という発想につながってしまう部分もあるのかと思います。
(もちろん高齢者では合併症が多いという現実もあります。)

これがアメリカなら、お金を払ってくれれば病院は喜んでやってくれるかも
しれません。

心不全を発症した患者さんは5年で5割の方が亡くなります。
最初に心不全になられてからさまざまな治療をうけられて10年生きて
こられたのは幸運だったのではないでしょうか。

経過も長く、これまで心臓にかかってきた負担なども考えたうえで
手術は厳しいとおっしゃっているのではないでしょうか。
本当に見捨てられたのであれば普通のペースメーカーでなくわざわざ
心筋ペースメーカを入れるなどといった方針にはならないと思います。
真剣にお父様のことを考えてくれている先生ではないかと思いますが。

Q映画「アイランド」で主人公がラテン語の記憶を

映画「アイランド」で主人公がラテン語の記憶をもっていたのは何故なんですか?
溺れる悪夢を見るのも何かの記憶だと思います。
映画の中で、この部分はどのように説明されていましたか?
博士どうしの会話であったと思います。
一度みただけなので、よくわかりませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>映画「アイランド」で主人公がラテン語の記憶をもっていたのは何故なんですか?

クローン(複製)である主人公が、依頼者の記憶まで複製されたからです。
主人公は映画の中で、第3世代と呼ばる改良されたクローンであり、その改良により記憶まで複製されたと表現しています。
理由は不明。しいて言うなら、複製の技術が向上し、記憶の部分まで複製出来るようになった かな?


>溺れる悪夢を見るのも何かの記憶だと思います。
映画の中で、この部分はどのように説明されていましたか?

特に説明はありませんでした。
↓からは予想
船や言葉は依頼者の記憶のためですが、溺れるなどは主人公の気持ちを表しているように思います。
不安や疑念のような・・・
それと、ラストシーンを盛り上げる(似せる)演出もあると思います。

Q心臓手術の術式について

すみませんが質問させてください。
心臓手術のうち、弁置換術・弁形成術とはどのように違うのでしょうか?どのようなものを使用するのか?抗凝固療法を行うか?手術後の経過の状態は一般的にどうか?
すみませんがこれらのことについて教えてください。

Aベストアンサー

手術後の経過については、どちらも変わりはないと思います。
「弁輪」という弁を形作る部分を人工弁輪(輪っかのような物)によって補強し、逸脱(飛び出し)した部分を切り取り、場合によっては腱索を再建するのが弁形成です。
弁ごと、ごっそり切り取ってしまい、そこへ人工弁を据え付けるのが弁置換です。人工弁には、機械弁と生体弁があります。機械弁は、機械的な弁(カーボンやチタンを使用したもの)で、生体弁は、牛や豚などの心臓の膜を、人間の弁のような形に形成したものです。機械弁は、抗凝固剤(ワーファリンなど)を使用する必要がありますが、生体弁は不要です。どちらを使用するかは、年齢・弁のサイズによります。

Q主人公(女性)が犯人だったあの映画のタイトル

以前観た映画のタイトルが思い出せないので教えて下さい

主要な登場人物:
主人公(女)
主人公の友達(女)
猟奇的殺人犯(男)

ストーリー(うろ覚え):
主人公(女)が主人公の友達(女)の家に泊まる
そこに猟奇的殺人犯(男)が押し入ってきて友達(女)の家族を皆殺しにする
猟奇的殺人犯(男)は友達(女)をさらって逃走
主人公(女)は猟奇的殺人犯(男)を追う
しかし実はその猟奇的殺人犯(男)とは実は主人公(女)本人に他ならなかった……

タイトルをご存知の人がいたら教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

2003年フランス映画の「ハイテンション」です。

Q心臓弁膜症手術後の運動について

70代の母の事です。

2年前に心臓弁膜症が進み、弁を人工弁に取り換える手術をしました。
元気に生活していますが、6日前にプールに行き、ウォータースライダーに乗ってきました。
ウォータースライダー利用時の注意事項に「心臓疾患の方は利用しないで下さい」とあった事に気付かず、乗ってしまいました。ウォータースライダーはかなりのスピードがありました。
人工弁及び心臓自体に悪い影響は無かったのか・・・少し心配です。

弁置換後、あまり激しい動きをしてはいけないのではないでしょうか?ウォータースライダーで心臓がいつもよりドキドキしたのではないかと思うので不安になりました。
現在本人に変わった様子はありません。

どなたか教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

問題ないですよ。
弁置換をして、2年もすれば、普通の人とほぼ同じような生活が送れます。

ウォータースライダーやジェットコースターで、心臓疾患を持っている人は
乗らないでくださいというのは、あの独特のドキドキ感が、
不整脈を起こす可能性があるからです。
なので、持病として、ひどい不整脈がある人は、控えた方が良いかも。
でも、弁置換ならば、それも、2年も経過して、順調ならば、問題ないですよ。

ご心配ならば、医師と相談してください。

Q「主人公は僕だった」のシーンの事で質問です。

「主人公は僕だった」の後半で映画を見るシーンがありました。
主人公が見ている映画映し出されました。
10秒程度だったのですが、その映画が気になって見たくなりました。
ご存知の方がいましたら教えていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今晩は
映画は未見ですがもしかしたら
モンティ・パイソンの「人生狂騒曲」でしょうか?↓(下記参照)

http://asipara.jugem.jp/?eid=149

尚映画については下記を参考にして下さい。↓

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=23657

http://www.imdb.com/title/tt0085959/

あともし主人公とケーキ屋のアナの二人で見ていた映画でしたら
フランス映画の「男と女」のようです。↓(下記トリビアの下から3番目参照)

http://www.imdb.com/title/tt0420223/trivia

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3699

どちらの作品か分かりませんが御参考まで。

Q閉塞性心筋症+大動脈弁狭窄症 手術について

はじめまして。
母(70歳)の閉塞性心筋症+大動脈弁狭窄症についてご相談させてください。

母は現在、人工透析(週3回)を3年ほど受けており、1年ほど前に透析中
に血圧が下がりすぎ、続けられないことが何回か起こり、
検査入院の結果、閉塞性心筋症と診断されました。

プロノンの投薬で進行は抑えられていたようですが、最近やはり血圧が
低すぎ、2度目の検査入院の結果、下記のような症状を説明され、
手術を主治医から勧められました。

1.右心室と左心室の間の壁、せり出している
2.大動脈弁狭窄症 弁の大きさが0.69(平方センチ)しかない。
3.左心室の血圧は200
4.大動脈での血圧は80


主治医の勧めの治療方法
a.心臓手術 大動脈弁も人工弁にかえる
b.カテーテル 閉塞性心筋症には効果があるかもしれないが、
 大動脈弁狭窄の部分は治療できない
c.このまま薬の投与 突然死の可能性と常に背中合わせ

最終的な判断は、われわれ家族と本人が行わないといけないのは、
重々承知していますが、全身麻酔による心臓手術のリスクがいまひとつ
理解できていません。

主治医からは、母の体力では十分に手術は受けられると思うという言葉をいただいています。
手術が成功した暁には、運動能力も間違いなく上がると言っていただいています。

しかし当の母は、この病気と付き合いが長いせいか、
現在もそんなにしんどくない。
手術は受けたくない。

という状況です。

手術を受ける際には、専門の先生からリスクについてもお話があると説明されましたが、
あらかじめ、理解しておきたいと思い、投稿させていただきました。
あと本人は、「そんなにしんどくない」と申しておりますが、
これは加齢のせいで、感覚が鈍感になっているのでしょうか?

なにとぞ、よろしくお願いいたします。

はじめまして。
母(70歳)の閉塞性心筋症+大動脈弁狭窄症についてご相談させてください。

母は現在、人工透析(週3回)を3年ほど受けており、1年ほど前に透析中
に血圧が下がりすぎ、続けられないことが何回か起こり、
検査入院の結果、閉塞性心筋症と診断されました。

プロノンの投薬で進行は抑えられていたようですが、最近やはり血圧が
低すぎ、2度目の検査入院の結果、下記のような症状を説明され、
手術を主治医から勧められました。

1.右心室と左心室の間の壁、せり出している
2.大動脈...続きを読む

Aベストアンサー

大動脈弁狭窄症の手術は心臓手術の中でももっとも効果がはっきりしている手術です。もちろん、手術の合併症は無視できませんが、弁置換を受けないと一度、心不全になってしまうと、入退院を繰り返し、苦しみながら死んでいく事になります。
http://www.geocities.jp/shin_zou_geka/as3.htm
私なら多少のリスクがあっても弁置換を勧めます。
ただ、閉塞性肥大型心筋症があるなら、まず、心臓カテーテル検査を行って心臓手術ができる冠動脈かをチェックする(透析患者は冠動脈疾患の合併が多いので、必要なら弁置換と一緒にバイパスも考慮)と共に、PTSMAが効果がありそうな中隔枝があるかのチェックをするべきと思います。
PTSMAをしてから弁置換をするのか、弁置換と一緒にでっぱりをとるのかは、case by caseですので、一概には言えないと思います。

Q「主人公は僕だった」の中の音楽のタイトルは?

「主人公は僕だった」の中でハロルドがアンの部屋でギターを
弾きながら唄う歌のタイトルをご存知な方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
Wreckless Ericの「Whole Wide World」でしょうか?
参考URLで試聴できますのでご確認下さい。

参考URL:http://vemall.jvcmusic.co.jp/pages/EC1000?item_cd=VICP-63345


人気Q&Aランキング

おすすめ情報