グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

 今、オプション取引の項目を勉強しています。
 オプション取引の損益について理解できずに悩んでいます。
 コールの買い場合ですと、なぜ利益は無限大なのに、損失はプレミアム分に限定されるのですか?市場価格が低くなればなるほど損失が出るような気がするのですが...
 その反対がコールの売りになるのですか?
 プットの買いについては、最大利益は権利行使価格からプレミアム分を引いた分になるのはなぜ?....
 参考書にはたくさんの図が書かれているのですが、よく分かりません。どなたかおわかりになる方教えていただけないでしょうか?わたしはオプション取引という言葉はこの試験を受験するまで全く知りませんでした。
 よろしくお願いします。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

コールっていうのは、「買いチケット」という券だと思ってください。



例えば時価1000円で取引されているA社の株があります。
この株を、
(1)3ヶ月以内に
(2)1100円で
(3)1000株買う
という条件の、券だと思ってください。

その券が、
(4)1万円で売っているんです。

上記のうち
(1)が、オプションの満期日です。
(2)が、ストライクプライスです。
(3)はさておいて(特有の専門用語は無いので)、
(4)がプレミアムです。
参考書の説明と対照させて読んでください。
混同してはいけない注意点ですが、プレミアムというのは株を買うときに証券会社に支払う手数料ではありません(手数料は別に必要)。プレミアムは、買いチケット(コールオプション)を売ってくれる人に支払う、チケット代金です。


原始的なオプションの存在意味から考えてみましょう。

あなたは3ヵ月後のボーナスで、A社の株を買いたいのです。
ボーナスは110万円支給される予定です。
しかし3ヶ月後まで待っていると、A社の株が1200円まで上がっているかもしれない。するとボーナスの額を超えてしまって買えなくなります。

そこで、いまお財布から1万円出してオプションという「買いチケット」を、上記の条件で買っておきます。
すると、3ヵ月後にA社の株が1200円になっていようと1500円になっていようと、あなたは1100円で1000株、A社の株を買うことができるのです。

では、もし900円に下がっていたらどうなるでしょうか。
1100円で買わなければいいだけです。
「3ヵ月後に買うことを約束する」のではなくて、「3ヵ月後に買いたければ買うことができる」というのが、オプションなのです。

 option; [名]選択の自由, 随意;(…する)選択;選択権


ここまでの説明で、だいたい「そうか!」とひらめいてもらえると嬉しいですが、いちおうご質問に即して回答します。


# コールの買い場合ですと、なぜ利益は無限大なのに、損失はプレミアム分に限定されるのですか?

プレミアムとは上記の例でいう1万円です。チケットの購入代金です。
チケットが無駄になる以上の損失は、出ません。

なお、仮に3ヵ月後に株価が1101円になっていたとすると、時価110万1千円の株を110万円で買えるので1000円得ですが、プレミアムを1万円払っているので実質的には9000円の損失になります。


# その反対がコールの売りになるのですか?

コールの売りは、上記のチケットをあなたが誰かに売るのだと考えてください。あなたが映画館の経営者や劇団の主催者じゃなくても、チケットを売ることはできます。
売った時点で、チケット代金として確定利益が1万円手に入ります。
そのかわり、3ヶ月間(時間的価値)の株価変動リスク(ボラティリティ)を引き受けることになります。
株価が1110円まで上がっても、1万円もらっているのでチャラです。
それより高くなると、高くなった分だけ損します。
上がる分には1株1億円になる可能性も100億円になる可能性も無いとは言えないのでコールは「利益無限大」などと言われますが、株だったら3ヶ月間毎日ストップ高になった場合の価格が、コールの買い手にとっての理論上の最大利益なんでしょう(その前に取引停止になりそうですが)。


# プットの買いについては、最大利益は権利行使価格からプレミアム分を引いた分になるのはなぜ?....

プットは売りチケットです。
あなたが3ヵ月後にお父さんから生前贈与を受ける約束になっているA社の株を、900円で売る権利のチケットを、1万円で買う。と考えてみてください。
800円になってても700円になってても、900円で売れます。
しかし、下がる方向については0円以下には絶対なりません。買いのように「無限大」という非現実的な概念は生じないんです。
900円の株が倒産して0円になった場合、

(権利行使価格×株数)-プレミアム
=900円×1000株-1万円
=89万円

というのが、理論上の最大利益になります。

事例として生前贈与を受ける約束になっているA社の株というのを挙げましたので、89万円は別に利益じゃないと思うかもしれませんが、別にそんな予定が無くてもプットを買うことはできます。
単に下がると思ってプットを買ったときの最大利益はこの例でいうと89万円ということになります。

この回答への補足

すみません。もう一つ教えてくださいm(_ _)m
コールについてはおかげでばっちりです。プットについてなのですがプットを買うためには現物の株式を保有していなければいけないのですか?
お願いいたします。

補足日時:2006/05/09 21:36
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すっごくわかりやすい説明ありがとうございました。なるほどそうか!!って感じです。例もたくさんあげてくださってあったので、助かりました。オプションの英語の意味も知っていたはずなのに、この回答を見るまですっかり忘れていました(^_^;)
この回答をプリントアウトして参考書にはっておきたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/09 21:20

# プットについてなのですがプットを買うためには現物の株式を保有していなければいけないのですか?



一般的に必要無い場合が多いです。
説明のために原始的な存在意味みたいなことと絡めて書いてみただけです。コールだって買うつもりが無い株のものを買うことができます。
オプションを売る場合も、原資産を保有していなくてもコールを売れますし、原資産を買うつもりが無くてもプットを売れます。

特に取引所で取引される制度オプション取引では、チケットを実際に利用して(権利行使して)満期日にA社株(原資産)の購入・売却に利用するよりも、チケットそのものの値上がりや値下がりで取引を完結させてしまう(差金決済)場合が多いと思います。
先に挙げたような現物をからめた目的よりも、直接的にオプション取引それ自体でお金を儲けようとして取引する人の方が多いのだと思いますが、その場合にはチケットの売買だけの方が資金効率がいいですし。

なお、一般的にと書いたのは、取引所で上場されている制度オプション取引ではなく、金融機関が事業法人向けに個別相対取引で販売するオプションについては、原資産の保有が前提となる場合があるかもしれないからです。
個別相対取引でのオプションの条件は、当事者間で決定することですし実務に関係したことも無いので、よくわかりません。

証券外務員資格の勉強のためでしたら制度オプション取引について考えればいいと思いますので、「必要無い」でいいです。
先物取引の売りや信用取引での空売りなども、原資産にあたるものを保有している必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか!!!ありがとうございます。詳しく教えてくださり助かりました。理解して勉強するのとそうでないのとでは全然ちがいますよね。試験まで頑張って勉強したいとおもいます。

お礼日時:2006/05/10 21:33

 コールの買いとは、‘決められた金額でその株を買うことができる権利‘です。

利益は

   現在の株の価格ー権利行使価格ーオプション購入費用

 株価が無限に上昇すれば、利益にも上限はありません。

 逆に株価が下がった場合は権利を行使しないだけなので、オプションの購入にかかった費用のみが損失となります。

>>プットの買いについては

 売る権利を買う....ということは、ある決められた金額で株を売ることができるということです。株価がどんどん下がるときに、時価よりも高い行使価格で買い取ってもらえるということです。

 権利行使価格ー現在の株価ーオプション購入費用=利益 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。オプション取引って難しいですよね。

お礼日時:2006/05/10 21:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q証券外務員1種の計算について。

証券外務員1種の模擬試験、オプション取引の解答について。

問題:権利行使価格1,550ポイントのTOPXコールオプションをプレミアム70ポイントで10単位買いたてるとともに、権利行使価格1,600ポイントのTOPIXコールオプションをプレミアム55ポイントで、10単位売りたてた。その後、転売を行わず最終決済日を迎え、SQが、1,550ポイントとなった場合と1,600ポイントとなった場合のそれぞれの取引全体での損益を出しなさい。

解答:SQが1,550のとき

コールの買い {(1,550-1,550)-70}×10,000×10=-7,000,000
コールの売り 55×10,000×10=5,500,000
合計:-1,500,000

SQが1,600のとき

コールの買い {(1,600-1,500)-70}×1,000×10=-2,000,000
コールの売り {55-(1,600-1,600)}×10,000×10=5,500,000
合計3,500,000

となっているのですが、

SQが1,500のときに関しての質問
・コールの買いにおいて、権利行使価格とSQが同じときは、イン・ザ・マネーの計算式を使うのでしょうか?

SQが1,600のときに関して質問
・コールの売りにおいて、なぜアウト・オブ・ザ・マネーの計算式を使うのでしょうか?


分かりづらい質問でお手数かけますが、試験日が近いのでよろしくお願いします。

証券外務員1種の模擬試験、オプション取引の解答について。

問題:権利行使価格1,550ポイントのTOPXコールオプションをプレミアム70ポイントで10単位買いたてるとともに、権利行使価格1,600ポイントのTOPIXコールオプションをプレミアム55ポイントで、10単位売りたてた。その後、転売を行わず最終決済日を迎え、SQが、1,550ポイントとなった場合と1,600ポイントとなった場合のそれぞれの取引全体での損益を出しなさい。

解答:SQが1,550のとき

コールの買い {(1,550-1,550)-70}×10,000×10=-7,000,000
コ...続きを読む

Aベストアンサー

イン・ザ・マネーの計算式や、アウト・オブ・ザ・マネーの計算式を覚えて使うより、オプションの原則を理解すれば、さほど労せず利益、損失を計算できると思いますよ。

その原則とは、
(1)オプションを買う(ロング)のときは、プレミアム代金を払う。
(2)オプションを売る(ショート)のときは、プレミアム代金を受け取る。

(3)コールを買ったとき、SQで権利行使価格を上回ったら、上回った分だけ利益になる。
(4)コールを買ったとき、SQで権利行使価格以下であったら、損益ゼロ。

(5)コールを売ったとき、SQで権利行使価格を上回ったら、上回った分だけ損失になる。
(6)コールを売ったとき、SQで権利行使価格以下であったら、損益ゼロ。

(7)プットを買ったとき、SQで権利行使価格を下回ったら、下回った分だけ利益になる。
(8)プットを買ったとき、SQで権利行使価格以上であったら、損益ゼロ。

(9)プットを売ったとき、SQで権利行使価格を下回ったら、下回った分だけ損失になる。
(10)プットを売ったとき、SQで権利行使価格以上であったら、損益ゼロ。

ご質問のケースでは、
(1)より、1550ポイントのコールを買った時点で、単位当たり70ポイントの損失。
(2)より、1600ポイントのコールを売った時点で、同じく55ポイントの獲得。
この時点で-70×10 + 55×10 = -150と、150ポイントの損失です。

SQで1550ポイントになったときは、
(4)より、1550ポイントのコールは損益ゼロ。
(6)より、1600ポイントのコールは損益ゼロ。
結局、トータルで-70×10 + 55×10 + 0 + 0 = -150と、150ポイントの損失となります。

SQで1600ポイントになったときは、
(3)より、1550ポイントのコールは、1600-1550=50ポイントの利益。
(6)より、1600ポイントのコールは損益ゼロ。
結局、トータルで-70×10 + 55×10 + 50×10 + 0 = 350と、350ポイントの利益となります。

上に挙げたオプションの原則は、オプションを説明している書物ならどれも図を使って説明しているのではないかと思います。
原則を覚えなくても、コール/プット、ロング/ショートをしっかり理解して、頭の中で図をイメージできれば問題も解きやすくなると思います。

イン・ザ・マネーの計算式や、アウト・オブ・ザ・マネーの計算式を覚えて使うより、オプションの原則を理解すれば、さほど労せず利益、損失を計算できると思いますよ。

その原則とは、
(1)オプションを買う(ロング)のときは、プレミアム代金を払う。
(2)オプションを売る(ショート)のときは、プレミアム代金を受け取る。

(3)コールを買ったとき、SQで権利行使価格を上回ったら、上回った分だけ利益になる。
(4)コールを買ったとき、SQで権利行使価格以下であったら、損益ゼロ。

(5)コールを...続きを読む

Q証券外務員資格とはどれほどのものでしょうか?

こんにちは!金融業界に詳しい方よろしくお願い致します。金融に興味があり、まず事始に証券外務員の資格をとおもい勉強中です。広範囲の知識を要求されているようなので初心者には丁度良いとおもいまして。あまりこの業界の事も知らないもので証券のセールスをする為には必要なのものであるくらいの知識しかありません。この資格を取得すればそれなりの評価をして頂けるものなのでしょうか。勉強自体は市場経済の仕組み等が理解でき興味深いものだとおもっています。今は2種を勉強中ですが、出来れば続けて1種も取得出来ればとおもっています。2種に比べ1種は難しいのでしょうか。希望としては株式よりは債券・為替などに興味があり、セールスではない職種が希望です。外務員資格以外にも有用な資格等がありましたらご指導下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> 専門性は高くないものなのですね。

新入社員は新人研修期間とかで全員取らされます。何度も受けて取れなかったらクビになるかも。落ちる人もいますが8割以上の合格率だったと思います。
専門性が高いか低いかは別として、難易度は極めて低いです。

証券取引に関する法律が多く出題されていたと思います。金融知識かあるかどうかよりも、証券営業において法を犯さないよう、禁止行為・義務行為の知識を問われます。そのため、出題範囲が極めて偏っているので、教科書をまじめに勉強しても効率が悪く、2,3回分の過去問だけを何回か解くといいと思います。


ちなみに調べたのですが、2種が一般公開されたのは平成16年9月。1種は公開されていないため、金融機関に所属しないと受験できません。

Q証券外務員2種に受かるためには過去問だけやればよい。それが最短の合格方法というのは本当でしょうか?

証券外務員2種に受かるためには過去問だけやればよい。それが最短の合格方法というのは本当でしょうか?

証券外務員2種を受験することになりました。
早速本屋でテキストと問題集を買いました。

「テキストを読んでその箇所の問題をやる。
間違えたら解答を読む。しかし頭に入らない。言葉の意味も分からないし、初めて聞く言葉ばかり。何?委託者指図型投資信託って?私はこれを(イタクシャシトガタトウシシンタク)と読んでいました。パリティー価格?公式覚えらんねーよって感じです。
しかも量が莫大(問題だけで600問)でとても一冊終わりそうにありません。」

この繰り返しです。そんなこんなで二度試験に落ちました。

ある人から
「あの試験はテキストは全く必要ない。とにかく過去門だけをやれ。理解しなくていい。この問題が出たら答えはこうだと覚えろ。とにかく問題と回答をそっくり覚えちまえ。テキストなんて全く必要ない。過去門を繰り返して90点以上取れれば本番の試験で70点取れる。」

といわれました。これは本当でしょうか。今まで私がやってきたことは無駄なのでしょうか。であればなぜ書店に数多くの証券外務員のテキスト、問題集が売っているのでしょうか。

試験まであと二週間。
(1)今までの通り参考書と問題集を少しずつ進めていく。
(2)今までやった参考書はゴミ箱に捨てて過去門だけやる。

どちらがいいのでしょうか。
(2)を選択すると今までやってきたことが無駄になってしまうような気がして…。

資格取得済みの方アドバイスをお願いします。
よろしくお願いします。

証券外務員2種に受かるためには過去問だけやればよい。それが最短の合格方法というのは本当でしょうか?

証券外務員2種を受験することになりました。
早速本屋でテキストと問題集を買いました。

「テキストを読んでその箇所の問題をやる。
間違えたら解答を読む。しかし頭に入らない。言葉の意味も分からないし、初めて聞く言葉ばかり。何?委託者指図型投資信託って?私はこれを(イタクシャシトガタトウシシンタク)と読んでいました。パリティー価格?公式覚えらんねーよって感じです。
しかも量が莫大(...続きを読む

Aベストアンサー

確かに、合格するだけなら、たぶん過去問だけでも2種レベルなら可
能でしょう。同じような問題が繰り返出ていましたから。でも、去年
法改正されて出題傾向がそれ以降、変わってきているらしいので、そ
の方法は遅かれ早かれ通用しなくなると思います。それに、1種への
ステップアップも視野に入れているならば、基礎はマスターしておき
たいところです。参考書(基本書)も見ておくのが新問題への対策上
も賢明です。


人気Q&Aランキング