先日、LANケーブルのクロスアダプタを購入するときの出来事です。

10M用のクロス変換アダプタは存在したのですが100M用のクロスアダプタがなかったのです。そこで、お店の人に100M用のアクロスダプタはないの?と問い合わせたところクロスにした場合は10Mに落ちてしまうのでない。と言われました。
端末を一対一(両方とも100MのNIC)でクロスケーブルで繋いでも10Mになると言われました。どうしても100Mのスピードがいるのであれば100MのHUBを購入しろ。とのことでした。

今回お店にあったメーカはELECOMでした。そこでサンワサプライ・LOAS等の他のメーカの商品を調べたところ10M用と100M用で差別化されて商品として出ていました。
もしこの店員の言うことが正しいのであればこのようなことをする必要性はないと思います。しかもお店では2,3人の人が口を揃えて同じことを言っておりました。自分もそこまで言われると自信がなくなってきたのでとりあえず10Mの製品を買ってきました。

この話は本当なのでしょうか?
また、クロスでも100Mのスピードが出るのであればお店に対して文句を言うことができるのでしょうか?
PCを扱う人の自信満々の態度はどこから出てくるのでしょうか?(どこのお店に行っても人を見下すような言い方でご立腹です。)たまにはいい人もいますけど(^-^;・・・。

少し愚痴も入ってしまって申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

企業LANの設計を行ってる者です。



まず、10M用と100M用のケーブルの違いを知ってますか?
速度によってケーブルの規格があるのです。
10M用:CAT3(カテゴリースリー)
10/100M用:CAT5
10/100/1000M用:CAT5e(エンハンスドカテゴリーファイブ)

最近のケーブルはCAT5eが主流です。
では具体的に何が違うかというと、ケーブルの「より方」が違うのです。LANケーブル内は細い8本のケーブルがねじり合わせてあります。このより方(=ねじりあわせ方)に違いがあり、その結果ケーブルにデータを流したときの損失率が変わってきます。
ケーブルにクロス変換アダプタを付ければ当然損失率は上がります。(抵抗が増します)
そのためCAT5のストレートケーブルに変換アダプタを接続した場合に、そのケーブルがCAT3相当にランクダウンすることも考えられます。
ただ、実際には変換コネクタを1個つけたくらいなら100Mbps相当の速度は出ると思いますのであまり気にしなくてもいいですよ。

>端末を一対一(両方とも100MのNIC)でクロスケーブルで繋いでも10Mになると言われました。

これは嘘ですね。
クロスケーブルがCAT5規格以上で、なおかつLANボードが100BASE-TX対応でしたらきちんと100Mbps相当に通信ができます。

ただし10BASE-T,100BASE-TX対応と言っても実際に10M/100Mの速度が出るわけではありません。データにはヘッダなどが入るため実測値はもっと遅くなります。
10Mbpsの実測値は6Mbps程度だと思いました(うろ覚え)

わかりにくい部分があれば再度補足願います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事ありがとうございます。
基本的な知識は自分ではあると思います。(それ自体があやしい?)

店員のお話によると100Mが10M以下になってしまう ってようなことを言ってたのでどうしても納得いかなくって・・・。
自分と同じ意見が返ってきたので安心しました。

お礼日時:2002/02/08 12:01

こんにちは。


ん~~ちょっと、最近S-HUBが安いですし、10Mがそこかしこに動いているんで(笑)直差クンはやってないのですが・・・。

>2,3人の人が口を揃えて同じことを言っておりました
本人達の言い方(いいぐさ?)は、どうあでれ、これだけは言えますし、わたしでも言います。

「メーカーが保証しないので、”動きます”と断言ができないんですよねぇ~。」

と。あとは、店員自身の接客能力と、お店の教育ですがね・・・(^^;

できないかもしれない要因。
●オートネゴシエーション
LANカードって、「オートネゴシエーション」を行って、”通信できる速度・方式”を決定しています。「お互いに通信できる速度に合わせてください。」って事ですね。じつは、ひとえに100Mbpsと申しましても、
▼100Mbps-FullDuplex(全二重)
▼100Mbps-HalfDuplex(半二重)
の二種類があるんですよ。で、LANカードにこのオートネゴシエーション機能がないと、お互いが違う方法で通信しちゃおうとするので、ダメなんですよ。
トランシーバ(半二重)で、電話(全二重)みたいな通話ができないのと同じです。
他社製の製品同士でくっつけるとうまく行かない場合が時々あります。
その時は、LANカードを双方”100固定”でやれば、できるんじゃないかと思われます。あとは、あきらめて・・・(^^;


●速度が速くなる=より正確な通信が要求される。これは、ご理解いただけると思います。
1.ソレに対し、そのクロスケーブル自身がソレに絶えうるほどの設計で組まれていない。逆にいえば、電工屋でもない我々が、サクっと作ったケーブルと同様の、”精密さを要求していないケーブル”・・・・かもしれない。

2.ジョイント部分のノイズからして、100Mを要求する事が難しい。
 -接点は、少ない方が良い。

以上だと思います。
途中で、電話が入ったので多少・・・ずいぶん、文章が変かもです。(^-^;
でわ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございました。
とりあえずお二人さんの意見を頂いたのですが、自分の理解してることと同じでしたので間違いはなかったことを確認できて安心できました。

お礼日時:2002/02/08 12:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q100MbpsのイーサネットLANに10Base-Tのアダプタ

100MbpsのイーサネットLANに10Base-Tのアダプタは使えますか?

Aベストアンサー

はじめまして。
10Base-Tのアダプタに接続するLANケーブルの先に
つながっているHUB(もしくはスィッチ)が100/10baseの
自動検知・切替(オートネゴ)に対応していましたら
100Mイーサに乗り入れられます。
ちなみにスピードはそのPCのアダプタになりますので
10Mbpsになります。

Q光100Mなら無線LANでも100Mでますか?

引越し先にケーブルテレビ、光通信が可能です。
せっかくですので無線LANにしたいのですが、障害物がない場合でも理論値で100Mはでないものなのでしょうか?

それとも光体験を実感したいのであれば有線のほうが良いのでしょうか?よろしくお願致します。

Aベストアンサー

そもそもケーブルテレビの100Mbps契約も100Mbpsは出ません
私が昔住んでいたマンションは100Mbpsを複数人で共有するタイプだったので10Mbps出るのが精一杯でした
過大な期待は禁物です

Q1Mと比べて10M、30Mは?

いまCATVの1Mですが10か30に変えようかと考えてます。
HPの表示速度とか実際の使用上かなり違うのでしょうか。
変えてはみたものの大して変わらないな~とかだったら
いやなので・・・

Aベストアンサー

http://blog.kansai.com/syu0702/215
参考になりますか?

Q1000mbpsと100mbps

auひかりは、最大1Gbps(1000mbps)の速度がでると聞きました。

勿論、1Gbpsと100mbpsは、数字上は雲泥の差がありますが、体感速度はどんな感じなのでしょうか?

Web閲覧程度だと、気にならない程度の差なのでしょうか?

皆さんのご意見をお聞かせください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

月並みな回答になってしまいますが、

1000Mbpsは片道10車線の高速道路だとします。
速い!大容量!たくさんの車を運べる!
100Mbpsは片道1車線の高速道路だとします。
速い!高速!でも片道10車線には負ける!

これで考えたらもちろん1000のほうがいいですが、高速道路には料金所があります。
この料金所は、今、接続しようとしてるHPの入り口です。(ほんとに簡単なたとえですが・・・)
もし1000Mbpsの高速道路を通っても、料金所が1つしかなかったら、大渋滞ですよね?
もし100Mbpsの高速道路を通っても、料金所が10個あったら、悠々見れますよね?

ということで、相手側のサーバーがどの程度の容量をもっているかにもよってきます。
どんなにこっちが高速でも、相手が低速なら体感速度も遅いです。

さらに、どんなに高速道路が広くても、走ってる車がオンボロばっかり(PCが古い)かったら?
全く意味がないですよね。
つまりPCが古いと、どんなに速い回線を使っても全然変わらない速度になってしまいます。

じゃ、同じ条件なら?
大昔のダイヤルアップなら問題外ですが、
100Mbpsで1秒でひらくものが
1000Mbpsで0.1秒になったとして、体感上ほとんど変わりません。
すっごい違うな!と思うのは、無線の時(これも場合によりますが)と、大容量のファイルをダウンロードしたときの速度です。(悪いことをする人はここを気にしますが、普通にHPや動画を見るならそんなに気になりません)

でもauひかりは安い、速い、携帯セット!なので、おすすめです。
はやくここも開通しろ!!

月並みな回答になってしまいますが、

1000Mbpsは片道10車線の高速道路だとします。
速い!大容量!たくさんの車を運べる!
100Mbpsは片道1車線の高速道路だとします。
速い!高速!でも片道10車線には負ける!

これで考えたらもちろん1000のほうがいいですが、高速道路には料金所があります。
この料金所は、今、接続しようとしてるHPの入り口です。(ほんとに簡単なたとえですが・・・)
もし1000Mbpsの高速道路を通っても、料金所が1つしかなかったら、大渋滞ですよね?
もし100Mbpsの高速道路を通っ...続きを読む

Qブロードバンド100Mと50Mはどのくらい違う

現在CATVで4Mですが遅いので光ケーブルに変えようと思っています。50M(マンションタイプ)の業者は100Mでもあまり変わらないはずと言います。実効速度は限界までは出ないでしょうが数字上2倍も違うのに実際は感覚的に「あまり変わらない」というレベルのものなんですか。

Aベストアンサー

簡単にいうと回線スピードは、速さというよりは太さ(帯域といいます。)です。
当該の回線がボトルネック(表示が遅い原因)となっているのであれば、帯域をふやしてあげれば解消されますが、
そうでなければ帯域を増やしても表示は速くなりません。
つまり、渋滞している2車線の道路を4車線にすれば所要時間は短くなる可能性はありますが、渋滞していない2車線の道路を4車線にしても所要時間は変わらないのといっしょです。

一般的に帯域を増やしていっても、ある程度まではスループットは向上しますが、ある一定を超えるとその他のボトルネックが発生して変わらなくなります。
その他のボトルネックは、サーバー側の負荷やネットワーク上のその他の部分の輻輳などです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報