最新閲覧日:

正規確率表とは何でしょうか?

A 回答 (2件)

 有る事象の出現頻度や測定値はバラつきます。

そのバラつきを測
定値とその回数(頻度)をグラフ化すると富士山形のグラフとなり、
この曲線カーブを「正規分布曲線」と呼びます。

 この正規分布曲線の性質は、それら測定値の平均値(μ)と、標準
偏差(σ)で決定されます。

 平均値がμで、標準偏差がσである正規分布(Normal Distribution)
を、N(μ,σ^2)と表します。

 平均値と標準偏差は事象により様々な値を取りますので、これら
を一様にする為に規準化を行います。

          測定値-平均値(μ)
正規分布の規準化:─────────
           標準偏差(σ)

 この規準化を行うと、全ての正規分布は、平均値が 0、標準偏差
が 1 の正規分布に統一されます。

 これをN(0,1)(← N(0,1^2))と表します。

 この規準化(標準化)された数値を表にしたものが正規分布表(正
規確率分布表)で、Z(標準偏差σ)を単位として、0 からZまでに
含まれる正規分布の面積(確率)を表にしています。




 正規分布曲線
 N(μ,σ^2)    /⌒\
         / │ \
        /  │  \
        /   ├←─→┤
       │   │ σ │
       │   │(標準 │
       /    │ 偏差) |
      /    │    \
     /     │     \
  ───      │      ────
 /         │          \
 ──────────┬───────────
           μ (平均値)


 これを規準化する↓と、


  N(0,1)     /⌒\
         / │ \
        /  │  \
        /   ├←─→┤
       │   │σ= 1 │
       │   │   │
       /    │    |  面積(S)=0.3413
      /    │ (S) │\ (Z=0~1)
     /     │   │ \
  ───      │   │  ────
 /         │   ↓      \
 ──────────┬───┬───────
           0    Z=1

    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご説明と図まで書いて頂き、お手間を取らせてしまい、申し訳ありませんでした。

お礼日時:2002/02/08 19:32

正規分布表のことを正規確率表と呼ぶこともある


だそうです

参考URL:http://www2.raidway.ne.jp/~a_inoue/excel/stat4.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正規分布表 = 正規確率表
と考えてもいいのですね。
早速のご返答有り難うございました。

お礼日時:2002/02/08 19:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ