「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

光線治療器 アーク灯とは、カーボン2本を、くっつかないぐらい(2mm程離す)で、電気を入れると、
火花が出ます。それを明かりにしたという、電球が出来る前の装置です。

たぶん、溶接機と同じような原理だとは思います。

この原理を使った健康器具が、古くからあります。

あるきっかけで、使ったところ、すごくいい感じです。

家族の、慢性的な肩こりや、婦人病などに大変役にたってます。

本当に大抵の病気を治すし、眠りも深くなるし

使った人ならわかると思うのですが、最高の物です。

ですが、この機械 高い! 重い! オークションなどでも、出てますが

(“光線治療”で検索すると出てきます。)

古い古い機械でも、終了すると結構な値段となります。



構造は本当に簡単で

中を見ると、大きなコイルが入ってるだけで単純な作りです。

昔から作りは変わってないように思います。

 これを手作りで作れないか、考えてますが、何で代替で使えるか悩んでます。

100Vの電圧で、3Aでした。

溶接機で、このような製品を探すのですが、なかなかなくて・・・・

水銀灯の安定器で代替できるかのかなとも考えるのですが

いかがでしょう、どなた様か教えて頂けませんでしょうか



あと、カーボンは減るので、少しづつ近づける必要があります。

この構造でも悩んでます。



どなた様か、いいアイデアございましたら教えて頂けませんでしょうか

なにとぞ、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

健康 器具」に関するQ&A: 中山式健康器具

A 回答 (1件)

>中を見ると、大きなコイルが入ってるだけで単純な作りです。



コイルではなく、トランスですね
100V->20~30V程度に電圧を落としていると思います

>あと、カーボンは減るので、少しづつ近づける必要があります。

棒状のカーボンを絶縁物を挟んで平行に設置すると良いようです
http://www.geocities.jp/hiroyuki0620785/lamp/arc …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。このようなマニアックな装置に返答いただけまして
本当にうれしいです。
この装置の仕様ですが電圧計で測ると、100Vの電圧がございました。
電流は3A程でした。
ですので、downトランスでもないような気がしまして・・・
そのような商品が見当たりません。
30V程度のdownして、10A程にするのであれば 小型溶接機を使えば、応用できそうなのです。
45V、6Aという商品も過去にあますが、現在の主流が、100Vのようなので・・・・
ワットが同じで、同じ効果が得られるならば、小型溶接機の改造とは思うのですが・・・・
100Vで電流値の3A固定? とするとどのようなトランス?安定器?商品がいいのか悩んでます。

お礼日時:2006/05/15 12:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング