リンパ節の内部に肝臓癌の細胞は転移するのですか?
基本的に、リンパ節とはどのような働きをするのですか?

A 回答 (2件)

リンパ管とは血管以外で血液成分が流れているところです。


そして流れているその成分は、免疫担当であるリンパ細胞と細胞間液であるリンパ液です。
リンパ細胞はリンパ節で産生/貯蔵されています。
全身にくまなく配置されており、見張りが感知した異物に対する免疫細胞や物質を送り込むことで生命の維持に貢献しています。つまり免疫機能の主体です。

一般に癌が増殖すると一部のがん細胞は放出されます。そして、癌組織の近くにあるリンパ管に流れ込み、一番近くにあるリンパ節(センチネルリンパ節=見張りリンパ節)にたどり着きます。そこはリンパ液(=栄養分)があるので細胞には居心地のいいところですが、リンパ細胞成分が富むため病気と認識されれば速攻で壊されてしまうのですが、がん細胞は変異が多くその中で網目をくぐり抜けたごく一部のがん細胞が定着し増殖を始めます。これがリンパ節転移です。リンパ節はリンパ管によってネットワーク化されていますから、次々に拠点にされて癌が広まります。ネットワークが悪用されてしまうんですね。

免疫は専門外ですので一般人としてのコメントです。
最低限の知識と理解してください。
    • good
    • 0

リンパ節(腺)身体の脇の下・喉の両側・腿の付根等の血管の節々みたいなもので、細菌の関所みたいなものです。


 病原菌は、このリンパ腺に留まりますし、病原菌の繁殖をしてから、次のリンパ腺へと移動して行きますので、癌の病原菌の転移を防ぐ様にしてください。
 このリンパ腺の腫れとか、癌の転移を防ぐ為には、「日々草」の生の葉を食べて下さい、リンパ腫の方でも治りますので、夏場には、ご自宅の庭に植えて置いて下さい、それとリンパ腺の転移予防には「シマカンギク」も在りますので、どちらか、手に入れる方を使用してください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報