今の日本政治は昔に比べればさまざまな改革が行われ
変わっていると思います。
今も小泉さんによって改革がされているが
私は小泉さんの改革にはどこか問題点があると思っています。
小泉さんの改革について皆さんも何か不満や問題点が
あると思います。
もし問題点や不満を持っている人は教えてもらえませんか?
よろしくお願いします。

簡単に質問内容を書いておきます。
現代日本の行政と「小泉改革」についての問題点を教えてください。

A 回答 (4件)

最初にお断りしておきますが、問題だらけで全部取り上げたら書ききれません(--)



簡単に言えば、財界をかばい、健康保険の掛金引き上げや老人医療の有料化など、とりわけ貧乏人に厳しい負担を強いる政策ばかりであり、安心して病院にも行けない事態を生み出しています。
また公務員制度の改革にしても、内容は物言わぬ公務員、上のご機嫌をうかがうだけの公務員づくりの改悪であり、国民のほうに目を向けたもとのは正反対の政策です。

いつだったかの国民(主婦)との対話においても、痛みのがまんばかりで具体的な政策、展望といったものはまったく示しませんでしたしね。

はじめに改革ありきではなく、どうすれば国民の利益になるのか。そのためにはどうすべきかというのが本筋だと思うし、聖域なき改革とか言って一律に定員削減や予算の縮小をやってますが、福祉関係など充実すべきものと不要なものとをごちゃまぜにするなど、やってることは本末転倒です。

とまあ、根本的なところはこんなもんでしょうかね。
    • good
    • 0

さて、


「比べればさまざまな改革が行われ変わっていると思います。」
はどこが変わったのでしょうか?根本は変わったどころか私には、逆に悪くなっているようにさえ見えますけど・・・

改革というのは、何を規準に改革と「彼」は掲げたのでしょうね。家では、誰も彼への支持者が出ませんでした。理由を周りに言っても、聞く耳を持たなかったですが・・・

問題は3つですね。
見かけの改革は確かに、良く見えますが、実際に中身が無いこと。
2つ目は、大きな改革を並べていながら、小さな国会や行政全体に対しての改革が示されていない。
3つ目は、口。

1つ目は、中身が無いのですよ。
実行すると言いながら、9ヶ月たってもいまだに真の意味で国民に理由を挙げてませんよ。成功させる自身があるが、成功したらどうなるだろうというビジョンは出してませんよね。未来を見て述べているならいいですが、今を出してこれをやったら将来どうなるだろうと言うのがないことですね。だから、将来が不安じゃないですか?
このままでいいのかな?と、成功させるなら結果的に良くなると断言できる状況に向ける必要がありますが、それが無く、論議も中途半端です。これが9ヶ月です。

2つ目は、民営化などの策を出すのは必要でも、先にすべき改革に目を向けていないことです。

これは、以前から考えていましたが、NGO問題と国会の予算どちらが大事ですか?もっと言いましょう。経済的に問題な状態で予算を後に回して、NGOの私的なことを優先させるのは必要なことでしょうか?

私が考える改革は、国家機関の民営化ではなく、効率化であると思っています。よく評論家が言いますよね。民営化はしなければならない。世界の流れ・・・空白の数年の間に日本は政治的に遅れました。世界の国々は自らで考え新しい政策を打ち出しました。そして、日本は今やっと世界と同じことをしようかな???です。
これで、いつになったら世界に追いつくのでしょう。
やるべきことは、世界に追いつくことではなく、もっと先を目指すことです。例えば、国の機関は利益を出す部門ではないですが、国民の税金を利用して奉仕する部門などがありますが、その財政管理や効率が最悪です。
仕事をしない、部署によっては暇、政治に口出しをする・・・これが一部かそれ以上にいます。

今、企業がリストラを打ち出し効率化と品質の高いサービスを打ち出していますが、それが国家機関にはできていません。世界的に政府組織もスリム化や効率化が始まろうとしている世で、民営化ですから・・・一つ民営化しても、他の省庁が我々は大丈夫だと思うだけで、中身は変わりません。確実に政策転換でき、スリムで景気の向上や国際的な見本となる政策が取れるなら国民にとってもプラスでしょう。しかし、中途半端に痛みを国民に押しつけ、数年おきに遅れた改革をすれば変わらないでしょう。

ちなみに、省庁や公務員体制を確実に見直し、一般企業なら専用資格をいくつも必要とする場に、一般教養で終身雇用の制度を見直せば、NGO問題なども少なくなるでしょう。さらに、国会運営の停滞と政治家そのものの気持ちや自分が「先生」というイメージも無くす政策が必要でしょう。(元々、政治家は先生ではなく、国民の意をくみ取る物です。それには国民の立場もしくは国民より下から見上げるようにならないと本来の民意(国民の苦痛や意見)を聞き取れないでしょう)
これが、2つ目です。

3つ目は、口がどうしてもね。「反対の抵抗が予想以上に激しいね」とか「痛みに耐えて・・・」ですね。
反対の抵抗は強いのは分かっていますよね。1回目にこれを言うなら分かりますが、2回目、3回目、4回目といつになったら、予想が付くのでしょう。しかも、和解案が次の国会などで決めようで、どこが悪くてダメなのか、どこが良いからしたいのか全然ないですよね。討論で論議するのは政策を実行するかしないかを最初に論議して、次にやらないならやめる。するなら、よりよい物にするために賛成反対のそれぞれの意見から、悪いところと良いところをまとめ、よい物にする必要がありますが、このような流れは出ずに、抵抗で済ませる。

さらに、痛みは約9~10ヶ月前から政策上の本来の痛みはまだほとんどないのに、景気はかなり下降し、自殺者も急増。
総理や政治家の給与はほとんど変わらない。痛みに耐えて貰いたいなら、雪印でも役員報酬をカットしたのですから、政治家もすべきでしょうね。まだ9ヶ月ですが、もう9ヶ月でどこまで改革は進みましたかね。
今年は改革の年ですか?去年は中身も出さずに改革を、今年は犠牲が増えてやっと改革の年・・・しかも支持率が下がってから本格的に・・・これで公約も失敗すれば、この国は今のどん底よりどん底を味わうでしょうね。
    • good
    • 0

論点がずれて申し訳ありませんが、確かに小泉首相に問題が無いわけではありませんが、それ以上に、今までの政治家が溜めてきたツケの問題の方が大きいのではと思います。


小泉首相は、それを全部しょっているわけです。尋常な方法では、皆が不満を持たずに改革することなんか出来ません。それだけに反対する人も多く、改革は遅々として進んでいません。
確かに、いま進められようとしている構造改革で職を失う人が増え、各種税金も上がろうとしていますが、景気が良かった頃に、国民が政治に無関心過ぎたり、与党の長い自民党に甘かったせいもあるのではないでしょうか。
もちろん、きちんと考えていたのに、とばっちりを受ける人もいますが、民主主義では多数決で決まってしまいます。
小泉首相の掲げる改革には、私も痛みがあり諸手を挙げて賛成は出来ませんが、今の日本のどん底現状ではそのくらいやらないと、先が見えてこないような気がします。
※あっ、でも伏魔殿(その他も)の省内改革は、諸手を挙げて応援します。
    • good
    • 0

小泉改革の問題点は?


一般市民に良くなったと意識させる物が何も無い
見直す と決めた事が前進だと言ってますが
期日が曖昧(何もかも先送り)
サラリーマンの保険3割負担に付いて
これは、公平では、無いですヨ
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小泉総理の構造改革で、なぜ、皇室改革をしないの?

 変人小泉総理は、は、誰も手をつけたがらない皇室改革をなぜやらないのでしょうか?
 
 皇室改革は、必要ないんでしょうか?
 
 皇室改革といったら、具体的にどんなことを改革できると思いますか?
 
 皆様の感じたままをお聞かせください。

Aベストアンサー

おそらく
『誰も手をつけたがらない』から・・・でしょう。

精神論としては必要意見に挙手。ただし実質論では改革の時間や抵抗を考えるとあまり効率が良いとは思われず。
それよりも国家存亡の秋と考えて皇室財産の没収・国庫収入とするのは意味があるやもしれぬ。国民と痛みを分かち合う心ある皇室の方がただと思いたいね(笑)

Q年金改革関連法案の問題点は?

年金改革関連法案は問題点が多い、とよく新聞に書いてありますが、
いろいろ複雑に書いてあって、何がどう問題なのかがいまいちよく分かりません。

http://www.asahi.com/money/pension/index.html
が、わかりやすそうだったのですが、話がダラダラしていて、分かりやすそうでわかりにくい・・

(1)「要するに何が問題」なのでしょうか?
分かりやすく教えて頂けないでしょうか?問題点に絞ってお願いします。
(法案可決の問題点ではなく「改正法の中身」の問題点)

(2)もし、ちょっとでも進歩があったのなら、進歩がないよりマシだと思います。民主党はなぜ廃案にしようとしているのでしょうか?何かこの法案の裏があるのでしょうか?

Aベストアンサー

1)「要するに何が問題」なのでしょうか?
改正しても数年のうちに、年金の財源が無くなるからです。
(2)もし、ちょっとでも進歩があったのなら、進歩がないよりマシだと思います。民主党はなぜ廃案にしようとしているのでしょうか?何かこの法案の裏があるのでしょうか
民主党は当初賛成でしたが未納問題が噴出してから反対に回りました、議論が少ないから廃案にするという事です。裏には党内の意見がまとまらないからです。

Q小泉総理が好きな竹中さんの政策は、マイナス100点??

 きのうのテレビで、女性の経済専門家(大学教授?)が、竹中大臣のことをつうれつに批判してました。
 「竹中さんがやろうとしていることに点数をつけると、マイナス100点です。ぜんぶ、竹中さんがかかげる政策の反対のことをおこなう……それが正解です」という趣旨でした。
 経済のことはむずかしくて、よくわかりませんが、竹中さんの政策って、そんなにひどいんでしょうか?
 小泉総理をはじめ、竹中さんの支持者もたくさんおられるようですから、マイナス100点はないと思うんですが……
 
 よけいなことですが、竹中さんのように学校の先生をしてる人は、本を読んで、子供あいてにしゃべるのが仕事ですから、おカネにからんで大失敗したような経験なんかも皆無でしょう……そんな人が“現実の経済”という、このえたいのしれない泥沼のなかでいろいろ絵をえがいても、うまくいくとはとても思えませんが……

Aベストアンサー

 反対意見にしろ、賛成意見にしろ、極端な意見にすれば、メディアは飛びつきますからねぇ。

 それに、彼と、正反対の考え方をするのなら、マイナス100点になるでしょう。

 どちらにしろ、すべてを真に受けると、馬鹿を見ることになります。

>子供あいてにしゃべる
 大学生は、僕は、子供だとは思いません。

>おカネにからんで大失敗したような経験なんかも皆無
 彼に関しては、知りませんが、教師も人間です。
 失敗するやつもいるでしょう。

>よけいなこと
 そのとおりですね。
 この部分は、偏見に満ちた文章と移ります。

>うまくいくとはとても思えませんが……
 じゃぁ、誰がやったら良いの?
 貴方はやりますか?
 僕ならいやですね。
 堺屋氏にしても、竹中氏にしても、大臣なんかになる必要は、まったく無かった人です。
(学者のフィールドワークの一環という考え方も有るかもしれませんが、そんな、動機で手を付けられるほど、簡単な状況では有りませんよね)

 結局誰かがやらなければいけないことなのに、誰もやりたがらないこと。
 そんな、火中の栗を拾いに行くにも似たような行動を起こしただけで、評価できると思いますよ。
 周りでうだうだ言ってる連中の、半分以上は、自分にオファーが来たら、尻込みするでしょう。

 誰が正しいか、なんて、不況を脱出してから、わかることで、現状では、本当は、誰も確かなことはいえません。

 それとも貴方は、派閥力学の計算と、自分の懐具合の計算にのみに長けた、政治屋どものほうがよいと思われますか?
 それは、それで、ひとつの考え方ですから、僕は否定しませんよ。

 反対意見にしろ、賛成意見にしろ、極端な意見にすれば、メディアは飛びつきますからねぇ。

 それに、彼と、正反対の考え方をするのなら、マイナス100点になるでしょう。

 どちらにしろ、すべてを真に受けると、馬鹿を見ることになります。

>子供あいてにしゃべる
 大学生は、僕は、子供だとは思いません。

>おカネにからんで大失敗したような経験なんかも皆無
 彼に関しては、知りませんが、教師も人間です。
 失敗するやつもいるでしょう。

>よけいなこと
 そのとおりですね。
 こ...続きを読む

Q織田信長と小泉純一郎首相の類似点・相違点

このテーマでレポートを書きます。「現代の信長」とたとえられることの多い小泉氏ですが、どのような点からそうたとえられているのでしょうか。また、もちろん相違点もあると思います。この二人の比較をしたいと思うので、たくさんの情報を得られればと思っています。お詳しい方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

うーんそうですね、たしかに似てなくはないのですが、いくつか全然違う所があります、

1 信長は実務家であったが、小泉氏は実務的にはあまりせず、人任せにし上手く行かなければその人のせいにする、このずれというのは何故あるかというと、信長という人の場合、何かをすべしと分かったとき、それに対する具体的な方法というものに対しても、考え周りの人々を駒として上手く動かす事ができた、その点小泉氏は、たしかに何かをすべしというと頃までは見えている、しかし、それを具体的にどう成り立たせるかというところについては、何も考えてなく、国民の興味が薄れれば何もしない、例えば道路公団の問題は結局道路を全部造ることになってしまったが、それに対してはもう何もしていない、信長だったらこうはならないし(上手く行か行かないかと判断した上で、行動するので行動の成功率が高い)、また、問題自身について考えているので、問題を途中で放棄することがない、この点小泉氏は、改革という演出によって国民に受ける以上のことはあまり考えていないのか、多くの場合国民の興味がなくなれば、問題を途中で放棄する事が多い。

2 周りを固める人がいない事、信長は周りに優秀な人物が多く、また秀吉や家康などの、後を引き継げるだけの大人物がいた、だが、自民党は末期状態であり、悪いがもうまともな人材はあまりいない、結果として小泉という人物はあれこれ動いたが、それによる結果は少なく、またその行為を継続できる可能生は低い。

 後は個人的な感覚から言うと、信長という人物は奇人ではあったが、それは物の本質根本の問題を見据えたが、同時にそれ以外のことに対する、認識の甘さがこの人が奇人であるといわれた原因であると思っていますが、それはあまりに物の本質が見えすぎたゆえのゆがみ、まあ、才能がある人は変わり者が多いといいますが、そういうタイプだと思います、
 それに対し小泉という人物は、たしかに変わり者ではあるし、才能もあるかもしれません、ただし信長と決定的に違うのが才能の方向性、つまり信長という人物は、物の本質が見えるがゆえ、それを変えたいという衝動で動いたのに対し、小泉という人物は、たしかに多少は物の本質が見えるようですが、物の本質が見えることを自分のために使おうとしてるいうこと、なぜかといえば、この人の構造改革は殆んど失敗に近いですが、自分に敵対する人物の排除に対してはほぼ完全に成功しています、つまりこの成功した方こそこの人の真の狙いだったのではないかと思います。

うーんそうですね、たしかに似てなくはないのですが、いくつか全然違う所があります、

1 信長は実務家であったが、小泉氏は実務的にはあまりせず、人任せにし上手く行かなければその人のせいにする、このずれというのは何故あるかというと、信長という人の場合、何かをすべしと分かったとき、それに対する具体的な方法というものに対しても、考え周りの人々を駒として上手く動かす事ができた、その点小泉氏は、たしかに何かをすべしというと頃までは見えている、しかし、それを具体的にどう成り立たせるかと...続きを読む

Q小泉政権のよかった点、悪かった点を教えてください。

小泉政権のよかった点、悪かった点を教えてください。

Aベストアンサー

小泉政権の良かった点⇒自民党をぶっ壊すと言っていたが、文字通り自民党は壊れかけている。

小泉政権の悪かった点⇒自民党をぶっ壊すと言っていたが、自民党よりも日本国の方が早く壊れてしまった。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報