介護予防・生きがい支援活動の一環として、転倒骨折予防教室や高齢者食生活改善教室等が開催されております。そして、対象者も認定者のみならず元気なお年寄りも含まれております。(間違っていたらすみません)
一方、学習センター等では、お年寄りを対象に高齢者学習センターという項目で、体操や食生活等の教室が開催されております。
どちらも、元気に生涯楽しくという内容では相違がないと思うのですが、違いが今一つわかりません。
ご指導頂きますと幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

24jikanさんの言われるとおり、いずれも「元気に生涯楽しく」という意味では同じですが、観点と財源、所管に違いがあります。

(以下回答といっても24jikanさんの問いの中に回答のほとんどが含まれていますが・・・)

転倒骨折予防教室等は、広い意味での介護保険制度の、保健福祉事業という位置づけです(正確には老人保健福祉計画に入る)。目的は個人個人としては要介護にならないための予防ということですが、制度的には要介護者を減らし、介護保険の財源逼迫を回避することも目的と言われています。事業の対象者は介護保険の被保険者(40歳以上の人すべて)やその家族となります。財源は原則として介護保険の第1号被保険者(65歳以上の人すべて)の保険料です。よってこの事業は市区町村等の福祉課が主管となります。

これに対し、学習センター等での事業は、生涯教育とか社会教育に分類されるものです。地域によって呼び方が違いますが、寿(ことぶき)大学、老人大学、高麗者(こうれいしゃ)教室といったネーミングもあります。よってこちらの事業は教育委員会とか公民館が主管しています。

質問の中に回答があるように思いましたが、もっと違う答えを期待していたらごめんなさい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q包括支援センターと介護予防支援事業者

よろしくお願いいたします、
地域包括支援センターは指定を受けて介護予防支援事業者として要支援者の介護予防プランなどの業務を行う、
となっていますが、
この時、要支援者に対する介護予防支援は「介護予防支援事業者」ではなく、「地域包括センターが行う」という表現(言い方)で正しいでしょうか、
一体と解釈していいでしょうか、

本当に初歩的質問ですみません、
教えてください、

Aベストアンサー

#1の方に補足させていただきますと、介護予防支援は居宅介護支援事業者等に委託することができます。このためご質問のように「介護予防支援事業者」=「地域包括支援センター」とはならないのです。
私のところの包括支援センターも、市外に居住されている市民に対しての介護予防支援事業をその方が実際に居住されている地域の居宅介護支援事業者に委託しております。介護報酬は包括支援センターが請求して受け取りますが、そこから委託先の居宅介護支援事業者に委託費として支払っています。

このような状況ですので、介護予防支援事業者と地域包括支援センターを同義語として扱うことはできないのです。

Q「転倒予防教室」 介護予防事業と保健事業の違いは???。 

介護予防事業にも転倒予防教室があります。
保健事業にも転倒予防教室があります。
どう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

想像ですが・・・
どちらの事業部も、それぞれの事業内で企画し教室を開いたのではないでしょうか。
役所関係では、事業間の連携があまりうまく取れてないところが多いとおもわれます。(いわゆる仲が悪いってやつですかね。)
同じ市町村内のことですか?
(的外れだったらごめんなさい)

Q介護予防事業の内容が知りたい。

介護予防事業に関して勉強を行っております。
痴呆予防介護、IADL事業等に関して、お勧めできる資料等ありましたら教えて下さい。
又、介護予防全般に関して、そのような業界紙がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

最近、国から介護予防事業の先進地事例集が発行されました。(これは、県と市町村に配布されるものだと思いますが)また、各県でも、国の予算がついたために、介護予防マニュアル作成検討委員会というものが、開催され、それなりのマニュアルを作成されたと思います。私もその委員会の委員をしていて、先週、介護予防指導者研修会を開催されたところです。 厚生労働省か、県の本庁に問い合わせると、マニュアルをいただくことができるのではないのかと思います。

Q高齢者の呼び名 (お年寄り?ご老人?・・・)

65歳以上のことを高齢者あるいは、お年寄り、ご老人…等といった表現をすると思います。
活字にする際、どの言葉を用いようかいつも迷います。

そこで質問です。

高齢者さん自身に対して、どの言葉が失礼と思われない・適しているのでしょうか。
(上記にない言葉でもかまいません、しかし、お兄さんや奥さん等、ぼかした表現は無しでお願いします。)

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今の適切な表現は、高齢者であると言われます。
施設での朝礼でも3年ほど前に言われました。
老人は、文字通り、老(おいた)人ですし、お年寄りも「お」をのぞけば、年寄りと偏った印象を与えます。
高齢者は齢(とし)が高い者と言うことで、若年者、中高年などの年齢の表現として無難なところで落ち着いたのではないでしょうか。

高齢者の方個人に対しては、名前がありますので、○○さんとお呼びするのが人としてのマナーであると存じます。
介護をしていると、お互いに名前で呼び合うのが自然ですし…あるべき事であると思います。

Q介護予防給付のための資格

現在、介護関係の仕事をしているのですが、今年4月の介護保険改正の中の介護予防給付に関して、トレーニング等を指導するのに資格は必要なのでしょうか?また、何か資格がないと予防給付は貰えないのでようか?結構、大手(例えば、ニ○イやコム○ンなど)で介護予防運動指導員などといった資格の講座を行っているので心配になってきました。

Aベストアンサー

1月26日の第39回審議会の資料を確認してください。

WAM NET
介護保険情報BANK

等のサイトから資料を取ってください。
中途半端に読むと不足部分があるから、大変だけど全部読みましょうね。
小さな一文字も注意して読まないと駄目ですね。

頑張ってね。
僕は常に勉強を続けています。
止まると遅れます。
特に今は激変時なので苦労しても学びましょうね。

知らないと困ることが一杯です。

Q転倒骨折予防教室

今度、転倒骨折予防教室を開催致します。
それに先立ち、先進事例、又経験者の方々のご意見等広く吸収致したく
思っております。
こんなメニュー、こんな機器等何でも結構ですのでアドバイス頂けましたら
幸いです。
ちなみに、時間は2時間/回で、25名/回(程度)、2回/月の3ヶ月コース(計6回)を
考えております。

Aベストアンサー

こんにちは。
対象が高齢者向きということであれば↓ご参考にどうぞ。http://www.host.or.jp/net/dounan_k/kenkou/10tentou.htm

老化は足もとからあらわれます。
年をとっても寝たきりになることなく自分の力で元気に暮らしたいなら、足腰の丈夫さを保つ事が欠かせません。たった一度の転倒が頭を打ったり、骨折したり、その原因をつくることにもなります。

なぜ? 転倒しやすくなるのは体勢を立て直す「復元力」がなくなる
    とっさの時の筋力と平衡感覚の低下
対策! 体力をつける
    暮らしの中で積極的にからだを動かす
    歩く・掃除・散歩だけでも筋力の衰えがゆるやかになる
    いくつになっ始めても遅すぎることはない

参考URL:http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/k_joho/anzen/anzen6.html

Q介護予防通所リハビリテーションにおける提供時間

介護予防通所リハビリテーションにおいて、要支援者の患者さまに対し何時間のサービスを提供するのがルールなのでしょうか?
通所リハビリテーションにおいては要介護度、提供時間において単価がはっきりと決まっているので簡単に分かりますが、、、介護予防通所リハが全く分かりません!
ずーーっと悩んでます。。
根拠となるものなどありましたら、ご教授お願いします。

Aベストアンサー

 質問者様はケアマネさんですか?それとも、通所リハ事業所の方でしょうか?

 介護予防通所リハの単位数は、質問者様も当然ご存知だとは思いますが月額定額制です。要支援1…2,496単位、要支援2…4,880単位ですね。
 この、決められた単位数の中で、必要なサービスを提供することになるのですが、ある利用者に対し1日何時間サービスを提供するべきか、とか、週何日あるいは月何日提供すべきか、とかは、国や役所、国保連等では一切何にも規定を設けておりません。

 では誰がどうやって決めるか・・・当然、ケアマネジャーがケアプランに盛り込んで決めることになります。
 もちろん、ケアマネ一人の独断で決めて良いわけではなく、まずは利用者やご家族の要望を聞き、サービス担当者会議を経た上で決定することになります。
 ただ、いくら利用者やご家族のご要望だからといっても、そこは通所リハ事業所という「相手」のあることですから、あまり無茶な要望、例えば要支援1なのに週3回通いたいとか、1日10時間施設にいさせろとか、予防給付レベルの軽度な方に対し過剰と思えるようなサービスの導入は考え物ですが(不可能、という意味ではありません。施設側がそれでもいい、とOKを出せば問題ありません)、基本的には利用者側の立場に立ってケアプランを作成すべきです。

 時にはケアマネジャーが、利用者と事業所の板ばさみにあって苦労を背負い込む場面もあるかもしれません。が、そういう時こそケアマネの真価が問われるときです。質問者様がもしケアマネさんだったら、地域にケアマネの連絡会議とか、意見交換の場とかはないのでしょうか?もしあるなら、そういう場を最大限に活用して、他のケアマネさんがどう処理しているのか、とか、お尋ねになってみてはいかがでしょう?
 

 質問者様はケアマネさんですか?それとも、通所リハ事業所の方でしょうか?

 介護予防通所リハの単位数は、質問者様も当然ご存知だとは思いますが月額定額制です。要支援1…2,496単位、要支援2…4,880単位ですね。
 この、決められた単位数の中で、必要なサービスを提供することになるのですが、ある利用者に対し1日何時間サービスを提供するべきか、とか、週何日あるいは月何日提供すべきか、とかは、国や役所、国保連等では一切何にも規定を設けておりません。

 では誰がどうやって決めるか・・・...続きを読む

Q高齢者向け配食サービスについて

いわゆるお弁当宅配についてお聞きします。 高齢者向けとはいえ基本的には介護保険サービス外なので自治体独自の補助金や回数制限なんかがあると思うのですが
自治体が外部委託のような感じで行っている 介護保険適用者向けの宅配の場合
事業者と利用者の自由契約でサービスを開始して 一部は利用者より 残りは自治体への請求
というような形になるのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして、よろしくお願い致します。

>事業者と利用者の自由契約でサービスを開始して 一部は利用者より 残りは自治体への請求
というような形になるのでしょうか?

私の経験したことは、市役所が食券方式をとるように業者に依頼します。

その食券の枚数だけ、市役所に持っていくと枚数分のみの補助金が
もらえるということです。

結構、市役所に月一度はいくので手間もかかります。
(食券作成も大変です)

ご参考まで。

Q介護予防訪問看護ステーションと訪問看護ステーションの違いについて

仕事で介護予防訪問看護ステーションと訪問看護ステーションの違いについて調べるよう言われました。
当方の不勉強でお恥ずかしいのですが、介護予防訪問看護ステーションという名称すら初めて耳にしたぐらいなので、違いと言われても全く分かりません。
検索サイトで調べてみても詳しく解説されているWebページもないようですので途方に暮れています。
この2つの違いについて、どなたかお教えいただけませんでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は訪問介護、居宅、デイの事業所に居ます。
訪問看護STですね。多分ですが、・・・。
業務内容は、変わりは無いと思います。
訪問看護の方は、要介護者1~5の方。
居宅事業所のケアマネのケアプランに基づき計画されているので今までとは変わりません。
介護予防訪問看護は要支援1,2の方。
介護予防の方は地域包括センターがケアマネとなり、市町村の管轄です。ちなみに制度が始まったばかりなので居宅事業所がほとんど委託契約でプランを計画等を立てているのが現状のようです。大きな違いは、訪問看護は、今までとは変わりないのですが予防介護は、報酬が一ヶ月単位になって居ると思います。
参考URLのアドレスはワムネット2006年2月21日「全国介護保険担当課長ブロック会議資料の資料」が新しい資料だと思います。
多分人員配置等基準は訪問看護STと予防訪問看護STは同じで大丈夫だと思います。
ただ2事業(各々の事業)と考えるので申請書類は2事業分必要のはずです。訪問看護STを現在されているのでしたら、申請はもう済んでるとは思います。
万一未だでしたら、申請様式集は↓
http://www.fine-osaka.jp/kaigohoken/youshiki/shitei.htm
にあります。
「全国介護保険担当課長ブロック会議資料の資料」は膨大な量ですが必要な部分を探してくださいね。

参考URL:http://www.wam.go.jp/wamappl/bb05Kaig.nsf/vAdmPBigcategory20/56817AB8F14897E74925711B001E691D?OpenDocument

私は訪問介護、居宅、デイの事業所に居ます。
訪問看護STですね。多分ですが、・・・。
業務内容は、変わりは無いと思います。
訪問看護の方は、要介護者1~5の方。
居宅事業所のケアマネのケアプランに基づき計画されているので今までとは変わりません。
介護予防訪問看護は要支援1,2の方。
介護予防の方は地域包括センターがケアマネとなり、市町村の管轄です。ちなみに制度が始まったばかりなので居宅事業所がほとんど委託契約でプランを計画等を立てているのが現状のようです。大きな違いは、訪問看護...続きを読む

Q高齢者対象の、短時間レクについて

実習先の高齢者施設で5~10分の枠で、お年寄りを楽しませる
レクリエーションを、一人で行うよう指示されました。
30数人の対象者は、ほとんどの方が車イスで、時間の制約もあるので
クイズなど、頭を使う内容が適切かとも思いますが・・・

一人で行える短時間のレクについて、お手数ですが教えてください。

Aベストアンサー

 高齢者の施設で、”頭を使う”? 認知症の人もいるかもしれないのに。(まあ、「右あげて、左あげて、左下げないで、右下げる」みたいな、旗揚げゲームぐらいなら、O.Kかもしれませんが)
 普通に、考えつくのは、”歌を一緒に歌う”とか、”音楽を演奏する”とかだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報