最新閲覧日:

以前から悩んでいたんですが、人間以外の生物(植物は別)は本当に色が見えないのでしょうか、

A 回答 (6件)

神経生理学を専門にしている者で、この辺は専門のど真ん中ではないのですが、周辺領域なので知っている範囲でお答え致します。


色覚を備えるためには網膜の光を受容する細胞が色に反応する必要があります。そのための細胞が円錐細胞(Cone)と呼ばれるものでヒトでは3種類あり、赤、青、黄(緑だったか?)の光に対応しています。他の動物では、魚類も色覚を持っており、金魚も3種の円錐細胞を持っているはずです。魚類の網膜での色覚の研究というのはかなり幅広くなされており、学会でも多くの発表があります。その他の動物では詳しく存じませんが、動物の進化につれてこの性質も受け継がれてきたときいてますので両生類、は虫類、鳥類は色覚を持っていると理解してました。ただ、ほ乳類に進化するとき、円錐細胞が突然変異により無くなった(3種の内、2種の数が激減した)ために、ほ乳類は色覚を失ってしまいました。ところが、さらに霊長類に進化するとき、また突然変異により円錐細胞を獲得したために霊長類は色覚を回復しました。面白いのは現在のヒトの祖先は旧世界ザルと考えられてますが、この旧世界ザルで色覚が回復したのは間違いないのですが、新世界ザル(南北アメリカのサル)も色覚を持っています。そこで、新世界ザルと旧世界ザルが進化の段階で別れる前に色覚を回復したのか、別れた後だったのか、ということが学会で論争になったことがありました。大方の予想は別れる前と言うことでしたが、研究の結果別れた後でこの2種は偶然にも両方で突然変異がおこった、と結論づけられ、(平行進化(2つの形質が独立して獲得され進化していく)の良き例としてあげられます。しかしながら(というか、そのため)、色を認識するための脳の構造は新、旧両世界ザルでは必ずしも同じではありません。
    • good
    • 0

「3原色」(赤青緑)をそれぞれ感じる能力があれば、3原色によって作られる「色」が区別できることになるのですが、「青」の感知能力がない動物が多いのだとか。


そういえば、自然界で青い色をしたものは少ないです(青空とかのぞくと)。

もともとが夜行性の動物は、そもそも色を必要としませんし、昼行性でも、もくもくと草を食っている牛なども、必要がない。

生存のために必要でない能力は進化の過程で発達しない、というのがよくあるパターンだと思います。

なお、魚類で「色の区別ができる」実験というのを、30数年前の小学生教材でみたことがありますので、
>ながい間学者さんの見解は間違いだったとのことですね、
という学者さんばかりではなかったと思います。
    • good
    • 0

鳥類を含め、ほとんどの動物は色が識別できます。

昆虫でも当然、花の色を区分できるように、多くは色覚をもちます。(色の区分は我々と違いますが)例外が哺乳類です。哺乳類の祖先は一時、爬虫類との生存競争に敗れて低いニッチに追いやられ、薄暗いところで生活していたので色覚が退化したと言われています。霊長類に色覚が復活したのは、樹上生活の主食であった果実を判別するためと言われていますが、正確な理由は誰にもわかりません。飛行をおこなう鳥類において、視力の発達が著しいのと同様に、樹上生活を起源とした霊長類も、平行視の可能な発達した眼球をもち、視角が発達していますので、単にその一環かもしれません。
肉食動物に関するTVの実験では、彩度ではなく明度に反応している可能性もあるので検証が必要でしょう。(モノクロ写真で同じようにみえるかどうか)
暗いところでは色覚が発達しない理由は視細胞の違いによるものです。暗い場所と明るい場所での視細胞の違いと、それに伴う適応の違いに関しては、別途調べて見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
参考になりました、いままでは偉い学者さんたちが人間しか色の区別がないとのことでしたが、私は、そうでしたら何故鳥類、魚類たちに色があるのだろう、やはり彼らは彼らなりの色の見分け方があるのでは、乱暴な言い方ですが彼らが色盲ならそのような色は必要ないと考えます。ながい間学者さんの見解は間違いだったとのことですね、

お礼日時:2002/02/11 09:17

以前、犬猫の色覚についてやっていたテレビを見ました。

少なくとも『赤』系に関する感受性はあるようです。
その説明では『肉食系の動物はその食餌の関係で赤に感受性があるのでは?』という結びでした。

実際飼い犬やネコで(お皿などで)試してみましたが、確かに赤系の皿のほうが受けがよかったですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
参考になりました

お礼日時:2002/02/11 09:02

 おはおうございます!



専門家ではないので間違ってるかもしれませんが、一応知ってることを書きますね。

人間以外の動物はすべて色盲かというとそうではありません。猿などの霊長類は色が識別できますし、他の動物でも糸の違いがわかるものもいます。

しかし犬、牛など多くの動物は全くの色盲か、ごくわずかな色しか判別できません。

色というのは光の波長の違いのことですから、視神経の波長対する感度が幅広いものがいろいろな色を感じることができるのです。

逆に人間には見えない波長の光や音を感じることのできる動物もたくさんいます。犬などは目よりも鼻や耳のほうが発達してるんじゃないですかね。(もちろん人間よりはということですが)

余談ですが、昔のテレビで(今もかな?)超音波でチャンネルを変えるリモコンがありましたが、耳には聞こえないのにラジカセのマイクにはわかるようで(笑)、ちゃんと録音されていましたよ。もちろん人間の耳に聞こえる周波数に代わってましたけど、音が出ていた証拠をつかんだようでうれしかったことを覚えています(笑)

質問から外れてすみません。
動物の体って不思議なことがたくさんあるから面白いですね^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう
やはり少しは色が見えるようなんですね、

お礼日時:2002/02/09 10:28

人間以外でも、猿には色がわかるようです。


また、ミツバチや金魚やハトも3色性の色覚をもっていると考えられているとのことです。
詳しくは(あまり詳しく書いてはありませんが)参考URLをどうぞ。

参考URL:http://www.ocular.net/jiten/jiten017.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます
色覚サイト拝見しましたありがとう

お礼日時:2002/02/09 10:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ