ワインのボトルの下の方にある8個ほどのニキビのような突起は何のために付いているのでしょうか教えてください。ボトルごとに配列が異なっているのですが。
ウイスキーのボトルにも付いていました。バーコード見たいに何かを識別する物なのでしょうか。

A 回答 (1件)

思いっきり想像なんですが・・・



よく瓶の底に一センチぐらいの線状の突起がありますが
あれはその瓶を作ったメーカーが生産した日などがわかるように
付けたロット番号(記号)らしいです。

ですから、ワインの下にあるポチポチも
そのような瓶の生産ロット(不良品があった時に原料や作業者や製造日をおいかけるもの)
を示すものではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が送れて済みません。 ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/24 08:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワード2003で下付きハイフンと下線が重なってしまう問題

ワード2003で、aとbの間に下付きハイフンを入れて「a_b」と記した状態でaからbまでに下線を入れて印刷したのですが、下付きハイフンと下線が重なってしまい、下付きハイフンが判読できなくなってしまいます。下付きハイフンと下線が明確に区別できるようにするにはどうしたらよいでしょうか。ご教示ください。

Aベストアンサー

>aとbの間に下付きハイフンを入れて「a_b」
「下付きハイフン」て「アンダーバー_」ですよね

「アンダーバー_」と下線の間を開ける
こんな方法でどうですか
aとbの間の「アンダーバー_」を選択 → [書式] → [フォント] → [文字幅と間隔]の「位置」から「上げる」を選択 → OK

Qワインのボトルの形

ふと昨日、ワイン売場を見ていて疑問に思ったことです。ワインのボトルの形は、赤だと『いかり肩』、白やロゼだと『なで肩』になってますよね?これっていったいナゼなのでしょうか?

Aベストアンサー

赤ワインは澱がでますのでそれを方のところで止める役目もあります。
白の場合は澱がでにくいですので、

また、産地によっては赤でも白と同じなで肩の物がありますよフランスのブルゴーニュの物とか。

Q【excelの下線(会計)とは】

文字につけられる下線の種類は4種類です。
下線、二重下線、下線(会計)、二重下線(会計)の
4種類です。
ここで言う下線(会計)とはいったい何なのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

下線(会計)と二重下線(会計)は文字と下線の間が若干広くなってます。
理由としては、数字に線がついてしまうと見にくいためです。

Qワインセラーはワインクラー??

ワインセラーは長期熟成のためのものですよね。すぐ飲むワイン(1年以内)を寝かしているワインと一緒に入れてもいいのですか?やはり、ワインセラーをワインクラーと混同してはいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

元ソムリエです<(_ _)>

ワインセラーは『熟成用倉庫』ではなく、湿度、温度を一定に保つことが出来る、云わば『保存用倉庫』のようなモノですので、赤、白、ロゼ、シャンパーニュ・・何を入れて頂いても間違いではないと思います。

熟成をより正確に?進められたいのであれば、なるべく出し入れなどの振動が少ない場所にお入れになることをお勧め致します。

より拘られるのであれば、熟成を促すワインとその他のワインを別のセラーで保管し、前者のセラーはなるべく開放されないようにして下さい。

他の方法としては行き着けのレストランなどに依頼して保管してもらうことも出来ます。

長くお手元にあったワインがいよいよ抜栓される瞬間と言うのは何ともロマンティックですね^^
美味しいひと時を迎えられますように。

Qpowerpointの下線

powerpoint2007についての質問です。

テキストボックスを新たに作って文字入力をする際、下線ボタンを押してもいないのに、すでに下線ボタンが押された状態になっています。
そのため、頻度の多い下線がないテキストを作るために毎回下線ボタンを押して、下線をいちいち消さなくてはならなくてはなりません。

 下線がないテキストを作りたいのですが、よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

まずテキストボックスを挿入します。
テキストボックスの枠線をクリックしたら、
ホームタブのフォントにある下線(Uに下線が書いてあるやつです。)
にチェックが入っているので、
まずはクリックして解除します。
その後、枠線を右クリックして、
既定のテキストボックスに設定をクリック。

これで直るはずです。

Qワイン好きの方へ。美味しい日本産ワイン教えてください。

赤ワインが好きで良く飲みます。
今まで日本産のワインは何回か飲んだことがあるのですが、すべてが甘みが強く赤ワインらしい美味しさに欠けるなと思い、それからほとんど飲んでいません。
しかし、これだけワインの需要が多い日本のこと、きっと美味しいワインを造っているワイナリーがあるのでは、と最近思いはじめました。
ワイン通にも紹介できる美味しい日本産ワインを知っているかた、ぜひ教えてください。通販で買えるようであればもっとうれしいです。
できれば赤ワインでお願いします。

Aベストアンサー

今、私が特に気に入っている国産ワインをご紹介します。
まず、栃木県足利市の「ココ・ファーム・ワイナリー」(tel0284-42-1194)です。ここは知的障害者・こころみ学園の人たちと、アメリカ人のワイン造りエキスパートが力を合わせ、畑作りからすべて手作業で行っている知る人ぞ知るワイナリーです。先日、収穫祭が行われましたが、今年のヌーボーの味も最高でした。小さなワイナリーですが、それだけにホントに温かな愛情が感じられます。
もう一つは、山梨県勝沼市の「原茂ワイナリー」です。ここはレストランも素敵ですよ。一度足を運んでみてはいかがでしょう?
それから最後に、ここは私の故郷ですが、北海道富良野市の「富良野ワイン」。ここは上の二つに比べて有名ですが、最近味がとてもよくなっていると感じているワイナリーです。
どうぞ、素敵なワインを探してくださいね。

参考URL:http://katsunuma.net/budou/haramoen/ http://www.cocowine.com/index.html

Q体温の正しい計り方-脇の下?舌の下?

体温の正しい計り方は脇の下でしょうか舌の下でしょうか?
病院なんかではもちろん脇の下で計っていますが、脇の下だと体温が低い気がします。
今日体温をはかったところ、舌の下では37.2度、脇の下では35.8度でした・・・(何度か計っても同じ)
家ではいつも舌の下ではかっています(電子体温計)
ここまで差があると・・・どちらが正しいのでしょうか?

体温計の種類によって、はかる場所は違うのでしょうか?
昨日病院で脇の下ではかった所、37.4度でした。これも電子体温計でした。特に熱っぽい感じもしなかったので脇でこの熱は少し驚きました。(いつも脇ではかると低いので)
病院の体温計がよかったのでしょうか?

脇の下と口の中、どちらのほうが、季節や温度によって左右されないのでしょうか??

また基礎体温を計る時は舌の下の方が良いのでしょうか??

Aベストアンサー

#5です。

>基礎体温を計る時は舌の下の方が良いのでしょうか??
基礎体温は、婦人用体温計で測ります。舌下(舌の根元)で測ります。
朝、覚醒してすぐに測るのが基礎体温です。
婦人用体温計を用いて昼間や夜測ったものは、基礎体温とはいいません。
活動しているので普通の体温です。
基礎体温は睡眠中(安静時)の体温を基本とします。

<HPより引用>
・わきの下ではなく、口腔内(舌下)で計測する
普通、体の内部に近いほうが体温が高く、外側(皮膚など)のほうが(外気の影響を受けるため)体温が低くなります。
基礎体温の場合、なるべく体の内部に近い体温を知るべきなのでわきの下ではなく口腔内(舌下)で計測します。

一般的に直腸(肛門)からの体温計測がもっとも正確と言われています。
わきの下の場合、直腸検温より約0.8度低く、口腔内(舌下)の場合は約0.5度低くなるといわれています。

http://www.in-fertility.org/ground/bbt.html

Q肉料理で赤ワインと白ワインでは大きく味に違いがありますか?

肉の煮込み料理に赤ワインを一般的に使用しますが、白ワインでは大きく味が違ってきてしまいますか?
赤ワイン切らしてしまったもので・・・
単なるワインの色違いでなく、赤はポリフェノールが豊富で同じワインと言っても違いますよね。
結構ワインの量も使うので気になってしまいます。

Aベストアンサー

ソムリエです。

1、結論としては大きく味が違ってしまいます。
  赤を使おうと思っている食材に、白を使うのはおやめになったほうがいいのでは?と考えます。

2、「肉の煮込み」と言うことから 牛肉のシチューのようなものと推測します。
牛肉ならば(一般的ですが)赤ワインのタンニンとポリフェノールが調和しやすいので赤ワインが適当ですが、 その要素が白ワインにはありません。

3、もしお肉が鳥や豚であれば、白ワインはちょっと考えられます。

楽しんで調理なさってください。kein

Qエクセルにテキストボックスを貼り付けるとき、スペースの下線が消える

エクセルにテキストボックスを貼り付けて、文字の下に下線を付けました。字を書いたところは下線がつきますが、さらにその横(右側に)3文字分余分に下線を引きたいと思って、スペースキーで延長ししました。テキストボックス内の表示では延長した線になりますが、エクセルに貼り付けると右端の部分だけ下線が消えてしまいます。印刷プレビューをみても消えています。同じようにワードでやったときは消えませんでした。エクセルでは下線を延長することはできないのですか。下線を引く方法ありますか。

Aベストアンサー

同じくごまかしですが^^;

下線のあとに何か文字を入れてその文字色を白くする・・・という手も一応。

Q料理の白ワイン・赤ワイン

料理の白ワイン・赤ワイン

料理で使う、白ワイン・赤ワインって具体的にどういったものを買ったら良いんでしょう?

飲む用のとは違うのでしょうか?

また、普通の家庭では幾らくらいのものを使うものですか?

Aベストアンサー

某ホテルのソムリエです。

料理人なら自分の味を出す為に色々とこだわりがあるのかもしれませんが、
色んな料理の味を見ながらそれに合う飲料物を考えるソムリエ的な見方をすれば、
家庭で作る料理ならどんなワインでも問題ないです。

ワインは基本的に高級になるにつれて風味と土壌からくる個性が強くなります。
なので高級ワインを使えば風味や濃縮感が強くなりますが、調理によって個性はほぼ飛ばされます。

そして安い物でもワイン自体の風味や味わいはあるので、ワインを使った意味のある料理ができます。

レストランやホテルで使われる食材の様に高級で食材自体にパワーがあり、料理人の個性を
出すような料理ならそれに合ったワインが必要になってくるのです。
でも、それでさえそんなに高いワインは必要ありません。せいぜいワンランク上か有名生産地の
ワインやブドウ品種を考えて使うぐらいです。
実際に高級ワインを使っている料理人はほぼいません。
料理の付加価値を高めるために無理やり高いワインを使ってそれを料理名に出す場合以外は
使いません。

家庭で使う様な食材やちょっと豪華に作りたいと言う感じなら安いワインでも
充分美味しく作れますので変に高いワインは必要ないと思います。

フランスワインなら【vin de table】
イタリアワインなら【vino da tavola】とラベルの下の方に書かれている物で充分です。
所謂、テーブルワインです。

色を強く出したい時や風味が比較的強い物が良い時は、カベルネ・ソーヴィニヨンを
使ったワインが良いと思います。ラベルに【cabernet sauvignon】と書かれたワインです。
ただ、ブドウ品種を明記しているワインは少しだけ値段が上がります。

【vin de table】を使う場合はフランスワインを使うのが良いと思います。
フランスはワイン法が細かいので安いワインでもそれなりの造りになっているので
ハズレを引きにくいですし、安いなりに濃縮感がある産地なので。。。

料理用のワインは特に何の変哲もないワインで充分と言う事と、飲み残しのワインでも
問題ないです。

某ホテルのソムリエです。

料理人なら自分の味を出す為に色々とこだわりがあるのかもしれませんが、
色んな料理の味を見ながらそれに合う飲料物を考えるソムリエ的な見方をすれば、
家庭で作る料理ならどんなワインでも問題ないです。

ワインは基本的に高級になるにつれて風味と土壌からくる個性が強くなります。
なので高級ワインを使えば風味や濃縮感が強くなりますが、調理によって個性はほぼ飛ばされます。

そして安い物でもワイン自体の風味や味わいはあるので、ワインを使った意味のある料理ができます。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報