カレンダーや聖人伝の観点から見た時、
なぜヨーロッパ文化の中心はキリスト教なんでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

カレンダーって、キリスト教ではないと思うのですが、どうでしょう。



確かに1週間は7日、というのは旧約聖書の冒頭と同じではありますけれどもね。
でも、例えば、Tuesdayという語は、Tiuというゲルマン神話の戦争の神(ローマ神話で言えばMarsにあたるんでしょうが)ですし、Wednesdayもゲルマン神話の主神(ローマ神話で言えばJupiterにあたります)です。

ゲルマン神話というのは、北ヨーロッパの古来からあったものです。
そういう点を見落として、一概に「ヨーロッパ文化の中心はキリスト教だ」と断定することはできないのです。

それから、復活祭という年中行事にしても、キリスト教が復活の祝を旧来からあった民間信仰での祝の日にあてはめただけですし、キリスト教の裏側にもそういう面があるということも知る価値があると思います。

聖人伝ですが、聖人という概念がそもそもキリスト教のものですから、逆に、ヨーロッパ文化の中で聖人伝がどれだけの役割を担っているか、ということを考える方がいいと思います。
例えば名前。大抵のヨーロッパ人はキリスト教の聖人の名前を持っていると言えるでしょう。時には信仰を持たない人でもそうです。命名の方法がキリスト教時代に浸透し、キリスト教から離れた人にもその伝統が残存しているということです。
ですから、形骸化、といった方がいいですね。

キリスト教がヨーロッパ文化の中心であるとは言い切れないのですが、それに支配されていた時代があり、その名残りをとどめているというのが実際のところです。

大学でそのような講義があるのかもしれませんが、もしレポートを書く場合であれば、講義で言われたことを知っている人しか答えられないような質問ですよね。回答者は必ずしもそうではない、というしかないんですよ。

この回答への補足

こんな質問してすいませんm(__)m
ヨーロッパ文化の中心がキリスト教となったのは、コンスタンティヌス帝が国教をキリスト教としたことや、ゲルマン民族の登場・移動が考えられると思うんです。
しかし、カレンダーや聖人伝の観点からというところがネックになっていて…。
いろんな文献やHPで勉強はしてるんですけど。もしまた何か分かればお願いします。

補足日時:2002/02/10 00:33
    • good
    • 0

ローマ帝国がキリスト教を国教にしたためでは。

ヨーロッパの大半を支配していたので多くの地域に根付いたと思います。的外れですか?

この回答への補足

ありがとうがざいます。私の質問の仕方が悪かったのですが、国教がキリスト教となっていたのは分かっていたんですけど、カレンダーなどの観点からとらえるということが良く分からなくて。
カレンダーや聖人伝が伝わった時どのような状態(国,広まり方)だったからヨーロッパの中心がキリスト教だったのかということなんです。ごめんなさい。
またわかればお願いしますm(__)m

補足日時:2002/02/10 21:56
    • good
    • 0

こんにちは。


ちょっと質問の趣旨がわかりかねます。
カレンダーというのは暦のことを指すのですか。
また、聖人というのはキリスト教における聖人のこと?
これらに限らずおよそ大概のものから「ヨーロッパ文化の中心としてのキリスト教」を演繹できると思うのですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(再掲)朝鮮半島の歴史上の人物

現在、韓国の歴史人物について調べているのですが、詳細な資料が見つかりません。
皆さんの知ってる韓国の歴史人物の知識を教えて下さい。
織田信長・徳川家康・源頼朝など、歴史を次の時代に進めた歴史上の人物をお願いします。

私の知っている朝鮮半島の歴史上の人物は安重根・李舜臣ですが、

安重根は、ケネディ大統領を暗殺した犯人・ファイサル国王を暗殺したオマル師・朴正煕大統領を暗殺した金載圭、
などのテロリストの領域を出ない人物だと思います。

李舜臣は日本史上の人物で例えると、九鬼義隆や源義経など現場指揮官クラスの人物です。
源頼朝や織田信長など明確なビジョンを持って歴史を動かした人物ではないと思います。


1)朝鮮半島の歴史上の人物で織田信長・徳川家康・源頼朝など、歴史を次の時代に進めた歴史上の人物。
2)その人物が成し遂げたこと。
3)その人物が出現した後、どう変わったか。
をご教授下さい。

ご協力おねがいします。

Aベストアンサー

朝鮮の歴史を簡単に述べると、古代において君主制の中央集権の統一国家が
出現し、それが近代に至るまでずっと続いたということです。
日本やヨーロッパのように、封建制が間に入らないので、織田信長級の変革者
となると、数は限定されます。


今までに名の挙がってない人物で重要なのは、新羅の金春秋かと思います。
最近、少しずつ韓国の歴史を調べているのですが、今に至る韓国の歴史の
流れを決めたという点で、金春秋の存在は非常に大きいと思います。

こういうと語弊があるかもしれませんが、事大主義の先覚者ですね。
彼が活躍しなければ、新羅が勝者となることはなかったかと思います。
高句麗などは隋や唐の遠征軍を何度も退けて、自主独立の気概を示していた
のですが唐と同盟を結んだ新羅が韓半島を統一することで、その後の韓半島
の歴史が決まりました。

他にも、中国文化を積極的に導入し、名前までも中国風に改めたことなどは
やはり金春秋の影響が大きいと思います。


もう一人名前を挙げるとすれば、他の方の回答にあるように朴正煕大統領
ですね。朝鮮半島が最終的に赤化されなかったため(近い将来、あるかも
しれませんが。;^^)、日本にかかる共産圏の軍事的圧力が減り、日本は
その分経済発展することができました。

開発独裁の担い手として批判も多い朴正煕大統領ですが、客観的にみて日本の
恩人とも言えるかと思います。

朝鮮の歴史を簡単に述べると、古代において君主制の中央集権の統一国家が
出現し、それが近代に至るまでずっと続いたということです。
日本やヨーロッパのように、封建制が間に入らないので、織田信長級の変革者
となると、数は限定されます。


今までに名の挙がってない人物で重要なのは、新羅の金春秋かと思います。
最近、少しずつ韓国の歴史を調べているのですが、今に至る韓国の歴史の
流れを決めたという点で、金春秋の存在は非常に大きいと思います。

こういうと語弊があるかもしれませんが、...続きを読む

Qキリスト教の守護聖人

うろ覚えなのですが、365日すべてに守護聖人がいて、毎日誰かしらの聖人の日だったと聞いたことがあった気がします。
この守護聖人は、カトリックには関係が深いけれど、プロテスタント(宗派は色々だと思いますが)には、
あまり関係がないとも聞いたのですが、本当でしょうか?

カテが違う気もしたのですが、歴史カテでしたら、納得のいくご回答がいただけると思い、
このカテを選びました。
お分かりになる方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

365日のその日を守護するという意味での守護聖人ではなくて、カトリックでは、十二使徒(イエスと同時代人)以降にも、この世で奇跡をおこなったり高徳をした人を「聖人」として認定しています。これは、365人以上います。
聖人は、母マリアとバプテスマのヨハネを除いては、その人の命日(なくなった日)を祝日しとして、信者がお祝いします。日にちにあぶれた聖人は「諸聖人」とくくられて11月1日にお祝いします。

たとえば、聖バレンタインは2月14日になくなったので、その日がバレンタインの日といわれる。また、キリスト教徒は、洗礼をうけるときに聖人の名前をいただくので、その名前の聖人がその人の守護聖人となります。自分の名前の聖人の祝日にお祝いをします。

プロテスタントでは、スタートからして「聖書の信仰のみ」という原則ですから、マリアや諸聖人の崇拝は否定的です。

Q東京の歴史関係の博物館

GWの4月30,5月2日の2泊する中、ライブが夜にあるので、昼の間時間が空いてしまうのでその間に博物館に行きたいと思います(女一人です)。
半日近く時間があるので、どこか行ける所があれば遊びに行きたいんですが、お勧めの場所とかはありますか?寄生虫博物館系、電車関係はごめんなさい・・。(宿泊先が山手線内なので、その範囲希望です)

博物館とか美術館がいいなと思うのですが、その中で日本の歴史とかお城が好きなので、そういう博物館などあったらいいなと思ったのですが・・。
ちなみに皇居、国会議事堂(大昔行った記憶があるのですが・・)は観光としていける場所なのでしょうか・・?皇居は堀がすごいと聞いたことがあるので、気になってます。

行かれた方がいらっしゃいましたら、よかったら感想とかありましたら教えていただけると助かります(あと所要時間とか・・)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たぶん、この時期は上野は混むでしょうね・・・。

でも、やっぱり上野界隈は空いた時間に過ごすのにもってこいです。

東京国立はもちろんですが、不忍池付近の下町風俗資料館も昔懐かしな雰囲気がいいです。
歴史系の博物館からちょっとそれますが、その近くには旧岩崎邸という豪華な和風・洋風のぜいたくな邸宅が公開されていて近代の日本史や建築などに興味ある方なら見ものでしょう。ここは、お抹茶とお菓子などもゆっくりいただけるし、休日にはミニコンサートも開かれていてのんびり過ごせていいですよ。
上野なら、混まないところを選んで散策するなどしてチョイスすれば時間調整は、いかようにもなりますね。

皇居であれば、東京駅で降りて、皇居付近をぐるっと一周するのもいいでしょうし、場合によっては特別参観を予約して苑内をみることもできます。ただ、今回は期間的にぎりぎりだし、祝祭日が入ると観られなかったかもしれませんので、下にURL付けてみます。

ご参考になさってくださいませ。

http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/koukyo.html

たぶん、この時期は上野は混むでしょうね・・・。

でも、やっぱり上野界隈は空いた時間に過ごすのにもってこいです。

東京国立はもちろんですが、不忍池付近の下町風俗資料館も昔懐かしな雰囲気がいいです。
歴史系の博物館からちょっとそれますが、その近くには旧岩崎邸という豪華な和風・洋風のぜいたくな邸宅が公開されていて近代の日本史や建築などに興味ある方なら見ものでしょう。ここは、お抹茶とお菓子などもゆっくりいただけるし、休日にはミニコンサートも開かれていてのんびり過ごせていいです...続きを読む

Qユダヤ教キリスト教イスラム教の共通点

どなたかユダヤ教キリスト教イスラム教共通点をいくつか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

元々、ユダヤ教が原点です。(ユダヤ教の原点は何か?は割愛)
で、そのユダヤ教を改革しようとして出てきたのがイエスです。
しかし、結局は改革ではなく分離独立という道を選び、その宗教がキリスト教となります。
成立は紀元前後ですね。

イスラム教は7世紀にアラビア半島で生まれた宗教です。
ユダヤ・キリスト両方の影響を受けて成立しました。

よって、ユダヤ・キリスト・イスラームは3つ併せて「アブラハムの宗教」と呼称されます。
お互いがお互いに密接に関係しているので、共通点もたくさんあります。

1・「聖典」の共通

ユダヤ教は『旧約聖書』(ただしこの呼称はキリスト・イスラム教からのもので、ユダヤ教徒自信は単に「聖典」と呼びます)を唯一の聖典としています。

キリスト教は『旧約聖書』にイエスやその弟子の言葉や手紙を収めた『新約聖書』が加わります。

イスラム教は『旧約聖書』と「『新約聖書』の中の4福音書」に加え、ムハンマドの言葉をそのまんま記した『コーラン』が加わります。

2・共通の預言者

預言者とは、予言者とは違い、「神の言葉を預かり伝える人」という意味です。
3宗教とも、この預言者の存在を重視しています。
そして、預言者は一人ではなくて何人もいます。
当然、共通の預言者もいれば、一方は認めるけど一方は否定される預言者もいます。
共通のモノとしては、

アブラハム・ノア・モーセが有名どころですね。
で、そこにイエスが加わるとキリスト教。
さらに、ムハンマドが加わるとイスラム教です。

ユダヤ教は、イエスもムハンマドも認めません。
キリスト教はムハンマドを認めません。
イスラム教はすべて認めますが、最大にして最後の預言者がムハンマドであると主張します。


3・聖地イェルサレム

共通の聖地もいくつかありますが、やはり最大のモノがイェルサレムですね。
まぁ、ユダヤ教の聖地であり、そこから分派・影響を受けて成立したのがキリスト・イスラムの両宗教なので、聖地が同じってのも仕方ないですね。
ただ、イスラム教はイェルサレムよりもメッカの方が重要視されますね。(といっても、イェルサレムの重要性も無視できませんが)

とまぁ、今思いつくのはこれくらいですかね。
最後に注意してもらいたいのは、これらはおおざっぱな解釈・説明で、当然宗派によっての違いもでてきますし、その解釈の違いから互いに争ったりしています。

元々、ユダヤ教が原点です。(ユダヤ教の原点は何か?は割愛)
で、そのユダヤ教を改革しようとして出てきたのがイエスです。
しかし、結局は改革ではなく分離独立という道を選び、その宗教がキリスト教となります。
成立は紀元前後ですね。

イスラム教は7世紀にアラビア半島で生まれた宗教です。
ユダヤ・キリスト両方の影響を受けて成立しました。

よって、ユダヤ・キリスト・イスラームは3つ併せて「アブラハムの宗教」と呼称されます。
お互いがお互いに密接に関係しているので、共通点もたくさん...続きを読む

Q東京都庁に歴史的写真はございますか

東京の歴史を研究しております。明治以降、特に昭和期の古い町並みや庶民の生活、歴代都知事などの写真はどこで保管されていますでしょうか。来年にでも写真を拝見し、「東京の歴史:写真資料集」などをまとめたいと考えております。どうぞご教示くださいませ。

Aベストアンサー

都庁第一本庁舎の3階に「都民情報ルーム」というところがあり、ここではいろいろな文書や資料を閲覧することができます。
http://www.metro.tokyo.jp/POLICY/JOHO/BOOK/room.htm
写真自体がこちらに保管されているかどうかはわかりませんが、ここに問い合わせればここにはなくても教えてもらえるかと思います。

東京百年史みたいな資料はあるようですので、近いものもあるかなあ…と思いますが…ご参考になれば幸いです。

Qイスラム教とユダヤ教とキリスト教の争い、対立関係は?

宗教の質問はとても難しいのですが、どうしてもわからないことがあり、質問させて下さい。

3つの質問があります。

◆ここ最近、ヒズボラとイスラエルの戦争のニュースを見て思ったんですが、宗教で言うと、イスラム教とユダヤ教が対立していますよね。イスラエルを支持しているのはアメリカですが、ブッシュ大統領はキリスト教の右派だと何かで見ました(ブッシュさんは宗教を利用してるだけかもわかりませんが)

イエスキリストを殺したのはユダヤ教の偉いさんなんですよね。でもブッシュ大統領率いるアメリカはイスラエルと仲がいい。むしろイスラエルが親でアメリカが子供のような関係らしいですが。今は、ユダヤ教とキリスト教は仲がいいんでしょうか?

◆宗教戦争ではイスラム教VSユダヤ教はよく聞くのですが、イスラム教VSキリスト教、もしくはユダヤ教VSキリスト教は聞きません。

基本的に対立しているのはイスラム教とユダヤ教なんでしょうか??

◆アメリカをコントロールしているのはイスラエルとかも何かで見ましたが、ユダヤ人はそんなに頭が良くて、お金と権力を持ってるんでしょうか。大昔、ユダヤ人は金融(金貸し)ビジネスをやっていたらしいですが、その名残でしょうか?

※ネットや本などを軽く呼んだ程度の凄く薄い知識で書きましたので、私の質問の中で、間違っている所があればご指摘下さい。

宗教の質問はとても難しいのですが、どうしてもわからないことがあり、質問させて下さい。

3つの質問があります。

◆ここ最近、ヒズボラとイスラエルの戦争のニュースを見て思ったんですが、宗教で言うと、イスラム教とユダヤ教が対立していますよね。イスラエルを支持しているのはアメリカですが、ブッシュ大統領はキリスト教の右派だと何かで見ました(ブッシュさんは宗教を利用してるだけかもわかりませんが)

イエスキリストを殺したのはユダヤ教の偉いさんなんですよね。でもブッシュ大統領率いるア...続きを読む

Aベストアンサー

1.ブッシュは、キリスト教右派ですが、宗教を利用しているというよりもネオコンや宗教団体に「利用されている」という側面の方が強いでしょう。父親と異なり、彼には「何かを利用する」という才覚はないようです。
ナザレのイエスを処刑したのはローマ総督です。ただし、強行に処刑を主張したのはユダヤ教指導者たちという事になっています(聖書の記述が正確だったとして)。
アメリカがイスラエルと仲がいいとは言い切れません。相互に「利用しあっている」と言えるでしょう。ユダヤ教とキリスト教では「宗教的には水と油」です。イスラエルは「政治的バックボーンとしてアメリカを利用」し、アメリカは経済的・軍事技術的支援をユダヤ資本に依存しています。もっと「ドロドロとした関係」です。

2.イスラム対キリスト教の対立は、十字軍遠征にさかのぼります。イスラムの支配地を制圧した十字軍は「足首まで血に浸かった」といわれています。
ユダヤ教とキリスト教の対立は、ローマによるユダヤ王国占領後、ローマがキリスト教を国教としたときまでさかのぼるのではないでしょうか。亡国の民ユダヤはヨーロッパ各地で迫害されゲットーと呼ばれる居留地に押し込まれたりしました。近年ではナチによるユダヤ人迫害などがありますが、基本的にユダヤ人はどこの土地でも嫌われています(ユダヤ人側に原因がある事も多いのです)。
イスラム、ユダヤ教、キリスト教、そしてそれぞれの会派は「おのおの同士」で対立しています。近親憎悪に近い物がありますが、教えの解釈を巡った対立や、宗教指導者の地位を巡った対立もあります。

3.そうとも言えますが、ユダヤ人たち自身が「ヨーロッパの戦争」に基本的には関与しなかったというのも理由です。彼らはとにかく「自分たちはユダヤ人」と思っていますので、ドイツに住んでいても「ドイツの事には無関心」だったのです。それでいて兵器産業でもうけたりしていた為、嫌われる原因となっています。
ユダヤ人がヨーロッパの戦争を陰で操り、その土地の国民が苦しむ事で潤ってきたという見方をする人も結構いますね。現代でもユダヤ資本の多くは兵器産業に大きく関わっています。

1.ブッシュは、キリスト教右派ですが、宗教を利用しているというよりもネオコンや宗教団体に「利用されている」という側面の方が強いでしょう。父親と異なり、彼には「何かを利用する」という才覚はないようです。
ナザレのイエスを処刑したのはローマ総督です。ただし、強行に処刑を主張したのはユダヤ教指導者たちという事になっています(聖書の記述が正確だったとして)。
アメリカがイスラエルと仲がいいとは言い切れません。相互に「利用しあっている」と言えるでしょう。ユダヤ教とキリスト教では「宗教...続きを読む

Q井沢元彦氏はNHK”その時歴史が動いた”に出演できない?

NHK”その時歴史が動いた”のゲストには 歴史学者?(推理作家)の井沢元彦氏はいちども出たことが有りません
昨日のその時歴史が動いたの番組 吉宗vs宗春ですが、吉宗の経済政策については氏はいいことを著作の逆説日本史シリーズで書いているので出演するかと思いましたが出ませんでした
たぶん 氏はいつも歴史学の研究法が誤っている(文献偏重主義,怨霊信仰の無視,宗教的側面の軽視)と言って歴史学会をきびしく批判して、嫌われているのでNHKも気を使っているのだとおもいます。この番組には 歴史学者でなくても出た人はいるのに不思議です。

Aベストアンサー

>では なぜ 井沢元彦氏は ”その時歴史は動いた”に一度も出演していないのでしょうか

#2です。そうですね,たしかにご質問に答えていませんでした。失礼しました。私のミスです。

理由はおそらく,「その時歴史は動いた」という番組のコンセプトと合致しないからです。この番組は,歴史的事実・学界の通説だけれどあまり一般には知られていないこと,を拾い上げて,誰もが知っている事件の背景を解説していく,というコンセプトで作られていると思います。何しろNHKですから。

伊沢氏の主張のような,「科学的でない異説」を取り上げる番組では無いということです。逆に,そのような異説を好んで取り上げる放送局・番組だって(埋蔵金伝説みたいに)ありますよね。

断っておきますが,私は氏の説を馬鹿にしているわけではありません。素人目で見ると,その主張はそれなりに「なるほどなぁ」と思うところもあるし,面白いなぁとも思っています。前に書いたように私は氏の「逆説の日本史」を含めた小説のファンですから。

ただし,研究者として見るなら,証明が不十分・手法がいい加減で,学問の主張にはなり得ないだろうということも分かります。学問の主張として成立しないものは,議論の対象としての「新説」にはなり得ません。

そうした説を紹介する番組ではないから,登場しなかったというだけのことだと思います。J-POPを紹介する番組に,演歌歌手が登場しないからといって不思議ではないでしょう?

>では なぜ 井沢元彦氏は ”その時歴史は動いた”に一度も出演していないのでしょうか

#2です。そうですね,たしかにご質問に答えていませんでした。失礼しました。私のミスです。

理由はおそらく,「その時歴史は動いた」という番組のコンセプトと合致しないからです。この番組は,歴史的事実・学界の通説だけれどあまり一般には知られていないこと,を拾い上げて,誰もが知っている事件の背景を解説していく,というコンセプトで作られていると思います。何しろNHKですから。

伊沢氏の主張のような,...続きを読む

Qキリスト教が昔のヨーロッパに与えた悪い影響

キリスト教が昔のヨーロッパに与えた悪い影響があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 免罪符の販売を一つの典型として、神の為(教会へ何%か寄付する)ならば、海賊OK、侵略OK、略奪OK、殺人OK・・・ 、天国への道は開かれるという確信を与え、ヨーロッパ諸国民にそのような行為を実践せしめたこと。

Q歴史学について

専門的な歴史学のことではないのですが、歴史学について興味があって調べているのですが、なかなか良いサイトが見つからず困っています。
以下に答えていただきたいです。

 ・歴史学の歴史
 ・歴史学と現代社会のかかわり
 ・歴史学の分類
 ・歴史学で有名な学校(大学・複数)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考程度に、幾つか回答を試みてみます。

1歴史学の歴史

大きな流れとしては、
古代ギリシアのヘロドトスが始めて歴史を書く。
ルネサンス時代に古代史料が読まれるようになる。
ここまでの時代は、歴史的記述程度であり、学問分野として必ずしも一定の方法論や技法は存在していなかった。

そして、近代に民族主義の勃興などにあわせて歴史学も確立していくことになる。
その先鞭をつけたのが、ドイツの歴史家レオポルト・フォン・ランケです。
彼は徹底した史料批判をして耐えられたものだけが、客観的な真実を伝えているという持論のもと、所謂史料主義というものを確立しました。
しかし、それに対して批判もあがりました。
どんなに批判しても、結局最終的な判断には人間の主観が入り込むではないかと。
この論争は今でも続いています。

そして、20世紀に入るとフランスでアナール学派が台頭してきます。
この学派は、それまでの民族や国家の通史ではなく、経済、農耕、都市人口など社会学的な観点から歴史を見つめようとする学派です。
今もこの二つが大きな主流となっていると考えられます。


2歴史学と現代社会のかかわり

これは、色々ですね。
ただ、一番大きいのは、国家・民族と教育の問題でしょうか。
国家や民族主義者や、歴史を国威高揚や民族的団結を図るために利用しようとします。
そして、それらを教育によって広めようとします。(考えの固まった大人より、まだ白紙状態に近い子供のほうが教育しやすい)
しかし、それに対して歴史学者は二つのタイプに分けられると思います。真実と国家主義・民族主義を結びつけるタイプと、それに異を唱えるタイプです。
どちらが良い・悪いでななくて、この両方の立場とうまく付き合いながら、真実がどちらかを見極めようとするのが歴史学の存在意義だと思いますし、多くの歴史学者がこの立場から研究されていると思います。
(残念ながら、目立つのは国家主義者か反国家主義者ですが)


3歴史学の分類
考古学・・・通常、歴史学というと文字史料中心の研究が多いです。その中で考古学は遺跡や出土品などモノから歴史を研究する分野です。
もちろん、考古学だけでは真実を解き明かせませんので、歴史学と考古学は補完関係にあるといえます。

古文書学・・・その名のとおり、古文書や古代文字を読み解くための学問です。多くの文字史料は、やはり当時使われていた文字・言語で書かれています。時には同じ言葉でも、さしている意味が違うことがあります。こういったテクストを読むための研究が古文書学です。

民俗学・・・歴史学や考古学と違い、無形文化や人々の暮らし方から歴史を解き明かそうとする分野です。

上記のそれぞれは、すべて補完関係にあり、どれか一つでは歴史は解き明かすことは難しいといえます。

参考程度に、幾つか回答を試みてみます。

1歴史学の歴史

大きな流れとしては、
古代ギリシアのヘロドトスが始めて歴史を書く。
ルネサンス時代に古代史料が読まれるようになる。
ここまでの時代は、歴史的記述程度であり、学問分野として必ずしも一定の方法論や技法は存在していなかった。

そして、近代に民族主義の勃興などにあわせて歴史学も確立していくことになる。
その先鞭をつけたのが、ドイツの歴史家レオポルト・フォン・ランケです。
彼は徹底した史料批判をして耐えられたものだけが、客...続きを読む

Qヨーロッパでキリスト教がひろがった理由は?

キリスト教は、最初はユダヤ人の一部の人たちが信仰する宗教であり、異端であるとされて迫害されていたようです。
それがいつのまにかヨーロッパ中にひろがったのはどういう理由によるのでしょうか?
統治者が国教として採用したと想うのですが、どういうメリットがあったのでしょう。

またユダヤ人のイエスを神とあがめながら、ユダヤ人を迫害するといった矛盾があります。
ヨーロッパ人にとってユダヤ人とはどういった存在でしょうか?
無理やりイエスとユダヤ人とを切り離しているような気がしてなりません。

またユダヤ人にとってキリストは異端にすぎないのでしょうか?
それともある程度の尊敬をあつめる存在なのでしょうか。

また今後もキリスト教は信仰されつづけるでしょうか?

Aベストアンサー

キリスト教は、社会で疎外されている人々、例えば売春婦やらい病患者に手を差し伸べた宗教です。当時、犯罪や病のため地域社会から追われれば、野垂れ死ぬか、同様の境遇にある被差別民の社会で生きるしかありませんでした。キリスト教は、神の前での平等という観念から、そのような被差別民に(元の村へ)帰りなさい、と言ってくれたのです。
また、キリスト教は、当時のユダヤ教、特に神殿に依拠する特権階級であったサドカイ派を厳しく批判し、庶民の心を少しずつ捉えていきました。

しかし、キリスト教がユダヤ教の亜流であり続けたとしたら、これほど広く教線を延ばすことはできなかったでしょう。キリスト教は、ギリシャの殖民都市であるアレクサンドリアに伝わることによりギリシャ哲学の影響を受けて変質しました。特に、ユダヤ教式の厳しい戒律が緩められた(割礼の省略など)ことが布教に弾みをつけたと考えられます。

ローマ帝国がキリスト教を公認したように、君主が教線の拡大に一役買っているのは明らかですが、キリスト教自体の魅力として、不平等が当然の社会にあって神の前での平等という破天荒な理想を掲げ、被差別民さえ救済してくれる宗教、しかもとっつき難い戒律も少ない、ということで多くの信者を獲得することができたのでしょう。

キリスト教は、社会で疎外されている人々、例えば売春婦やらい病患者に手を差し伸べた宗教です。当時、犯罪や病のため地域社会から追われれば、野垂れ死ぬか、同様の境遇にある被差別民の社会で生きるしかありませんでした。キリスト教は、神の前での平等という観念から、そのような被差別民に(元の村へ)帰りなさい、と言ってくれたのです。
また、キリスト教は、当時のユダヤ教、特に神殿に依拠する特権階級であったサドカイ派を厳しく批判し、庶民の心を少しずつ捉えていきました。

しかし、キリスト教が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報