どのようにすればいいのでしょうか?さっぱりわかりません。
最低限、IモードとPCで同じ掲示板に書き込みをしたいのです。できるだけ、詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (3件)

昨日,まさにその状況に陥りました.制作をしていたページに,そこのプロバイダが用意している掲示板を使用して作ったのですが,お客様から「iモードでも読み書きできないとダメ!」というダメ出しがでました.


まさにご質問の通り,パソコンからも,携帯からも同じ掲示板を読み書きしたいということです.

iモードで作りこんでおけば,パソコンでも見られなくはないのですが,いろいろと不都合なことも出てきます.
そこで,両方に対応している掲示板サービスを探した結果,「teacupレンタル掲示板サービス」を利用することにしました.ここのサービスでは,PC用のアドレスと,携帯のアドレスが別々にあって,当然見え方はそれぞれ異なりますが,書き込み記事については共用になります.

バナー広告が入っても良い(個人レベルの)掲示板は無料でサービスを受けられますが,業務用(?)の掲示板で広告が入るとまずい場合は有料サービスになるようです.

申し込むとアドレス(url)が送られてくるので,自分のホームページからそのアドレスにリンクを張ればOKです.デザインも割と細かく指定できるようです.

参考URL:http://www.tcup6.com/index.html
    • good
    • 0

追伸:


半角カタカナについて記述するのを忘れていました。
半角カタカナについてですが、使用して良いと思います。
というか、半角カタカナ一切なしで、i-mode用のページを作成するのは意外としんどいことです。
(メニューすら一行に収まらないということも多々あるでしょう)
思い切って半角カタカナは使用してしまいましょう。
i-modeは文字コードセットが「shift_jis」ですが、この文字コードセットの半角カタカナが文字化けする確率は現在のブラウジング環境では低いと言えます。
    • good
    • 0

まず、i-mode用のHPは基本的にはPCでも見ることはできます。



それは、i-mode用のHTMLである「CHTML」は基本的な根幹の部分では、HTMLと互換性を保っているからです。
しかし、互換性のない部分(PCからは扱えなかったり、見えない部分)もあります。
例えば、「CHTML」にはi-mode用のショートカットがあります。
これは、i-modeのサイトのメニューなどで、i-modeのプッシュボタン「1」を押すと1番のメニューを選択したことになる「CHTML」独特の機能です。
また、i-mode専用の「文字記号」はPC上からは、小さな黒い点に見えたり、空白になってしまったりするので、i-mode専用の記号を必要以上に多用してしまうと、PC上から見た場合は、意味不明なものとなります。

まず、i-modeで閲覧でき、かつPC上でも適切に閲覧するためには以下の点に留意して作成してみてはいかがでしょうか?
(1)「iドーモ」などのiモード専用にカスタマイズされたエディタを購入する。
 個人的にはエディタを購入することをお薦めします。i-modeで使用されるCHTMLなどは「過渡的」な特殊な形態で、
 このような特殊な形態はあと2年と持続するとは思えません。CHTMLは覚えてもすぐに役に立たなくなるでしょう。
 基本的な部分ではエディタに頼ってしまうべきです。

(2)i-mode専用の記号は極力使用しない。

(3)メニューのリンクを番号で飛ばす機能は使用しても良い。(パソコンで見ている人はリンクから普通にたどれます。)

(4)その他のi-modeでしか働かない機能(例えば電話をかけるとか)を使用するかしないかはページ構成次第でしょう。

(5)掲示板については、i-modeでも書き込みができ(かつ、i-mode用掲示板とPC用掲示板のデータを共有してい)ます!! とはっきりと明言している掲示板レンタルサイトからレンタルすれば、PCでアクセスしたときにはPC専用としての見栄えをもち、かつi-modeでアクセスしたときにはi-mode専用の見栄えを持つ掲示板がレンタルできます。PCとi-modeで「書きこみ内容」だけが共有されるわけですね。
i-mode専用に完全にカスタム化された掲示板でもPCでも書きこめますが、とっても「地味」だと思います。

それでは!! 健闘を祈ります。

黒蝶81でした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ