マンガでよめる痔のこと・薬のこと

自家製パンチェッタ作りました。
とあるサイトをみてレシピどおりに粗塩を10%で作ったところ、
この世のものとはおもえぬほどのしょっぱいブツができてしまいました。
せっかく脱水シートもたくさん購入して張り切って2週間待っていたのに。

すごく薄くそいだのを焼いて、1cmくらい食べると、むせるほどの塩加減。

これ、どうにかして塩抜きできませんか?
もしくは塩が気にならない料理方法とかありそうだったら教えてください。
小さく切ってポトフに入れるくらいしか思いつきません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ポトフ レシピ」に関するQ&A: ポトフのレシピ

A 回答 (1件)

頑張って作ってますね・・・・


私は薫製にしました。後は塩抜きで水にもさらしましたね。
私が参考にしたネットを貼り付けます。
http://www.hyouhon.com/nomikui/nom_2006/nom_2006 …
後は、塩味が強いので料理に対して塩味は控えた方が・・・卵料理に合うし、ポトフなら余計に塩味に気を付けて下さい。

参考URL:http://www.hyouhon.com/nomikui/nom_2006/nom_2006 …
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
体験者の方の意見、ありがたいです。

塩抜きはどんな風にやったんでしょう。
ボールに水をはって様子を見ながら漬けておけばいいのでしょうか?(冷蔵庫で一晩、とか)
それか流水……ってほどのものじゃないか。。。
まぁ大量にあるから、ちょっとずつやってみましょう。
調理するサイズにきってから水にさらせば、うまいこといきそうですね。

卵料理とは思いつきませんでした。オムレツ、とかかしら?

参考にしたサイト、私もみました。
これを見て、私も最初は燻製を作ったのです!

お礼日時:2006/05/13 21:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q燻製の工程での塩抜きについて

よくベーコンをつくるのですが、その工程での塩抜きがうまくいきません。
豚バラ500gの塊をフォークで串刺しにし、肉塊に対し5%の25gの塩をすりこみ1週間フリーザーパックになるべく空気を抜いて熟成させます。そしてここからなんですが、大きめのボウルに肉塊を入れて流水で3時間塩抜きをしているのですが出来上がりがかなりしょっぱいのです。5時間に延ばした時もあまり変わらずで、流水ではなく水溜(約3リットル)で1時間置きに水の入れ替え5回を試したのですがこれもイマイチ変化がありません。
擦り込む塩を少なくしてみた事もありましたが熟成がうまくいかず、旨味がイマイチだったのでこれもアウト。
みなさん何か塩抜きにコツとかあったら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

塩抜きは真水で行うとなかなか抜けないので時間がかかります。
水道の真水をちょろちょろと出しながら10時間塩抜き、なんてことは普通です。

短時間で塩を抜きたい場合は、真水ではなく薄い塩水で塩抜きを行ってみてください。

原理は浸透圧の差によるもので、真水では食材がふやけるだけでなかなか塩が抜けてこないのです。

この浸透圧の差が小さければ小さいほど塩が抜けやすくなりますから、塩抜きには塩水を使うと早く塩抜きができます。

これは呼び塩(おびしお)と呼ばれ、日本でも昔から行われている効率的に塩抜きする方法です。

ですから5%の塩分のお肉でしたら、最初は3~%くらいから、じょじょに塩分濃度を下げた塩水に替えてみてあげてください。

途中でお肉を少しだけ切って、レンジでチンするかフライパンで焼いて塩味を確認してみてください。まだ塩辛いようでしたら塩水を新しいものに変えて塩抜きを繰り返します。

最初の仕込みの塩の刷り込みや、ソミュール液の塩分濃度を下げるのは細菌の繁殖にもつながりますから、なるべく昔と同じ方法で塩漬けし、塩抜きをしっかり行った方が衛生面では安全かと思います。

塩抜きは真水で行うとなかなか抜けないので時間がかかります。
水道の真水をちょろちょろと出しながら10時間塩抜き、なんてことは普通です。

短時間で塩を抜きたい場合は、真水ではなく薄い塩水で塩抜きを行ってみてください。

原理は浸透圧の差によるもので、真水では食材がふやけるだけでなかなか塩が抜けてこないのです。

この浸透圧の差が小さければ小さいほど塩が抜けやすくなりますから、塩抜きには塩水を使うと早く塩抜きができます。

これは呼び塩(おびしお)と呼ばれ、日本でも昔から行われている効...続きを読む

Q自家製パンチェッタがしょっぱい!【塩分量はどのくらい??】

とあるサイトを参考に、
自家製パンチェッタを塩分10%でつくったらしょっぱくて使い物になりませんでした。

ネットで探してみたところ、5~10%まで見つかりました。
そしてまた同時に「薄味にしようとして塩が少なすぎると保存上、よくない」という文章を見つけたりして……

どなたか実際に作ったことのある方で、ちょうどよかったという方、何パーセントくらいの塩分でやったか
教えていただけたらなぁと思います。

Aベストアンサー

比較してください。
http://cookpad.com/search/?KEYWORD=%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%BF&PAGE=1

Q塩豚は何故長期保存OKなのか

塩豚を作ろうと思います。
豚バラブロック(500g)に岩塩(大匙1と半)を塗って
冷蔵庫で一週間以上熟成させてから食べる物です。
でも生の豚肉は一週間以上冷蔵庫に入れっぱなしでは
悪くなって食べれなくなると思うのですが・・・

Q1.何故生肉なのに悪くならないんでしょうか。
Q2.どのくらいの期間大丈夫なんでしょうか。

以上よろしくお願いします!

Aベストアンサー

塩を大量に使うと食べ物は腐りにくくなります。なぜ悪くならないのか、腐らないのか。

腐る、腐敗とは意にそぐわない、健康を害する細菌や微生物が繁殖した状態です。細菌等が繁殖するためにはいくつかの条件が必要で、その中の一つに水分があります。一定量の水分が確保できないと繁殖できません。そこで、塩などを使って細菌等が自由に使える水分をぐっと減らしてやれば繁殖を抑えられます。これが、塩漬けの食材が腐らない理由です。
「水分活性とは」
http://www.ai-nex.co.jp/Water_Activity.htm

本来の塩豚はもっと大量の塩を使います。豚肉に対して少なくとも10~20%重量の塩を必要とします。塩の中に豚肉がある感じです。質問のレシピですが、肉の重さに対して塩が5%前後のようなので保存性はあまり期待できないように見えます。3、4日あたりから様子を見てはいかがでしょうか。あと、元のレシピにも書いてあると思いますが、出てきた水はこまめに捨てて空気をよく抜いて密閉してください。

Qパンチェッタの料理

パンチェッタを使った料理をご存知無いですか?
パスタだけでは、しょうもないので・・・・何か他の活用方法(レシピ)
ご存知でしたらお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、
家でもパンチェッタを作っていますが、どちらかというと、日本で言う出汁、あるいは旨みを足すような使い方が多いですね。
例えば肉をローストするときに、幾つか切り込みを入れてその中に小さく切ったパンチェッタを埋め込むようにします。塩胡椒だけのあじつけに、パンチェッタの旨みが加わっておいしくなりますよ。ハンバーグやロールキャベツの挽肉に一緒に練り込んでもひと味違います。

ほうれん草ナドの野菜を炒めるときにも、豚肉使うよりパンチェッタの方が味がでます。
スープに使っても、ベーコンのようなスモーク臭がないのでベーコン嫌いな私にでも食べやすいものができます。
つまり、ベーコンが使える料理には全て代用が効くってことです。(カルボナーラのように、パンチェッタの代用でベーコン使っている場合が多いんじゃないかと思うくらいです)
パンチェッタをカリカリに炒めて、卵を落としてパンチェッタエッグをつくり、マフィンにはさんだパンチェッタエッグバーガー!美味しいですよ。

Qパンチェッタについて

今度自分でパンチェッタを作ろうと思っているのですが、ハタと思いついた疑問です。
自家製パンチェッタは、はたして"生"で食べることは可能なのでしょうか?
豚肉・・・しかも生だからやはり加熱調理しないといけないのでしょうか?
市販されているパンチェッタには「生ハムのようなもの」と「ベーコンのようなもの」の2タイプあると聞いたのですが・・・。
どうぞよろしくお願いします!

Aベストアンサー

 SPF(Specific Pathogen Free:特定病原菌不在)豚を使えばリスクは減らせると思います。一般に「無菌豚」「クリーンポーク」等と言われている、病原菌との接触を可能な限り避けて育てられた豚です。

 ただ参考URLにもあるとおり、「完全な無菌」ではありません。と殺・解体・流通の段階で病原菌が付着する可能性をゼロにはできないからです。

 個人的には『おお、自家製パンチェッタかぁ、手伝うから食わせてくれ~』と言いたいところですが、こういう場ですから優等生的なお答えをさせていただきます。

 畜肉を生食する以上、ある程度のリスクは回避できません。ノウハウの蓄積のない個人が自作するならなおのことです。自己責任でチャレンジするのであれば、SPF豚を使ってみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://wwwiz.agr.okayama-u.ac.jp/AMQS/josiki/19-9412.html

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q生ハムは、なぜ平気なのでしょうか?

豚肉は、寄生虫が居るから生で食べちゃ行けないと言いますが。生ハムは、なぜ平気なのでしょうか?

Aベストアンサー

豚肉に菌や虫が居るから生で食べてはダメというのは都市伝説だというのを、雑誌か何かの記事で読んだことがあります。
少なくとも日本国内でそのような事例は無いそうです。

生ハムですが、こちらは生と言っても豚肉を塩水に漬け込んだうえに、燻製にしているので純粋な生肉とは意味が違います。

Q干し肉って??

僕は昔から料理が好きです。そこで、何か時間のかかる料理を作ってみたいと思い調べていたところ、干し肉というものを見つけました。これです↓

http://cookpad.com/recipe/1320120

なかなか手が込んでいて、作りがいがありそうな感じですが、そもそも干し肉とは、どのようなものなのでしょうか?
また、この作り方で上手く作れるのでしょうか?
さらに、、、この作り方では、一度も火を通していないみたいですが、食べるときは火を通せってことなのでしょうか?それとも、生ハムのようにそのまま食べられるのでしょうか?

質問だらけですみませんm(_ _)m

また、上記の作り方よりもいい方法を知っている方、教えていただけたらありがたいです!

Aベストアンサー

干し肉…それは文字通りお肉を(塩漬けにしてから)干した保存食、ゲームや小説に出てくる魅惑の携行食、おそらくは生ハムの原形ですっ!


肉食を行う国、特に冬がほどほど厳しいヨーロッパでよく作られていた保存食です。
秋口の終わり、冬越しのためによく肥えた家畜たちの一部を屠殺し、その肉を保存用に加工します。何日も続く一大作業だったようで、作物の収穫と合わせて収穫祭になっている地域もあります。
冬の間は人間の食べるものの確保もたいへんですし、植物がすべて枯れるわけですから家畜の飼料を節約しなくてはなりません。
なので一部は殺して人間の食料にするわけです。
そのうちの一部が干し肉や、干し肉を燻製にしたものです。ちなみに燻製と干し肉の違いは塩漬けして乾燥させたのち燻すかそのまま乾燥で熟成させるかの違いしかありません。
起源はおそらく有史以前からあったはずです。
昔は冷蔵庫などないわけですから、腐りやすい肉の保存性を高めることは重要な課題でした。

話が飛んでいますが、「干し肉といえばこのサイト」というサイト、もうご覧になりましたか?
新・大切なお肉の長期保存(前編)
http://taku3.jh.net/binbo/tpj/200401/#special
新・大切なお肉の長期保存(後編)
http://taku3.jh.net/binbo/tpj/200402/#special
このサイトでは他のページに干し肉の食べ方について載っています。

食べ方に関しては私が好きなデイリーポータルの干し肉記事も。
http://portal.nifty.com/2006/11/29/c/index.htm

まず、ご覧になったクックパッドのレシピ、きちんとしたものだと思います。
レシピの手順には化学的な根拠があります。
たとえば肉の重量に対する塩の量です。ですので正確に測ってください。
「しょっぱいのイヤだ」などという理由で塩を少なくすると肉が腐敗します。塩はあとから抜きますから。
塩を表面にまんべんなくまぶすことで殺菌、浸透圧によって水分を吸い取るなどの作用が働きます。
肉の水分を減らすことで腐りにくくするので、ドリップはお金に余裕があればピチットなどで吸い取れば万全です。

生で食べられるかどうかなのですが、私にはわかりません。
干し肉を作った方のサイトを見ると、豚肉を使ったものでもできた干し肉を加熱しないで口にされている方がけっこういらっしゃるんですよね。
長い間の熟成で殺菌されるからでしょうか。
実をいうと、日本は沖縄以外ではここ80年ほど豚の寄生虫は確認されていないのでさほど神経質になる必要はありません。
が、豚の寄生虫はかなり怖いものなので、回答者としては生のままではお薦めしません。

最後にちょっとしたコツ。
スパイスをたっぷり使うと美味しくなります。
中世のヨーロッパで、もっとも珍重された時期にはその重さと同じだけの黄金と取引されたというコショウは本当に向いています。
あと、できた干し肉を簡単にスモークすると風味が良いです。
空だきしても大丈夫な鉄のフライパンか中華鍋(テフロン加工はダメです)をアルミホイルで包み、ウッドチップを入れて加熱するだけの簡単スモークで充分です。
http://kunsei.livedoor.biz/archives/51454261.html
クックパッドの手順8のあとでスモークしてもいいです。

それから、100円ショップに使い捨てのキッチン用ビニール手袋が売っています。
お肉をさわるときにはこれを使うと良いです。
手は人体でも非常に雑菌の多い部分ですので。
まな板など肉がふれる部分も、使用前によく洗っておきます。

できた干し肉の表面が変な味に感じるのなら、削り落として中だけ頂きます。


この干し肉、日本の気候だと常温保存は向かないようです。
干し肉の保存は低温低湿でないとカビが生えます。日本は一年の大半が高温多湿の国です。
なのでお作りになったらキッチンペーパーでくるんでからラップし、ジップロックにしまうなどよく空気を遮断して冷蔵庫にしまってください。(ジップロック等はにおいを遮断するためです。)

干し肉…それは文字通りお肉を(塩漬けにしてから)干した保存食、ゲームや小説に出てくる魅惑の携行食、おそらくは生ハムの原形ですっ!


肉食を行う国、特に冬がほどほど厳しいヨーロッパでよく作られていた保存食です。
秋口の終わり、冬越しのためによく肥えた家畜たちの一部を屠殺し、その肉を保存用に加工します。何日も続く一大作業だったようで、作物の収穫と合わせて収穫祭になっている地域もあります。
冬の間は人間の食べるものの確保もたいへんですし、植物がすべて枯れるわけですから家畜の飼料を節...続きを読む

Qパンツェッタって何ですか?

パンツェッタってどんなものですか?
(代用品としてベーコンと書かれているんですが)

あと、もし購入できるサイトをご存じの方いましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

一言でいえば「ブタばら肉」の「塩漬け」のことです。

http://www2e.biglobe.ne.jp/~EdelHome/oryouri/recipe4.html ・・・「豚バラブロック塩漬け」の作り方

Qオムレツに適したフライパンの大きさは?

プロの調理師の方に質問です。

オムレツに適したフライパンは何センチくらいですか?

某ホテルでは各自小さめのフライパンを持っていて、オムレツを作りやすいように各自形を歪ませたりして持っていると聞きます。

自分は調理師になりたてで、家で練習用に鉄のフライパンを購入しようと思ったのですが、適した大きさ、厚さがあれば教えてください。


また、客前で華麗にうまく作るコツがあれば教えていただきたいです。

Aベストアンサー

No.1です。

回答へのお礼を読みました。ありがとう

どうして先輩の使っているサイズ計れないかな。
ずっとそこから先輩離れないからかな。

参考意見として書いておきますね。
ずっといないと思うな。休憩時間もあるし
トイレもあると思うんだ。
夜終わったあとも、チャンスあると思うな。
朝早くもあると思うな。^^

貴方があらかじめ、紐をポケッにでも用意しておくんだよ。
で、フライパンの底の直径を、すばやく紐ではかってしまうんだよ。
で、あまったところを包丁で切ってしまうんだよ。^^
そうすれば、サイズわかるでしょ。

それくらい俊敏にしないと、いいコックさんにならないよ。^^
みんな、したっぱのときは、それなりに色々と工夫して
大きくなっているんだよ^^

ではね、頑張ってね。応援しています。
未来の巨匠ーーーーがんばれーーーーー^^


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング