ドイツ周辺の海域で、環境問題のために禁止されていることがあるらしいのですが、いまいちページが見つかりません。
 よろしかったら教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

バルト海に関する事でしょうか?


「禁止」ということが何を意味するのか読解できていない
ながらも、解る範囲で。


もちろん、バルト海の海域水質保全に関する禁止事項は
日本と同じ様なものです。(廃油投棄の禁止や海上での
廃棄物処理等)

この海域に条関しては、複数の国が隣接していますから
それら諸国間の国際合意としてヘルシンキ条約という
ものがあるんですが、この条約では1974年に締結され
1992年に大規模な改訂が行われ、最近でもEUの成立と
共に、主にドイツ辺りが音頭を取って再改訂しようとし
ていますが、

 ○1988年に「1995年段階で、指定47種類の化学物質
  のバルト海への流入を50%削減し、2020年段階で
  全廃する」という合意が為されている。
  なお、47種類はPCB・水銀・富栄養化物質等
 ○原油流出事故防止の観点から、バルト海での
  船舶航行水域の指定、水先案内人採用の義務付け
  二重底タンカーの導入、電子海図の導入、石油汚染
  に対処するための準備措置等をドイツの環境大臣が
  求めています。
 ○条約の大元締めとして、国際バルト海保護委員会
(international Baltic protection commission)
  という物が制定されている。

という特徴があります。


この関連の邦文HPって、殆ど無いかも知れませんね。
有料のではエコロジーエクスプレスというのが存在しま
すが....。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトンネル工事に女性が参加できなくなった時期について

明治期の新聞に、鉄道のトンネル工事の事故現場から、そこで働いていた女性が救出された、とありました。
トンネル工事に女性が入れなくなったのは、いつごろからなのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃったら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

去年だったのか今年だったのは忘れましたが、トンネル工事に携わる女性陣をNHKで放送をされていましたが。
http://www.news-postseven.com/archives/20160319_392145.html
女性の現場監督者もいれれば、現場で肉体を汚して働いている女性もいます。

Q福島第一原発周辺海域の放射線濃度

質問が2つあります。どちらかひとつだけでも結構ですのでお教えください。

(1)時々発表されています福島第一原発周辺海域の放射線濃度なのですが、いつもたいした変化はないようです。普通に考えて外海に繋がっているならばどんどん拡散されていきますので減少していくと思うのです。変化がないということは閉鎖海域で測定しているということなのでしょうか?それとも新たな流出が続いているということなのでしょうか?

(2)除染の作業をテレビで見ますと高圧洗浄器で建物や樹木を洗っています。そこで質問です。洗ったあとどんな作業をしているのでしょうか?

Aベストアンサー

原発から、或いは汚染された地下水から少しずつ現地海域に漏れ出しているでしょうが、海水調査で検出されている放射能は今では殆ど「海底土」から来ているものでしょうね。
海底土に蓄積された放射性物質の由来は、「大気から」と、流出した「汚染水から」の2通りです。
海水に混じった放射性物質は多くが海流によって遠方に拡散され、一部が海底に沈殿してその場に留まっています。
この海底に蓄積された放射性物質が舞い上がって海水中で検出されてます。

今後の魚介類汚染の元と成るのがこの海底土の放射能汚染ですね。

Q技術が発達した現在ではトンネル工事で死人が出ることはないのでしょうか?

TVで黒部の太陽を見てたのですが黒部ダム(黒四ダム?)を建設する時に大町トンネルを貫通するのに苦労し、多数の死人が出たそうですが、技術が発達した現在では大規模なトンネル工事でも昔みたいに何十人も死人が出ることはないのでしょうか?。東京湾アクアラインのような長い海底トンネルでも死人が何人も出たという話は聞かないですしトンネル工事も安全になったのでしょうか?。

Aベストアンサー

シールド工法やコンピュータによるシュミレーション技術は進みましたが、最後の確認をして現場で掘り続けるのは人間ですし、急な出水崩落、火山や温泉帯の場合爆発という危険もあります。厚生労働省の統計のアドレスを載せて置きますので見ていただけるとわかると思います。

参考URL:http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/kouhyo/indexkr_37_3.html

Qドイツ人の環境意識

 ドイツ人の環境に対する意識の高さが、具体的に分かる資料を探しています。インターネットで見てみましたが、検索の仕方が悪いのか見つかりません。なにか良い資料があれば教えてください。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ドイツ、フライブルク市は市民の自然環境意識がたいへん高いところです。
http://www.newsdigest.de/newsde/index.php?cucoaction%5B0%5D=about&option=com_content&task=view&id=660&Itemid=99

ドイツ環境省のHP.
http://www.umweltbundesamt.de/index-e.htm

欧州環境情報
http://www.ido21.com/ido21/report/htm/aoki/ousyu_kankyo.htm

NHKスペシャル(日本とドイツの比較)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080601.html

ドイツにはWindpark(風力発電の風車が何十機もまとまって立っているところが何箇所かあります。ザクセン州のWindparkを去年見ましたがざっと数えても60機以上ありました。また、春はドイツの菜の花(バイオオイル用)で黄色にと黄緑のコントラストがたいへんきれいです。

最近はソーラーを屋根に置く家が増えています。
ドイツは電力会社がソーラーの電力を買い取ってくれます。

ドイツは去年消費者税が16から19%になり、(パンや牛乳等の基本食品は11%)最近のバイオエネルギーの影響でパンは去年より30%くらい高騰し、今牛乳農家が値上げ目的でストをしているので牛乳も寝あがる様子を見せています。
ドイツの郊外に住むと車がどうしても必要です。環境税と最近のガソリン高騰で、燃費のよい車に買い替えたり、車から列車やバスに乗り換える人も増えています。また、灯油も高騰のため、ペレットに替えたり、効率のよい電気のボイラーに買い換えるなど、エネルギー節約はよく話題になります。ドイツ人はよく、「節約は一番の貯蓄」と言います。
また、冬が厳しく長いので、春分~秋分の時期は自然を取り入れた生活を満喫します。都市でも家から自転車で10~15分走れば、公園や自然、芝生のある公共プールがあるのが普通です。

ドイツのごみは各家の前に決められたごみコンテナーに入れ、収集されます。
生ごみは各週1回、紙類は2週間に1回、プラスチックは2週間に1回、燃やせるごみは2週間に1回です。
庭のごみは年に2度、
粗大ごみや大型家電ごみは地方ですと年に2度ほど、家の前に捨てていい日があり、都市では車で決められた収集場所に持っていって、ナンバープレートでその都市の住民かチェックされます。
窓ガラスや薬品や塗料などの問題ごみも収集場所で引き取ってくれます。

使用済みの乾電池はスーパーのレジに収集箱が置かれています。
車のバッテリーはガソリンスタンドに持ち込みます。

生ごみや庭のごみはごみ処理所で腐葉土にされ、市民に低価格で売られたりします。

ドイツでは家電は買ったら、壊れるまで使います。
日本の家電のように一つで多機能という製品は少ないので、修理もわりと簡単ですし、ドイツ製では丈夫です。

ドイツでごみを捨てるのは高くつきます。先日指定のゴミ袋60X100 cmを役所に買いにいったら5ユーロかかりました。

スーパーなどでは、過剰包装の箱など買ってすぐ捨てて行く人もみかけます。

バイエルン州ではマルクトプラッツや祭りでの屋台での紙やプラスチックの食器使用は基本的に禁止されているので、普通の食器にファンドを付けて使われています。

ドイツは5年くらい前に空き缶もファンドにしたら、面倒なこともあって、ほとんど缶を見なくなりました。ビールや水は99%くらいリサイクル瓶入りです。水はリサイクルペットボトルが増えています。
缶ビールや使い捨てペットボトルは駅やアウトバーンのサービスエリアのキオスクにあるくらいです。
缶が出てくる自動販売機はドイツで見たことがありません。自動販売機はタバコの販売機があるくらいです。コンビ二はガソリンスタンドにありますが、日用品はほとんどありません。

ANo.1様の貼られたURLの中にアウトバーンや大学は無料と書いてありましたが、アウトバーンは国民が税金を払っているから無料なのです。また、大学は2~3年前から有料です。

ドイツ、フライブルク市は市民の自然環境意識がたいへん高いところです。
http://www.newsdigest.de/newsde/index.php?cucoaction%5B0%5D=about&option=com_content&task=view&id=660&Itemid=99

ドイツ環境省のHP.
http://www.umweltbundesamt.de/index-e.htm

欧州環境情報
http://www.ido21.com/ido21/report/htm/aoki/ousyu_kankyo.htm

NHKスペシャル(日本とドイツの比較)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080601.html

ドイツにはWindpark(風力発電の風車が何十機もまとまって立っている...続きを読む

Q井荻トンネル工事の車線規制は終了しましたか

 井荻トンネル近隣住民ではないですが8月か9月に利用予定あります。埼玉から中央道へいくのに、大泉ICからカンパチ-甲州ー調布IC
と行きたいです。車線規制は平成17年3月20日~平成18年6月までということでしたが、工事完成して車線規制は終了したのでしょうか。東京都建設局のサイトではどこにも「工事完成」との記述はありません。
 5/28に南田中トンネル完成とのことですが、これは建設局に問い合わせたら、井荻トンネル工事の車線規制とは別とのことでした。

Aベストアンサー

工事はわかりませんが、私はいつも埼玉から中央道へ行くのには、大泉--石神井公園のほう--富士街道--田無--武蔵境通りで調布に行きます。
(環八を通る理由があるのなら失礼いたしました。)

Qドイツと日本の環境対策の比較

私は環境問題について調べようと考え、
日本と他の国1国を比較しようと考えました。
そこで…
環境対策がとても進んでいるドイツと
ここ数年間で環境問題に取り組んできた日本を
比較しようと決めました。
主にエコ(リサイクル)に視点をあてて
レポートを書こうと思ったのです。

がしかし、どんなことを書けばいいか、
どんな本を参考資料にすればいいかが
よく分かりません。
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

ハッピーキャンパスの中に、
日本とドイツの環境対策を比較したものがありました。http://www.happycampus.co.jp/docs/983431497801@hc05/3639/

あとは、ちょっと古いデータになりますが、
環境省のこんなサイトもありました。http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=174

Q1年前の倉敷市海底トンネル工事中の大事故のその後

一年程前岡山県倉敷市で最大手ゼネコンの鹿島が元請の海底下トンネル工事で大事故があり何人もの作業員が犠牲になりました。海底下の事故であり当時は何もすることが出来ず、その後海底を浚渫してシールド機(トンネル掘削機)を取り出すことになり、 一ヶ月ほど前やっとシールド機が海上へ引き上げられたとの簡単なニュース記事をインターネットで見ました。

私自身以前ゼネコンに勤め大小いろんなタイプのトンネル工事に従事しましたが、現在は転職し海外在住です。このような次第でこの事故原因解明には大きな関心がありますが、やはり鹿島も自社の汚点になるような情報はあまり出したくないと見え同社のホームページを見ても事故原因については触れられていません。もしどなたか情報があれば教えていただけるとうれしく思います。特に以下の点に関心があります。

1)シールド機が回収されて一ヶ月位経ったと思いますが、原因については何か分かってきているのか?
2)事故当時安物の韓国製セグメント(トンネル掘削後取り付けられるコンクリート製の板)が原因のように言われてましたがこれについてどうなったか?
3)事故当時行方不明作業員が全員は見つかってはいなかったと思いますが、こちらのほうはどうなったのか?
4)事故の起きたトンネルの代替のトンネルは掘られたのか?
5)鹿島は事故の後役所の指名停止や、労基からの処分をうけたのか?

その他お知りのことがあれば教えてください。どうかよろしくお願いします。

一年程前岡山県倉敷市で最大手ゼネコンの鹿島が元請の海底下トンネル工事で大事故があり何人もの作業員が犠牲になりました。海底下の事故であり当時は何もすることが出来ず、その後海底を浚渫してシールド機(トンネル掘削機)を取り出すことになり、 一ヶ月ほど前やっとシールド機が海上へ引き上げられたとの簡単なニュース記事をインターネットで見ました。

私自身以前ゼネコンに勤め大小いろんなタイプのトンネル工事に従事しましたが、現在は転職し海外在住です。このような次第でこの事故原因解明には大き...続きを読む

Aベストアンサー

ttp://www.geo-yokoi.co.jp/News/Mizusima_Sield.htm
水島シールド事故の教訓
(13/08/28)の図
筆者による考察

ttp://www.asahi.com/area/okayama/viewphoto_okayama.html?area-pg/OSK201308240091.jpg
シールドマシン内側より
ttp://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2013/08/23kurashiki/
シールドマシン内側より

Qドイツの環境政策について

ドイツの環境問題に対する政策や考え方などについて、情報やURLを教えて下さい。特にごみ問題などに関して。

Aベストアンサー

ゴミの分別については幼稚園から教育されていますネ。幼稚園児が分別の勉強をするのです。環境保護について家庭教育も徹底して行なわれますし、地域社会でも真剣に厳しく行なわれています。
ドイツだけではなく、ヨーロッパ全体に共通しますが、使い捨ての容器は非常に高い値段設定となっており、何度も使えるものが中心となっていますし、過剰包装などはお目にかかることが非常に困難ですネ。
また、欧米全域に共通することとしてはティッシュペーパーが非常に高いということも挙げられるでしょうか。これは再生利用することができない紙資源であることから、日本の何倍も(日本円で千円程度)という価格とされているのですネ。日本のティッシュペーパーが安いのは環境意識からすると非常に低レベルであると言えるでしょうネ。
ゴミの分別がきちんとされ、そして、有害廃棄物の管理は政府の手で完全に行なわれています。
PCBなどの難分解性の有害廃棄物はシェルターの中にきちんと管理されていますし、他の廃棄物もどの区画に何がどれだけ、どのように置いているかが把握されています。これは、将来、処理技術が確立されたときにきちんと処理できるようにという考えに基づいたものですネ。オランダやベルギーなどでも実行されていますネ。
一度日本の都道府県庁に行って、ゴミ埋立地のどの区画に何が埋まっているかを聞いてみてください。悲しいことですが、日本の自治体で答えることができるところは全く無いことは自信を持って言えます‥。
高級車であるベンツでもタイヤやバンパーをはじめとする非常に多くの部分がリサイクル品となっています。というよりも、リサイクル品を使う義務があるのですネ。
分別できるものは分別し、リサイクルできるものは徹底的にリサイクルするというのが基本となっていますネ。
URLなどは多数の回答が寄せられるでしょうから、自分の目で見てきたことについて述べてみました。
以上kawakawaでした

ゴミの分別については幼稚園から教育されていますネ。幼稚園児が分別の勉強をするのです。環境保護について家庭教育も徹底して行なわれますし、地域社会でも真剣に厳しく行なわれています。
ドイツだけではなく、ヨーロッパ全体に共通しますが、使い捨ての容器は非常に高い値段設定となっており、何度も使えるものが中心となっていますし、過剰包装などはお目にかかることが非常に困難ですネ。
また、欧米全域に共通することとしてはティッシュペーパーが非常に高いということも挙げられるでしょうか。これは再...続きを読む

Q夜間のトンネル工事について

 市が発注するトンネル工事で24時間作業することを考えています。しかし、騒音規制法では特定建設作業を実施する場合、24時間の作業は認められていません。そうなると24時間作業はできないのでしょうか?高速道路の建設などは24時間やっていると思うのですが・・・どうか宜しくお願いいたします。(作業地域は騒音規制法の第3種地域です)

Aベストアンサー

法律の専門家ではないので、意見です。
トンネルの中は、ある意味治外法権的な面があるので厳密には関係ない部分がありますが、一応、地上と同じ法律を適用するのが通常でしょう。

24時間作業については、シールドマシンをゴリゴリしてダンプが昼間と同じように往来する作業は、やってはいけません。

24時間の作業は、内装などの計装作業に限られます。 つまり17時に入坑して朝までトンネルから出ないような作業に限られます。

住民には、安眠を邪魔しないほうが懸命です。意義を唱えられると作業がとまりますよ。

Qドイツの失業者、環境対策

ドイツでは失業者に環境保護の職を与えているそうです。
そのことについて知っている方がいらっしゃれば
是非、詳細を教えて下さい。
あと、ドイツ等がそのほかにも面白い環境保護の    取り組みをしていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

あんまし詳しくないんですが、以下のサイトが、ドイツの環境への取り組み
を紹介したものとして、素晴らしいように思います。

ドイツ環境情報のページ
<URLは下>

ここを参考にして調べてみたらいかがでしょう。

参考URL:http://www.tiara.cc/~germany/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報