最新閲覧日:

なぜ、(自己)満足しようと思うのでしょうか。

漠然としていて、申し訳ございません。このことに関しては、自分自身、どう思っているのかわからないので、コメントは控えます。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (43件中41~43件)

●人間にある欲求がなぜあるのか?と問うなら


 それは 命の進化の過程で必要なシステムだったからだとおもいます。

 自己満足の考察・・・。
 自己満足という視点で物事をとらえる事も必要です。
 しかし他者の欲求(自然も含む)に耳を傾けてとらえることも また同じくらい必要です。
 農業や漁業・畜産などは その対象の欲求に敏感でなければつとまりません。
 たとえば 稲作とは自己満足ではなく 稲と田んぼ(自然)の
 満足を聴いてはじめて成就する作業といってもいいでしょう。
 料理であれば 自己満足ではなく「素材の滋養をいかに引き出すか」を
 自分の身体と料理の素材に聴かなければなりません。
 自己満足とは自己への考察でとても大切なことですが
 「生きる」とは 地球生命系の一員としてふるまうことだと知ることこそ
 より高い(永続性がある)ことをわかるべきなのです。
 そのためには他者(自然も含む)に耳を傾ける必要もあるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chihokoさん、ありがとうございます。
自己満足には、自己というファクター以外に他者を考えなければいけないということですね。

しかし、どうなのでしょうか。自己を満足させるために、動物は本能で狩りをすることは他者との共存にあるのでしょうか。人間の場合は、生態バランスを変えてまで(森林伐採、水質・土壌汚染etc)、自己満足を追求しているのではありませんか?

お礼日時:2002/02/12 20:13

それはそうしたくなるように人間が作られているからだと思います。


(と、言ってしまったらそこで終わりかな・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

intedさん、ありがとうございます。
哲学の究極解、それは自己満足だということですね。経済学も欲求がキーポイントなんですよね。経験論や合理論、いろいろな理論、複雑で理解困難な理論も自己満足という言葉には全くの無意味ですね…

お礼日時:2002/02/10 04:52

 自己満足は、欲望の冴えたるものです。


 煩悩に支配された欲望は、歯止めが利きませんが、そこを制御するのが智慧でしょう。
 これで宜しいでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

odd-artさん、ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/10 04:47

このQ&Aに関連する最新のQ&A

←前の回答 1  2  3  4  5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ