最新閲覧日:

ずっとボールペンを使用してきましたが最近、万年筆が欲しいと思うようになりました。文房具店で見ているのですが、ボールペンで書くのと大差ないか・・・とか思って迷っています。

もし買うなら1万円くらいを考えています。万年筆について何でも教えて頂ければ助かります。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

『趣と気品』



流れるような筆致は他には毛筆くらいしか思いつきません。優雅な様が優れているとおもいつつ・・・憧れの対象になりうると思います。
そのぶん、扱いの面倒は我慢しなければね。

この回答への補足

万年筆が欲しいけど、ボールペンと大差ないかも・・・と買うことを迷っていましたが、絶対買うことにしました。万年筆の魅力を教えて下さった皆さま、有難うございました。せっかく回答して頂きましたのに、ポイントお付け出来なかった方は申し訳ありません。今後共宜しくお願い致します。

補足日時:2002/02/11 03:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shu_sさん、いつもお世話になりまして有難うございます。

主婦の立場では高級品も買えませんが、何十万もする(何百万?)万年筆もあるでしょうから、まさに『趣と気品』がぴったりですね。

キャップをはずし本体に重ねて、金色のペン先を見ながら書き始める・・・この一連の動作が優雅ですよね~。ボールペンでは味わえない趣です。

流れるような筆致ですか・・そこまで自分の手に馴染んでくれたら、手放せないことでしょう。ボールペンでは流れるような筆致という表現は、ピッタリこないですよね。

回答して頂きまして、本当に有難うございました。今後も宜しくお願い致します。

お礼日時:2002/02/11 03:48

一番良く耳にするのはインクの退色が少ない、という事でしょうか。


ボールペン等は、時間が経つと構成している色素が分離していくそうです。
ろ紙の実験みたいな感じでしょうかね…
なので、保存する期間によってはは万年筆で書くものがあります。

それと万年筆は書き癖によって調整してくれるところがあるので、
(書き癖を踏まえた上で、書き易いようペン先を調整してくれる)
私も少しづつヘソクリ中です。でも矢張り高いですね!
オーダーだと安くて4万くらいからかなあ(ちょい悲)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂いて有難うございます。やっぱり保存には万年筆なんですね。

オーダーだと安くて4万円!ですか。う~ん、オーダしたら書き易いだけでなくメチャクチャ愛着湧くでしょうね。やっぱりペン先は24金なんでしょうか。ちなみに私が考えてる1万円のは18金で、5000円のは14金でした。

書き癖をペン先が調節してくれる万年筆って、すごいですね。万年筆で字を書いたら「8」の実力を「10」に見せてくれそうな気がするんですけど、どうですか?(^^)
rosso_catさん、有難うございました。又宜しくお願いしますね。

お礼日時:2002/02/11 03:04

書きごこちが随分違うと思います。



ボールペンは立てて(紙に対して垂直に近くして)ある程度力をいれて書きますが、
万年筆はかなり寝かせてあまり力をいれずに書くと思います。

あと、ボールペンはさかさまにすると書けないが、
万年筆はさかさまでも書けないって話もあります。
(寝転がって書ける)
今試したら最近のは書ける種類のもあるようでしたけど(^^;
万年筆は毛細管現象でインクをペン先に運んでいるので書けるという雑学的な話ですが。


あとは、万年筆はインクを選べるというのが利点と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

terra5さん、回答して下さって有難うございます。

ボールペンは万年筆より下のほうを持って書くような気がします。それだけ力を入れて書かなければいけないってことで、万年筆の方が軽く書けるようです。という事は字が書き易いということに繋がるんでしょうね。(私も寝転がって書いたら書けました^_^)

万年筆で書いたハガキのお礼状とか頂くと、何か字が上手に見えるんですよね。それも万年筆購入しょうかなと思った動機なんです(^^)

>インクを選べる< そうですね。ブルー、ブルーブラック、ブラックがあるみたいです。昔はインクってブルーだけでしたよね?
有難うございました。また今後共よろしくお願い致します。

お礼日時:2002/02/11 02:35

普段は万年筆と鉛筆を使い、ボールペンは事務的な仕事の時にのみ使っているものです。

万年筆は自分好みの書き味にしていくことができるというのは下の方の書かれている通りです。で、もう一つの利点を書きましょう。

もうずいぶん過去のことですから、今はボールペンのインクが改良されているかもしれません(だから「自信なし」です)が、以前はボールペンで書いたものは数年たつと流れ出しました。つまり、書いた通りに紙に定着せず時間がたつと内容が判読できなくなっていくのです。丁寧に保管しておいても同じで、保存性に欠けていたのが従来のボールペンでした。当時と今では技術の進歩がありますから、もはやそのようなことは少ないと思われますが、残す必要のある書類だと万年筆の方がまだ安全です。

万年筆のインクの場合は、数百年の歴史があって色は薄くなっていきますが、インクが流れて字が読めなくなるようなことは無いと確かめられています。また、丁寧に扱う限り、鉛筆の定着性も高いです。もっとも、歴史的に定着性が高く、ほぼ確実に残るものは毛筆で書いた墨でしょう。こちらは二千年以上も残ってきた実績があるわけですから・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

aminouchiさん、早速のご回答有難うございます。なかなか高尚な内容の回答を書いて頂いて恐れ入ります。御礼文も気を使います(^^)

昔のボールペンって字を書いているとインクのカスが付くので、ペン先を指やティシュで拭って・・・ってしてませんでしたか?その頃からすると格段に進歩したなって思います。保存性もよさそうですし、昔に比べたら書き味が数段よくなりましたよね。

私の場合、手紙とか平凡な日記を書くぐらいなので、保存性とかはそんなに問題ではないんですが。ボールペンのお手軽さもいいけど、万年筆のキャップをはずして、本体のお尻に差し込んで・・・と言う作業が「サァ、書くぞ」という気にさせてくれて、尚且つ格調高くもあり、万年筆はなんか魅力がありますね。

墨は二千年以上、万年筆のインクは数百年も保存性があるなんてすごいですね。お陰様で勉強になりました。

お礼日時:2002/02/11 02:05

万年筆は書く角度、力の入れようで字の太さや流れが変わりますので、色んな線のパターンで書けたりします。



でも、一番の特徴は使ってるうちに自分の癖が付いてくることでしょうね。
使い始めのころにしっかりとした書き方をしていて、他人に貸して変な癖が付いたなんてこともなく、自分の手になじめば非常に書きやすく、余計な力もいらないという心地良い状態を味わえます。
ほんの安物なら別ですが、1万円も出すなら十分まともな万年筆に巡り会えると思いますよ。上を見ればきりがないですけど。

学生時代から愛用してきた(時々メンテナンスにも出してた)万年筆が数年前に寿命になったときには、本当にめげちゃいました。心なしか文章もうまく出てこないような気もしましたし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hatsushioさん、早々とご回答頂き有難うございます。力加減だけでなく、ペン先の向きによっても線の感じが違ってくるのですね。う~ん、深いですね万年筆は。

ボールペンなら気楽に人に貸してあげるけど、万年筆はヘンな癖をつけたくないから貸したくない気がします。自分の癖がついた自分だけの手に馴染んだペン・・・なんか重みがありますね。

1万円ならまともな万年筆に巡り会えるんですね?なら安心です。価格もピンからキリまであるけど1万円位のを使ってみて、良かったら次はもう少しいいのを買いたいなとか思ってるんですよ。

hatsushioさんの最後の3行を読むと、万年筆って愛着が湧くみたいですね。ボールペンでは考えられないです。愛着の湧く品物ってそう無いから、やっぱり万年筆購入することに決めました。本当に有難うございました。

お礼日時:2002/02/11 01:10

万年筆は、ボールペンと違い力加減で微妙に太さが変わるらしいです。


英語の筆記体とかで変わってくるみたいです。

僕は学生のとき、正式な文章は万年筆で書け!と教えを被ったので履歴書などは万年筆で書くようにしてます。分かる人が見ればわかりますし。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

myu2001さん、早速のご回答有難うございます。力の加減で太さが変わるんですね。ボールペンはさすがにそこまで、繊細な線は出ないです。英文を万年筆でサラサラと書くなんて、カッコいいですね。憧れます(^^)  「正式な書類に万年筆」・・・万年筆はフォーマルウェアーで、ボールペンは普段着といったところでしょうか。見る人が見れば分かる・・・成る程。参考になる事をいろいろ書いてくださって有難うございました。

お礼日時:2002/02/11 00:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報