近々レーシックの検査に行く予定の者です。
現在の視力は0.01~0.03位で、以前からコンタクトやメガネを作るとき、「強い近視で乱視ですね」と言われています。
レーシックについて調べていると、角膜の薄い方や強度近視の方は不適応となる事を知りました。
この事でとても不安になったのですが、近視の強さと角膜の厚さは関係あるのでしょうか?例えば近視が強いと角膜が薄くなるなど・・。
検査のときに直接聞けばよいのですが、検査まで後2週間、気になってしまったので・・。
小さい頃から近視が強かったので、角膜が薄くてレーシックが受けられないのではと心配です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

レーシックは角膜を削り、矯正する手術なんですね。



角膜をエキシマレーザーというレーザーを照射して削るのですが、近視の度数によって削る量(厚さ)が変わります。

簡単に言えば近視度数の強い人ほど角膜を削る量は多くなります。これが質問者さんの心配される

「角膜の薄い方や強度近視の方は不適応となる事を知りました。」

なんですね。

角膜の厚さというのは人それぞれ違いますし、検査で計測してみなければわかりません。近視度数が強くても、その分角膜が厚ければレーシックはできます。レーシックが不適応でもラゼックやPRkという術式ならばOKの場合もあります。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/lazek/
    • good
    • 0

質問が投稿されてからかなり時が過ぎてしまっておりますが、「角膜が薄い」と検索された方もいらっしゃることと思いますので回答させていただきます。



レーシックは角膜にレーザーを照射して削ることによって、近視・乱視を矯正する手術です。

レーザー照射による角膜を削る度合は、近視度数によって変わります。
もちろん近視の度が強い人ほどたくさん削ることになります。

『角膜が薄い』とは近視を矯正する際に対しての角膜の厚さの不足ということになります。

私は、大手クリニックで角膜厚不足のためレーシック不可でしたが、ナチュラルビジョン高輪クリニックでLASEKなら可との診断をもらいました。

私の体験談です↓↓↓
角膜が薄いからとレーシックを拒否された!→イントラレーシック/エピレーシック/PRK/LASEKラゼック 強度近視矯正へのチャレンジ  【レーシック体験談】

参考URL:http://blog.livedoor.jp/prk2009/
    • good
    • 0

近視の度数と角膜の厚みは関係ないと思います.



ただし,レーシックの場合,近視の度数に比例して,角膜の切除量が増加します.
またレーシックを受けるに当たっては,術後の角膜厚が400μmまたは角膜残存ベッドが250μmなければならないという基準があります.
強度近視の場合は,切除深度が深くなるため,これらの基準を満たしにくくなり,レーシックの適応外となる確率が高くなります.

そのほか,術式やクリニックで用いているエキシマレーザーの器械によって,適応は多少差があると思います.
    • good
    • 0

角膜が一定の厚さがないとレーシックは受けれません。


どの病院でも!!
世界最高峰の品川近視クリニックで
僕は受けましたが、強度の近視でしたが受けれました。
近視の強い人は角膜が薄いというのは本当でしょうか?
怪しいです。
僕も、30センチか40センチ先の新聞が読めないくらいの
悪さでしたが、角膜の暑さは全く問題なかったです。

ちなみに、、ちなみに受けるなら
品川近視クリニックが良いです。
20万ですし、世界最高峰です。
    • good
    • 0

私は、強度の近視・乱視で角膜も薄目でレーザー矯正術が受けられませんでした。


レーシックでは、
フラップが薄い方法、照射半径が小さい方法、角膜温存の方法、
全て残存する角膜が不足するため不適応となりました。
PRKでは、
片側0.4くらいならぎりぎり矯正可能と言われました。
いろいろと検討し悩んだ末に、
眼内コンタクトレンズ挿入術を受けました。
費用は数段高くなりますが、
レーザー矯正術が受けられなくても他に手段があることをお知らせしたくて書き込みします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お礼の記入が遅くなり申し訳ありません。
回答者様は眼内コンタクトレンズ挿入をされたんですね!
名前だけ聞くと、とても怖い手術にも聞こえますが・・・(>_<)
しかし、レーザー以外にもいろいろな方法がある事がわかり少し安心できそうです♪ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/18 18:58

基本的に近視が強い人は角膜が薄いですね。


そして角膜がうすくて手術が出来ません。と断る病院はそれに対応している機械が無いからです。
角膜が薄くて乱視、近視がつよくても手術は出来ます。いろいろな病院を回ってみてください。ただし角膜が薄くて乱視、近視が強い場合金額は普通の人より遙かに高い事があります。私も質問者さんと一緒で角膜が人以上に薄く乱視、近視が強くて普通の方の手術費用とは3倍くらい違いました。そして角膜が薄い人がする場合のデメリットとして二度目の手術ができない可能性もあります。十分気をつけてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
近視の度合いと角膜に関係があるにせよ、角膜が薄くてもできる手術がある事が分かり安心しました。
費用がかかる事は仕方ないですね(^^;)とりあえず検査に行ってみます♪

お礼日時:2006/05/14 21:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q角膜内皮細胞数について…医師に少ないと言われ不安です。

23歳、女です。

今日、眼科へ行きハードコンタクトレンズを作ってきました。
ハードコンタクト歴は5年です。
その際、初めて角膜内皮細胞数を検査しました。

そうすると、
両目共、2750mm2でした。
コンタクト利用には問題はないけど、
数は少ないとすごく深刻そうな表情で言われました…

20代の平均は3000mm2で、300mm2も少ないと驚かれました。

余りにも深刻そうな表情で言われたので、
とても心配です…
2750mm2はとても少ないのでしょうか?
数字だけで見たら、たったの300くらい…と思ってしまいます;

今後の為、
コンタクトの使用をしないのが1番なんでしょうが…
メガネだと色々不便なこともあり、
毎日しなければならない状況です。

まとまっていませんが…


1.今後、角膜内皮細胞数を減少を防ぐにはどうしがらいいでしょうか?

2.私の角膜内皮細胞数は医者が深刻な表情をするくらい、
 危険な状態なんでしょうか?


よろしくお願いします!

Aベストアンサー

人生ほとんどのハードコンタクトレンズ・ユーザーです。
患者に不安を抱かせる医師って言うのも ちょっと問題ですね。^^;
私の角膜内皮細胞は もっとずっと少ないですけど眼科医にも検眼師?にも驚かれたこともないですし 至って普通の対応です。^^

2750mm2あれば 全然問題ないです。
コンタクトレンズ使用されるのに問題はありません。
強いて言えば コンタクトレンズ暦と年齢的にやや少ないないのは確かですので コンタクトレンズ使用には注意が必要です。

角膜内皮細胞は 加齢・酸欠・手術や怪我などでも死滅します。(一度死滅した角膜内皮細胞は再生しません。)
生後間もない赤ちゃんで5000mm2→成人で3500~3000mm2→100歳で2000mm2位と言われ 概ね角膜内皮細胞数が1500mm2を切るとコンタクトレンズの装用禁止という医師は多いと思います。 

角膜内皮細胞数の減少を遅らせるために 高酸素透過性ハードコンタクトレンズを使用され 帰宅したら外し眼鏡にするなどして 装用時間も短くされるようお薦めします。

Q眼鏡市場とJINSどちらがオススメですか?

私はド近眼で度数は0.02なのでメガネをかけると目がかなり小さくなってしまいます。
新しいメガネ購入で眼鏡市場とJINSで悩んでいます。

●少しでも目が小さくなるのを防ぐための非球面レンズのものししようと思っています。(良店とも非球面レンズ仕様で薄型も追加料金かからず出来るとみたので)
●Hatchでメガネを買ったら2年弱しかたっていないのにフレームが歪みメガネが下がってきてしまいます。
ネジを閉めてもらってもフレーム時代の問題だと言われたのでフレームもそれなりの強度がほしいと思っています。

このふたつの条件でしたらどちらがオススメですか?

また他におすすめのショップがありましたら教えてください。
予算は20000円です。

Aベストアンサー

セルフレームにプラスティックレンズなら2年は寿命です。一流レンズメーカーでもレンズのコーティングに寿命がある。
予算2万円で、JINSなら安けりゃ5本、高くても2本買えますので、
1年に1本買い換えるか、同じ度数で2本作って交互にかければ2倍以上持ちます。そっちのほうがおしゃれでしょう?壊れた時の予備にもなるし。

眼鏡は視力補正器具なので、高ければ長く使えるものじゃないのです。視力は刻々と変化し、レンズは拭けば拭くだけ、拭かなくても顔の油た加水分解でどんどん劣化する。マメな視力検査とメンテとレンズ交換は必要。
安売り系のメガネショップは、その買い替えサイクルを短くして、いつも調子の良いメガネを安定して買い替えできるように大量生産で安価で安価に提供できる、
今までの同じ店に数年おきに通い、メンテなどのサポートを受けるリピーターで成り立つ眼鏡店の、高額な眼鏡とは考え方が違うのです。

正直、JINSのショップと店員の知識サービスはあまりよくありません。でも、商品はかなりいいです。開発力と品質が高い。でも寿命は短い。
眼鏡市場は店員はJINSより大分マシですが、フレーム品質があまりよくありません。値段なり。
どちらも非球面レンズにしても追加料金はかかりませんから、まともな眼鏡店で買うよりレンズ+フレームで1万以上安く済むと思います。

ちゃんと眼科行って、処方箋を出してもらって、自分にフィットする眼鏡を自分で選んだら、どちらの店でも、かなり快適な眼鏡を作ることができます。
その店頭サービス料が安いのです。
自分で知識を持ち選べるならJINS、それなりサポートがほしいなら眼鏡市場になると思いますが、
2万円だとフルサービスのサポート技術料は含まれていないと思ったほうがいいです。

セルフレームにプラスティックレンズなら2年は寿命です。一流レンズメーカーでもレンズのコーティングに寿命がある。
予算2万円で、JINSなら安けりゃ5本、高くても2本買えますので、
1年に1本買い換えるか、同じ度数で2本作って交互にかければ2倍以上持ちます。そっちのほうがおしゃれでしょう?壊れた時の予備にもなるし。

眼鏡は視力補正器具なので、高ければ長く使えるものじゃないのです。視力は刻々と変化し、レンズは拭けば拭くだけ、拭かなくても顔の油た加水分解でどんどん劣化する。マメな視力検査とメ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報