2月9日に質問したのですが回答、アドバイスが得られなかったのでもう一度お願いします。
半年前にバイクで転倒し、左上腕骨大結節頚部を骨折、その上腕骨頭が縦にも骨折しその骨片が3mm(X-P上)飛び出していましたので、肩関節が外転ができるようになった時その骨片が邪魔して腕が挙がらない時は肩関節の骨を削らなければならないと説明を受けていました。治療は三角巾とバストベルトで固定を一ヵ月半くらい、その後 3回/週=リハビリを始めて6ヶ月近くになりました。肩関節屈曲は
他動的に160度くらいできるのに外転が進展しないのでやはり骨片が邪魔しているかも..とのことで「ストレス検査」を受けることになりました。ストレス検査のこともよく解らないのですが、それ以上に肩のほうの骨を削ることになると不安がいっぱいです。関節上結節のあたりを削るのでしょうか?その後際立つ後遺症のようなものはでないのでしょうか?骨を削られる手術を体験なさった方にもアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

先回の質問時は整形外科専門医の回答と指定されていましたので回答を躊躇していました。

あまり役には立ちませんが、一部情報を載せます。

ストレス検査のことですが下記URLに情報があります。
http://ortho.med.nagoya-u.ac.jp/jasou/example/sh …
一般的にストレス検査とは『外からの負荷(=ストレス)』時の関節の挙動を観察するもので、観察の方法は目視だけのこともあれば超音波やXp、場合によっては内視鏡などを用いることもあります。内視鏡の場合にはもちろん手術に準じた準備が必要でそれであれば不安もよくわかります(方法が記されていませんでしたので一般論です。)

削る箇所というのはそれこそそのストレス検査での所見次第でしょう。可動域が広がる効果を求めてのものですから、後遺症に関しては教科書的なものでは神経の圧迫症状が残存する(現在ないものであればまず心配なし)くらいだったかと思います。ただ可動域が十分に大きくならない可能性はありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shu_s さま
早速ご回答をありがとうございました。感謝します。ご指示のURLにアクセスし印刷しましたので今から読んでみます。2月20日にX-P下で主治医がしますとだけお聞きしてますので、shu_sさんの回答から他動的に動かしながら検査をされるのだろうと予測がつきました。現在、肩関節外転90度のところで外旋させながら挙上すると可動域が拡大するのですが前方によってしまいます(素人の表現でまずい表現ですが)。肩関節周辺の軟部組織の癒着があるので時間をかけてほぐしていきましょうと言うPTさんのアドバイス受けながら頑張っていたのですが。受傷時から患側の指の腫れぼったさはありますが動かしているとすぐに消失、しびれ感などはありません。まだ筋肉が十分に伸びていないので骨片3mmがどうにかならないかと考えていましたのでショックで弱気になり風邪をひき熱発してしまいました。お忙しいなかのご回答本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/11 00:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上腕骨外側上顆炎・内側上顆炎(テニス肘)

上腕骨外側上顆炎・内側上顆炎(テニス肘)

友人の話です。
テニスはやってないと思うのですが、病院で上腕骨外側上顆炎・内側上顆炎
と診断され、仕事にも支障が出て困ってます。
今の所、治療は注射と飲み薬だけですが、かなり痛いようで
仕事も休むような事態になりかけてます。

調べてみたら冷やしたり、安静にしつつもストレッチが大事とありました。
それ以外に何か痛みが取れるいい方法があれば教えてください。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>上腕骨外側上顆炎・内側上顆炎(テニス肘)

一般的には上腕骨外側上顆炎をテニス肘またはバックハンドテニス肘、上腕骨内側上顆炎をゴルフ肘またはフォアハンドテニス肘といいます。 “テニス肘” いいますが実際は介護、土木、スーパー陳列や運送など荷物の上げ下ろし、乳飲み子を抱えた母親に多いですね。

今はお薬のみですか?電気などのリハビリはしていませんか?やはり毎日使うところなので、痛みが無いように使うというのがもっとも大切です。手のひらを上に向けるというのは一般的ですし、痛い動きはなるべく他人に手伝ってもらうなど、いろいろ工夫してみましょう。

病院では注射、ぬり薬、シップ、電気などのリハビリですね。リハビリは一回の効果が薄いので、重ねることがもっとも大事です。週三回以上できれば毎日通いましょう。エルボーバンドは処方されませんでしたか?処方されていないなら聞いてみましょう。注射もステロイドだと思いますが、ステロイドにも種類があります。効き目のよいものもあるので相談してみてください。

あと、個人的にお勧めなのは鍼治療です。これは結構有効的ですので、興味があればやってみてください。鍼は週一回ほどで十分だと思いますが、一回二回の治療で治るものではありません。これもほかの治療同様、根気よく通ってください。できれば、病院の治療と平行して行ったほうが効果的だと思います。


>調べてみたら冷やしたり、安静にしつつもストレッチが大事とありました。

冷却とはケガ直後の処置です。冷やしすぎは患部の血行不良、痛みの悪化を招きますから行わない方がいいでしょう。加温、冷却にとらわれず保温に努めてください。テニス肘は一年近くかかる患者さんがほとんどです。焦って悪化させることが無いよう、気長に治療に取り組んでください。

>上腕骨外側上顆炎・内側上顆炎(テニス肘)

一般的には上腕骨外側上顆炎をテニス肘またはバックハンドテニス肘、上腕骨内側上顆炎をゴルフ肘またはフォアハンドテニス肘といいます。 “テニス肘” いいますが実際は介護、土木、スーパー陳列や運送など荷物の上げ下ろし、乳飲み子を抱えた母親に多いですね。

今はお薬のみですか?電気などのリハビリはしていませんか?やはり毎日使うところなので、痛みが無いように使うというのがもっとも大切です。手のひらを上に向けるというのは一般的ですし、痛い動きはな...続きを読む

Q要介護度5の祖母が 大腿骨 骨頭の骨折をしました。

要介護度5の寝たきりになり5年経つ84歳の祖母がいます。
意思表示は2日に1回ほどのうなずきや首ふりと、手を振りかざして苦痛などを訴えるくらいです。
認知症の可能性もあります。

昨日の昼、ベッドから落ちた祖母を病院に連れて行き先生に診ていただきました。
先生が足を曲げてもまったく痛がる様子もなく「きっと大丈夫ですよ」とおっしゃっていただいたのですが、念のためのレントゲンを撮ってみると、大腿骨と股関節の間の骨頭が骨折していました。
先生は「手術という方法がある。でもそれは高齢の方には肺炎などの感染の可能性が非常に高くて、手術しなければよかったと言うご家族の方が多いです」
あとで看護婦さんが、無理に手術せず安静を保つのがいいのでは、といった感じのことをおっしゃってくださいました。

脳梗塞により寝たきりになり、リハビリ開始も数年後だったのでだいぶ遅かったのですが、1年近くリハビリを続けて少しずつですが変化が見られました。
特にこの2週間は驚くほどの動きを見せたりと、それはすごく不思議だったのですが、そんなときにベッドから転落してしまいました。

今回手術を受けるか受けずにそのまま安静にするのか、迷っています。
手術をしなかった場合、祖母が頑張ってきたリハビリなどの動かしを安静にしたあとも、数か月経ったとしても、控えることになるのでしょうか。
いろいろ調べたのですが、手術をしてもしなくても痛みは残るということなどが書かれてありました。
先生は、痛みは個人差なのでわからないとのことでした。
手術後と、手術しなかった後と、どうなるのかがあまりわかりませんでした。
これからもずっと寝たきりであろう祖母にとって、どちらがより少しでも楽な選択なのか、ご意見いただけないでしょうか。

本日また病院へ行き、大腿部以外のレントゲンを撮り、足を引っ張り、1週間~2週間ほど入院する予定です。
手術は今日明日で早急に決めなくてはならないこともないそうですが、入院中に判断するつもりです。

医療のこと、骨折の痛みさえ私にはわからず、的確な祖母の意思確認も難しく、これから先の生活がかかっているのではないかと思うと判断に自信が持てず困っています。
どんなことでもけっこうですので、どうか、どうかよろしくお願いいたします。

要介護度5の寝たきりになり5年経つ84歳の祖母がいます。
意思表示は2日に1回ほどのうなずきや首ふりと、手を振りかざして苦痛などを訴えるくらいです。
認知症の可能性もあります。

昨日の昼、ベッドから落ちた祖母を病院に連れて行き先生に診ていただきました。
先生が足を曲げてもまったく痛がる様子もなく「きっと大丈夫ですよ」とおっしゃっていただいたのですが、念のためのレントゲンを撮ってみると、大腿骨と股関節の間の骨頭が骨折していました。
先生は「手術という方法がある。でもそれは...続きを読む

Aベストアンサー

お婆様の詳しい状況が分かりませんが、今後、何をゴールにするかで考えてみてはどうでしょうか?
リクライニング式車いす。
スタンダードの車いす。
立位・歩行。
で、手術しない。
手術で固定。
人工骨頭。
と、対応が変わると思います。
主治医の医師に良く相談してください。

Q上腕骨骨幹部を骨折したら

上腕骨骨幹部を骨折しギプス固定された場合、どのような障害がでてくるでしょうか?

Aベストアンサー

さしあたり筋力の低下、上下の関節(特に肩)の拘縮などでしょうか。

Q肩関節について

肩関節前方脱臼と肩甲骨外科頸骨折との鑑別点を教えて下さい

Aベストアンサー

CTが一番じゃないでしょうか?ところで肩甲骨頚部ですか?上腕骨外科頚ですか?前者ならやはりCT、後者なら単純レントゲンである程度判別しますが、脱臼骨折ということもありますので、正確な病態把握が必要と思いますよ。

Q上腕骨骨折と肩関節脱臼が同時に起きた場合の治療法

上腕骨骨折と肩関節脱臼が同時に起きた場合の治療法がわかりません。
骨折が先か、脱臼が先か保存療法の整復がわかりません。
おねがいします

Aベストアンサー

 この場合、骨折としては上腕骨近位端骨折が多いのでその場合としてお答えします。まず脱臼の整復から行いますが、一般的に肩関節脱臼の場合「前方脱臼」が多いのでその場合でしたらzero posisionで牽引し、これでも整復できなければ観血的に行う用意も必要だと思います。ですからこの操作は全麻下で手術の準備も出来ている状態が望ましいと思います。整復の際に骨折部の転位がおこれば手術適応になることも考慮に入れる必要があります。
(初めからあまりにも転位が大きいか、骨頭が粉砕しているような症例では人工骨頭も考えます)
 当然ながら骨折部の化骨が形成されるまで、脱臼したままに放置することはありません。脱臼があっても骨折部が軽微な場合は、もちろん整復後に三角巾固定でも構わないと思います。

Q肩鎖関節のプレート抜いたあと。

この前右肩からフックみたいなものを抜きました。
できれば以前と同じくらいまで動けるようになりたいのですが、リハビリとして今やっとくべきのものはありますか?
・今は前よりビールを飲む動作ができるようになってきました。
・後ろのポケットの財布を取るのがちょっとつらいです。
専門的な本やサイトもあったらおしえてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>肩鎖関節のプレート抜いたあと
>右肩からフックみたいなものを抜きました

状況が良く解りませんが…
肩鎖関節の脱臼を固定していたのでしょうか?
鎖骨または肩甲骨(肩峰)の骨折を固定していたのでしょうか?

何れにせよ術後の機能回復のためのリハビリプログラムが病院側から提供されると思います。あせって我流の鍛え方をなさると折角のOPが台なしになる事も有りますよ。
肩関節の硬さ、周囲の筋肉の衰え、直ぐには元に戻りません。焦らず徐々に回復させた方が良いと思います。右腕が利き腕なら日常生活の中で使ううちに意外と早く戻る事が有りますよ。患部が冷えないよう保温するのを忘れずに。酒を飲んでの運動療法は禁物です。

Qテニス肘(上腕骨外側上顆炎)と保険について

仕事をしていてテニス肘(上腕骨外側上顆炎)になってしまったのですが、傷害保険に加入しているのですが、怪我とのみなしてもらえ、傷害保険、傷害共済が使えるのでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

保険で言う「ケガ」とは、
急激・外来・偶発の3つの要素を満たさなければなりません。

テニス肘の場合、
急激ではなくて、慢性的なものです。
肘の使い過ぎですから、肘を使わないという選択肢があり、
避けられない=偶発 とは言えません。

従って、病気と言えますが、ケガとは言えません。

Q大腿骨骨折

昔(約15年前)、交通事故で大腿骨を骨折して、手術をしたのですが、骨折部が2cmぐらい短くなったので、足の長さが多少違います。日常生活にはなんの支障もないし、仕事中は靴の高さを少し変えてやっています。
ただ、普通の靴で長距離歩くと、腰が痛くなったりしますので、できる事なら手術をしてでも直す方法は無いものかと、思っております。現在33歳です。
なにか良い方法があれば、教えて下さい。

Aベストアンサー

 一度整形外科を受診することをおすすめします。
 整形外科には、専門の装具やさんが出入りしているので、医師が両足の長さを測ったうえで、専用の靴を作ることが出来ると思います。
腰の痛みは長年の姿勢の傾きからくる腰の骨の変形も考えられるので、腰もみてもらったほうがいいかもしれません。
 日常生活に支障がないのであれば、今は手術を考える必要はないと思いますが、
(15年も前になると骨折したときに手術を受けた医師にもう一度かかるのは困難だと思うので)腰も含めてフォローしてくれるかかりつけの整形外科(手術、入院設備がある)をみつけて、今後の相談などしていくのがいいと思いますよ。

Q上腕骨外側上顆炎

知り合いが利き腕を痛めてしまい、病院に行ったところ、
『上腕骨外側上顆炎』と診断されました。
テニスをやっている訳ではなく、
フォークリフトの運転・荷物の上げ下ろしなどで
痛めてしまいました。
仕事なので、腕を休める事が出来ないのです。
湿布と、痛む所の周りの筋肉を軽く揉み解す事で
騙し騙しに動かしています。
痛みがひどいと、ペットボトルの蓋が明けられなかったり、
1.5Lのペットボトルが持てなかったりしています。
悪化を防ぐ為に何か出来る事はないかと探しております。
アドバイスなどありましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

利き腕の上腕骨外側上顆炎は辛いでしょうね。
やはり、上腕骨外側上顆炎の治療の原則は、患部を冷やし、痛みを生じるすべての運動をやめることです。日常生活において物を持ち上げたりする動作を避けるよう西たほうが良いです。障害が回復してきたら、手首の柔軟運動と強化運動を始められます。前腕伸筋のストレッチが良いと思います。手のひらを下にして手を伸ばし、反対の手で手首を地面方向にゆっくり折り曲げていきます。肘の外側に突っ張り感と軽い痛みが生じる所まで曲げ、この状態を30秒間保った後ゆっくり戻します。これを朝夕5回繰り返します。装具による固定も有用ですね。しかし、やはり改善を期待するのであれば、痛みが消失するまで、腕を使うことはさけなければならないと思います。悪化すると腕全体にまで痛みが出ることもあるようです。
仕事があるとのことですが、やはり炎症を取り除くことが重要ではないかと思います。

Q大腿骨骨折

母が転んで大腿骨骨折をしてしまいました。
病院の先生によると、入院は3か月程度と言われました。
いくつか質問なんですが、まずこの入院期間は適切ですか?(病院があまり信用できないところなので)
また、僕は学生で、姉はいるのですが(保母・月20万)母子家庭ではっきり言って低所得です。
この時、入院費減額などの処置はしてもらえないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

お母様大変でしたね。

医療のことはあまり詳しくありませんが、大腿骨骨折ならリハビリも必要ですから相当期間入院されると思います。

医療費のことですが、母子家庭で医療費補助を受けられるのであれば、既に受給者症が交付されていると思います。それが無いのであれば、補助対象ではないと思われます。
母子家庭であっても子供の年齢が18歳又は20歳(市町村によって異なります)以上であれば対象外です。

一般的な入院の医療費の計算は回答2の方の説明の通りです。
お母様は就労されておられたのでしょうか。就労先で社会保険に加入されていましたか?
それとも国民健康保険の加入者でしょうか。

「医療費の負担限度額認定証」というのがあります。
3割負担で手術などをすると、一ヶ月の医療費が〇十万になることもあります。
高額療養費として申請したら後日還付されますが、一時的に高額のお金を準備する必要があります。
そのような負担を避けるために、事前に病院の窓口に「負担限度額認定証」を提示しておくと、一定額以上(回答2の方の説明にあります)は請求されません。
国民健康保険加入者なら市町村窓口で交付が受けられます。
お母様が国民健康保険以外の加入者なら、勤め先に問い合わせていただくと良いと思います。

国民健康保険の場合、入院期間が91日を超えると更に減額されます。その場合は、市町村窓口で再度申請が必要です。国民健康保険以外では独自に基準があるようです、ホームページで調べられますよ。

ご注意として、対象になるのは医療費のみで差額ベッド代や食費は全額自己負担です。
低所得とおっしゃっていますが、市町村の基準で言うところの低所得(非課税世帯)であれば、申請によって食費の減額も受けられる場合もありますが・・・お姉さんが同一世帯なら課税所得がありますから対象外だと思います。

医療費の減免処置は医療機関では取り扱いません。患者様が提示された受給者証によって計算されます。
市町村窓口で申請して受給者証を交付してもらうか、就労先で手続きしてもらって交付してもらうか、社会保険事務所で手続きして交付してもらって医療機関に提示します。


また、お母様が就労されており、厚生年金を納付されているのであれば、4日以上の休業に対して傷病手当が支給されます。診断書や申請書の手続きが必要ですが、検討されてはいかがでしょう。


長々と失礼しました。お母様お大事に。

こんにちは

お母様大変でしたね。

医療のことはあまり詳しくありませんが、大腿骨骨折ならリハビリも必要ですから相当期間入院されると思います。

医療費のことですが、母子家庭で医療費補助を受けられるのであれば、既に受給者症が交付されていると思います。それが無いのであれば、補助対象ではないと思われます。
母子家庭であっても子供の年齢が18歳又は20歳(市町村によって異なります)以上であれば対象外です。

一般的な入院の医療費の計算は回答2の方の説明の通りです。
お母様は就労されておら...続きを読む


人気Q&Aランキング