出産前後の痔にはご注意!

私は現在書道教室を開いています。 以前は生徒さんが50人以上居たのですが 今では 殆ど居なくなり 大人の方が数人おいでになっているだけです。
教えている内容は 漢字(五書体)や仮名の基本から創作、そして生活を彩る作品作り等です。
私の書暦は 毎日展、芸術展、日本刻字展の 入選、入賞です。
生徒さんは 作品を作り上げる事がとても楽しいし お稽古日を毎週楽しみにしている と言って下さっています。
そんなお弟子さんたちは友人をお誘いしているようですが、生徒さんはいっこうに増えません。
お弟子さんで賑わっているお教室も在るようですが 何故か此処は閑散としています。
この違いは 一体何なのでしょうか?
もっと営業に力を入れるべきなのでしょうか?
電話をしたり 戸別訪問をしたりするのは得意ではありません。
そう言う性格が災いしているのでしょうか?
ちなみに お稽古日には お茶や お菓子をお出しして なるべく愉しんで頂く様にしているのですが・・・
どうすれば 生徒さんが増えるようになるのか 何方か 適切なアドバイスをして下さいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

今の時代は不景気ですし、習い事に使えるお金も減っていると思います。



生徒さんが50人おられたときに、減った分ぐらいは新規を獲得するように努力されたほうが良かったと思います。
似たような仕事をしていますが、増やすのって大変なんですよね。

また、「生徒さんは 作品を作り上げる事がとても楽しいし お稽古日を毎週楽しみにしている」とのことですが、これは書道に興味があり既に習いに来られてる生徒さんですから、
新規の方に書道の楽しさを教えないと厳しいのではないでしょうか?

一般の生徒さんを教えるのに、電話や個別訪問は逆効果だと思いますので、
やはり、チラシが一番良いとおもいます。
あと、やっておられるかもしれませんが、
紹介者キャンペーンなどで、紹介したほうも、されたほうも得するキャンペーンも良いと思います。

無料の体験会のようなもので、体験していただくのも良いと思います。
教室の体験会というよりは、イベント性を持たせて、
その一回だけでも楽しんでいただけるように工夫できれば。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
新規を獲得する努力が足りなかったと言うのは 正しくその通りです。
口コミで増えて行くなら、と、パンフレットをお弟子さんからお友達へ渡して頂いたりしたのですが どうやら考えが甘かった様です。
電話や 戸別訪問は やはり駄目でしょうか? 苦手な私としてはほっと致しました。
 
紹介者キャンペーンや 無料体験会は 実行するだけの価値はありそうですね。
早速行いたいと思います。

お礼日時:2006/05/16 01:20

大昔、小学生のころに習字教室に通っていました。


結局、字はうまくなりませんでしたが(笑)、
今もっている集中力は、あのときの4年間で養われたと思っています。
(あのときの先生、ありがとうございます。)

さて、生徒募集の件ですが、
まず「書道の魅力」をもう一度、見直してみてください。

・なぜcomueさんは書道が好きなのですか。
・comueさんの書道教室に通うと、どんな良いことが待っているのですか。

書道の魅力はたくさんあるのではないでしょうか。
「字がきれいになる」
それによって、身に付けた人にはどんな良いことが起きるのでしょうか。
「集中力が身につく」
それによって、身に付けた人にはどんな良いことが起きるのでしょうか。
「教室内にはおだやかなコミュニケーションや時間が流れている」
それによって、そんな癒しを得ることができるのでしょうか。

そんな良さやcomueさんの書道への思いを、
B5判ぐらいの紙に手書き(習字)でまとめ、
数部コピーして、いまの生徒さんに渡してください。
書道に興味がある人がいたら渡してくれるようにと。

これを毎月1回くらい、やってください。
(毎回ちがう話題がいいと思います)
生徒さんと一緒に、楽しみながら作ってもいいかもしれません。
時間とともに、ゆっくりと口コミが広がります。

あと、料金は下げてはいけません。
初回の体験授業だけ無料がいいかもしれません。


書道教室は、素敵な仕事だと思います。
私はもう習字をしていませんが、たまに墨の香りに出会うと、
とても懐かしい気持ちになります。

よい生徒さんたちと出会えることをお祈りしております。
 
    • good
    • 4
この回答へのお礼

アドバイス有り難うございます。

手書きで お習字教室の良い点や、自分の気持ちなどを述べたパンフレットをお弟子さんを通して渡す方法は、なかなか面白いと思いました。

確かにこういう変わったパフレットを頂いたら、書道に対して興味をもつかもしれませんね。

お弟子さんにもこのアイディアをお話しして、手伝っていただこうと思います。

きっと和気藹々と楽しい時間が流れることと思います。

お礼日時:2006/05/16 19:21

No7さんと似ている意見になると思いますが・・・



自分の身内の例を引き合いに出して申し訳ございませんが、
うちの母は水彩画を習っています。
書道と水彩画とでは全くジャンルが異なりますので比較にはならないかもしれませんが、
芸術作品を仕上げたい、という方の中には、
「自分の作品の発表の場が欲しい」という方が結構いらっしゃるような気がします。

うちの母は常々、
「先生は自分の個展を開くけど生徒の作品の発表の場を与えてくれない、他の先生はカルチャーセンターの待合室に生徒さんの作品を展示してくれるけど自分達の先生はそれすらもやってくれない」
とかなり不満のようでしょっちゅう愚痴を聞かされています。

従いまして、生徒さんの作品の発表の場を設けられるとよいのではないかと思います。
「あそこの先生は発表の場を設けているらしい」という話が口コミで広がれば、多少は生徒さんが増えるかもしれません。

それと、これは私個人の意見で多少固定観念が入っているかもしれませんが、
書道といいますと正座をして畳の上でというイメージがあります。
町内会の総会などは会場の都合などもあり、和室に座布団を置いてやることになっていますが、
毎年「膝が痛くて正座ができない」という苦情が出ます。

中学校の頃などは、書道の時間でも机に座ってやっていた記憶がありますので、和室ではなくても椅子に腰掛けてもできそうな気がします。
本当はやってみたいのだけど、和室で座布団に座って・・・は大変なのでとしり込みしている方もいるのではないでしょうか?

参考になれば幸いです。
既に、
・生徒さんの作品の展示会(市民センターでもなんでもよいです)を開催されている
・和室ではなく机と椅子を用意して椅子に腰掛けてもお稽古できるようにしている
場合にはご容赦ください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

アドバイス有り難う御座います。
作品の展示は 一年に一度行っております。その日の為に何ヶ月も掛けて準備をしています。良い作品は簡単には出来ませんので、かなり書き込まなければ為りません。

正座がつらい方が習うのをしり込みしてしまう と言うのは大いに考えられる事ですね。
なにも正座だけが良いわけでは在りませんものね。
是からは 「椅子も用意」してあることをアピールすれば良いかもしれませんね。


10人もの方に相談に乗っていただいて しかも親身に。 感謝の気持ちでいっぱいです。 本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/05/16 03:18

comueさん、こんにちは。


現在は子ども達の習い事も多様化し、練習日に時間が空いていないということも原因の一つかと思われます。
多分、文面からお稽古日は週に一日、しかも決まった曜日のみと判断いたしました。
そうなるとその日が他の習い事や学習塾と重なってしまって、通いたくても通えないというお子さんもいらっしゃるのではないかと思います。

comueさんご自身の生活もおありになりますし、そう簡単にはいかないかもしれませんが、授業日を増やされてはいかがでしょう?
例えば週に二日授業日を設け、どちらに通うかを生徒さんに選択して頂くという形です。
(教室を借りていらっしゃる場合等で出来ないかもしれませんが)

他の方も仰っておられますが、電話や戸別訪問はおやめになられた方がいいと思います。
おそらく逆効果になります。

まずチラシ等で募集を掛け、あとは口コミで評判が広がっていくのが理想的だと思います。
「一ヶ月無料で試しにやってみませんか?」というのもきっかけを作るにはいいかもしれません。

乱文失礼いたしました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
仰るように 今の子供さんは皆さん忙し過ぎるようです。
「時間が取れなくて・・・」と言う理由が大半でした。
ですから 私は子供さんを教える事は 諦めました。
今は 大人の方に 楽しみながら(単調な基本でさえも)覚えて頂く事に力を注いでいます。
 
電話や戸別訪問を反対される回答者の方が 他に二人居られます。
そう言う事が苦手な私としましては 反対して頂いた事が 本当に在り難く 嬉しく思います。
「貴女は そう言う事が出来ないから 今の貴女が在るのですよ。」と回答されるかも知れないと、思っておりましたから。

一ヶ月無料体験は とても良い企画だと思います。
是非実行してみるつもりです。

お礼日時:2006/05/16 03:00

私は書道に興味があまりないのですが、ユーキャンの広告を見ると、ちょっとやってみたいな、なんて思ったりします。

書道というよりは、もっと身近な、まずは自分の名前をきれいに書けるようになる、みたいな。結婚式のご祝儀袋や芳名帳で、自分の字に自信がない人はいっぱいいますからね。

あとこれから定年退職者が増えて、生涯学習としても需要がでてくるのではないでしょうか。書道は頭も使うので、脳の活性化に!なんていうキャッチはどうでしょう?

看板、チラシ、あと地域のフリーペーパーに体験レッスンの無料クーポンを載せるのもよいかと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイス有り難う御座います。
確かに仰るとおり ご祝儀袋等に上手に書きたい!と言う理由で入会される方が殆どです。
それが出発点になって 書の魅力に取り付かれるようです。
 
地域のフリーペーパーに無料体験クーポンを載せる と言うアイデアはとても良いと思います。
調べて是非実行に移したいと思います。

お礼日時:2006/05/16 02:33

作品展示も宣伝のひとつになります。


お金のかからない方法もあるでしょうから、工夫してみてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有り難うございます。昨日 お礼のメールを送りましたが何かの手違いで 画面に載らなかったようです。
たぶん 私の操作がまずかったのだと思います。 
大変失礼いたしました。

作品展示は1一年に一度行っています。
出品料は 一人500円ですので 気軽に楽しみながら参加されて居るようです。
なるべく 御月謝のほかに 余計なお金が掛からないよう 安価な材料で楽しめる様に工夫しております。

これからも 色々考えながら 教えて行きたいと思います。

お礼日時:2006/05/16 19:08

自営で、小さな塾をやっています。



要因は、いくつもあると思いますけど、学習塾通いが大きいのではないでしょうか。

僕のところの生徒さんも、硬筆をやめて来たという子が何人かいます。商売敵は、学習塾だと思います。

あと、電話・戸別訪問は、相手様にいやがられる可能性が大きいです。プライバシーの問題で。大手さんならともかく、地域密着型では、恥のかきすてはできませんしね(^.^) 新聞の折り込みチラシが、もっとも高価があると思われます。

看板も必要かなぁ。
開放感が、キーワードのような気もします。
あと、学習塾もやってみてはw僕が書道を教えられるなら、塾も書道もやりたいです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

アドバイス有り難う御座います。
子供さんが集まらないのは 確かに学習塾へ通うのに忙しい為なのでしょうね。ですから 私は子供さんを教えるのを諦めました。
子供はとても好きなのですが・・・

電話と戸別訪問は 駄目、ですよね。正直ほっといたしました。苦手ですから。
「無理をしなくて良いんだよ」と言って頂いた様で嬉しかったです。

「開放感」と言うのは 具体的にどんな事でしょうか?
学習塾も良いのですが 今は取り敢えず 書道だけで行きたいと思っています。

お礼日時:2006/05/16 02:12

私も子供のころ書道を習っていました。


スポーツなどとは違った楽しさがありました。

書道の魅力を知っていただく為に2つのことができると思いました。
(1)無料体験を行えるようにする
(2)チラシをつくり,お近くのスーパーなどの掲示板に貼らせてもらう

◆一つ目の点ですが,今は「書道」という言葉を聞いただけで魅力を感じる方は,年代的にも限られている気がしますし,「何に役立つか」という思考が強い今の世の中では,その魅力を伝えるには工夫が必要だと感じます。

それを知っていただくには,体験していただくことが一番だと思います。
対象を子育ての終わられた方に絞って無料体験の場を設けてはいかがでしょうか。

◆二つ目の点ですが,募集のチラシを作るに当たって下記の点をつかんでおくことが必要だと思います。

◎現在習っておられる皆さんは,どのようなところに魅力を感じられて始められたのでしょうか。
そして現在も続けておられるのはどうしてなのでしょうか。
こうした事柄をお聞きしてみるのはどうでしょうか。
その魅力を生徒さんの言葉としてチラシの中に織り込むことができます。

◎途中でやめられた方はどうしてやめられたのでしょうか。

ある程度のレベルになって満足されたからでしょうか。
忙しくなりその時間が取れなくなったのでしょうか。
こうした理由がわかれば,それに対する対策をとってそれをチラシに含めて「それならできるかも」と思っていただけると良いかと思います。

お役に立つかわかりませんが,参考までに…
がんばってください!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答有り難うございます。
チラシは 行きつけの美容室や クリーニング屋さん等に貼って頂いています。 ですが 是はあまり効果が無いようです。

無料体験はかなり期待できそうですね。
パンフレットを作るうえでの要点は 全く考えても居ませんでしたので 非常に参考になりました。
今のパンフレットは 他の書道塾と違う点を強調する物ですので これからは(全て ポスティングで配り終えましたら)教えて頂いたことを大いに参考にして作成いたしたいと思います。

お礼日時:2006/05/16 01:53

俺は中年ですが、いまだに子供じみた字ですごく


恥ずかしいです。子供が習字やりたい!っていう
より親が子供に習字やらせたい!っていうほうが
多いんじゃないでしょうか。

まずは、新聞の広告に書道教室の紹介を入れては
どうですか?
いまらな入会金無料、月謝数ヶ月無料を餌にして
まず入会させてみては。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
確かに 仰る様に お習字は親御さんの意思である事が多いと思います。
ですから 親御さんにアピールした方が良いのでしょうね。
私としましては その親御さんに来て頂きたいのですが 中々上手く行きません。

現在 入会金は頂いておりません。
お月謝を数ヶ月無料・・・は一寸出来ないかもしれませんが、一ヶ月位でしたら出来そうですね。
実行するだけの価値はありそうです。

お礼日時:2006/05/16 01:34

亡くなった私の母が書道教室(教室は狭い自宅です)を開いていて、最後は似たような状況でした。



母は「税金を払いたくないから」といって、表に看板も出さずに教室を開いていたのですが、それでも昭和50年代は口コミで生徒が増えていき最盛期は生徒が50名ぐらいまでいたのでcomueさんと同じ状況だと思います。

母もお茶やお菓子、冬にはお汁粉などを振舞っていました。(月謝は子供で3000円程度なので、他に比べて激安だと思います)


でも、平成になったころから生徒が激減しました。
これは少子化の影響もあるでしょうが、一番の理由は子供の塾通いだと思います。

書道は見た目には進学にプラスにならないと思われているので、時代の流れなのでしょう。


そのため、最後は大人を対象とした出張稽古が多かったです。

リーダー的な人の家に出向いて、そこで4名程度のお弟子さんに教えていました。
書道教室というよりも社交場と化していたようですが。

これからは子供よりも大人(意外とお年寄りにニーズがあるようです)を対象にした方が良いかもしれませんね。

PRとしては、タウン誌に広告を出したり電話帳に掲載するのも良いかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
私の状況と 亡くなられたお母様の状況は本当に良く似ていますね。
私も今は 子供さんを教えようとは思っておりません。
大人の方の為の 生活を彩る書を教えていこうと思っております。。
その事を 多くの方に知って頂きたいと思い、ポスティングを業者に依頼したり 自らもポスティングをして 努めてきました。
でも タウン誌や 電話帳は思いつきませんでした。
ポスティングを続ける傍ら 教えて頂いたことを実行してみたいと思います。

お礼日時:2006/05/16 00:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q書道教室の値段の相場について教えてください。

3年ほど前から書道教室を開いている者です。

書道教室で教える内容は、固定したものはなく、それぞれの生徒さんの希望に添ったもので、書道に関するものなら何にでも対応することができるというスタンスを取っています。

入会金は頂かずに、1回の授業が1時間半で千円。
月に大体2~3回の頻度でやっています。
しかし、1時間半千円で教室を運営するのは金銭的に辛くなって来てしまい、やむを得ず値上げをすることを考えております。
そこで皆さんに相談なのですが、このような書道教室の場合の一回の値段は、いくら位がいいのかを教えていただきたいのです。
私としては1時間半で1500円は頂きたいと思うのですがいかがでしょうか?


そしてもう一つ、出張での書道教室という要望もあり、この値段についても悩んでいます。

この出張書道教室というのは、生徒さんのご自宅に伺ってその生徒さんの要望に合わせたものを私が教えるという形態をとるのですが、このような場合は一回いくら頂くのがいいでしょうか?
出張であることそして、個人レッスンであることを加味して書道教室で教える値段よりも高めに設定しようと考えています

皆さんのご意見をお聞かせください。

3年ほど前から書道教室を開いている者です。

書道教室で教える内容は、固定したものはなく、それぞれの生徒さんの希望に添ったもので、書道に関するものなら何にでも対応することができるというスタンスを取っています。

入会金は頂かずに、1回の授業が1時間半で千円。
月に大体2~3回の頻度でやっています。
しかし、1時間半千円で教室を運営するのは金銭的に辛くなって来てしまい、やむを得ず値上げをすることを考えております。
そこで皆さんに相談なのですが、このような書道教室の場合の一回の...続きを読む

Aベストアンサー

書道教室の指導料を決めるのは確かに悩みますよね。
私も指導者の立場ですが、書道団体に属しているとは言え
指導料は教室がある地方や場所といった諸条件に影響されるために
標準料もないし、もちろん統一もされていません。 
つまり指導者が自由に設定して構わないようになっています。

大人の場合ですが、大体の相場は、
(月謝)地方辺りで、2000円~3000円 
都市部辺りで(政令都市クラス)4000円~8000円のようです。
(以下も大人の場合です)

Ringo25さんは、1回あたり90分で1000円を1500円に
値上げされるようご検討されていらっしゃるみたいですが、
これを月謝に単純換算したとすれば
4000円を6000円に変更検討されている
ことになりますので、都市部でしたら
ごく平均的な範囲だろうと私は思います。

P.S.
何かの参考の為にと思い、私の考えを紹介したいと思います。
私は拝読して先ず、「値段」と言う表現が気になりました・・・・。
書道というものは短時間に上達や習得ができるものではないので、
少なくとも1ヶ月単位で捉えるべき事ではないかと思います。
例えば、1回1.5時間で月4回の指導をさせて頂き、
その月の指導謝礼として指導料を頂くという考え方をします。
月単位ですから生徒さんの事情で
月1回しか指導をうけられなかったとしても、
その月の指導料は同じになります。
(但し、その月が0回でしたら頂きません)
つまり、継続して長年習わないと上達も習得も期待できないものであり、
長年のスパンで捉えると月に1回や2回休んだからどうのこうのと言うよりも
長年継続して書道を学び続けるという基本的な学ぶ姿勢を
指導者の立場と指導を受ける側の立場を
再認識する必要があるのではないでしょうか?

Ringo25さんの現状からだと、1回あたり90分で1000円ですから
例えば、20人の生徒さんの場合だと、
1000円×20人×4回で月8万円以下になります。
1500円とした場合は、12万円以下になる計算になります。

それを月単位の考え方に変えたとしたら、
例えば、中間の1250円で仮に計算すれば、
月の指導料が5000円になるので、
10万円は固定されるのではないでしょうか?
ここで、以下と固定の違いで双方の立場が
しっかりしたものになるような気がします。

私は指導を受ける側と指導する立場の
両方を経験して思うのですが、
本人が独学出来る意思が凄く強ければ、
自分で参考書類を揃えて独学で書を習得する事も
不可能ではないと感じています。
しかし、教えて頂く方が遥かに勉学も楽だし、
上達も速くて効率的です。
それに、書道を続けるという気持ちや雰囲気を持続させて頂くからこそ
指導に対する感謝の気持ちが月謝や指導料になっていると考えています。
つまり、自分の意思の弱さを導いて下さる感謝の代償だとも
考えられるのではないでしょうか・・・・

そのように考えると、教室へ通うのをその月は1回休んだとしても、
休んでしまったというマイナスのエネルギーが蓄えられる為に
次に教室へ行った時にそのマイナスのエネルギー
(ハングリー精神)がバネとなると思います。
ですから1回休んでも書を学んでいることになりませんか?

ご存知だとうと思いますが、
日本の伝統的習い事は年間の謝礼が月謝で14ヶ月分として考えます。
12ヶ月分はもちろん月謝分ですが、御中元として月謝相当分
御歳暮として月謝相当分が一般的ですから
年間合計として14ヶ月分が必要となります。
(もちろん指導を受ける方のお気持ちもありますから、
当然ながら御中元もお歳暮もしないと言う方もいらっしゃいます。)

私は、月の指導料を2000円頂いていますが、
私の生徒さんの中に華道の先生がいらっしゃる関係だろうと思いますが、
生徒さん全員がご理解されて納得されていらっしゃいます。
ですから 毎年きっちりと御中元 御歳暮を
贈って下さるので申し訳なく感じています。
その事もあって低くめに決めました。

でも近年ではカルチャーセンター的な感覚で
習い事を始められる方が多いので、
益々、御中元や御歳暮という古い習わしは薄らいで
行くだとうと思います。
ですから今後も月謝の考え方が変わっていくでしょう。

長文になってしまい申し訳ありませんでした。

書道教室の指導料を決めるのは確かに悩みますよね。
私も指導者の立場ですが、書道団体に属しているとは言え
指導料は教室がある地方や場所といった諸条件に影響されるために
標準料もないし、もちろん統一もされていません。 
つまり指導者が自由に設定して構わないようになっています。

大人の場合ですが、大体の相場は、
(月謝)地方辺りで、2000円~3000円 
都市部辺りで(政令都市クラス)4000円~8000円のようです。
(以下も大人の場合です)

Ringo25さんは、1回あたり9...続きを読む

Q子どもの書道教室の先生の教え方

先日7歳になる子どもと書道教室の見学に行きました。
先生のご自宅で、6人ほどの同じ年頃の子どもがテーブルに向かって、
硬筆のテキストを見ながら練習をしていました。

子ども達のところを先生が見て赤エンンピツで手直しをしていく感じなのですが、
その時の注意の仕方が「あーダメダメダメダメダメ、癖が出てきちゃってるじゃないの~」
「あーこれじゃダメだわ、もっとここの部分は丁寧に。と言ったでしょう」
「うーん、ダメだわ」
とため息まじりのダメの連発で、見学している間殆ど褒められている子どもはいませんでした。皆、黙って集中して書いていますし、素人目からするととても上手です。

子どもは他にピアノも習っていますが、その先生は褒めて育てる感じで、上手くいくと
大げさに褒め、ちょっと失敗しても、「さ、もう一度ここを注意してね。」とサラっと言われるくらいです。なので、その注意の仕方に一瞬戸惑ってしまいました。

私の気にし過ぎでしょうか?
それとも書道の先生は厳しい方が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。


私も7歳の頃から書道教室に通ってました。
その書道教室には、先生が教室を閉じられるまで10年間通い、


同時に、高校になってからは書道部に入り、
そこから本格的な書道の展覧会などに出品する様になりました。


書道教室の恩師も、
高校の顧問の恩師も、
ともに、とても優しく、
良い所は良い、悪い所は悪いときちんと説明してくれるタイプの方でした。

「ここはもうちょっと線を太く、長めに書いてみて。」
「ここはめちゃめちゃキレイに書けてるね~。」

という感じで、
かならず、どこかで成長した部分を見つけては誉めてやる気を出させてくれました。


最初は嫌々通ってた書道教室でしたが、
上手に書ける様になったことや、

先生や両親に誉めてもらえることはとても嬉しく、自信にもなりました。


この2人の先生に教えてもらったことは
私にとってとても大きく、
先生の様になりたいと、夢を抱き、
大学では書道コースに入り、専門的に勉強しました。


大学では、6人の書道の先生に教えてもらいましたが、
人柄も教え方もバラバラでした。

ある先生は、めちゃめちゃ誉め上手で、
とにかくノセてくれるタイプ。

ある先生は、とにかく嫌味で、
気に入らない字を書く学生には、異常に厳しいタイプ。

ある先生は、すんごく落ち着いて、もの静かだけれども、
厳しいことをさらっと言って、インパクトを残すタイプ。。。


評価の仕方も様々でした^^;


書道の先生といっても、
人ですから、
さまざまな方がおられますので、
一概にこうだとは言えないと思います。


私はもうすぐ30になりますが、
現在、高校の書道の先生(非常勤講師ですが)として働いております。

同時に、書道教室で、自分の親やおばあちゃん世代の方や、
幼稚園から中学生までのお子さんにも教えております。


教える側になってわかったことは、
教える対象の人の年齢やタイプによって
接し方を変えないと勤まらないということです。


とくにお子さんの場合は、
まず、“楽しい”とか“やる気”になれないと続けることがむずかしく、
下手をすればトラウマになってしまうので、

先生の教え方と人柄を、
お子さんが不満に思うようであれば、別の方に教えてもらう方がいいと思います。

やはり、相性は大事だと思います。


尊敬や、信頼、親近感など、
何かしらの好感をもてる先生でないと、
「やりなおし~」とか「もう1回」と言われても反抗してしまうと思うので。



私が書道の先生になったのは、
私自身が、
恩師達と出会ったことによって、

自分に自信をもつことができたことや、
将来の夢を見つけることができたことが嬉しく、

わたしも、
恩師達の様に、
自分が書道を通じて、教え子に何かを伝えられたらいいな、
きっかけになれたらいいなと思ったからです。

何かは、
書道とは関係のない物かもしれませんが、
それでもいいと思っています。



お母様としても、
お金を払われていますし、
大事なお子さんを預けるわけですから、
ご自身がまず、納得し、信頼できる先生を探されるといいかなと思います。

もしくはクチコミで
評判の良い教室を探されるとかですね。


そして何よりも、
お子さん自身が、1ヶ月程通った上で、
続けたい、通いたい、
先生や教室のおトモダチに会いたいと思える環境かどうかが大事だと思うので、
お子さんの意志を尊重し、判断してみてはいかがでしょうか?


親からみると不安がちょっとあっても、
子供が先生を信頼して頑張れるなら、続けさせてあげて欲しいなとも思います。


少しでもご参考になれば幸いです。

こんばんわ。


私も7歳の頃から書道教室に通ってました。
その書道教室には、先生が教室を閉じられるまで10年間通い、


同時に、高校になってからは書道部に入り、
そこから本格的な書道の展覧会などに出品する様になりました。


書道教室の恩師も、
高校の顧問の恩師も、
ともに、とても優しく、
良い所は良い、悪い所は悪いときちんと説明してくれるタイプの方でした。

「ここはもうちょっと線を太く、長めに書いてみて。」
「ここはめちゃめちゃキレイに書けてるね~。」

という感じで、
かならず、ど...続きを読む

Q塾の生徒を増やすための企画を

千葉県のほうで、学習塾をしているのですが、
最近になって切実な生徒減少になってしまっています。

大手塾ではないので、新規入会は口コミに頼るのがほとんどで、
しかし最近は入会よりも退会のほうが多いありさま。
地道に指導しているだけでは、先細りになってしまうような気がします。

なにか、塾のアピールに結びつくようないい企画はないものかと、
おもいたってこちらに質問させていただきます。

教室というスペースをつかって、
父母向けの英会話教室をやってみたり、パソコン教室をやってみたりしたのですが、
それで生徒が増えるきっかけになるということはあまりなく、
来年の三月に、いまの中学三年生が卒業すると、生徒数が悲惨な状況になってしまいます。

友人紹介、親からの紹介などで生徒が増えるきっかけになるような、
そんなアイデアがあったら、ぜひ教えてください。

なにとぞ、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

はじめまして。正職員ではないのですが、この業界と関わって7.8年の者です。
ご質問を拝見していて他人事とは思えず首を突っ込ませていただきます。
最近「退会される生徒さんが多い」とありますが、退会の理由は確認済みでいらっしゃいますか?私の場合進学塾も、補習塾などいくつか経験しましたがどこでもやはり辞める理由を把握するすることを重要視しています。生徒さん・ご両親の双方から話を聞くと真相が見えてくることが多かったです。(すでに実践済みでしたら申し訳ありません)。
私が関わっていた中であったのは意外と「仲の良い友達に一緒に行こうとA塾に誘われた」とか「同じ学校の子が多い塾がいいと思った」とかあるんですよね。やはり同じ学校の子が多く通ってる塾というのは気になる存在になってしまうようですね。
通われている生徒さんやご両親方にアンケートなどで今の指導についてどのような印象や今後の希望などされておられるかもしれませんが、地域密着型でそれほど大きくない塾ならばその辺の意見から改善策が見えてくるかもしれませんね。

あと保護者さまあての企画をされてらしたようですが、私個人的な意見としてはやはり通ってくれる生徒さんを対象とされた内容を組まれるもののほうが効果あると思われます。小学生向けの理科実験講座(遊び感覚も含めた内容で)や小学生向けの英語講座(リスニングや発音重視の内容で)などは結構反響あります。2回完結くらいでご兄弟での参加も歓迎などすると友達など連れてきてくれたりすることもあってなかなかの人気でした。

子供へのプレゼントは低学年で宿題提出などでポイント付けて文房具などはそれなりに有効だと思います。中学生以上では宿題やってくるのは原則になっているでしょうから、英検などへのトライや大手の塾さん主催の模試などでの成績などで図書券などのプレゼントという方法もあると思います。

以上勝手に書かせていただきましたがどれももう実行済みだったらごめんなさい。

はじめまして。正職員ではないのですが、この業界と関わって7.8年の者です。
ご質問を拝見していて他人事とは思えず首を突っ込ませていただきます。
最近「退会される生徒さんが多い」とありますが、退会の理由は確認済みでいらっしゃいますか?私の場合進学塾も、補習塾などいくつか経験しましたがどこでもやはり辞める理由を把握するすることを重要視しています。生徒さん・ご両親の双方から話を聞くと真相が見えてくることが多かったです。(すでに実践済みでしたら申し訳ありません)。
私が関わってい...続きを読む

Q主婦が家で教室を開き収入を得たとき、税金は?

他の質問者の方たちの質問や回答を読ませていただいたのですが、基本的な知識がないのでほとんど理解できず困っています。
以下の場合、税金についてどう考えればいいか、教えてださい。

専業主婦で夫はサラリーマンです。
自宅で裁縫を教えていて、他に仕事はしていません。
帳簿(というのでしょうか?)もつけていないのですが、だいたい次のような収入・支出になっています。

収入として、教えている方たちから、裁縫の授業料として
年に120万円(A)ほど入ってきます。
支出として、材料の仕入れに30万円(B)、自分が勉強に通う教室への授業料と交通費が35万円(C)です。
収入から支出を引くと、純粋な利益が55万円(D)ということになります。
A-(B+C)=D

この先、自分が教室に通わなくなると(C)の35万円がかからなくなるので、(D)の利益が90万円になるはずです。
その上、受講してくださる方が増えると、純粋な利益(D)が100万円を越えることも考えられます。

1、年間の利益が55万円でも、法的には収入・支出をどこかに申告しなければならないのでしょうか?または、ある基準の値(103万円?)を越えた時点で提出して、税金を支払えばいいのでしょうか?(どこに提出するのでしょうか?)

2、帳簿(?)は、どのような形式でつけておけば、後で役に立つのでしょうか?

どなたか、一から親切に教えていただける方、
よろしくお願いします。
全くの初心者向けの税のHPなどご存知でしたら、
教えてください。

他の質問者の方たちの質問や回答を読ませていただいたのですが、基本的な知識がないのでほとんど理解できず困っています。
以下の場合、税金についてどう考えればいいか、教えてださい。

専業主婦で夫はサラリーマンです。
自宅で裁縫を教えていて、他に仕事はしていません。
帳簿(というのでしょうか?)もつけていないのですが、だいたい次のような収入・支出になっています。

収入として、教えている方たちから、裁縫の授業料として
年に120万円(A)ほど入ってきます。
支出として、材料の仕入れ...続きを読む

Aベストアンサー

継続的に裁縫を教えている場合は「事業所得」になり、収入から経費を引いた額が利益(事業所得)となります。

事業所得から、基礎控除38万円・社会保険料控除(国民健康保険・国民年金)などを引いた額が課税所得となり、これに所得税率(最低でも10%)を掛けたものが納付する所得税です。
納付する所得税がある場合には確定申告が必要になります。
開業時に開業届を提出しなくても、納付する税額が有るときに確定申告をすれば、開業届を事前に提出しなくても問題ありません。

経費については、光熱費など生活と共通するものについては、使用面積比など合理的な基準で按分して、事業分は経費として処理できます。
又、授業に使う備品などはは、10万円以下なら購入時の経費に、10万円以上20万円以下なら3年間で均等償却となります。
但し、今年購入したもので、青色申告をしていれば、30万円以下の場合は、一括して購入時の経費に出来ます。

又、賃貸の場合の家賃・自己所有の場合の建物の減価償却費も使用面積比で按分して経費に出来ます。

その他、事業所得の経費については、下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.taxanser.nta.go.jp/2210.htm

又、青色申告にすると、青色申告特別控除(最大で55万円)などの税制上の特典がありますから、青色申告にするとかなり有利になりますがね事前の申請が必要です。
青色申告の特典と申請方法は、下記のページをご覧ください。
http://www.joho-yamaguchi.or.jp/icci/html/zeimu/aosin.html

なお、お近くの商工会か商工会議所(地域によっていずれかが有ります)へいくと、記帳や経費についての指導や相談を無料で受けられます。

又、1年間の事業所得が38万円を超えると、夫の所得税の扶養になれません。

更に、事業所得が130万円を超える場合は、夫の健康保険の扶養と、年金の3号被保険者になることが出来ませんから、ご自分で市の国民健康保険と、国民年金に加入する必要が有ります。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1350.htm

継続的に裁縫を教えている場合は「事業所得」になり、収入から経費を引いた額が利益(事業所得)となります。

事業所得から、基礎控除38万円・社会保険料控除(国民健康保険・国民年金)などを引いた額が課税所得となり、これに所得税率(最低でも10%)を掛けたものが納付する所得税です。
納付する所得税がある場合には確定申告が必要になります。
開業時に開業届を提出しなくても、納付する税額が有るときに確定申告をすれば、開業届を事前に提出しなくても問題ありません。

経費については、光熱費...続きを読む

Q大人の書道教室とはこんなものなのでしょうか?

私は字が下手なので、書道教室へ入会しました。
先日初めて通ったのですが、指導をほとんど教えてくれません。いや、既に通っている方には、それこそ、アドバイスひとつしていません。初日だから少しは(本当に少しだけです)教えてくれたのかな?などと思っております。
私の書道経験は、小学生のときに習った、僅か2年弱の期間だけです。ですから、筆遣いは多少知っておりますが、あくまでも多少です。それでほどんど指導も受けず、何十枚と書いているだけです。
入学前の見学の際、楷書をしっかりと書けるようになってから草書に移りたいのです、と念を押して聞いたにも係わらず、1、2ヶ月で草書をやらされそうです。
特定される可能性があるので詳細が書けないのですが、大人の書道教室とは、どこもこんな感じなのでしょうか?うまい人が更に腕に磨きをかけるための場であって、私のように字を書くことにコンプレックスを持っている者が通うべき場所ではないのでしょうか?
すみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かに、自分のところにびっちりとついて、手取り足取り教えてくれるような書道教室はまずないとは思います。
だいたいは何枚か書いていいのが書けたら先生のところに持って行って指導をしてもらう、というようなスタイルが多いのではないかと思います。
また、先生の方が助言しながら巡回したり、生徒が巡回している先生に声をかけて見ていただく、というような教室もあります。

指導も受けずに何十枚書いても、初心者の場合はそれで上手くなるはずがありません。
また、やはり楷書からしっかりと学ぶべきでしょうね。上達するにつれて、行書に移り、そして草書や隷書なども取り組んでいくという流れが多いと思いますが、楷書は、どの段階の学習をする時にも常に並行して練習すべきものだと思っています。
確かに、行書や草書などは、実力の低い者が書いても、「何となく」かっこよく見えるものです。だから、日本人の学習者には、行書や草書が好き、けど楷書は苦手、という人が意外と多いのですよ。楷書はごまかしが効きませんし、素人が見ても善し悪しがわかってしまうからです。

あくまで楷書メインで練習しつつ、行書や草書にも挑戦していく、というのはいいと思いますが、ロクに書けないうちに草書メインで書かされるのは問題ではないかと思います。それでは、いつまでたっても、普段書くような字が上達したという実感は湧かないのではないかと思います。

私は楷書をしっかりと書けない、そして指導できない先生のもとで学びたいとは思いません。上級者やお気に入りの生徒だけをひいきするような先生のところにも行きたいとは思いません。いい先生とは、基本をしっかり教えてくれて、人柄が尊敬できるような先生だと思っています。

質問者様が書道教室へ入会したのは、それなりの決意を持って入会されたのだと思います。ある程度の期間も覚悟されていることと思います。それならば、今後数年習う先生として、自分には向いていないと思ったら、違う先生を探した方がいいのではないでしょうか。

質問の答えとしては、書道教室によって色々だ、ということでしょうね。
書道の大家で、弟子がたくさんいるような人だと、新規入会者はほとんど相手にされないかも知れません。私の通っている教室では、大人から子供まで、それぞれのレベルに合わせて指導をしてくれますし、毎週目の前で手本を書いてくれます。助言を求めたら喜んで応じてくれます。 色々な先生がいますので、大手や大家にこだわらず、探してみてはいかがでしょうか。お金と時間とやる気を無駄にしないためにも。

良い先生と巡り会えるよう祈っております。

確かに、自分のところにびっちりとついて、手取り足取り教えてくれるような書道教室はまずないとは思います。
だいたいは何枚か書いていいのが書けたら先生のところに持って行って指導をしてもらう、というようなスタイルが多いのではないかと思います。
また、先生の方が助言しながら巡回したり、生徒が巡回している先生に声をかけて見ていただく、というような教室もあります。

指導も受けずに何十枚書いても、初心者の場合はそれで上手くなるはずがありません。
また、やはり楷書からしっかりと学ぶべきでしょ...続きを読む

Q書道教室を開くには何が必要ですか

母が将来書道教室を開きたいと思っているみたいです。
今は学校で子ども相手にカウンセラーをしているのですが、定年退職した後も子どもと接していたいという思いから書道の先生をしてみたいと言っています。(対象年齢は小学生~高校くらいと考えてるみたいです)
そこで質問なのですが、個人で書道教室を開く場合(書道以外に鉛筆書き含)資格は何が必要でしょうか?
母は一応、古いですが昭和56年に準師範初等科、中等科をとってるそうです。これが資格になるんでしょうか?

Aベストアンサー

書道教室には、特に必要なものはありません。
教員の免許や、卒業資格も不要です。

人を集められる場所と、やる気があれば大丈夫です。

但し「技術を裏打ちするものが必要」であったり、「開設しても客が入るか不安」となると、なんらかの看板が必要になってくるのです。この場合、
1、検定
書写検定で1級を取って、指導者の資格とします。
2、書道会師範
どこかの書道会に所属し、そこで師範の位を貰って開くという方法もあります。
3、公文書写
公文で指導者として教える方法もあります。

以上3つの方法があります。2は相当な時間と金額を要します。
1は合格率の低い資格です。
3は、自分がなったことがないのでわかりませんが、努力がすべてではないかと思います。

子供が好きで、ずっと関わっていたいという目的であれば、
公文書写、という方法が一番なのかもしれません。
(まわし者ではないです)

参考URL:http://www.kumon.ne.jp/lil/

Qこんな書道教室をどう思いますか?

会社帰りに書道を習いたくて、先日、札幌市中心部のとある大手の書道教室(○峰○書道)に体験入学をしました。
書道自体は楽しく思えたのですが、長く続けたいので教室選びはよく考えて選びたいと思っています。
ちなみに体験入学したところは、自分で好きな時間(90分程度)に行って、手本を見て書いて、自分の好きなときに先生に添削をしてもらうスタイルでした。
先生はほとんど自分の机にすわっていて、添削をうける生徒が書いたものを持って先生の前に並んでいる状態です。先生が自分から教えにくるというかんじではありませんでした。
大昔に小学校で習った程度なので、筆の持ち方も忘れてしまっている状態なのですが、そのような方法で上達するのでしょうか?
他の書道教室でも同じようなかんじなのでしょうか?
私の勝手なイメージでは生徒が書いているところを先生が見てまわるというものでした。
他の教室は昼しかやってないところが多いか、インターネットで詳細が載っていないため、他の教室が思い当たりません。
教室選びのポイントもしくは札幌市でお勧めの書道教室がありましたら教えてください。

会社帰りに書道を習いたくて、先日、札幌市中心部のとある大手の書道教室(○峰○書道)に体験入学をしました。
書道自体は楽しく思えたのですが、長く続けたいので教室選びはよく考えて選びたいと思っています。
ちなみに体験入学したところは、自分で好きな時間(90分程度)に行って、手本を見て書いて、自分の好きなときに先生に添削をしてもらうスタイルでした。
先生はほとんど自分の机にすわっていて、添削をうける生徒が書いたものを持って先生の前に並んでいる状態です。先生が自分から教えにくるとい...続きを読む

Aベストアンサー

どうも23歳の男です。

私は書道を続けてもう15年ほどになるのですが、
私が行っている書道教室も基本的には先生は座っています。
ただ、幼い子供とか小学生がいるときにはその子を見て回るということもしていますが、
基本的なスタイルは質問者さんのところと同じです。
質問内容からの推測ですが、おそらく同じ流派の書道です。

質問者さんと同じく大人になってから書道を始めたという方もいらっしゃいます。
その方はとりあえず書いて先生に見てもらったときに色々質問しておられるようです。
私はもう自分の好きなように手本を書いたり、作品を作ったりとしています。
もちろん先生に見てもらうこともしています。

書道自体が楽しく思えたのなら、あとは先生との相性次第で長く続けることは可能だと思います。

Q習字の成果はどれくらいで表れますか?

二年生の娘が四月から書道を習っています。
個人ではなく、会館などを借りて開いている教室です。
大人用の机と椅子を使うので、子供は足が届かないためか足をぶらぶらしながら書く子など、色んな格好で書いていました。
子供が常時10人以上いるので、先生も目が届かないといった感じです。
教室に行ったらその日の課題をこなし、書けたら先生に見てもらうといったやり方のようです。
家に帰ってからその日に書いた作品を見るのですが、止めとか跳ねとかちゃんと教えてもらってるのかな・・・?と疑問に思います。
硬筆もやっているのですが、家での勉強の仕方を見ると全然姿勢がなってなくて、習っている意味があるんだろうか?と思ってしまいます。
字も上達しているようには見えません。
もともと丁寧に書けばきれいに書けるのですが、いつも早く適当に書くという感じなので変化が見られません。
一年様子をみて、変わらないようなら辞めさせようと思っているのですが一年で見切りを付けるのは早いでしょうか?

Aベストアンサー

二人の子供が習字を習っています。
毛筆、硬筆両方見て頂いているので、それぞれにかける時間は少ないと思います。
一人は習い始めて1年ですが、普段の字はかなり酷いです。
けれど毛筆はそれなりに見栄えがするような作品を書いてきますし、賞も受賞しています。

もう一人も硬筆より毛筆の上達がはやく、出展すると必ず賞を頂いています。普段の字は私から見ると「雑で綺麗でない」ように見えるのですが、周囲のお母様方には「とても綺麗な字」といわれることが多いです。
謙遜でなく本当に綺麗に見えないので、なぜそういわれるのか不思議です。
親の目は案外厳しいものかも知れません。

お子さんの場合、綺麗に意識すれば書ける様になっているとのことで、書道を習う効果が無いとは言えないと思います。
普段の字はその子の性格が表れるのではないかと思っています。
書道をしていないこでもじっくりゆっくり意識して書く子は綺麗な字を書けるような気がします。
では毛筆は?と言うと、これは自宅でなかなか出来ないので習っている子が圧倒的に上手に書けます。
何事も「継続は力なり」です。
他に優先したいことがあるなら見切りを付けるのも一案ですが、そうでなければ長い目でみることが大切だろうと思います。

二人の子供が習字を習っています。
毛筆、硬筆両方見て頂いているので、それぞれにかける時間は少ないと思います。
一人は習い始めて1年ですが、普段の字はかなり酷いです。
けれど毛筆はそれなりに見栄えがするような作品を書いてきますし、賞も受賞しています。

もう一人も硬筆より毛筆の上達がはやく、出展すると必ず賞を頂いています。普段の字は私から見ると「雑で綺麗でない」ように見えるのですが、周囲のお母様方には「とても綺麗な字」といわれることが多いです。
謙遜でなく本当に綺麗に見えない...続きを読む

Qピアノ教室を開業するにあたって、税金や保険について質問です。

ピアノ教室を開業するにあたって、税金や保険について質問です。

今現在、近所の子どもにピアノを教えております。
生徒はまだ3人で、収入もあまりない為(お月謝で15000円/月)親の扶養にはいっており、私個人で税金は払っておりません。
国民年金は払っているのですが、保険は親の健康保険に入っております。

知り合いの先生より、ご出産を期に教えておられる生徒さんを引き継いでもらえませんか?とお話をいただいており、お受けすると生徒も大幅に増えるので収入も今より多くなると思います。
父親に話しをしたら、扶養を外れて確定申告をしなければいけないのでは?ということになりました。
知り合いの先生に伺うと、特に開業届を出したり確定申告はされていないようなので、税金や保険の件についてはよくわからないとのことだったのですが…。
色々と調べてみてはいるのですが、もっと大きく事業をされる方向けの答えしかみつかりません。

税務署で開業届を出すということはわかったのですが、どのような税金を納めなくてはならなくて、扶養を外れた場合に健康保険等の自分で払っていかなくてはならない物はどのような物があるのか、又税金や保険等、どのくらい必要になるのか、気になっております。
20人程生徒を引き継ぐことになりそうなので、月に10万円くらいは収入が増えそうです。
支払うものが、それ以上になってしまったりすると困ります。
そのようなことで、お話しをお受けするか悩んでおります。
どうするか、返事をそろそろしなくてはならないのでこちらに投稿させていただきました。
ご存知の方がいらっしゃいましましたら、お手数ですがおしえていただけますでしょうか…。
よろしくお願いいたします。

ピアノ教室を開業するにあたって、税金や保険について質問です。

今現在、近所の子どもにピアノを教えております。
生徒はまだ3人で、収入もあまりない為(お月謝で15000円/月)親の扶養にはいっており、私個人で税金は払っておりません。
国民年金は払っているのですが、保険は親の健康保険に入っております。

知り合いの先生より、ご出産を期に教えておられる生徒さんを引き継いでもらえませんか?とお話をいただいており、お受けすると生徒も大幅に増えるので収入も今より多くなると思います。
父親に話しを...続きを読む

Aベストアンサー

ピアノ教師です。

まず、ご近所の青色申告会に入会されることをおすすめします。年間36,000円の会費がかかりますが当然全額経費で落とせるどころか、税金に関する全ての質問に答えてくれて、確定申告の紙も書いてくれて、節税に関するアドバイスがもらえる等、お金に関することは全てお任せ、という感じです。

まず青色申告会に行ってみてアドバイスを貰うのが良いと思います。

税務署での開業届けは今でなくても確定申告のときで大丈夫です。必要なのは屋号を考えておくことと、ハンコ、身分証明書だけです。屋号は〇〇ピアノ教室、のようになるかと思います。業種はピアノ教室。

現在お持ちのピアノは開業から8年間の減価償却になるとか、家の面積の何パーセントを教室にしたら何パーセントの電気料金が経費になるとか、生徒の使うトイレットペーパーを消耗品費とするとか、生徒用のスリッパだって要りますよね。固定電話も携帯電話もその何パーセントが経費として落とせます。出張レッスンの電車賃とか、そういったもの全てに関して青色申告会でアドバイスがもらえます。

初年度は白色申告しか出来なくて次年度から青色申告となります。その辺も青色申告会で教えてもらうことが出来ます。

ピアノ教師です。

まず、ご近所の青色申告会に入会されることをおすすめします。年間36,000円の会費がかかりますが当然全額経費で落とせるどころか、税金に関する全ての質問に答えてくれて、確定申告の紙も書いてくれて、節税に関するアドバイスがもらえる等、お金に関することは全てお任せ、という感じです。

まず青色申告会に行ってみてアドバイスを貰うのが良いと思います。

税務署での開業届けは今でなくても確定申告のときで大丈夫です。必要なのは屋号を考えておくことと、ハンコ、身分証明書だけです。...続きを読む

Q書道教室に関して質問致します。

現在、27歳事務職をしております女です。(結婚願望無しの未婚です)
今年28歳になるという事で、年齢的にも今の職場で(契約社員です)、ずっと一生続けられるのかといった漠然な不安があります。
そこで前から興味のあった、茶道、華道、書道のどれかを極めて師範を取り、もし今の会社を40代50代でリストラされた時のリスクを考慮して、ゆくゆくは人に教えられるようになりたいと思っているのですが、無謀でしょうか?
少子化の時代と言っても、都会ですので子供はそこそこ見るなあと思うのですが、教えるとしたら、自宅の一室か公民館を借りて教えたいと思っています。
そこで今優先的に考えているのが書道です。
本当は茶道に一番興味があるのですが、華道も同様にお金がかかるという事で、書道がいいなと思っています。
書道をやっている知人もおり、「楽しいよ~」と話していたので、興味はあるので、やるとしたらとことん突き詰めて師範の資格を取りたいです。
今から28歳で始めるとして、早くて10年後ですから40歳くらい…。
実際どうなんでしょうか?
この歳で始めるのは遅いでしょうか?ちなみに字は達筆で綺麗だとよく言われます。
皆さまのご意見をお伺いしたいです。

現在、27歳事務職をしております女です。(結婚願望無しの未婚です)
今年28歳になるという事で、年齢的にも今の職場で(契約社員です)、ずっと一生続けられるのかといった漠然な不安があります。
そこで前から興味のあった、茶道、華道、書道のどれかを極めて師範を取り、もし今の会社を40代50代でリストラされた時のリスクを考慮して、ゆくゆくは人に教えられるようになりたいと思っているのですが、無謀でしょうか?
少子化の時代と言っても、都会ですので子供はそこそこ見るなあと思うのですが、教えるとしたら、...続きを読む

Aベストアンサー

身内に書道教室をやっている人間がいます。私自身、長く、書道をやっていました。

あなたの能力や才能については私にはわからないので、言及しませんが(それでも10年ならっただけで、教えられている人は周りにはみかけませんが・・・)、書道教室の経営って今はかなり難しいですよ。
自分が書けることと、教えられるってことはかなり違いますし。

都会はそこそこ子供がいるといっても、現代は習い事が多様化しています。その中で、あえて書道を習わせようという親はかなり減ってきています。
身内の教室にくるお子さんは減ってはいませんが、親も習いに来ていてお子さんも・・・とか、この教室の子供が大勢学校で賞をとっているのを見たから・・・とかそういうのがあってこそなので、新規で参入するとなると生活できるほどの収入にはならないと思います。
お弟子さんの中で、家で教室を開いている方たちを知っていますが、それで生活はできていません。
そもそも、書道教室一人あたりの単価を考えたら、相当な人数集めないと生活できるほどの収入にはならないのが実情です。
身内の場合は、書家として作品に値が付きますので、そちらの方が収入のメインですし、いまどき珍しいということで教育雑誌の取材がくるレベルなので。
やり始めたころは、書道教室と作品だけでは生計が立てられないので、学習塾もやっていたようです。

ちなみに、書道もお金はかかりますよ。
教えるレベルになるとすれば、書道展へ出品やグループ内の展覧会など必須になってきますが、紙から選んで、額装してってやったら、かなりの値段ですし、筆や硯、墨、きちんとしたものをそろえる必要がありますからね。
あなたが想像しているのは、お習字なのではないかと思いますが、子供に教えることになるのはお習字でも、あなた自身は書道を身に着けないと教える側には立てません。

というわけで、総合的にみると、まったくもっておすすめしません。
将来的な不安が理由なら、28歳だし、この一年で資格を取って、まずは30歳までに正社員、次にキャリアアップの転職を目指した方がよっぽど現実的かと思いますよ。

ぶっちゃけてしまえば、あの仕事は労働と対価がわりに合わなさすぎて、お金のためにやる仕事ではないです。身内を見てるとそう思います。かといって、営利目的でビジネスライクにやったら生徒集まりませんしね。

身内に書道教室をやっている人間がいます。私自身、長く、書道をやっていました。

あなたの能力や才能については私にはわからないので、言及しませんが(それでも10年ならっただけで、教えられている人は周りにはみかけませんが・・・)、書道教室の経営って今はかなり難しいですよ。
自分が書けることと、教えられるってことはかなり違いますし。

都会はそこそこ子供がいるといっても、現代は習い事が多様化しています。その中で、あえて書道を習わせようという親はかなり減ってきています。
身内の教室にくる...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング