今日インターネットに接続してHPを見ていたのですが、
使用しているセキュリティーソフトが次のような検出しました。
2002/02/10 11:36:30 Echo reply without request 0.0.0.0(侵入者)
2002/02/10 11:36:30 Echo reply without request 0.0.0.0(侵入者)
2回連続ありました.
ログのところには、
「検出回避」アタッカはICMP Echo応答を要求なしに送信せています。
これは、トロイの木馬アプリケーションとの通信を試みている可能性があります。
と出ました。

私は心配になり、シマンテックのセキュリティチェックをした所何も無かったので安心したのですが、

HPの閲覧だけしかしていませんでしたので、今回のは、
私がHP閲覧中にHPの管理者が僕のPCにトロイの木馬を侵入を
させようとしていたのでしょうか?

もしそうだとしたら、PCの電源入りから僕が侵入に気付くまでに約25分
IEの履歴から6~7箇所位のHPに絞れ込めるのですが、
怖いし、知識も無いので何もしていませんが、該当する履歴の中の2~3箇所は
よく利用さしてもらっているHP(個人の管理)も含まれているので何とか
したいのですが、なにか良い方法は、ないでしょうか。
何方か良い方法を教えて下さい。

A 回答 (1件)

Q/私がHP閲覧中にHPの管理者が僕のPCにトロイの木馬を侵入をさせようとしていたのでしょうか?



A/これからするとファイアウォールは導入されているのでしょうね。初心者では、なかなか理解できないこともあるのですが、これは違いますね。(よほど、保証のできない得体の知れない、裏サイト<18禁含む>を除いた場合は除く)

これは、トロイの木馬を発動させるパケットをあなたのPCに意図的ではなく、無差別に送り込もうとしただけです。それが、ファイアウォール機能などによって阻止されたのです。

わかりにくいかな?
インターネットはこちらから相手のサーバーにアクセスしデータをダウンロードする要求を出しますが、逆の手段を執れば、相手から自分のPCにデータを送り込むことが可能なのです。そのため、どこのサイトにアクセスしたからそのサイトが原因ではという簡単な物ではなく、自分がAというサイトを見ているときに、Cという場所から自分のPCにアクセスしようとすることもできると言うことです。ファイアウォールはそのようなこちらが頼んだ訳でもない訳の分からないところからのパケットの侵入を防ぎ、監視します。

トロイの木馬の発動用パケットは無差別にネットに接続しているPCに送られます。そこで、特定のトロイの木馬がある場合は、その木馬が駆動し、PCのシステムを破壊します。
今回の木馬といわれる物は、木馬本体ではなく木馬を動作させるきっかけファイルを送り込もうとしただけです。しかも、サイトの管理者があなたを狙ったわけではなく、無作為にネット接続しているPCをめがけてアタックしてきた物です。

これは、心配する物ではないです。
一番問題なのは、完全に侵入されてログも残らない場合、
侵入されてバックグラウンドからデータを外部に流出されて気づかない場合。最後が、一日に何百、何千回もアタックを受ける場合は、意図があって、侵入しようとしています。これ以外の場合は、ファイアウォール(winXPの標準ウォールを除く・・・これは能力が弱いのでダメ)を導入していれば基本的に危険性は特にありません。

定期的にログの監視をしてウィルススキャンをする必要はありますが、侵入されたわけでも個人を狙ってというわけでもありませんので、よほど心配する物でもありません。

いかがでしょう。
もし何かあれば補足を・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うござざいます。
一番怖いのは、僕の知識の無さ?
でも安心しました、やっぱりセキュリティーソフトは大事なんですね
つくつ"くそう思いました
もう少し勉強(まずは、ウイルス)したいと思います。

有難うございました。

お礼日時:2002/02/10 14:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ