今度、ベネチアとフィレンツェに行きます。(2日づつ)
趣味でバイオリンをしているので、
音楽にゆかりのものにふれてきたいと思っています。
残念ながら、都合によりオペラやコンサートは見られません。
美術のたくさん情報はよく見つかりますが、
音楽関係はあまり見つけられませんでした。
歌よりは、器楽曲に興味があります。
誰か有名人の生家、お墓があるとか、
ミニコンサートをしているとか、
この2都市で、クラシック音楽に関係ある情報
何でも嬉しいです。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

音楽ではないけど、音楽がらみ情報



フィレンツェのアッカデミア博物館は、ダビィデ像が有名だけど、同敷地内に楽器博物館が併設されてます。
いろんな年代モノの楽器が展示されてます。
ストラディバリもあるなり。たぶん、今も。
ホテル・ゴルドーニは、1770年にモーツアルトがフィレンツェに訪れた時に利用したホテルです。今も、その当時のまま残る歴史あるホテルです。

ベネチアでは、教会やミニホールで、しょっちゅうミニコンサートが開かれていると聞きますが、私自身は、であったことがありません。現地に到着されたら、チラシなどに目をこらして探してください。
参考までに。

ベネチアとミラノの間にあるベェローナには、モーツアルトが引いたオルガンが今もあるはず。
次回は、クレモナへいかれることをオススメします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アカデミアは、すごい行列で結局入れませんでした。
教えて頂いたとおり、ベネチアでも、
当日でも行ける教会コンサートがありました。
観光用なので、期待してなかったのですが
かなりのレベルの高さで堪能できました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/31 09:30

たとえばヴェネツィアに限ってみても、有名なサン・マルコ寺院はヴィヴァルディのほかにアンドレアおよびジョヴァンニというふたりのガブリエーリと深い縁がありましたし、この街に滞在した作曲家、そしてこの街での滞在がきっかけでつくられた曲は少なくありません。


また、曲の題材となった文学作品でここを舞台にしたものもいくつかあります。

私の経験からいっても、生家やお墓よりも「舞台」となった街および場所を訪れることのほうが心の財産になることは確実ですし、訪れる街にちなんだ曲や作曲家を識ることで、クラシック全体への理解もより深まることでしょう。

一般のガイドブック的な情報よりも、音楽史関係の書籍や作曲家の伝記などのほうにヒントが数多く載っていますし、役立ちますので、お読みになってはいかがでしょうか。
そうすれば、街全体から多くの物事を学ぶことができて、より思い出深い旅行になることと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なアドバイスありがとうございます。
確かにお墓や生家よりも、その音楽が生まれた
舞台で数日を過ごしたり、少し勉強していくと
勉強になりますね。
今回は結婚で他のことに忙しく
イタリアへの勉強ができなかったことが残念でしたが
偶然行ったベネチアの教会コンサートで、
ヴィヴァルディを聴けたことが本当によい経験になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/31 09:35

フィレンツェの幾つかの音楽関係のサイトです。



Maggio Musicale Fiorentinoのプログラム(英語)http://www.maggiofiorentino.com/eng/maggio/m_pro …

フィレンツェ音楽学院(イタリア語)
http://www.conservatorio.firenze.it/index2.php


若手演奏家のプログラム(英語)
http://www.scuolamusica.fiesole.fi.it/e_ogi/cale …

ご存知の様にフィレンツェは、カメラータ(Florentine Camerata)との、16世紀後半に同地の多様な知識人【(ガリレオ・ガリレイの父)ヴィンチェンツォ・ガリレイ等】が、ジョヴァンニ・デ・バルディGiovanni de Bardi 伯爵の邸宅に集って結成した音楽サークルで有名です。その活動の成果が後にオペラを生み出すことになり、西洋音楽史で避けて通れない都市ですが、ご指摘のように音楽関係のものは少ないです。

その一員の作曲家ジュリオ・カッチーニGiulio Caccini, 1545年? - 1618年)はフィレンツェで逝去し、聖アヌンツィアータ教会に埋葬。

フィレンツェ 生まれでは、あの作曲家ルイジ・ケルビーニ(Luigi Cherubini, 1760年- 1842年)は、後年パリに登りパリ音楽院院長に就任し、同地のペール・ラシェーズ墓地 (Cimetiere du Pere-Lachaise)に埋葬。

ささやかなアドバイスです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

楽器を弾いているにもかかわらず不勉強で
教えて頂いた情報は、はじめて知るものばかりでした。参考にさせていただきます。
もう少し勉強して、知識を深めたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/31 09:29

 クラシックに関しては、お墓巡りはわりとポピュラーな


ようですね。ハンガリーやオーストリアにも有名な墓地が
けっこうあるようです。

 で、フィレンツェではサンタ・クローチェ教会に有名人が
数多く埋葬されているそうです。音楽関係だとロッシーニが
メジャーでしょう。またベネチアでは「 墓地の島 」と呼ばれ
るサン・ミケーレ島に、ストラビンスキーなどのお墓がある
ようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サンタクローチェには必ず行ってみたいと思います。
ウィーンではごろごろあって、
作曲家の家や、お墓を回ったのですが、
今度行くところでは、ロッシーニ以外の情報が
探せませんでした。
ストラビンスキーも変わり種でおもしろそうですが、
サンミケーレには行けそうにないので、残念です。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/05/16 11:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q楽譜に使える音楽記号のフリー素材を教えてください

楽譜を作っているのですが、
ト音記号などがうまく作れません。
ト音記号、音符、音楽記号などのベクターファイル
(Illustratorで使える)のフリー素材はないでしょうか?

Aベストアンサー

フリーの素材は知りませんが、フォントを使うのはどうでしょうか?
インストールされてるフォントでMaestroやSonata等の譜面用のフォントはありませんか?

あるいはフリーのフォントがあるかもしれません。
捜してみて下さい。
例:
http://www2e.biglobe.ne.jp/~shinzo/shiryou/ongakun/ongakun.html
http://mimesis.s48.xrea.com/blog/archives/000354.html

Qベネチアとフィレンツェに行きたいのですが・・・

ベネチアとフィレンツェに行きたいと思っています。
7月に8日~10日間。各都市丸2日くらい時間のある、ゆっくりできる旅行を希望しています。
質問1:初ヨーロッパ+イタリア語なんてさっぱりという状況ではやはりツアーがよいですよね?
質問2:ツアーの場合、ずっと団体でぞろぞろ、という状態は避けたいと思っています。ある程度自由度もあるツアーってあるのでしょうか?
質問3:パンフやWebで見る限りなかなかこの2都市のツアーがありません。
やはり旅行代理店の窓口で相談するのが一番ですかね?
代理店によって対応や紹介内容に違いってあるものでしょうか?
(海外旅行経験がハワイのみで、そのときはハワイですし、値段重視で決めたので
いまいちどうするのがベストかわかりません)

その他なにイタリアでおすすめ情報があれば教えてください。
あまりショッピングをしようとは思っていないこともあり、ミラノやローマには行かなくても良いのですが、どうでしょうね?

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

私もkarimen0403さんと同じようにヴェネチアとフィレンツェに行きたいと思っていろいろ調べ、先月行って来たばかりです。
ミラノやローマにはあまり興味がなかったので、やはり2都市のツアーを探したのですが、日本からの飛行機がミラノかローマに乗り入れているせいか必ずどちらかが付いているツアーしかありませんでした。
せめて4都市は避けて、ヴェネチア、フィレンツェ、ローマ、2泊づつで、フリータイムがヴェネチア半日、フィレンツェ1日、ローマ2日(帰国が夜の便だったのでフリータイムが1日増えました)食事は朝食のみ付いている8日間のツアーでした。
やはり、海外旅行に慣れていない人はツアーがいいです。
飛行機やホテルの細かい事、ホテルへの送迎、とても大変です。ツアーだと成田からは荷物も全部はこんでもらえますし、確かに市内観光はぞろぞろなのですが、寺院や美術館でズラーとならんでいるのを横目に、ツアー専用の入り口からすぐ入れたり切符を買ったり予約をしたりしないでいいし・・・
食事は各自街のレストランに行ったのでわずらわしいこともなく、
ただ、思ったのはフリータイムの多いツアーは、なるべく街の中心部のホテルに泊まれる事がベストですね。
ホテルが郊外だと慣れない街でタクシーやバスに乗るのも結構たいへんですし、時間ももったいないですし、夜も街に出ていられません。
特にヴェネチアはホテル指定の高いツアーなら本島にとまれていいのですが、安いツアーだと本島ではなくメストレやリド島、どこになるのか出発前にならないとわからないのでこまります。私の行ったツアーは安いツアーでしたがサンマルコ寺院のそばに泊まれたのでラッキーでした。
ホテルが近かったので半日のフリータイムでも結構ゆっくりできました。もう一泊ヴェネチアにいられればムラーノ島まで足をのばせたのでしょうがヴェネチア3泊のツアーはなかなかないようです。
フィレンツェも丸一日フリータイムがあったのでゆっくりできました。是非ドゥオモの上まで464段の階段を登ってください。ドゥオモの上からフィレンツェの美しい街が見渡せ、とても感激しました。
ローマではオプションを利用してナポリ・ポンペイにも行きました。ローマの街はフィレンツェほど好きな街ではありませんが、一見の価値はあります。

私もkarimen0403さんと同じようにヴェネチアとフィレンツェに行きたいと思っていろいろ調べ、先月行って来たばかりです。
ミラノやローマにはあまり興味がなかったので、やはり2都市のツアーを探したのですが、日本からの飛行機がミラノかローマに乗り入れているせいか必ずどちらかが付いているツアーしかありませんでした。
せめて4都市は避けて、ヴェネチア、フィレンツェ、ローマ、2泊づつで、フリータイムがヴェネチア半日、フィレンツェ1日、ローマ2日(帰国が夜の便だったのでフリータイムが1日増え...続きを読む

Q音楽記号の意味

私は趣味で楽器を演奏している者です。
楽譜中のフォルテなどの音楽記号は、全て作曲家の意思が表れているんですよね?記号として正しく演奏することに加えて、その記号に込められた作曲家の想いを想像しながら演奏することが求められるのでしょうか?そうすると、作曲家の生い立ちなどについても勉強したほうが深い演奏ができるということになるんでしょうか?

Aベストアンサー

>その記号に込められた作曲家の想いを想像しながら演奏することが求められるのでしょうか?

もちろん求められるでしょうね。基本的に作曲者の頭の中で鳴っている音を完璧に記譜しようとしても無理があると思います。たとえばフォルテという記号もショパンのフォルテとベートーヴェンのフォルテは違うのではと思います。

たしかチェリストのロストロポーヴィッチが、楽譜というのは作曲者が演奏者へ宛てて書いた手紙のようなものだ。と言っていたと思いますが、まさしくその通りだと思います。演奏者はその手紙を読み、ここはどのような事を意味するのだろう?と考え、自分なりの解釈をして演奏するわけです。時としてそれが作曲者の生い立ち、作曲された時代背景等に考えが及ぶこともあるでしょう。

もちろん正しい解釈かどうかは作曲者本人に聞かないと解らないですが、「考える、又は想像する」という事が大事だと思います。
その人なりに想像するという事が、結果的にその人の個性になると思います。といってもあまり個性的すぎるのもダメなんですが(笑)

Q今度北京へ行きます。

こんばんは。タイトルの通り今度北京へ行きます。
初めて行くとの事で一応ツアー参加なんですが、フリープランです。
今回は関西空港から北京まで、そして北京空港から関西空港まで行くに当たり空港内などで気をつけたら一人でも立派に迷わなくいけるっていうポイントを教えていただきたく書き込みしました。
中国語は1%もわからないので、特に北京空港からは少し戸惑ってます。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

中国に住んでいます。元々、中国が好きでこっちへ来たのです。
ですから、今回北京へ行って中国を嫌いにならないで欲しいと思い
アドバイスしますね。

立派では無いですが、何とかいけるのは、紙とペンを必ず携帯すること。
自分の行き先くらいは中国の漢字で掛けるようにすること。
ホテルの名前を英語でなく、漢字で覚える事。
※シェラトンとかヒルトンって言ってもタクシーは知りません。
 必ず中国名があるので、知っておくこと。

あとはとにかく、意思を持つ事。

買い物などでは、「安い」とか色々理由をつけて物を売りつけます。
自分が欲しい物以外には関心を持たない事。

また、多少安くても言葉がわからないのですから、滅多に手を出さない事。
中国人は語調が強いので、日本人には怒っているとか喧嘩しているように
感じます。※彼らは普通に話している場合が多いです。

そのため、勢いで買わされる場合がほとんどです。
欲しくない物はかわない。

それでもしつこくされるようなら、本当に怒った口調で、
「いらない」と日本語で構いませんので、振り切ってください。
言葉ですから意味が解らなくても気持ちは通じます。
※怒れば、怒っているな?の程度ですが。これはこっちも同じでしょう。

言葉がわからないので、露店や物売りからは買わないこと。
平気でお釣りを渡さなかったり、誤魔化したりします。

そのため、外国人が行く、英語の通じる所や計算機を使う店で
買ってください。物価は高いですが、値引きも可能ですので、
多少は気持ちよく買い物できるはず。

お勧めの場所は、「秀水街」です。これを紙に書いて
ホテルのボーイに見せればタクシーに教えてくれます。
地下鉄の「永安里」で降りれば目の前がその建物です。
ここは外国人が多く、一般的なお土産が大体、手に入ります。
従業員も英語か日本語でも対応可能。計算機もあるので、価格交渉も楽です。
価格交渉の基本は、欲しい値段で買うことです。日本の物価と比較しても
意味が無いので、この値段なら買う!と言う価格で話してください。
一概に言えませんが、向こうの価格の半額以下にはなる場合がほとんどです。
ただし、交渉した段階で、こっちの言い値になったら必ず買うのが中国の礼儀です。
これだけは忘れないでください。

観光は天安門・故宮・万里の長城・豫和園などありますからね。

中国に住んでいます。元々、中国が好きでこっちへ来たのです。
ですから、今回北京へ行って中国を嫌いにならないで欲しいと思い
アドバイスしますね。

立派では無いですが、何とかいけるのは、紙とペンを必ず携帯すること。
自分の行き先くらいは中国の漢字で掛けるようにすること。
ホテルの名前を英語でなく、漢字で覚える事。
※シェラトンとかヒルトンって言ってもタクシーは知りません。
 必ず中国名があるので、知っておくこと。

あとはとにかく、意思を持つ事。

買い物などでは、「安い」と...続きを読む

Q音楽記号

「~」のような音符の上にかいてある音楽記号の意味がわかりません。
後輩はトリルだと言っているのですが、トリル記号(tr)も同じ楽譜の中にかいてあるので違うような気がします。
どなたか教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

プラルトリラーのことでしょうね。要するに1回または数回(演奏者の好みで)のトリルです。
#1さんが示しているアドレスのページの説明に補足しますと、

・1800年頃以前の作品(バッハとか)の場合は、1つ上の音からはじめて1回(数回)トリル。
・1800年頃以降の作品ではその音から1回(数回)トリル。でもロマン派以降は1回が多いです。ただし、数回バージョンで劇的にカッコよくなる場合があるので、試してみる価値有り。
・楽典の本には「数回でもよい」ということはあまり書かれていないので、本の知識しか無い人は知らないかも。

例)ドの音についている場合
1800年以前  レドレドー または レドレドレドー ・・・
1800年以降  ドレドー (またはドレドレドー・・・。でも多くは1回。)

ちなみに普通の「tr」も、1800年頃以前は上の音から始めます。

Qベルクラシック東京に車で行くときの道順は?

仙台から高速道路を使って結婚式場があるベルクラシック東京へ行く事になりました。
途中で埼玉県にも立ち寄る予定ではありますが方向音痴のために時間にゆとりをもって行きたいのですがわかりやすい道のりを教えて下さい。
ナビの付いていない車で行く予定です。

Aベストアンサー

こちら、ご参考まで。
http://drive.mapion.co.jp/route/?nl=35/55/29.701&el=139/44/27.470&scl=500000&stx=140/52/57.909&sty=38/15/28.378&edx=139/43/49.687&edy=35/43/41.875&chg=1

地図上の青い点をクリックすると分岐のイメージ図が現れます。

Q音楽の楽譜の読み方を説明するページをつくろうと思っているのですが、全音

音楽の楽譜の読み方を説明するページをつくろうと思っているのですが、全音符とか四分音符などの単体記号の画像をどうするか考えています。私は、音楽の昔からある記号は特に独自の創作性がない限り(古来のものをそのまま手書きで写したものでさえ)、著作権は発生しないと考え、スキャナーでそこらの印刷物から取り出そうと考えています。

この考えは間違っているでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その考えで正しいです。著作権侵害にはなりません。

Q今度、スカンジナビア航空でコペンハーゲンに行きます。包括運賃?の格安航

今度、スカンジナビア航空でコペンハーゲンに行きます。包括運賃?の格安航空券です。ユナイテッドとANAのマイレージ会員ですが、どちらを貯めたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

質問者様の航空券の「ブッキングクラス」により異なります。
ブッキングクラスはご購入の旅行会社で教えてくれますし、航空券にも記載されています。

ブッキングクラスが「B、E、M、H、Q、V」のいずれかの場合、
マイル積算率はUAだと100%、ANAだと70%です。

「W」の場合、積算率はUAだと25%、ANAだと70%です。

「G」の場合、積算率はUAだと25%、ANAだと50%です。

「U、K、L、T」のいずれかの場合、
積算率はUAだと25%ですが、ANAではマイルを貯められません。

その他のブッキングクラス(X、I、O、P、N、Rなど)の場合、
UAでもANAでもマイルを貯められません。

http://www.ana.co.jp/amc/reference/tameru/travel/flight/tk/sk.html
http://www.unitedairlines.co.jp/core/japanese/MP/earnmiles/partners/air/sas.html

Q下が「ト音記号」の楽譜ありますか

私は楽譜が読めません。今は「C、F、G7・・」等の指の形を暗記して、キーボードで簡単な曲を弾いています。

辛いのは、楽譜は右手用にト音記号で、左手用にヘ音記号でかかれているということです。
ト音記号の「ドレミ」の位置と、ヘ音記号の「ドレミ」の位置が違うので、音符を見て弾こうとすると一歩も進めません。

左手のパートが1~2オクターブ下のト音記号でかかれている初心者向けの楽譜はありませんか?

(全部ト音記号でかくと、線が増えてかえって読みにくいという理屈はわかります。でも、初心者用なら左手が動く範囲は1~2オクターブ内ですむでしょうから、右手用よりまるごと1~2オクターブ下げてかいてあると助かるような気がします。上手にならなくても、とりあえず弾ければいいのです)

Aベストアンサー

一部の,しかも,ポップス系や最近のアニメ系のピアノ譜でしたら,曲の一部に低音部をト音記号で書かれているものもあります。
また,すでに絶版されていると思いますが,アニメ系のピアノ譜で,低音部(左手でひく部分)を,ト音記号を使用して表記し,実際に弾くのは1オクターブ下というものもありました。(見たことはありますが,使いにくそうだったため,持っていません)

アドバイスですが,参考URLにあるようなアプリケーションを使うという手があります。
MIDIデータ作成のためのアプリケーションですが,スコアエディタを使用し,第1トラックにト音記号(右手パート)部分を入力し,第2トラックにヘ音記号(左手パート)部分を入力し,第2トラックを入力終了後にト音記号に変換します。(変換方法はヘ音記号をダブルクリックして,ト音記号を選択するだけだったと思います。ヘ音記号で入力するときは,この逆です)
あとは,楽譜作成機能を使用して,楽譜を印刷すれば,お望みのような楽譜が作成出来ると思いますよ。

フリーウェアで,このような機能があるものがあれば良いのですが,私が知る限りでは,一番安いのは,紹介した製品くらいです。(価格は,購入するお店によって変わりますので,書くことは遠慮します。たぶん,10000~13000円くらいだと思うのですが・・・)

参考URL:http://www.ssw.co.jp/products/win/sswlt40w/sswlt40w.html

一部の,しかも,ポップス系や最近のアニメ系のピアノ譜でしたら,曲の一部に低音部をト音記号で書かれているものもあります。
また,すでに絶版されていると思いますが,アニメ系のピアノ譜で,低音部(左手でひく部分)を,ト音記号を使用して表記し,実際に弾くのは1オクターブ下というものもありました。(見たことはありますが,使いにくそうだったため,持っていません)

アドバイスですが,参考URLにあるようなアプリケーションを使うという手があります。
MIDIデータ作成のためのアプリケーションで...続きを読む

Qベネチアかベニスか(イタリア)

値段もほぼ一緒。食事も回数的にはほぼ同じです。
ミラノ-ベニス-フィレンツェ-ローマ
ミラノ-ベネチア-フィレンツェ-ローマ
の2コースがあります。
どちらも一日はローマが自由行動です。
その他は似たような感じです。
ホテルも同等の名前が書かれていてスタンダードとなっています。
航空会社もどちらも、直行又は乗り継ぎとなっていて(ヨーロッパ国内)
ほぼ同じです。
ベネチアが良いかベニスが良いか・・で決まるのかな?と思うのですがいかがでしょう

Aベストアンサー

ベネチア=イタリア語
ベニス=英語
ですけど……


人気Q&Aランキング

おすすめ情報