目論見書を見ると少し気になる事があったので、お暇な時に回答して下さい。

今回、上場する企業で、NECモバイリング(9430)という会社があり、先日までブックビルディングの期間でしたが、そこの仮条件価格が1株1500~1800円でした。

そこで、この会社に興味を持ったので目論見書を読んでいると...
1.第三者割当(P.80)のところで、平成13年3月29日に額面500円で1株48、000円で割当てがあります。

2.株式等の状況(P.30)で、平成13年7月23日に「額面500円を50円に変更して20株に分割」と書いてあります。

48,000円/20株=2,400(円/株)

という感じになると思うのですが、1株2、400円ですと、社員はブックブックビルディングで一般の人が購入できる価格よりも高く上場前に買っているという事になるのでしょうか?
この会社に限らず社員が、上場前に自社株を第三者割当で購入する価格が、ブックビルディングの価格よりも高く購入しているという場合ってあるのでしょうか?

その辺、詳しい方いらっしゃいましたら、教えて下さい!

今まで、特に気にした事が無かったのですが、ブックビルディングの価格より上場前に社員が買っている価格の方が必ず安いと思い込んでいたので...
私が持っている限りの訂正目論見書では、再度分割等の記載はありませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

価格 株」に関するQ&A: 低価格株

A 回答 (1件)

http://www.tse.or.jp/listing/new/index.html

上記URLの上場日2/22の所にNECモバイリングの有価証券報告書が貼付されています(PDFファイル)。

第二部 企業情報
 第4提出会社の状況
  1.株式等の状況
  (2)発行済株式総数、資本金等の推移

の所(P27)を参照すると、
平成13年2月21日に株式分割を行っています。この時は500円で購入できたわけですから、それとの抱き合わせではないかと思います。それを考慮すると満更損と言うわけではないと思います。しかし、個別の株主などの記載がないため確信はありません。

株主割当と第三者増資の説明
http://www.jusnet.co.jp/business/k_k_zoushi.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
目論見書を読んだのですが、良く分かりませんでした...

NECモバイリングは、現在苦戦していますね。
(買わなくて良かった...)

返事遅くなりましたが、ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/01 16:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新規上場株式・IPO・ブックビルディングを買う

新規上場株式をブックビルディング方式にて買う場合、現金のみですか?信用枠では買えないのですか?

E*トレード証券ですが、IPOチャレンジポイントとは始めは0ポイントですか? E*トレードポイントはたくさんたまっているのですが。

Aベストアンサー

残念ながら信用枠は使えません。
現物の買い付け余力の範囲のみ抽選対象です。

IPOポイントも最初は0ですよ。一回外れるごとに1ポイントずつ増えていきます。

E*トレードポイントは、今まで支払った手数料の1%です。10000ポイントなら100万円支払っていることになります。

Q非上場株の株の価格

非上場企業の株を持っているのですが、手放すことを考えています。
その場合の何らかの指標、計算式があれば教えてください。

たとえば・・・

売上高  50億円
税引き前利益 5億円
総合キャッシュフロー 5億円
期末現金残高 10億円
株式発行数  1千株
5年続けて黒字決算
中期計画では5年で売り上げ倍増

他に必要な情報がありましたらすぐにお知らせします。

Aベストアンサー

参考URLのような計算はいかがでしょう?
結構まともな計算式で良いとは思います。

参考URL:http://www.toyokeizai.net/money/investment/detail/AC/65f6b0f571ecfeda0f1bb3ee8c2e3fe1/page/2/

Q東証の上場企業って売上高が3億円を切ると上場廃止にされてしまうんですか?株主は株は無価値になるん

東証の上場企業って売上高が3億円を切ると上場廃止にされてしまうんですか?

株主は株は無価値になるんですか?

払い戻ししたら潰れるのでは?

Aベストアンサー

上場する以前を考えよう
証券市場に上場をしていなくとも、株券も株主も存在する
当然、株券の価値も存在する

上場・非上場と株の価値は別問題
取引が容易かそうでないかで、株価のプラスアルファの有る無しという違いはあるが
だからといって、いきなり無価値にはならん

Q株で50円の額面ってなに?

株の額面で50円とかあるけどあれは何? 最低単位で決まっているのですか?
50円という株の紙が公募とか上場すると15000円とかになるのですか?
どんな会社も50円と決まっているのですか?
現在株価が何十万円もする会社はもとは全部50円からスタートしているのですか?

Aベストアンサー

直接の回答ではないですが、2001年10月1日に施行された商法改正により、額面株式は廃止となり、無額面株式に統一されました。
すでに発行されている額面株式については、会社の取締役会の決議により、回収して再発行することができますが、企業の負担が大きいため、株券に記載されている券面額は意味のない数字であるとして、再発行を行わない会社がほとんどです。

Q株で、現在の価格が4000円で4-5年前が1000円の会社が-----数年後は1000円などになるか

株で、現在の価格が4000円で4-5年前が1000円の会社が 大手でも多く見られますが
現在4000円で購入して 数年後は1000円などになる事はあるのですか。
 サイトなどでは、割安などと書いていますが、何か不安になりますね。
どのように、考えたらよいか 教えてください。

Aベストアンサー

当然ある。だから”割安”か”割高”というのはあくまでその企業の現時点での資産価値+事業の将来見込み
によって決まるにすぎない(=ファンダメンタル)。一方で、もしAという企業の企業価値が計算値よりも期待値が高ければみんなが買うので必然的に株価が上がりますしその逆がおきます。分かりやすい例で言うとバブル時代に日本人のみんなが不動産投資をあり得ない価格でばんばんとしていたようなケースです。皆が割高割安だと思えばそれは時間とともに適性な価格に近づくので基本的には市場適性価格へ修正する方向に向かうものを買えば儲かるという考え方があります。バフェットなんかの投資手法の基本原則もそこにあります。

ただ、この考え方には盲点が1つあって、そもそも適切な価格というものはあくまでその時点での特定の手法によって計算された”恣意的な”値にすぎないのだから、本当に適切かどうかが分からないということです。そして、適切な価格というのは現在+事業の将来性をも含む価格形成の事を指すから、仮に皆が将来性が高いと思えばそれは適切な価格以上の値段に容易に跳ね上がる幻想を生み出す根拠にもなります。古典的な違法な株取引として、例えば大量に特定の株の買い注文を出すとそれにつられて株価が上がります。上がった所で先にだした大量の買い注文を売り切ってしまえば最初に売った人は儲ける事だって出来ます。こうした株価の変動というのは適切な価格とは無関係であることはすぐに分かりますが、市場参加社が常に売買している中で何らかのモーメンタムが生じると動く事があり、ドコが適切かを適切に判断するのは言うほど単純な話ではありません。つまりあくまで、過去のデータや同業者や同程度の水準の企業と比べて割高か割安かという指標を様々な統計的なデータから評価してるにすぎませんから、今後も同様に使えるか(その可能性は安定してる企業であればあるほど高いが)、確実ではありません。

結局の所、明日[天気予報が80%晴れるって天気予報で言ってた]とA君が言った場合に、その天気予報が当たるかどうか、そしてそれは明日も正しいのかという要素の他に、しばし嘘をつくA君の言葉がドコまで信用できるのかという自己矛盾が為替市場や株取引には常に存在するのです。

当然ある。だから”割安”か”割高”というのはあくまでその企業の現時点での資産価値+事業の将来見込み
によって決まるにすぎない(=ファンダメンタル)。一方で、もしAという企業の企業価値が計算値よりも期待値が高ければみんなが買うので必然的に株価が上がりますしその逆がおきます。分かりやすい例で言うとバブル時代に日本人のみんなが不動産投資をあり得ない価格でばんばんとしていたようなケースです。皆が割高割安だと思えばそれは時間とともに適性な価格に近づくので基本的には市場適性価格へ修正する方...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報