教えてください!
今回やっと自分の店舗(飲食店)を開業することになり、開業計画書作りの時点で行き詰まりました。

自己資金 8000000
借り入れ 5000000
店舗テナント 鉄筋造2階建(2F)65m2
 
工事見積もりは
仮設工事   431547     
木材料 515280
建材料 515280
木工事 2101000 
内装工事 781460
建具工事 119000
塗装工事 160000
板金工事 380000
電気工事 850000
換気扇工事 510000
照明器具 400000
水道工事 816216
ガス工事 230000
諸経費 300000
小計 8109783
値引 -609783
合計 7500000
税      375000
合計 7875000円
家具工事(いす・テーブル) 1050000円

このような条件でした、問題は合計金額の減価償却耐用年数がわかりませんでした。個別に分類もできる様ですが自分の調べた年数にじしんがありません。
~自己流~
合計にかかる年数20年(7875000)
家具      5年
電気      15年
このぐらいでよいのかと・・・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

建物の本体と、内装工事は分類したほうが得策です。

ガス設備、換気扇設備、照明器具については、器具備品として償却できる可能性があります。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/hagiwarakaikei/techo/ …
    • good
    • 2

耐用年数に関しての本が各種出ていますので、それで確認されるのが良いと思います。

HPだけですとそのHPによって精緻さに差が出てしまうので。
以下は、インターネット書店での検索結果です。
http://www.7andy.jp/books/business_and_economy/a …
実際には、近くの大き目の書店(できればビジネス街)に行って、自分にとって見やすいものを探すほうが良いと思います。
これは、私が前職で会計のプロを雇って、彼が持っていた耐用年数一覧を見せてもらって初めて理解したことです。こればかりは、本の方が良いようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q開業前に中古資産(車)を購入しました。青色事業を開業しました。これについての取得価額と耐用年数についてご教示下さい。

よろしくお願いします。概要は次の通りです。 19年1月に開業した青色個人事業者です。
I)(1)サラリーマンの時代に耐用年数6年の初期登録12年4月の車を15年6月(実質3年3ケ月経過)に200万円で購入しました。
(2)個人自家用車として15年6月~18年12月(2年7ケ月使用)使用後19年1月より事業用として使用してます。 (3)この車の事業用資産としての取得価額(帳簿価額)及び耐用年数はどのようにしたらよろしいですか? 
II)上と同じですが、初期登録16年2月に耐用年数4年の軽自動車を17年3月(1年2ケ月経過)に130万円で購入しました。自家用車として9ケ月使用後19年1月より事業用として使用しています。
これについても「I」同様取得価額、耐用年数をご教示お願いします。

Aベストアンサー

>私が質問した最大の問題は初年度登録の中古車を購入してその後に事業転用ですから結局中古車の中古車ですから経過年数の基点を何処にするかに迷ったのです。条文は何処を見ればよいのか解かりません、それらしき条文があればご教示下さい。

私も実際にこのような事例にあったことがないのですが、少なくともこれに合致した条文というものは無いと思います。

私が処理する場合には、中古資産を取得し私的に使用後事業に供用したという事実を考慮して、事業転用時の簿価計算において取得価格から減価の額を引く際の計算上1.5倍する耐用年数を、15年6月に中古資産を取得したことによる中古資産の見積耐用年数(簡便法)にしたがって計算した耐用年数を適用すると思います。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5404.htm

一応税務署に確認なさって下さい。

Q店舗内装減価償却 耐用年数について

ネイルサロンの開業に伴い、賃貸でスケルトン物件を借りて、
内装をしました。
内装費は固定資産に当たると思うのですが、
減価償却の耐用年数がわかりません。
調べたのですが、どれに当たるのか判らず困っています。
80平米です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

更新不可の賃貸借契約であればその年数になりますが、更新可能であればそのものずばりはありません。賃借した建物の構造と業種で判定される建物の耐用年数によるか、内装工事の各内容を考慮して計算した見積もり耐用年数になります。
具体的な計算方法その他の情報については、ネットで「内装工事 耐用年数」などのキーワードで検索すればたくさんヒットします。たとえば
http://www.toyo-t.com/new_page_36.htm
http://d.hatena.ne.jp/kobarin/20101018/1287410406

Q中古車で耐用年数が過ぎた車、もしくは過ぎそうな車について教えてください

中古車で耐用年数が過ぎた車、もしくは過ぎそうな車について教えてください。

事業用の中古の軽自動車を検討しています。軽自動車の耐用年数は四年と書いてありますが、3年経過したの車などは、1年分しか減価償却は出来ないんですか?後…例えば5年経過した車などは、減価償却は出来ないんでしょうか?まったくの素人で解らず中古車購入に踏み切れないところです。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

軽自動車の法定耐用年数は4年、
初回登録から1ヶ月~1年3ヶ月経過の軽自動車の見積耐用年数は3年です、
初回登録から1年4ヶ月以上経過の軽自動車の見積耐用年数は2年です、
見積耐用年数が2年以下になる事は有りません。

中古資産を取得した場合は下記により耐用年数を見積もります。

見積耐用年数の計算式は、
(1).法定耐用年数の全部を経過した資産の見積耐用年数、
「見積耐用年数」=「法定耐用年数」×「0.2」。

(2).法定耐用年数の一部を経過した資産の見積耐用年数、
「見積耐用年数」=「法定耐用年数」-「経過年数」+(「経過年数」×「0.2」)。

計算結果の1年未満の端数は切り捨て、2年未満は2年とする。

国税庁>タックスアンサー>No.5404 中古資産の耐用年数
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5404.htm

Q減価償却の処理、償却期間中に耐用年数の変更について

2000年3月より個人事業主でショップを運営しております。
初年度には開業届けの提出等の際に教えていただいた無料で相談できる税理士に指導をお願いして経理を処理した後、
翌年からは経理ソフトを使用して自力でやってきました。
初年度に仕事用にパソコンを購入したため、減価償却の処理についても指導を頂き、以下のような処理で経理ソフトに
入力して毎年、処理してきました。

償却方法:定額法
取得日:2000年2月
耐用年数:6年
取得価額:274,000円
償却の基礎になる金額:246,600円
事業割合:50%

翌年からは、初年度の処理を参考に経理ソフトに入力して処理をしてきましたが2003年度にパソコンの耐用年数が
4年になっていることを知り、経理ソフトの耐用年数を6年から4年に変更しましたが正しい処理だったのか不安になっています。
また、6年から4年に変更したことで償却費の金額が大きくなっていること、耐用年数が4年となると、今年度の減価償却の
処理がどうなるのかも分からず、ネットなどで色々と検索してみたのですが対応方法が分かりません。

税理士に指導をいただいたのが初年度のみだったのですが、今後のことも考え、
やはり税理士に一度、相談してみようかと思っているのですが、このような部分的な相談などについてご指導いただけるのでしょうか?

よろしくお願い致します。

2000年3月より個人事業主でショップを運営しております。
初年度には開業届けの提出等の際に教えていただいた無料で相談できる税理士に指導をお願いして経理を処理した後、
翌年からは経理ソフトを使用して自力でやってきました。
初年度に仕事用にパソコンを購入したため、減価償却の処理についても指導を頂き、以下のような処理で経理ソフトに
入力して毎年、処理してきました。

償却方法:定額法
取得日:2000年2月
耐用年数:6年
取得価額:274,000円
償却の基礎になる金額:246,600円
事業割合:...続きを読む

Aベストアンサー

正月休みのため、返答が遅くなりすみませんでした。

>ご指摘いただいた01年~02年度分の10,358円は、経理上で修正処理することができるのでしょうか?

会計処理上では、可能です。
仕訳は、「(借方)前期損益修正損/(貸方)工具器具備品」となります。
仕訳の計上日付は、この内容について知り得た日、つまり、H16/12/30となります。

しかし、この"前期損益修正損"は、H16年分所得税の計算上、事業所得の必要経費とはなりません。

所得税の取り扱い上、償却不足の\10,358は、あくまでも、'01、'02年分の減価償却費の必要経費算入不足分となるためです。

何故なら、所得税法上「・・・必要経費に算入する金額は、その者が当該資産について選定した償却の方法に基づき政令で定めるところにより計算した金額とする(所得税法49条抜粋)」と規定されており、この「計算した金額」が必要経費となります。

仮に納税者が間違えて、この「計算した金額」より少なく必要経費を計算した場合には、
基本的に税務当局では積極的に「必要経費にしてくれる」と言うものではありません。

あくまでも「申告納税」ですから、「間違えて計算して、多く税金を支払っても、おたくの間違えでしょ?」と言うスタンスです。

しかし、このままでは納税者の権利がないがしろになってしまいますので、
その救済措置として、所得税の確定申告後に、計算等の間違いに気づいて、
申告した納税額が、正しく計算した税額より多かったときに、正しい額に訂正することを求める場合の手続きが認められています。

詳しくは下記国税局のサイトで確認してください。
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/annai/01.htm

尚余談ですが、間違えて減価償却費を多く計算している場合には、所轄税務署から連絡が来ます、「所得税の計算が違っているようですが・・・」と。



>また、耐用年数が4年に短縮となっていますが、04年度分も03年度分と同じような計算で処理すれば良いということになりますでしょうか?

はい、OKです。

但し、償却可能限度額に注意してください。

取得価額の5%(\13,700=\274,000×5%)は、帳簿価額として残さなければなりませんので、
今回H16年分の必要経費に算入できる減価償却費は\18,913となります。

'00年末簿価
\274,000-\37,524=\236,476

'01年末簿価
\236,476-\61,650=\174,826

'02年末簿価
\174,826-\61,650=\113,176

'03年末簿価
\113,176-\61,650=\51,526

'04年分必要経費算入減価償却費
ア.\274,000×0.9×0.250=\61,650
イ.\51,526-\274,000×5%=\37,826
ウ.ア>イ ∴\37,826
エ.\37,826×50%(事業割合)=\18,913

※それぞれの年末帳簿価額の計算上マイナスするのは、
必要経費としての減価償却費ではなく、"事業割合"を考慮する前の減価償却費の金額を使用します



>税理士へ相談することも検討してみたいと思っております

そうですね、費用対効果で考えれば良いと思います。一概にはいえませんが、xxlouxxさんの所得が一般的なサラリーマンの年収を超えるようであれば、税理士にお願いした方が良いのではと思います。報酬の支払いが生じますので、経費は増加しますが、基本的には、xxlouxxさんは仕事に専念できますし、税務の事だけでなく、今後の法人化(将来的には最低資本金制度や有限会社・株式会社の区分が無くなる方向です)に向けて等、適切なアドバイスが受けられると思います(税理士にもよりますので、良く見極めてください)。

正月休みのため、返答が遅くなりすみませんでした。

>ご指摘いただいた01年~02年度分の10,358円は、経理上で修正処理することができるのでしょうか?

会計処理上では、可能です。
仕訳は、「(借方)前期損益修正損/(貸方)工具器具備品」となります。
仕訳の計上日付は、この内容について知り得た日、つまり、H16/12/30となります。

しかし、この"前期損益修正損"は、H16年分所得税の計算上、事業所得の必要経費とはなりません。

所得税の取り扱い上、償却不足の\10,358は、あくまでも、'01、'02年...続きを読む

Q耐用年数を経過しいた公用車の減価償却について

会社で使用している公用車が、耐用年数の6年を経過しました。減価償却費を計算する場合、耐用年数を経過したので減価償却費は計上しなくてもよいのでしょうか?それとも、使用している限り減価償却費を計上するのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

95%まで償却できますから、実際には 6年よりもう少し長く償却できることになります。
その車を使っている限り「未償却残高」として、残りの 5%をずっと帳簿に記載しておくことになります。この間の減価償却費はゼロです。
廃車したとき、残っていた 5%は、「除却損」として経費になります。

Q耐用年数2年の資産を定率法で減価償却すると1年で償却できる?

償却率表を見ると定率法、耐用年数2年の場合、償却率1,000となっています
。という事は1年で償却してしまうという事でしょうか?

耐用年数2年の意味がなくなってしまうと思うのですが、どのように解釈す
れば良いのでしょうか?

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

平成19年4月以降に取得した資産の話ですよね。
表の誤りではありません。

おっしゃるように、定率法で2年の場合1年(12ヶ月)で償却してしまうことになります。

私も、何となく妙な感じはするのですが、そのように決まってしまったので、としかいえません。

もっと詳しい方から説明があることを期待しています。

Q確定申告 ローンで買ったパソコンの扱いと、中古車の耐用年数について

フリーランスとして白色申告を行います。

昨年ローンで購入したパソコンがあり現在も支払いが続いています。
仕事と私事の半々くらいで使用していますので半分を経費として申告したいのですが、この場合はローンですでに支払った額を申告するのでしょうか?
それとも10万円を超えているので、購入金額を耐用年数で割るのでしょうか?

また、中古車(こちらは一括で購入しました)の場合も新車と同じ耐用年数で計算するのでしょうか?

ご存知の方がおられましたら、是非ご教示ください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>この場合はローンですでに支払った額を申告するのでしょうか…

そういうことではありません。
10万円を超える買い物は、原則として減価償却をします。

>それとも10万円を超えているので、購入金額を耐用年数で割るのでしょうか…

そうですね。
パソコンは、耐用年数を 4年として減価償却の計算をします。

>仕事と私事の半々くらいで使用していますので…

申告書に添付する『収支内訳書』の中の減価償却費計算表で、「○チ 事業専用割合」を50%とします。

なお、そのパソコンが、10万円以上20万円未満の場合は、減価償却の計算をせずに、3年間で償却することもできます。
詳しくは、税務署で申告書用紙と一緒に配られる
『平成18年分収支内訳書(一般用)の書き方』
をご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2785115.html

また、その年に支払ったローン返済額のうち、利息部分だけは「利子割引料」として経費になります。
もちろん、利息も家事用と按分して、50%だけが経費です。
元本の返済分は経費ではありません。

>中古車(こちらは一括で購入しました)の場合も新車と同じ耐用年数で…

(1) 法定耐用年数の全部を経過した中古資産
[法定耐用年数]×0.2 = [耐用年数]・・・端数切り上げ、最低 2年。

(2) 法廷耐用年数の一部を経過した資産
[法定耐用年数] - [経過年数]×0.8 = [耐用年数]・・・端数切り上げ、最低 2年。

>この場合はローンですでに支払った額を申告するのでしょうか…

そういうことではありません。
10万円を超える買い物は、原則として減価償却をします。

>それとも10万円を超えているので、購入金額を耐用年数で割るのでしょうか…

そうですね。
パソコンは、耐用年数を 4年として減価償却の計算をします。

>仕事と私事の半々くらいで使用していますので…

申告書に添付する『収支内訳書』の中の減価償却費計算表で、「○チ 事業専用割合」を50%とします。

なお、そのパソコンが、10万円以上20...続きを読む

Q減価償却の耐用年数教えて下さい。

個人事業主で、宿をやっています。今年、6月に表の屋根付きテラス(下は土・基礎は塚石)を増築しました。30万円を超える費用がかかったので減価償却は一括できまないのはわかっています。ただ償却するにも耐用年数がわかりません。わかる方がいらしたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

法定耐用年数は下記から。

参考URL:http://www.m-net.ne.jp/~k-web/genkasyokyaku/genka-tatemono.htm

Q中古車の耐用年数

教えてください。
中古の軽自動車(19年10月登録、20年6月購入)を購入したのですが耐用年数は何年になるのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

中古車を取得した場合は耐用年数を見積もる必要が有ります、[ 計算結果の1年未満の端数は切り捨て、2年未満は2年とする ]、[ ]内は決まりです変える事は出来ません。

軽自動車(新車)の法定耐用年数は4年で、登録~取得迄の経過年数=19年10月登録~20年6月購入=8か月。

見積耐用年数の計算式は、
・法定耐用年数の一部を経過した資産の「見積耐用年数」=「法定耐用年数」-「登録~取得迄の経過年数」+「登録~取得迄の経過年数」×「0.2」。

「見積耐用年数」=4年-8か月+8か月×0.2=3年4か月+1.6か月=3年5.6か月 →3年に成ります。

国税庁>タックスアンサー>No.5404 中古資産の耐用年数
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5404.htm

Qユンボの減価償却耐用年数

表題の通りなのですがユンボの減価償却の耐用年数って何年ですか? 知人に調べてくれと頼まれたのですが 私は 減価償却ってなに? ってレベルなので全然わかりません。 あと参考になるホームページ等をご存知なら教えてください。

Aベストアンサー

 
No.2の者です。


中古資産の場合は、耐用年数表に掲げられた年数ではなく、その事業の用に供した時以後の使用可能期間として見積もられる年数によることができますが、その使用可能期間の見積りが困難であるときは、下記のような計算方法になります。


法定耐用年数の全部を経過した資産については、その法定耐用年数の20%に相当する年数。

法定耐用年数の一部を経過した資産については、その法定耐用年数から経過した年数を差し引いた年数に経過年数の20%に相当する年数を加えた年数。

なお、これらの計算により算出した年数に1年未満の端数があるときは、その端数を切り捨て、その年数が2年に満たない場合には2年とします。


具体的な計算方法については参考URLに掲げられていますので参考にどうぞ。

減価償却の概要については検索すると多数のサイトが存在しますので、お好みのサイトでご確認下さい。

では、失礼します。
 

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/5404.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報