有休届を書こうと思っているのですが、ふとした疑問。
 自      年 月 日 時 分
 至      年 月 日 時 分
ってあるんですが、自と至の語源っていうか意味分かる方いらっしゃれば教えてください。

 また三日休もうと思っているのですが、自のところには、休む最初の日の就業開始時間を、至るには休む最後の日の終業時間をかけばよろしいのでしょうか?
 とにかく自と至の語源ってなんでしょうか?お教えください

A 回答 (1件)

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1666846
だそうです。

【自】文章語 …から。…より。
【至】文章語 …にいたる。…まで。

有給休暇の場合は、有給休暇の開始日時を【自】に、
終了日時を【至】に書くと思いますよ。
(日単位の取得なら時分欄は書かないかな)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

レスありがとうございます。自が、よりという訓読みがあることで、けっこうすっきり感があるのですが、なんか若干すっきり納得いかないところも参考先のURLにあるような。
 しかし、安心しました。教えていただいて有り難うございます。しかしなんでこの二文字なんだろうか。

お礼日時:2006/05/18 03:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q損益計算書の自:と至:

損益計算書の上に会計期間を記入する際に、
自:○年○月○日 至:○年○月○日
と記入しますが、なぜ、「自」と「至」というふうに
記入するのでしょうか。
「至」は会計期間が○年○月○日まで至るという意味だと思うのですが、「自」はさっぱり意味が解りません。どなたかご存知の方がいらっしゃったら、この語源を教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

誤解を招く表現だったので補足します。

>訓読みで「より」と読みます

「より」という読み方を持っている漢字という意味であって、
自:○年○月○日 至:○年○月○日
と書いたときに「より」「いたる」と読むわけではありません。

読みは

「じ」:○年○月○日 「し」:○年○月○日

です。

Q「自~至~」について

よく「工事期間 自○月○日 至○月○日」と見かけますが、
これは場所を指すときにも使えるのでしょうか?

たとえば、大阪から東京までというとき、
「自 大阪 至 東京」というふうに。
教えてください!

Aベストアンサー

現代語で、「自 大阪 至 東京」というのは
あまり見かけませんが、
漢字のもともとの意味的にはOKです。

自は、場所や時の起点を示す言葉で、
至は、目指すところまで届くという意味です。

Q[自至]の読み方について

[自至]の正しい読み方は、何と読むんでしょうか。何方かご存知の方おりましたら教えてください。

Aベストアンサー

『じし』です。

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1666846

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Qエクセルでセル内に斜線を引くには

Excel97です。表を作成し、いくつかのセル内で斜線を引きたいのですが、どういう操作をしたらいいですか、ご教示ください。

Aベストアンサー

下記のURLを参照してください。
写真いりでわかりやすくなっています。

参考URL:http://www.excel-jiten.net/cell_format/ruled_line_change_slash.html

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q休暇届の理由について

個人的(自分の都合)な理由で休みたいとき、
上司に怪しまれない(ばれない)ようにするためには、
理由になんと書けばいいでしょうか?

Aベストアンサー

休暇の種類によりますが、年休(年次有給休暇)取得に理由は不要です。「私事」とだけ書きます(私用でも)
理由が必要になるのはそれ以外の会社規定休暇。慶弔、傷病etc、全部証明できないとアウトです。(中にはリフレッシュ休暇なんてのもありますが)
余計な嘘を付くからバレる。黙秘権行使、w

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報