サリチル酸から作られるアセチルサリチル酸について製法、薬品としての効果、薬品としての副作用などがのっているURLを知っている方すみません教えてください。宜しくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 直接の回答ではありませんが,アセチルサリチル酸(アスピリン)と言えばバイエル(Bayer)と言う事で,バイエル薬品のペ-ジ(↓)を挙げておきます。



 トップペ-ジから,「日本のバイエル」→「Consumer Channel」→「解熱鎮痛剤」と進と,「バイエルアスピリン製品情報」,「アスピリン100年」,「バイエルアスピリン使用上の注意」等があります。

 また,「超薬アスピリン スパ-ドラッグへの道」(平澤正夫,平凡社,平凡社新書107)という本もあります。これには文献も出ています。

参考URL:http://www.bayer.co.jp/byl/
    • good
    • 0

回答者のADEMNさん 医薬品情報のURLを


教えて下さってありがとうございます。
早速のぞいてみました。時々私も使わせていただきます。
さて、SAPPYさんの質問ですが、効能や副作用は
こちらで充分でしょうが、製法がもしかしたら
見つけられないかも。
MERCK INDEX14 856に製法の文献名があります。
サリチル酸を無水酢酸に溶かし少量の硫酸(触媒として)を
加えて加熱し、放冷し析出する結晶を再結晶で精製する。
C6H4(OH)COOH+O(COCH3)→
C6H4(OCOCH3)COOH+CH3COOH
    • good
    • 0

http://www.pharmasys.gr.jp/tenpu/menu_tenpu_base …
ここで薬品名に「アスピリン」をいれれば検索できます。
これは医薬品に関する情報のサイトです。
参考URLより検索できます。

参考URL:http://www.pharmasys.gr.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。早速やってみます。

お礼日時:2002/02/11 09:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数楽と数学会の読みは何ですか?

数楽と数学会の読みは何ですか?

最近、よく「数楽」という言葉を見かけますが、この言葉の読みは何でしょうか?。

普通に読めば「すうらく」だと思いますが、数楽舎という塾は、「すうらくしゃ」ではなく、「すうがくしゃ」と読むそうです。
どちらかが造語ですか?

また、数学会の読みは、「すうがっかい」ですか、「すうがくかい」ですか?

Aベストアンサー

私も、「すうがく」、「すうがっかい」でよいと思うが。

数楽というのは、数学者や数学愛好家が「数学とは楽しいものだ」ということを強調するために、わざと漢字を変えて使っているものである。
だから、数学と同じく、「すうがく」と読んで問題ない。

>どちらかが造語ですか?
「数楽」は造語、「数学会」は「数学」と「会」の合成語だろう。

余談だが、「楽」と言う字は、
・「楽園」「行楽」など、「たのしい」「のびのびする」という意味では「ラク」
・「音楽」「楽器」など、「うたう」「音をかなでる」という意味では「ガク」
と読むのが原則である。
「数楽」の場合は、上記のような理由で敢えて例外的に「ガク」と呼ぶのである。

Q[サリチル酸・アセチルサリチル酸・安息香酸] 酸としての強さの比較

サリチル酸・アセチルサリチル酸・安息香酸の、酸としての強さが、
サリチル酸>アセチルサリチル酸>安息香酸となるのはなぜでしょうか。

サリチル酸は安息香酸と比べて、フェノール性ヒドロキシル基がついているので、安息香酸より酸性が強くなりそう、また、アセチルサリチル酸はサリチル酸のフェノール性ヒドロキシル基がアセチル化されているので、サリチル酸よりは酸性が弱くなりそう、
と何となく思うのですが、正確なところが良くわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
図を書くのは苦手なので、うまく伝わるかどうかわかりませんが・・・・
サリチル酸に関しては、同一分子内のOH基のHと、-COO^-(電離した形)のOが水素結合を形成することによって安定化されます。下図。

ーO
 ┃
 H
 : ←水素結合
 O^-
 ┃ 
ーC=O


アセチルサリチル酸の解離した形における共鳴形には、安息香酸では対応する形がないような共鳴形が存在します。
この時のベンゼン環と置換基の結合に関しては下に示しています。形式的にベンゼン環と置換基の結合は二重結合になっています。また、このとき、ベンゼン環自体はシクロヘキサジエン構造になっています。
大雑把な議論ではありますが、一般に共鳴形が数多く書けるほど安定ということになりますので、アセチルサリチル酸の解離した形の方が、対応する安息香酸のものよりも安定と言うことになり、その分だけアセチルサリチル酸の方が強い酸性を示します。

*アセトキシ基とベンゼン環の結合
=O^+ーC(=O)CH3  (Oに+の形式電荷)
*COO^-とベンゼン環の結合
=C(O^-)2

これでもまだ難しいでしょうか。確かに少々難しい話もあり、共鳴安定化、あるいは共鳴効果などがわかっていなければ、アセチルサリチル酸の話は理解できないと思います。
もしわからないようでしたら、教科書の共鳴に関連する部分を勉強してみて下さい。

No.1です。
図を書くのは苦手なので、うまく伝わるかどうかわかりませんが・・・・
サリチル酸に関しては、同一分子内のOH基のHと、-COO^-(電離した形)のOが水素結合を形成することによって安定化されます。下図。

ーO
 ┃
 H
 : ←水素結合
 O^-
 ┃ 
ーC=O


アセチルサリチル酸の解離した形における共鳴形には、安息香酸では対応する形がないような共鳴形が存在します。
この時のベンゼン環と置換基の結合に関しては下に示しています。形式的にベンゼン環と置換基の結合は二重結合...続きを読む

Q読みは何でしょう

読みは何でしょう

Aベストアンサー

「網目」です。

写真から箱書きのように見えますが
網目模様の焼き物か塗り物でも入っているのでしょうか?

Qサリチル酸からアセチルサリチル酸の合成

タイトルの反応は、フィッシャーの反応にしたがって進むと思われます。
つまり、無水酢酸の酸素原子へのプロトン付加から始まりますよね。
このとき、プロトン付加によりC=O結合が立ち上がって、炭素原子が陽イオン化します。
この炭素陽イオンに、サリチル酸のヒドロキシル基の酸素原子上の非共有電子対が配位しますよね。

このとき、サリチル酸の「カルボキシル基の酸素原子」は配位しないのはなぜですか?
配位能の違いでしょうか?

Aベストアンサー

 まず,無水酢酸にプロトン付加した状態ですが,炭素原子は陽イオンにはなりません。陽イオン性が増加するだけです。プロトン化された無水酢酸は下記の極限構造式間の共鳴状態(共役ではありません)で存在します。

   CH3     CH3    CH3
   |       |      |
   C=OH   +CーOH   CーOH
   | +     |      ||
   O   ←→  O  ←→  O+
   |       |      |
   C=O     C=O    C=O
   |       |      |
   CH3     CH3    CH3

 つまり,+電荷は H+ の H, C=O の C と O, -CO-O- の O に分散して存在します。ただ,カルボニル炭素の+性が増加するため,求核攻撃を受けやすくなり OH による攻撃を受けます。ヒドロキシル基は配位するわけではありません。

 さて,御質問の「カルボキシル基の OH が反応しないのは何故か?」ですが,フェノールの OH に比べて求核性が弱いのが大きな理由ではあります。

 が,実際には弱いながらもカルボキシル基の OH も反応します。ただ,生じるのは不安定な(反応性に富む)酸無水物であり,直ぐ側に求核性を持つ OH 基が存在します。そのため,生じた酸無水物と OH 基が直ぐに反応し,OH がアセチル化されると共にカルボキシル基が再生します。また,OH 基と反応しなかった酸無水物は,反応の後処理の段階で水と反応して加水分解されてしまい,元のカルボキシル基を再生します。

 結果として,カルボキシル基は見掛け上は反応しない様に見えますが,程度は少ないものの反応しています。

 まず,無水酢酸にプロトン付加した状態ですが,炭素原子は陽イオンにはなりません。陽イオン性が増加するだけです。プロトン化された無水酢酸は下記の極限構造式間の共鳴状態(共役ではありません)で存在します。

   CH3     CH3    CH3
   |       |      |
   C=OH   +CーOH   CーOH
   | +     |      ||
   O   ←→  O  ←→  O+
   |       |      |
   C=O     C...続きを読む

Q本を読み事で何が得られますか?

本を読み事で何が得られますか?

Aベストアンサー

楽しい時間。展開を想像すること。新たな知識、作者の思想。

Qアセチルサリチル酸

サリチル酸に無水酢酸、濃硫酸を加えてアセチルサリチル酸を作ったのですが、このときの反応機構がわかりません。知っている方いたら詳しく教えてください。あとできれば、このアセチルサリチル酸の純度を調べる方法が何かあったら、そのことについてもお願いします。

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムの中和滴定でもとまるのではないでしょうか??

ヒドロキシル基がアニオンになり無水酢酸を攻撃することに反応が起きます。

Q「故れ」の読み方と意味は何ですか

「故れ」の読み方と意味は何ですか。

本居宣長の「古事記伝」に出てきます。
一応、自分の解釈は
読み方は「これ」
意味は「これによって」
と思うのですが、国語学的な根拠がないので、
自信がありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えば古事記傳七之卷神代五之卷の二段目「須佐之男命御啼伊佐知の段」の冒頭を見てください。「故各隨依賜之命所知看之中」に、「カレ オノモオノモ ヨサシタマヘル  ミコトノ マニマニ シロシメス ナカニ」と訓みが添えられています。

「かれ」は、「か・あれ」の縮まったもので、「か」は「あれ」「あそこ」と物を指し示す語、「あれ」は物が明瞭に見える意の「ある」の「已然形」で、「あるので」「あるのだが」というような意味。併せて、「そのようなことであるから」といったような意味に使われます。

「自分の解釈」と仰るのはとても良いことですね。国語学的な根拠など参考程度にすればよいでしょう。それこそ宣長の言う「おほらか」ということでしょう。

Qアセチルサリチル酸の合成実験においての疑問

アセチルサリチル酸の合成実験を行ったのですが、吸引ろ過の時などにこぼしたりした覚えは無いのですが収率が他の人たちに比べてかなり低い値が出てきてしまいました。原因として何が考えられますでしょうか??

Aベストアンサー

通常の再結晶というのは、ご承知のように、物質の溶解度の温度変化を利用しています。
たとえば、低温での溶解度が0であれば問題無いのですが、普通は冷却された状態でもある程度のアセチルサリチル酸が溶けます。したがって、溶媒の量が多ければ、その量に比例して、冷却後も溶けたままのアセチルサリチル酸の量が増加し、結晶として出てくる量が減少することになります。
だから、通常は使用する溶媒の量をできるだけ少なくします。

Q「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?

「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?
人名のようなのですが、[馬前]原という記述がありました。
第2水準にも無い漢字のようですが、何と読むのでしょうか?
また意味は何ですか?

Aベストアンサー

漢字辞典で調べたらありました。人名については分かりません。

読み:「セン」古い中国の読み方だと「ゼン」の場合も
意味:蹄の白い馬
「[馬前]原」の読み:「きばはら」

参考…大修館「漢語新辞典」

Qアセチルサリチル酸の定量

前に同じ質問をしましたが、どうしても分からないのでもう1度だけ質問させていただきます。

アセチルサリチル酸の定量についてですが、滴定による定量の方法は分かりました。
しかし、もう1つ呈色による方法があるとうかがったのですが、そちらの方法が全く分かりません。
それに関して、以下のことに関してお答えいただけると幸いです。

・必要な試薬・器具
・1gを定量する手順
・定量分析中に使用した試薬の調製方法及び評定方法
・標準溶液の調製方法及び検量線の作成方法

Aベストアンサー

アスピリンを加水分解して、
生じたサリチル酸を硫酸アンモニウム鉄を加えれば、
呈色定量できると思いますが。

但し、もともと含まれているサリチル酸も発色しますので、
アスピリンの定量としては適していないと思いますが。

器具や、液の調整法、検量線の作成方法は、
考えてみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報