NTT-X Store d払いご利用でdポイントが貯まる使える!

先日特許を申請しました。
申請前にも特許電子図書館を見たり、検索をして
同じことを考えている人がいないかどうか充分に調べたつもりでしたが、
ついこないだ、ネットで似たような商品を発見してしまいました。
その会社のHPを見たところ、知名度はそんなにないものの結構しっかりした会社のようなので、会社の規模的には特許の申請はしていそうな感じですが、
積極的に売り込んでいない印象を受けました。
もしかして特許申請していないんじゃないか?って位の商品の知名度です。。(なんか遠慮がちに売っているというような・・・)
念のため色々なキーワードで特許電子図書館を調べたところ、出てきませんでした。
公開されてないだけで出願は済ませてあるか、または
もしかしたら出願もしていないのかもしれない、という疑いがあります。
特許の相談窓口で聞いたら、その企業に直接聞くのが
一番手っ取り早いと言われましたが、躊躇しています。
だいたいそういった内容は企業秘密だろうし、私が出願したことを
知ったら訴えてくる可能性も(?)ありますよね?
その会社がまだ出願していないとみなして、企業へ商品化のための
売り込みへ行くか、それか1年半以上待ってみて公開されたかどうか
はっきりしてから自分も行動するか、で迷っています。
申請中のものは検索しても出てこないし、知ることは
ほぼ不可能なようですが、そのような状態で出願された
皆さんはどうなさっているのでしょうか?
弁理士さんや弁護士さんでさえも例えば2日前に誰かが出した
出願内容を知ることは不可能ですよね??
今後、どうやっていけばいいのか困っています。
どなたか何かご存知なことをおしえてくださいませ。。。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

ANo3,7です。


ご質問者が成立した特許の権利を主張され、最終的に、その特許が無効になった場合でも、ご質問者が法的な責任を負うことはまずありません、もちろん「営業妨害による損害賠償を請求する権利は、相手にある」とは思いますが。よほどのことをされない限り(該当製品が、ご発明者の特許侵害していることをマスコミ通じ騒ぎ立てる程度では賠償対象にならないと思います)賠償が認められるとは思いません。
もちろん、この場合特許庁も責任を負いません。例えば日亜化学は青色LEDにかんする特許で、国内外の複数社を特許抵触で訴訟をおこない、結構負けていますが、賠償したケースは聞きません。
また、ご発明者の特許が成立した場合、その会社は1.ご質問者の特許の実施許諾をたのみにくる 2.特許無効審判を特許庁に請求する 3.2,で特許庁が無効の理由無しと判断した場合、裁判所に特許無効の提訴を行うのいずれかではないでしょうか。 通常は2か1だと思います。
なお、自分の理解する限りでは、ご質問者が特許を出願したことで、法的にとがめられる(相手の秘密を非合法手段で入手していないかぎり)ことはないはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
たいへん参考にさせていただきました。
まずはその会社へ聞いてみて、審査請求を検討したいと思います。
またわからないことがでてきましたら、新たにトピックを立てさせていただくことがあるかもしれません。
それか前後関係がわかるように、またこちらへ投稿します。
本当に感謝致します。

お礼日時:2006/05/18 13:28

その会社がすでに先に特許出願をしている場合には、gingerrootさんの特許出願が拒絶理由を有するものであることはおわかりだと思いますが、特許出願をしておらず、しかもその商品を販売し始めたのがgingerrootさんの出願日より後ならば、その会社のことに限っては、問題はありません。

販売差し止め請求もいずれ可能になる可能性があります。

「特許法 第65条(出願公開の効果等)
1 特許出願人は、出願公開があつた後に特許出願に係る発明の内容を記載した書面を提示して警告をしたときは、その警告後特許権の設定の登録前に業としてその発明を実施した者に対し、その発明が特許発明である場合にその実施に対し受けるべき金銭の額に相当する額の補償金の支払を請求することができる。当該警告をしない場合においても、出願公開がされた特許出願に係る発明であることを知つて特許権の設定の登録前に業としてその発明を実施した者に対しては、同様とする。
2 前項の規定による請求権は、特許権の設定の登録があつた後でなければ、行使することができない。
3 第1項の規定による請求権の行使は、特許権の行使を妨げない。
・・・・・」

「特許法 第100条(差止請求権)
1 特許権者又は専用実施権者は、自己の特許権又は専用実施権を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、その侵害の停止又は予防を請求することができる。
2 特許権者又は専用実施権者は、前項の規定による請求をするに際し、侵害の行為を組成した物(物を生産する方法の特許発明にあつては、侵害の行為により生じた物を含む。第102条第1項において同じ。)の廃棄、侵害の行為に供した設備の除却その他の侵害の予防に必要な行為を請求することができる。」

しかし、商品販売の方が先ならば、条文上ではやはりgingerrootさんの特許出願は拒絶理由を有することになります。

でも、ぶっちゃけて言ってしまえば、特許庁はそんなものは見てない可能性が高く、そのまま特許になってしまう可能性だってないわけではありません。

だからと言って、その会社がその商品を販売し始めた時期もわからずに販売差し止め請求をしてしまえば、その会社がその商品を販売し始めた時期の方が先だった場合には、“逆襲”される恐れもあります。ネット販売の場合、プロバイダの記録を見れば、HP上にアップした日付がわかることもあるそうです。それを証拠に無効審判を請求されれば、おそらく特許は無効になります。

従って、販売開始時期を巧みに聞き出すことが極めて重要だと思います。雑談のような形でその時期を訊ね、「ついでに」という形で特許出願をしているのかどうかを訊ねてみるのがよろしいのではないでしょうか。

なお、ついでに言ってしまうと、たとえ日本では知られていない技術だったとしても、外国で知られていれば拒絶理由の対象になります。

「特許法 第29条(特許の要件)
1 産業上利用することができる発明をした者は、次に掲げる発明を除き、その発明について特許を受けることができる。
 一 特許出願前に日本国内又は外国において公然知られた発明
 二 特許出願前に日本国内又は外国において公然実施をされた発明
 三 特許出願前に日本国内又は外国において、頒布された刊行物に記載された発明又は電気通信回線を通じて公衆に利用可能となつた発明
2 特許出願前にその発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者が前項各号に掲げる発明に基いて容易に発明をすることができたときは、その発明については、同項の規定にかかわらず、特許を受けることができない。」

つまり、特許庁の電子図書館を調べるだけでは到底足りません。しかも、世界中の企業の高学歴の研究者たちが特許を取得すべく日夜研究を重ねている中で、個人が特許を取得できる可能性は極めて低いです。高額な審査請求料金を支払っていながら特許にならなかったとしても仕方ないと言えるような経済的余裕がないと、やってられません。特許制度とは、100万200万のお金はどうってことないという経済状況にある者たちのためにあるものと考えておいた方がいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ご回答を読んで、改めて特許の敷居の高さを感じました。
経済的な余裕や資金もないとやはり難しいですよね。
とても参考になりました。

お礼日時:2006/05/19 09:24

#4です。


 発明協会はご存知ですか? 無料の特許相談会を各支部で行っています。
相談にのってくれる方は弁理士さんです。
 
 一度、そちらでご相談されたら、ここでご質問されていた疑問はいっぺんに確実に解決すると思います。その方が、ご質問者のご心配も軽減されるでしょうから。

参考URL:http://www.jiii.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。相談会に参加してみることにします。

お礼日時:2006/05/19 09:17

ANo.3です。


再度お答えいたします。問題の製品がいつ発売されたか、また特許を出願しているかどうかなどは、ご質問者の特許を審査すれば、特許庁が調べてくれます。もちろん特許庁の審査は抜け穴がある(小さくないですよね)とはいえ、それで権利化を決定するわけですから、ご質問者は拒絶査定に対応されればよいだけです。先行企業が真実を回答するか否かは、ご質問者には検証のしようがないことで、特許庁なり裁判所が判断することではないでしょうか。
再度繰り返しますが、「この時点でご質問者は特段行動する必要はない。相手企業にといわせてもよいが、回答の検証のしようがないし、かつ得られた回答を活用のしようがないので、あまりお勧めできない。」でとなるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
つまり、審査請求すれば全て明らかになるということですね。。
もし、それで私に特許が取得できるとします。
審査に抜け穴があるとのことですが、もし、その会社が「先に販売していたのはこちらだ」と
私を訴えてくる可能性はやはり残りますよね?
それとも特許庁に問い合わしてください、で
済むのでしょうか?
特許庁は責任を持ってくれるのでしょうか・・?
何度もすみません、、、もしよろしかったらまた
その辺おしえてくださいませ。

お礼日時:2006/05/18 11:50

No.5の者です。


まともな企業であれば、そんなところで嘘はつかないと思います。嘘をついてもしかたないですし。

ただ、特許の問題で云々などは一緒に言わない方がいいでしょう。へたに警戒されます。それよりは、「今ちょっと、いろんな製品の歴史について調べていて…」などと言ったほうが警戒されないでよいかもしれません。

また、そのぐらいの質問だったら名前を言わなくてもいいのではないでしょうか。気にされるのであれば、電話も184発信(番号非通知)にされればよいと思います。

あと、弁理士が意図的にズルすることはあんまり考えにくいですね。弁理士は、信用失墜行為をしてはならないなどと定められていますし(弁理士法29条等)、それに反すると懲戒処分を受けてしまいます(同法32条)。そんなアホなことをする弁理士はいないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございます。
弁理士さんの件も、聞いて安心しました。

お礼日時:2006/05/18 11:45

まずは、


「御社の○○製品はいつから販売されていましたか?」
と聞きましょう。それぐらいだったら、製品お問い合わせ窓口ぐらいで簡単に答えてくれると思います。

それで、その発売日があなたの出願日よりもずっと前だったら、特許取得はあきらめられた方がよいと思います。相手があなたより先に特許出願をしていたか否かを論じる前に、あなたの特許出願は登録になる可能性は殆どないと言ってよいからです。高額な審査請求料も無駄になる可能性が高いです。

また相手に、特許出願をしているかどうか聞いてもよいですが、せいぜい答えてくれたとして、特許出願の有無だけでしょう。例え特許出願をしていると答えてくれたとしても、あなたの出願した発明とは全く異なる思想のものかもしれませんし(例えば、あなたの出願発明が容器の「蓋」の発明で、相手の出願発明が容器の「底部」の発明であれば、両者は並存して特許になり得ます)、相手が具体的にどんな内容の出願をしているかは、まともな所であれば絶対に教えてくれないでしょう。これは相手の出願の公開を待つしかありません。今じたばたしても仕方ないので、今はすっきり忘れられて、1年半後に確認される方がよいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>その発売日があなたの出願日よりもずっと前だったら、特許取得はあきらめられた方がよいと思います。

おっしゃっていたように、聞いてみようと思います。
でもひとつ疑問があります。。
相手側はなんとでも言えちゃいますよね?
警察から事情聴取されたわけではないですから、
適当に2年前とかもっと前とか、、何とでも言えるのではないか、
ということです。疑いだしたらキリがないですが
もしかして、ネットなどから発明者のファイルにアクセスしていたりはしないだろうかとか・・・
(【発明者】とかでキーワードを設定して自動的に拾い上げたり・・・いくらなんでもそんなことはないでしょうかね??)
極端な話、
弁理士さんとかもいい人に当らないと、ズルされるのでは
と、考えてしまいました。
あと、いつから販売されていたか聞くときは匿名でもいいでしょうか?

お礼日時:2006/05/18 10:02

先方に直接確認する以外「先方が当該製品に関する特許出願をしているか否かをはっきりさせる」ことはできないでしょうから、既に回答がでているように、聞くのが妥当と思います。



 しかし、そもそも、質問者さんが出願した内容が、先方会社の製品と本当に関連するもの、とどうやって判断されたのかな?って思います。

もしくは、当該会社の製品が存在することで、質問者さんの出願は新規性が無い=特許は取れない、という判断を確定的に思っているのでしょうか?
 もし、ご自身で判断されているのであれば、失礼ながら、専門家の鑑定までと言わなくても、弁理士の見解などは聞いたほうが良いように思います。
(代理人を使って出願し、その代理人の見解であれば、余計な一言でした。)

 直接確認したことで、やぶへびにならなきゃいいな、と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。レスが遅くなって申し訳ないです。。

>しかし、そもそも、質問者さんが出願した内容が、先方会社の製品と本当に関連するもの、とどうやって判断されたのかな?って思います。

関連しているというか、原理が全く同じなのです。
目的が同じだから請求項もきっと同じだと思います。
ただ違うのは素材でしょうか・・・?

>もしくは、当該会社の製品が存在することで、質問者さんの出願は新規性が無い=特許は取れない、という判断を確定的に思っているのでしょうか?

そういうことになってしまいます。。。でもまだ
もう少し色々考えたり調べたりしようと思います。
弁理士さんにも聞きたいのですが、予算もすぐには
出せない状態なので、成功報酬でやってくれるかたが
いないとそれも出来ないんです。。

お礼日時:2006/05/18 09:44

特許を出願したあとで、先行技術があったことを知った場合どうするか。


1.なにもしない。何もする必要はないと思うのですが。
  一年半後、に審査請求をされれば、特許庁が先行技術を調べて
  くれるので、それまでは、何もする必要はないと思います。
2.先行企業が特許を出しているかどうかをどうしてしらべるか。
  調べる必要性が今ひとつ理解できませんが、どうしてもとおしゃ
  るなら、やはり、先方に直接お聞きされるしか手がないでしょう。
  「御社が発売されている、○○という製品ですが、御社は特許
  を出願されていますが」と尋ねましょう。
  先方が答えてくれるかどうかは分かりませんが、その際に「自分
  が○○という製品に関する特許を既に出願しいる」旨をつげられ
  れば、先方もご質問者の意図は理解してくれると思います。
自分が先方企業であれば、そのような申し出に対し、対応しないよう
な気がしますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>調べる必要性が今ひとつ理解できませんが

のところなのですが、これは調べても既に発売されている
ということで申請していないとしても権利は既に
その会社にあるから、ということでよろしいでしょうか?
もしかしたら私が申請したあとで発売したかもしれない
という疑問も出てきたので、発売日なども聞いてみたほうがいいだろうか?とも思っております。。。

お礼日時:2006/05/17 11:54

相手の会社が特許を出願していなくても、あなたの発明を用いた商品があなたの出願前から売られていたのだったら、残念ながらあなたの発明は特許を取れない。


だからとりあえず今回出した特許については諦めましょう。

そうなると、相手の会社が出願しているかどうかは実はあまり重要じゃないような気もするけど、知りたいのであれば下の人も書いているように直接聞くと言う手もある。微妙な問題なので断言はできないけど、ウソをつくデメリットは結構大きいので、おそらく正直に答えてくれると思うよ。(例えば、もし向こうがウソをついて「出願してません。」と答えたら、万一あなたがそれを信じて同じ商品を販売したときに特許侵害の訴えが困難になる等。)

あなたが特許を出願していたと言うだけだったら、相手から訴えられる可能性は全く無いから安心していいよ。

未公開の特許については、おっしゃるように検索するすべはない。だからあなたのように、ともかくまず特許を出しておくと言う姿勢は正解です。しばしば無駄に終わるのではあるんだけど。出願してから1年半待てば、あなたの出願前に出願された特許は全て公開されているはずだから、ようやく安心できるようになる。気の長い話ではあるけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
今回の申請は宝くじでもまとめ買いしたと思ってあきらめることにします。
でも一応その会社には聞いてみようと思っています。
下の御礼でも述べたのですが、上手な聞き方ってあるのでしょうか?単刀直入に聞くしかないですよね?
もしよろしかったらお聞かせくださいませ・・・

お礼日時:2006/05/17 10:20

自分の特許性があると思っている品物が現存し、かつ特許をさがして見つからなかったら、公知の可能性を真っ先に疑いましょう。

ないものを探すのはむりですが、公知も厄介です。出願しても拒絶をいただく可能性もおおきいし、がんばって重箱の隅で特許をとってもお金がもったいないです。ちょっと前までと違い、審査請求の手数料をあげ、拒絶理由を連発してくださいます。しょうもない特許はださんといて、でもいい特許なら安く維持させてあげましょうなのです。
その金で他人に投資するか、贅沢しなかったら、おいしいものでも1年間たべられます。
わからないことは当事者がわからないといえばわからないことがわかります。ここまできたら、聞いて見られたほうがすっきりするとおもいます。18ヶ月悩むのは人生の無駄です。意外とお友達になって、共同で新しい発明ができるような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね、、、今回の申請はあきらめることにしたほうがよさそうだと思いました。
一応はっきりとするために
相手の会社にも聞いてみようかと思うのですが、
その場合電話じゃ失礼でしょうか・・・?
メールだと、ノーコメントで済まされることも
あるだろうからです(本当は証拠が残っていいのですが)。
あと、もしも聞き方のマナーみたいなのがありましたら
どうかまた知恵をお貸しくださいませんでしょうか?

お礼日時:2006/05/17 10:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ特許の検索 Pending Application Patent

アメリカ特許の検索でPending Application Patent US02-11/774,393とあります。この特許を検索して内容を見たいのですが、検索時にUS特許庁の検索ページでどのように入力すればいいのでしょうか。あるいは、特許が成立していないものは見ることができないのでしょうか。成立してるものは、7桁の特許番号を入れるとでました。

Aベストアンサー

参考のアメリカ特許商標局(USPTO)の検索ページから「Patent Application Information Retrieval」に入り、ゆがんだ2つの単語の画像を読んでスペルを「Type the two words:」の欄にタイプします。

そうすると、「Search for Application:」という画面があるので、「Application Number」を選び、「* Enter number:」に 検索したい番号(11/774,393)を入力して Search します。

すると、その出願に関する情報(手続きの日付や出願した人間、審査状況など、「書誌情報」と呼ばれるもの)が表示されます。

「Published Documents」では、それに関連して公開された書類を見ることができます。これで公開番号や特許番号もみられます(先の「書誌情報」でも番号はわかりますが)

「Transaction History」では特許庁の中で取り扱った書類が一式リストとして表示されます(いわゆる包袋=File Wrapperというやつです)

参考URL:http://patft.uspto.gov/

参考のアメリカ特許商標局(USPTO)の検索ページから「Patent Application Information Retrieval」に入り、ゆがんだ2つの単語の画像を読んでスペルを「Type the two words:」の欄にタイプします。

そうすると、「Search for Application:」という画面があるので、「Application Number」を選び、「* Enter number:」に 検索したい番号(11/774,393)を入力して Search します。

すると、その出願に関する情報(手続きの日付や出願した人間、審査状況など、「書誌情報」と呼ばれるもの)が表示されます。
...続きを読む

Q特許申請について先日質問させていただき、未婚の未成年者は、特許法7条の

特許申請について先日質問させていただき、未婚の未成年者は、特許法7条の「独立して法律行為をすることができるとき」を満たしておらず、特許に関する手続きができないとわかりました。

回答の中に、未婚の未成年者と成年被後見人は、特許申請ができないと書かれていたのですが、そこで疑問に思った事があります。

市役所の非課税の人の記述の中に、障害者、未成年者、老年者で前年の合計所得が125万以下という記述がありました。

身体障害者や精神障害者や老年者は成年被後見人となり、特許申請できないとなるのでしょうか?

この考え方だと、障害者や老年者が全て、成年被後見人となってしまうのですが…。
どう考えたらよいのでしょうか?

知っている方いらっしゃいましたら教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

法定代理人によらなければ手続(特許出願も手続の一つ:特許法3条)できないということは、逆に言えば、法定代理人を通して手続できる、という意味になります。
具体的に、願書では、【特許出願人】未成年者A、【法定代理人】Aの親等(法定代理人)、となります。
弁理士や弁護士を代理人(委任代理人)にする場合には、法定代理人(未成年者ではなく)から弁理士・弁護士への委任する、ということになります。
このまま特許になれば、未成年者Aが特許権者になります。
ただ、他人にライセンスしたり権利を譲渡する際は、法定代理人が契約書に署名・捺印することになります。
出願段階の出願人の変更も同様です。
なお、出願に際して特許庁から委任状は要求されません。
出願の取り下げ、審判請求などの特定の手続を行うときだけ要求されます。

Q特許を出願したはずなんですが…

すいません、特許事務所経由で以前(1年以上前)、特許を出願しまして、
特許庁HPの特許電子図書館にて、検索してみたのですが、ヒットしません。

「特願」番号はわかるのですが、それだと全然検索できません。

『特許・実用新案公報DB』では特願で検索すると『特開』の番号で検索され、
『特許・実用新案文献番号索引照会』で検索すると、
『1番に設定された条件で は指定された情報は存在しません。』
と表示されます。

特願2XXX-XXXXXXというような番号で出願されている特許を検索する場合には
どのようにしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

 まず、出願日から1年半経過しているかどうかをご確認下さい。

(1)1年半経過前でしたら、下記URLでのQ&Aをご参照下さい。

■私の特許願が消えています・・・・
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=296720

(2)「1年半は既に経過している」ということであれば、その旨を補足下さい。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=296720

Aベストアンサー

> あたしがじぶんでやったら、漫画になってしまうと思います。(笑)
> それでも大丈夫でしょうか?

それで大丈夫です。特許図面は、アートではないので、発明の説明に必要なことが伝われば十分です。
みてくれが良いかどうかなんて特許図面としてよいかどうかには無関係です。
もし最終的に誰かに清書してもらう(例えば、弁理士さんなんと打ち合わせしているうちに絵を清書させましょう、ってなることはあるかも)
としても、絶対に元絵は発明者本人が描いたほうがいいですよ。
結局の所、他人には発明者の頭の中身はわかりませんから、いくら専門家と言えども発明者の本当の意図通りの絵は絶対に描けません。

特許というのは、クレームで明確に言及されているもの以外にも、
発明者本人がきちんと認識していなかったor重要だと思っていなかった(当然だと思っていた等)の隠れた発明がひそんでいて、
実はそっちのほうが重要だった、なんてことはよくあるんですが、
この場合でも明細書や図面にその隠れた発明が表現されていれば、後から分割出願して権利を主張できます。
で、図面には、文の10倍くらいの情報がつまっています。
また、文は書いた人が書いた時点で重要だと思っている部分しか書かれないのにたいして、図には頭の中で当然視している事柄も含めて図示されますから、
基本的には、発明の本質は図面に表れることになります。

> あたしがじぶんでやったら、漫画になってしまうと思います。(笑)
> それでも大丈夫でしょうか?

それで大丈夫です。特許図面は、アートではないので、発明の説明に必要なことが伝われば十分です。
みてくれが良いかどうかなんて特許図面としてよいかどうかには無関係です。
もし最終的に誰かに清書してもらう(例えば、弁理士さんなんと打ち合わせしているうちに絵を清書させましょう、ってなることはあるかも)
としても、絶対に元絵は発明者本人が描いたほうがいいですよ。
結局の所、他人には発明者の頭の...続きを読む

Q契約書有効期限

会社の契約書について質問です。
弊社をA、関係する相手企業をBとします。
A,Bは今から40年ほど前に同じような製品を開発し、そのことでもめておりました。結局Bが特許を先に取得していたということから、問題可決のために以下の契約書を作成し、署名をいたしました。
(内容)
(1)AはB類似特許取得製品に関して海外での販売を行わない。国内はこれにあらず。
(2)BはAから要求があれば、特別価格にてB特許製品をAへ融通する。

上記契約書は昭和55年に交わされ、有効期限は入っておりません。
問題の特許は、昭和50年に日本の特許庁に登録されております。

ここで質問したいのは、この契約書は今でも有効なのでしょうか。特許の有効期限は20年ですが、有効期限のない契約書しかも債権の話でもない契約書がいつまで有効なのか知りたいです。
いわゆる、「解除申し込み」による解除をしなければならないのでしょうか。そうなると、「寝た子を起こす」ことになり、到底、受け入れてはくれないと予想されます。

契約書を締結したA,Bの社長は現在では在籍しておらず、またこれらの問題にかかわった関係者も会社を去っています。

昨今、海外からの対象製品に関する引合いも多く、いつまでも「契約書があるから。。」で断っているほど、弊社も余裕はない状況です。できれば正々堂々、商売をしたいと思い、質問させていただきました。

回答をお願いいたします。

会社の契約書について質問です。
弊社をA、関係する相手企業をBとします。
A,Bは今から40年ほど前に同じような製品を開発し、そのことでもめておりました。結局Bが特許を先に取得していたということから、問題可決のために以下の契約書を作成し、署名をいたしました。
(内容)
(1)AはB類似特許取得製品に関して海外での販売を行わない。国内はこれにあらず。
(2)BはAから要求があれば、特別価格にてB特許製品をAへ融通する。

上記契約書は昭和55年に交わされ、有効期限は入っておりません。
問題の特許は、昭和5...続きを読む

Aベストアンサー

No2です。
改めて記入しますが、
結局その契約が、特許期限が切れたことによって、
無効となるようなものなのか、どうか、ということについては、
契約書そのものを見ないとわからないというのが
正直なところです。
さらに契約書を見せていただいても、
先ほど記したように、
どちらともとれる可能性があります。

おそらくB社のほうでも契約の存在自体、
もはや忘れているんじゃないかとも思えますし、
仮に契約書の存在を知っていても
B社のほうで、すでに効力がないと思っているかもしれません。

ただ、おそらく大丈夫だろうと突っ走ってしまうと、
あとで、B社から訴訟などを起こされてしまった場合、
(誰かに変な知恵をつけられて裁判を起こす可能性もあります)
仮にあなたの会社が勝ったとしても、
そのためにかかる労力や手間、
さらには企業の信用力への影響は
計り知れないものがあります。
(銀行からの融資で難色を示されたり、
 取引相手から訴訟が落ち着くまで
 しばらく取引を見送りたいと言われることもあります)

会社間の契約というのは
一部の社員の独断で反故にしたり、
勝手に無効という判断をするにはリスキーすぎます。

もし、会社に顧問弁護士という立場の人がいるのであれば、
責任ある上司の方を通じて、
穏便な解決方法について
相談するのがベストだと思います。
そのために顧問料を払っているわけですしね。

No2です。
改めて記入しますが、
結局その契約が、特許期限が切れたことによって、
無効となるようなものなのか、どうか、ということについては、
契約書そのものを見ないとわからないというのが
正直なところです。
さらに契約書を見せていただいても、
先ほど記したように、
どちらともとれる可能性があります。

おそらくB社のほうでも契約の存在自体、
もはや忘れているんじゃないかとも思えますし、
仮に契約書の存在を知っていても
B社のほうで、すでに効力がないと思っているかもしれません。

ただ、お...続きを読む

Q特許申請中の会社が倒産、その特許権利は?

特許を申請中、もしくは取得している会社が倒産した場合、その特許権利はどうなるのですか?

一般に開放されるのでしょうか?

Aベストアンサー

申請中の権利(特許を受ける権利)、取得(特許権)とも財産権の一種ですから、破産した場合には破産法に従い、債権の対象になり、債権者のいずれかに帰属することになるのが一般的であると思いますが、残念ながら相続人存在となった場合には、特許法76条の規定に従い消滅します。よって、誰でもが自由に実施できることになります。

Q特許実施許諾契約の有効性について

小さな会社で知的財産関係を長年一手に引き受けた担当者が突然退職し、その後任になったためたいへん困っている者(発明者欄に名を連ねたことはありますが法律や特許制度には不案内です)が特許実施許諾契約の有効性について質問いたします。

現在、特許A、B、Cの3件の特許(契約書に本件特許との名称で定義されています)について、特許を所有するX社と自社(Y社)との間で通常実施権を受けるための特許実施許諾契約を結んでおります。

(各特許の特許権終了日)
特許A 2014年1月10日、特許B 2015年10月10日、特許C 2019年8月10日
(契約の有効期限日)
2019年8月10日

一般的に特許権終了日が異なる複数の特許が契約書で本件特許と定義されたときには、「(1)全ての特許が契約終了日まで有効として一体に扱われる」のか、「(2)あるいは各特許は個別に扱われ、特許権が完了した特許は契約上においても権利を失うものとされるのか」がわかりません。

具体的に記載いたします。 
2009年6月現在、契約時点(2005年5月)で製造・発売していた製品P群(P1、P2、…、PN)を対象として特許実施料を支払っているわけですが、顧客の要望に答える形で改良を重ねることにより、結果的に特許A、Bには抵触するものの、特許Cには抵触しない形で製品P群を製造することができるようになりました。

ここで先ほどの(2)の考え方を当てはめると、2015年10月11日時点では、特許AおよびBの特許権は終了、特許Cの特許権が未了なので、特許Cのみが契約上の権利を持つことになります。この時点でX社に対し、製品P群は本件特許のいずれの技術的範囲にも属さないと申し出ることができるのでしょうか。

個人的には、契約上本件特許として特許A、B、Cの全体がくくられており、自社が主体的にそのようなかたちで契約を結んだのであるから、たとえ対世的にいくつかの特許(例 特許A、B)が権利終了になったところで、自社に関する契約においては有効期限日までは特許A、B、Cとも全て契約上の権利を有すると思われるのですが、いかがでしょう。
宜しくお教え願います。

小さな会社で知的財産関係を長年一手に引き受けた担当者が突然退職し、その後任になったためたいへん困っている者(発明者欄に名を連ねたことはありますが法律や特許制度には不案内です)が特許実施許諾契約の有効性について質問いたします。

現在、特許A、B、Cの3件の特許(契約書に本件特許との名称で定義されています)について、特許を所有するX社と自社(Y社)との間で通常実施権を受けるための特許実施許諾契約を結んでおります。

(各特許の特許権終了日)
特許A 2014年1月10日、特...続きを読む

Aベストアンサー

契約の詳細が不明なのですが…もしも、3件の特許にそれぞれ独立した条件が付けられているのであれば権利満了それぞれの時期と権利範囲回避技術の客観化によって単純に結論を出せます。
・製品(商品)の製造(販売かも、製造販売かも…契約内容不明)数を
・特許A、特許Bの個々のライセンスフィー(一個当りの)に乗じて
です。
・特許Cについては、「実施していない」から0(零)円です。

しかし、総括的に条件付けされていたら…内容次第です。
例えば、
「Xは特許A,B,Cを有する
Yは特許A,B,Cの実施許諾を希望する。
Yは、その対価として製品一個当り・・円の支払いをする。」
的な内容であれば、特許Aの権利満了後も特許Bが生きている間は「・・円」の支払いを余儀なくされる可能性(あくまでも、契約の内容次第)があります。
但し、契約締結時は技術的範囲に属しているとされていた特許Cについては、技術改良によって現在は実施対象では無くなっているのですから(但し、権利解釈は契約とは別の問題:後述)、特許Bの権利満了後は、実施数「0」となるでしょう。

権利解釈について:
あなたが侵害しないと判断しても相手が侵害すると判断すれば、訴訟になる可能性があります。当事者双方が納得できる結論を導出するよう留意されるべきでしょう。「専門家の判断に双方が従う」といった取決を前提にするといったように。

(追1)「顧客の要望……改良を重ね」について
技術的な創意工夫がなされたわけですね。新たな侵害の恐れは発生していませんか?また、出願の検討はなされたのですか?…新しい一つの技術は、新たな侵害と出願の「ネタ」そのものです。「勿体無い」結果にならないようにご配慮を。
(追2)特許Cについて
今後の位置付けを明確にしておかれることを…「特許Cは、もう金輪際いらない」なのか「復活の可能性も十分にある」のか…どちらでしょう?また、X社との関係は今後も継続しそうなのですか?仲良くし続けたいのですか?場合によったら、交際費代わりにフィーを払うかなんてことになったりして…

…「これから先」を手当てするのが、知的財産権に携わる者の仕事です。

詳細不明ゆえ、この辺が私の回答の限界です。応援しています。

契約の詳細が不明なのですが…もしも、3件の特許にそれぞれ独立した条件が付けられているのであれば権利満了それぞれの時期と権利範囲回避技術の客観化によって単純に結論を出せます。
・製品(商品)の製造(販売かも、製造販売かも…契約内容不明)数を
・特許A、特許Bの個々のライセンスフィー(一個当りの)に乗じて
です。
・特許Cについては、「実施していない」から0(零)円です。

しかし、総括的に条件付けされていたら…内容次第です。
例えば、
「Xは特許A,B,Cを有する
Yは特許A,...続きを読む

Q特許庁で特許申請(自分で考案したもの)

まず、おはずかしながら・・・特許申請と実用新案とあまり違いが分かっていません。

教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作った試作品も一緒に持参しなくてはならないのでしょうか?
それとも、設計図のようなものを申請書と一緒に申請するのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら、手順などを教えていただけないでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

う~ん・・・いまだにNo.1の方が紹介されているサイトが存在してるんですね。
ちょっと驚きました。
そのサイトのことについては、下記質問で論じられています。
是非参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=545503

また、特許と実用新案の違いについては、下記質問のANo.3のご説明が秀逸ですので、そちらも参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155222

>教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作った試作品も一緒に持参しなくてはならないのでしょうか?

試作品は要りませんが、当業者が発明の構成を理解できる程度に詳しく説明した書類を特許庁に提出することが必須です。
また、それで足りない場合には図面を添付します。

その辺の基本的なことは、特許庁のHPにも解説があるでしょうし、発明協会及び弁理士会の無料相談も有効です。
是非下記URLをご覧ください。

http://www.jpo.go.jp/indexj.htm
http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/index.htm
http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_gaiyou/tokkyo1.htm
http://www.jiii.or.jp/
http://www.jpaa.or.jp/?05291100

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1278615

う~ん・・・いまだにNo.1の方が紹介されているサイトが存在してるんですね。
ちょっと驚きました。
そのサイトのことについては、下記質問で論じられています。
是非参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=545503

また、特許と実用新案の違いについては、下記質問のANo.3のご説明が秀逸ですので、そちらも参考にしてください。
http://okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155222

>教えていただきたいのは、自分で発明したものを特許取得の目的で申請したいのですが、このときに自分で作っ...続きを読む

QUS,EP特許法について

日本にPCT出願をして、日本特許庁が国際調査をし、日本の文献のみを引用し、それらの文献から全ての請求項は新規性、進歩性がないとされたPCT出願について、お尋ねします。

このPCT出願を米国、EPOに国内移行手続きを取った場合に、引用文献が日本語なので通常米国、EPでは追加先行技術調査が行われると思われます。

そのことを考慮して、調査で新たな先行文献が出てきてそれも含めて拒絶理由が出されるまでは、日本の文献のみを考慮して自発補正をしないというようにした場合、米国あるいはEPで不利益が予想されるでしょうか?

あるいは、少なくとも新規性が出るような自発補正を審査の開始前に予めしなければならないのでしょうか?

特に、最近EPでは規則の改正等があったようですので、この点も踏まえてお教え下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

質問に即して回答します。

1.自発補正をしなければ、米国あるいはEPで不利益が予想されるでしょうか?

法上の不利益はないです。

2.少なくとも新規性が出るような自発補正を審査の開始前に予めしなければならないのでしょうか?

その必要もないです。ただし最近では日本の特許文献は特許庁自身によって自動英訳が提供されていますから、日本語の文献だから大丈夫だろうというのはほぼ可能性がないです。

さらに言うと、
「日本の文献のみを引用し、それらの文献から全ての請求項は新規性、進歩性がないとされたPCT出願」について過去にその後の経過を調査したことがありますが、現実にはほとんど特許になっていません。ISRの精度は大変高いものです。
以上のような調査結果を踏まえるならば、そのようなPCT出願は国際移行しない方がよいでしょう。
費用のムダですから。

Q林先生が驚く初耳学で特許申請せずに製品化すると他社があとで特許取得すると使えないのは本当?

2015年12月13林先生が驚く初耳学でTOTOの段ボールの説明をしたあと、発明の保護で、初耳ポイントで、TOTOが発明した技術で特許を取得せず、他社が技術をマネて特許登録をしたら、TOTOは発明したにも関わらず特許侵害でその技術を使えなくなると説明していました。
それって本当ですか?
マネたということは世の中に製品として公表したということなので、TOTOは特許が取れないし、他社も特許が取れず、TOTOはその特許技術が使われ公表されたものであることが立証できれば他社が取得した特許は無効になると思うのですが。今回の場合は、その技術が使用された段ボールが使われた製品出荷日が立証できれば良いと思ったのですが。

Aベストアンサー

番組を見ていないので一般論ですが。

>その技術が使用された段ボールが使われた製品出荷日が立証できれば良いと思ったのですが。
製品は公知になりますが製造方法は公知ではありませんから他者が製造方法の特許を取得することは可能です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング