太陽くらいの大きさの恒星は、寿命がくると膨らんで赤色巨星になったあと白色わい星になると聞いたことがあるのですが、太陽がもしそうなった場合、どの惑星くらいまで膨らむのかということと、赤色巨星になったあと白色わい星になるまでどのくらいの時間がかかるのかということを教えてください。

A 回答 (3件)

 


  太陽程度の質量の通常の星は、水素を核反応させて燃え、その期間はほぼ100億年で、現在は、その中間の50億年程度経過した時点になり、後、50億年ほど燃え続けます。ただ、その終期になると、赤色巨星化の兆候が現れ、最後の15億年ほどになれば、現在の3倍程度の大きさに膨らむという説があります。水素の燃焼が終了すると、核燃料として太陽はヘリウムを燃焼するようになります。この段階が「赤色巨星」です。
 
  赤色巨星へと移行するのは、非常に素早く、約2億5千年で赤色巨星に変化するとされます。この過程には、先に述べた、終期の赤色巨星化への順次プロセスも含まれているのかも知れません。ある日、突然に赤色巨星になる訳ではないので、それなりに移行期があり、移行のあいだは、中間状態のようなものがあります。(超新星爆発のようなケースは、徐々に超新星爆発へのプロセスが準備されて行き、ある臨界点で、突如、現象が発生する訳ですが、太陽の赤色巨星化、赤色巨星の白色矮星化というのは、連続した過程で、安定状態に落ち着くまで、それなりの移行期があるのです)。
 
  赤色巨星から白色矮星への過程は、単純な過程ではなく、かなり複雑で、参考URLの英文ページの「The Death of the Sun(太陽の死)」の絵にあるように、惑星状星雲の形成や、その途上でのヘリウム・フラッシュなどがあり、「赤色巨星→惑星状星雲→白色矮星→黒色矮星」と大体なり、惑星状星雲のコアに白色矮星が構成されて行きます。一旦、白色矮星となると、それは、何十億年とその状態を維持します。
 
  赤色巨星から白色矮星への移行はどれぐらいの時間かというのは、調べてもよく分からないのですが、(連続過程があるからだというのが、その理由でしょう)、それほど長い時間を要する訳ではないという記述が英文ページにあるのですが、具体的な数値が出ていません。長い時間を要しないというのは、太陽の進化などの時間スケールで考えると、数億年程度か、それ以下の時間だと思えます。
 
  この時間について、以下のページでは、1億年という数字を提示しています。これがどれだけ妥当性があるのか分かりませんが、「短い期間」であるという英文記述にも合致します。10億年とかだと、短いとは言えないのです。(太陽のような主系列星は、「赤色巨星」になるので、この場合、物質やエネルギーを大量に放射し、惑星状星雲を構成して行くので、それほど長い年月維持できないのです。ヘリウム燃焼過程も、水素燃焼に較べれば、持続期間が当然短いからです。よく紹介されるのは、主系列星の赤色巨星ではなく、「超赤色巨星」で、これは、少し赤色巨星とは別のものです)。
  http://www5a.biglobe.ne.jp/~fujiken1/N46.htm
 
  なお、赤色巨星に太陽がなった時、その直径は、大体、現在の100倍程度になり(200倍だというのもあります)、水星の軌道辺りまで膨張するとされます。太陽と地球の距離は、太陽の直径100個分程度というのは、そんなはずはないのですが、色々なサイトで見ると、複数のサイトでも、そういう記述があります。しかし、これは間違いです。
 
  太陽は、半径約70万キロメートルです。地球の半径は、約6400キロメートルですから、地球の半径の大体100倍ぐらいが太陽の半径なのです。他方、地球と太陽の平均距離は、1天文単位と呼ばれますが、これは、約1.5億キロメートルです。これは、太陽半径の約200倍です。水星と太陽のあいだの距離は、約0.4天文単位、0.6億キロメートルで、大体100倍に太陽が膨張すると、水星の少し先まで膨張するので、水星を呑み込むのです。木星は、約5天文単位ですから、これを呑み込もうとすると、太陽は、1000倍以上膨張せねばならなくなりますが、そんな数字は見た記憶がありません(100倍が普通で、時に、100倍から200倍です)。
  http://www.edugeo.miyazaki-u.ac.jp/earth/edu/sol …
 
  白色矮星として安定すると、直径はほぼ地球ぐらいの大きさになりますが、この時の質量は、惑星状星雲などを造るとき、かなり失われていて、1/2以下であるというのが一般に言われています。どれぐらいなのか、正確な数値はこれも分かりませんが、現在の太陽の質量が、そのまま維持されるのではありません。
 

参考URL:http://www.enchantedlearning.com/subjects/astron …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 くわしい回答をありがとうございます。 
 100倍から200倍に膨らむということは地球まで飲み込むかは微妙なところなのですね。膨張は思っていたよりおとなしい感じです。短い期間といっても赤色巨星から白色矮星になるまで1億年はかかるのはやはり天体単位の値だなと思いました。

お礼日時:2002/02/11 19:39

太陽程度の質量だと約100億年,燃える時代が続きます。

太陽は誕生して約46億年としたら,あと約54億年後,地球はその最期の時を迎えることになるでしょう。太陽はいまの大きさの約100倍以上膨らむと推定されています。地球と太陽の距離は,だいたい太陽100個ぶんくらいなので,間違いなく地球は飲み込まれることでしょう。木星まで飲み込まれると予想されています。赤色巨星になった太陽は,現在地球から見える(今なら)オリオン座のベテルギウスのようになるのです。ベテルギウスは太陽の500倍から1000倍もあるとされています。赤色巨星になった太陽はやがて,外層部で激しい爆発を起こして最期を迎えます。表面のガスを周囲に放出し続けどんどん小さくなっていき惑星状星雲となります。そしてやがて太陽はヘリウム核だけの星なります。ヘリウム核はさらに収縮を続け,地球と同じくらいの大きさになり収縮はとまります。大きさは地球ぐらい,でも重さは太陽と同じ,想像を絶する重い星,いわゆる白色矮星です。赤色巨星になったあと白色矮星になるまでの期間は約10億年程とされています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 太陽は今、中年なんですね。生命の歴史と比べると意外に星の寿命は短いような気もします。

お礼日時:2002/02/11 19:27

たしか,地球軌道を完全に飲み込む程度までは膨れ上がってしまうと聞いたことがありますが,学説でも,現在の直径の100倍になるというものや,200倍になるであろうというものもあり,決定的なものはだされていないと記憶しています。


赤色巨星になった後は速やかに収縮して白色矮星になるということらしいのですが,具体的にどの程度の時間を要するかということについては聞き及んでいません。
ただ,中性子星となるということは,凄まじい圧縮が起こる結果だと思われますので,非常に高速なのではないかと想像できますネ。
あと44億年ほどで太陽系は消滅するのですネ‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 学説でも正確な値はでていないのですね。SF話の構想を練っていたのでいいかげんな設定にすると玄人の人に突っ込まれたらいやだなぁ、と思って質問を出したのですがよかったです。

お礼日時:2002/02/11 19:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外国語が得意な方へ質問です。

外国語をネイティブで身につけた方にお願いです。
日本で外国語を習った人は、以下のように
外国語→日本語に頭で翻訳する→外国語 という思考回路を使いますが
ずっと外国で暮らしていた方、帰国子女の方などは
外国語は外国語、日本語は日本語というように別々の回路で考えると
聞いたことがあります。逆に例えば「微分・積分」等の少し難しい
言葉は、外国語⇔日本語の思考がつながっていないので、日本語の
意味が不明などと聞きます。以上のことは本当でしょうか。
どうか外国語が得意な方お願いします。

Aベストアンサー

普段は日本に住む、生まれも育ちも生粋の日本人なので、完璧なバイリンガルではありませんが。。。

英語を喋るときは、英語の思考回路になる。
と私も思います。(そうおっしゃっている方が多いように思います)
思考回路、というよりは、英語独特の表現と言った方がいいのかな?

例えば、「私、昨日おさいふ盗まれちゃったのよ」
と言いたいとき、
英語では「私」は主語にならないですよね。
「昨日私のお財布が(誰かによって)盗まれた」と言うか、
「昨日誰かが私のお財布を盗んだ」と言うかどちらかですね。

英語では have you got everything ? っていうけど、日本語では「 あなたは全てのものを持ちましたか?」とは言わないと思うんですよ。
やっぱり一番自然なのは「お忘れ物はないですか?」
じゃないかな。

英会話が苦手な方(不慣れな方)は、直訳しようとするからだと思います。

これって逆もありますね。
日本語勉強中の外国人(英語圏の人)は、
「このジュースは寒いですね。」(英語は冷たいも寒いもcold )とか
「今日私は大きな食事を食べました。(沢山と言う表現に、big を使う。big lunch とか。。。)
なんて言うときがあります。

段々慣れてくると思考回路が別々になるのだと思います。

普段は日本に住む、生まれも育ちも生粋の日本人なので、完璧なバイリンガルではありませんが。。。

英語を喋るときは、英語の思考回路になる。
と私も思います。(そうおっしゃっている方が多いように思います)
思考回路、というよりは、英語独特の表現と言った方がいいのかな?

例えば、「私、昨日おさいふ盗まれちゃったのよ」
と言いたいとき、
英語では「私」は主語にならないですよね。
「昨日私のお財布が(誰かによって)盗まれた」と言うか、
「昨日誰かが私のお財布を盗んだ」と言うかどち...続きを読む

Q星(太陽以外の恒星)はどうして五角形(星型)なのか?

子供の絵や漫画、アニメ等で星を描くと五角形ですよね
恒星(普通の星)だけでなく流星まで星型ですよね
実際は円形なのに(流星は棒状)
なぜ星は五角形の星型なのですか?
天文学にルーツがあるのですか?
(大昔の天文学者が五角形に感じたとか)

Aベストアンサー

太陽と月は勿論のこと、惑星の金星や火星、木星も土星も、肉眼で大きさを感じることができます。
それに対して、遠くにある恒星は、太陽より大きな星もありますが、遠過ぎて人間の肉眼では大きさを感じられず「点」になります。その光は、地球の大気の影響を受けて、星が瞬いて見えたりします。
ですので、No.1の方のおっしゃる通り、明るく光る恒星は、星の光が中心から放射状に広がって感じられ、それを星印に例えたのだと思います。
五角形になったのは、一筆書きで書けるというのも理由の一つではないでしょうか?

Q類語辞典アプリについて

最近出先で類語辞典を使うことが増えました。
今までは講談社の類語辞典とオンラインのシソーラスを使っていましたが、講談社の類語辞典は語彙少なく、通信環境必須でした。
しかし必ずしも作業する環境が通信環境がいい状況でなかったりするのでオフラインで使える類語辞典を探しています。

角川類語新辞典と三省堂類語新辞典のどちらかの購入を考えています。
この2つのアプリはオフラインで使用できますか?
アプリ評価のサイトを色々探ったのですがオフラインについて記述が見当たりませんでした。
価格が価格だけに試しに買ってみるのはちょっとためらってしまいます(書籍の類語辞典買うよりは安いんですが…)

それと角川の方は2200円のものと1500円のものがあるので、どちらを使っているかも書いていただけると助かります。

ちなみに角川は大辞林との連携が売りですが、私はあまりそこは用途として必要としていません。

Aベストアンサー

角川の2種類と三省堂のものを持っています。
以下に挙げる辞書はすべてオフライン利用が可能です。
角川の1500円のほうは、説明文の単語をキーに再検索しようとすると、それを再入力しなければならず、UI的にダメです。

角川2500円のものと三省堂では個人的には三省堂のものが好みです。
理由は幾つかあって、角川2500円のほうで見つからなかった単語が幾つかあったこと(例えば「順手」)、三省堂のほうでは対義語も表示されること、三省堂のは他の辞書との連携が特定の辞書に限定されていないことなどです。

それから私がよく使う類語辞書を紹介します。
ネット上に存在するデータを使いローカルに持っているアプリですが、Word ouenというところが出している類義語辞書です。
この辞書では単語のみが表示されて用例や意味は表示されませんが、関連語というカテゴリがあって、類語からは外れる近い単語を表示してくれます。
また類語と共に英和・和英ができ、英語の類語と関連語も捜せるのが魅力的です。
意味や用例については外部辞書連携が利用できます。
広告は入りますが無料版もあります。

角川の2種類と三省堂のものを持っています。
以下に挙げる辞書はすべてオフライン利用が可能です。
角川の1500円のほうは、説明文の単語をキーに再検索しようとすると、それを再入力しなければならず、UI的にダメです。

角川2500円のものと三省堂では個人的には三省堂のものが好みです。
理由は幾つかあって、角川2500円のほうで見つからなかった単語が幾つかあったこと(例えば「順手」)、三省堂のほうでは対義語も表示されること、三省堂のは他の辞書との連携が特定の辞書に限定されていないことなどです。

そ...続きを読む

Q星は太陽と同じ恒星だと発見した人

1.星は太陽と同じ恒星だと発見した
2.地球は太陽と同じ天体だと発見した人
3.月は地球の周りを回っていると発見した人

それぞれ誰でいつの時代の人でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

意外と教科書を紐解けば、判る問題なのかもしれませんが、全部処分してしまってて、判りませんでした。
ネット上でもはっきりとした資料は見つけられませんでした。
以下、勝手な想像です。

> 1.星は太陽と同じ恒星だと発見した

サー・ウィリアム・ハギンズ(Sir William Huggins、1824年2月7日 – 1910年5月12日) イギリス人: Wikipediaより

 太陽からの光をプリズムで分光したスペクトルの中に、吸収スペクトルという暗線(フラウンホーファー線)を、恒星に対しても取得し、それが太陽とほぼ同じフラウンホーファー線を持っている事で、間接的にそれを証明したのは、ウィリアム・バギンズという天文学者です。
 これは想像ですが、恒星のスペクトルを測ったということは、「もしかして太陽と同じものじゃね?」という予測があったからなんじゃないでしょうか。

 さらに、ハギンズは、同様の観測にて、銀河と星雲の区別が可能だという事を発見しております。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%BA

http://www15.ocn.ne.jp/~kagaku/ocn/tsu_wkk/rekishi/rekishi_2.htm


> 2.地球は太陽と同じ天体だと発見した人

これは、地動説と同義だとすると、それを最初に提唱した、コペルニクスと言えるのではないでしょうか。
それより以前に、アリスタルコスという人が地動説の端緒となるアイデアを唱えましたが、コペルニクスまで受け入れられることはありませんでしたので、体系化した理論まで導いたのは、コペルニクスでしょう。
以後、ガリレオ、ティコ・ブラーエ、ケプラーetcと肉付けがされていきます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E5%8B%95%E8%AA%AC

> 3.月は地球の周りを回っていると発見した人

これは調べても判りませんでした。
しかし、これも地動説で説明がつくので、やはりコペルニクスだと言って差し支えないのでは?。
ただ、何かの「問題」なら、別の正解があるのかもしれませんが。

所で話が逸れますが、ニュートンが万有引力を発見したのは、リンゴを落ちる瞬間を偶然見たからではなくて、天空に留まる月を眺めながら、それがなぜ地上に落ちてこないかを考えるうちに、地球に引力があるなら、月にも引力あるはずで、その合力が月の公転の遠心力が吊り合っているのだ、という考えに至ったという説があります。

意外と教科書を紐解けば、判る問題なのかもしれませんが、全部処分してしまってて、判りませんでした。
ネット上でもはっきりとした資料は見つけられませんでした。
以下、勝手な想像です。

> 1.星は太陽と同じ恒星だと発見した

サー・ウィリアム・ハギンズ(Sir William Huggins、1824年2月7日 – 1910年5月12日) イギリス人: Wikipediaより

 太陽からの光をプリズムで分光したスペクトルの中に、吸収スペクトルという暗線(フラウンホーファー線)を、恒星に対しても取得し、それが太陽とほぼ同じフラウン...続きを読む

QSONY撤退後のVAIOについて

3月にsonyブランド最後のVAIOが発売され、その後SONYはPC(VAIO)事業から撤退してしまうそうですが、その後のVAIO Updateやその他VAIO関係のサービス、マイソニーアカウントでのVAIOの登録関係などはどうなってしまうのでしょうか。
別の事業者に譲渡されるのでVAIOブランドとしては残るそうですが、長年SONYのVAIOを親しんできたのでいささか残念さと不安な気持ちがあります。
ネットで検索などしてみましたがいまいちよくわからない状態です。
どなたかご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願い致します。

※OKWaveより補足:「ソニー製品」についての質問です。

Aベストアンサー

http://www.sony.jp/info/20140206/index.html
こういう時は、メーカーのサイト等を見ればこの様に
キチンと載っていますよ。

大雑把に言えば、ソニー自体が関与しなくなるだけで、
VAIOのPCは継続するという事ですな。

Qv1248星のように太陽の1650万倍ある恒星は自重でブラックホールにならない訳は?

v1248星のように太陽の1650万倍ある恒星は自重でブラックホールにならない訳は?

Aベストアンサー

大きさとか密度では無く、絶対質量が重要。
直径1650万倍でもスカスカならブラックホールにならない。

太陽系位の直径が有れば、空気の密度でブラックホールになる。

半径=2gM/C² のところが事象の地平線になる。
g:万有引力定数
M:質量
C:光速度

Q四字熟語と漢字

四字熟語と漢字の良い覚え方とかありませんか?
四字熟語のほうは四字熟語の意味と四字熟語両方です。
おねがいします。

Aベストアンサー

覚えるだけでいいなら、何回も書いて覚えるが一番じゃないでしょうか(。>0<。)

問題集を何回もやるとか・・・。

あんまり勢いよくやろうとしても挫折しますよね↓

口に出して三寒四温~~~~!!とか叫ぶとか読む!!
私も漢検のときは、問題集と叫んでました。

もちろんテレビとか消して勉強ですよ

Q赤色巨星。

赤色巨星って、生まれたばかりの星で、重力の作用で次第に収縮していって、やがては太陽のような星になる・・・これってどこか間違っていますか?教えてください。

Aベストアンサー

思いっきり間違ってます↓

参考URL:http://spaceinfo.jaxa.jp/note/hoshi/j/hos01_j.html

Q名前を考えてるんですが どれも最後が(ら)がつくのですが 漢字で らと

名前を考えてるんですが どれも最後が(ら)がつくのですが 漢字で らと 読める字を思いつくの教えて下さい。(羅)は、難しいので はずしたいです

Aベストアンサー

楽。
宇宙(そら)みたいのもあるから名前全部あったほうが考えやすいです。
夢来(ゆら)、星良(せら)
http://dqname.jp/index.php?md=view&c=yu584
http://dqname.jp/index.php?md=view&c=se449
他意はないです。参考にしてください。

Q赤色巨星の膨張解消について

Wikipediaの赤色巨星の項目をみると
「この膨張状態は中心部でヘリウムの核融合反応がはじまって収縮を支えられるようになると一旦解消されるが」
とあります。

質問なのですが中心部のヘリウムの核反応がはじまると何故膨張状態が解消されるのかを教えてください。


私の理解を書きます。

太陽のような恒星
中心の水素→ヘリウムの核反応による膨張圧が重力による収縮圧と拮抗している。


赤色巨星
1.中心部にヘリウムの核ができている
2.水素→ヘリウムの核反応はヘリウム核の周囲で起っている。
3.ヘリウム核が重力で収縮することで、2にエネルギーを供給する。
4.このため2の反応が活発化し、核反応による膨張圧が収縮圧を上回る。
5.従って恒星の表層が膨張する。


上の赤色巨星の状態でヘリウム核で各融合反応が始まると、重力収縮によるエネルギーよりも多くのエネルギーを周囲の水素→ヘリウムの核反応している殻に供給することで、さらに膨張圧が増して、恒星はより一層巨星化をするように思えます。
どうして膨張状態が解消されるのでしょうか?


よろしくお願いします。

Wikipediaの赤色巨星の項目をみると
「この膨張状態は中心部でヘリウムの核融合反応がはじまって収縮を支えられるようになると一旦解消されるが」
とあります。

質問なのですが中心部のヘリウムの核反応がはじまると何故膨張状態が解消されるのかを教えてください。


私の理解を書きます。

太陽のような恒星
中心の水素→ヘリウムの核反応による膨張圧が重力による収縮圧と拮抗している。


赤色巨星
1.中心部にヘリウムの核ができている
2.水素→ヘリウムの核反応はヘリウム核の周囲で起っている。
3.ヘリウム核...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

>中心部でヘリウムの核融合反応がはじまって収縮を支えられるようになると
>一旦解消される

とありますが、それこそ膨張が一時停止するだけです。ヘリウムの核ができますよ
ね。そうなるとヘリウムの核の周辺の水素で核融合がおこるようになります。とこ
ろがヘリウムがまだ核融合を起こすほどの温度でないときには、ヘリウムは当然重
力により小さくなろうとします。そうなるとそこで重力エネルギーを解放して熱く
なります。

重力エネルギーを失うと熱になる、このことは地球上レベルではほとんど感じませ
んが何しろ膨大なヘリウムガスが収縮しますので膨大な熱が発生します。だからと
いってこの段階では外をとりまく水素ガスの圧力のため、ヘリウム核は収縮します
が、温度は高温になります。

核融合のポイントは、どれだけの速さで原子核が動くか(=熱)と、どれだけ原子
核が接近するか(圧力)です。圧力がかわらず温度が高くなると、当然ヘリウム核
周辺でおきている核融合反応が強くなります。そのため、ヘリウム核の縮小以上に
外層の水素が膨張し赤色巨星になるわけです。

ところが、ヘリウム核の中心部がこんどは核融合を開始しだすと、これまで縮小し
てきたものが中からのエネルギーにより止まるわけです。そのため一時的に「安定」
した形になります。でもこれは星の一生でいえば、ほんの一時期であり、すぐにつ
りあいが破れ、再び膨張を開始します。

ヘリウムが縮小するのはE=mc²ではありません。縮小する体積がそのままエネルギー
になるのならば超新星がもっとたくさん銀河にできますよ。

これで分かっていただけましたでしょうか。不明な点があれば私の知っている範囲
でお答えさせていただきます。

はじめまして。

>中心部でヘリウムの核融合反応がはじまって収縮を支えられるようになると
>一旦解消される

とありますが、それこそ膨張が一時停止するだけです。ヘリウムの核ができますよ
ね。そうなるとヘリウムの核の周辺の水素で核融合がおこるようになります。とこ
ろがヘリウムがまだ核融合を起こすほどの温度でないときには、ヘリウムは当然重
力により小さくなろうとします。そうなるとそこで重力エネルギーを解放して熱く
なります。

重力エネルギーを失うと熱になる、このことは地球上レベルではほ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報