企業にエントリーするために用意されている葉書が日経就職ナビからおくられてくるはずなのですが家に送られてきません。あれを請求したいのですが持ってる方などどこで請求したらいいか教えてください。

A 回答 (1件)

考えられる理由としましては・・・


(1)申し込みが多数の為、処理が遅れている
(2)何だかの手違いで、処理されていない。
だと思います。よって、ネットから再度登録し、送るよう再請求するのが
いいかと思います。

また、リクルート社、ダイヤモンド社、毎日コミュニケーションズ、にも
アクセスして、新卒採用各社の企業本(?)をもらうといいでしょう。各社
企業の重複は少ないはずですヨ。

オーソドックスに活動しては、ライバルが多いので、差別化されない
と思いますので、考えつくだけの方法で自分なりに工夫しいい就職活動を
なさってください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q辞めた会社からの損害賠償請求 退職した会社から損害賠償請求すると言われました。こちらに落度はありま

辞めた会社からの損害賠償請求

退職した会社から損害賠償請求すると言われました。こちらに落度はありませんが、嘘で固められ口頭で30万払えと言われました。
私は法的に請求してくれと言いました。
会社側が嘘による損害賠償請求をした場合、会社側は罰則などを受けないのでしょうか?
嘘ばかり言われ頭にきたので、なにかしかるべき対処をしたいと思い質問させていただきました

Aベストアンサー

貴方に対して、退職した会社の雇用主の使用者(社長、事業所所長、店長等)が、何を根拠に損害賠償を請求して繰るのかが問題です。労働者に過失がある場合、会社が労働者に損害賠償を求めること自体は違法ではありません。ただし、会社は労働者の働きによって利益をあげており、業務上のリスクを労働者のみに負わせるのは不公平なので、判例では、労働者への責任追及が制限されているケースも多いです。労働者が、故意や過失によって、会社に損害を与えた場合は、損害賠償責任が発生します。物を壊すなど、財産上の損害だけではなく、名誉や信用といった形のない利益に対する損害や、お客さんに損害を与えたために会社が損害賠償をした場合も含まれます。もっとも、会社は労働者の働きによって利益をあげており、危機管理の義務もあることから、業務上のリスクをすべて労働者に負わせるのは不公平です。そこで判例では、多くのケースで損害の全額を労働者に負担させることはできないとしています。具体的には、労働者本人の責任の程度、違法性の程度、会社が教育訓練や保険に加入するなどの損害を防止するための措置をとっていたかなどの事情を考慮して、労働者が負担すべき賠償額が判断されます。仕事に必要な研修を受けた労働者が、一定期間内に退職した場合に、その費用につき一定額の賠償を求めることや返還すべきことを決めておくのは、原則として、労働基準法が禁止する損害賠償予定にあたります。このような定めをすることは禁止されていますし、あらかじめ定めてあっても無効です。労働者に対する懲戒のルールでは、多くの企業では、労働者がルール違反をした場合に、就業規則で譴責或いは戒告、減給、出勤停止、懲戒解雇などの懲戒処分制度を設けています。懲戒事由の主なものとしては、業務命令違反、職務怠慢、無断欠勤、信用失墜行為、職務外非行などがあります。遅刻も、このような制度が対象とするルール違反行為といえるでしょう。しかし、会社が懲戒処分をするときは、あらかじめ処分の事由、内容と程度を、就業規則や労働契約書或いは労働条件明示書に定めておいて、それを労働者に事前に知らせておくことが必要です。そして、それら条件を満たす処分でも、不当な目的で行われたり、労働者の行為と比べて処分の内容が重すぎたりすると、無効とされます。減給処分も労働基準法第93条で法定化されています。貴方に対して、会社が強引な手段である訴訟を起こすことは考えられますから、訴訟の手続きが解らないことや不安があるでしょうから、まずは日本司法支援センター(通称「法テラス」や、弁護士会)に相談されるのが宜しいと思いますよ。複雑な争いの場合は弁護士などの専門家に依頼せざるを得ないことも多いですからね。一定程度の費用負担を見込む必要はありますが、事案の種類によっては、労働審判(原則3回の日程で終了)や少額訴訟(訴えの額が60万円以下)などの比較的簡単な手段を用いることで解決できることもあります。また、個人で加入できる労働組合を探されて、相談に対処してくれて、確りと行動力のある労働組合の場合には、労働組合に加入されることも宜しいと思いますよ。

貴方に対して、退職した会社の雇用主の使用者(社長、事業所所長、店長等)が、何を根拠に損害賠償を請求して繰るのかが問題です。労働者に過失がある場合、会社が労働者に損害賠償を求めること自体は違法ではありません。ただし、会社は労働者の働きによって利益をあげており、業務上のリスクを労働者のみに負わせるのは不公平なので、判例では、労働者への責任追及が制限されているケースも多いです。労働者が、故意や過失によって、会社に損害を与えた場合は、損害賠償責任が発生します。物を壊すなど、財産上の...続きを読む

Qエントリーシートで業界・分野ってきかれたら

最近就職活動始めた、大学3年です。
エントリーシートで興味のある業界・分野は?と聞かれたのですが、業界・分野ってどんなふうに分けられているんですか?業種・職種とはべつものなんですよね?
自分は、プログラマー希望でソフトウェア開発なんかをやりたいと思ってるんですが、そういう場合業界・分野は何になるんでしょうか?
業界一覧みたいなHPがあればおしえてもらいたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

IT業界といわれてますが。

でもあなたが本当にやりたいことはなんなのでしょうね。
ただ開発がやりたいのであれば、情報処理業(界)でもいいし。
あるメーカでそこのプログラムを作りたいとなれば、また別です。

例えば精密機械業(界)でのエンジニアという形になるでしょう。

おおざっぱにいうと新聞の株式の面を見ると業種などがでてますね。
それが業界になります。

Q会社の携帯GPSで過去一月調べられサボりがバレて遡り賠償請求されそうだ との質問の続きですがそれ以

会社の携帯GPSで過去一月調べられサボりがバレて遡り賠償請求されそうだ との質問の続きですがそれ以前のデータ等は無いみたいです。それでも損害賠償は何百万請求できますか?

Aベストアンサー

請求はいくらでもできます。
請求書に金額書いて送るだけだから。
払うかどうか、取れるかどうかとは話が別。

お金を取るには
・損害額の算出、根拠の提示が必要(「まとめていくら」は通用しない)
・相手が拒否したら「裁判~判決~差し押さえ~強制執行」が必要(相応の費用と手間が掛かる)
・犯罪だったら刑事事件、じゃなかったら民事

とりあえずどうなるかは弁護士に相談してみるしかない。

ネットで質問してる知識レベルで、自力で勝つのは無理。

Q内需型企業と外需型企業では今後どちらがいいのでしょうか?

内需型企業と外需型企業では今後どちらがいいのでしょうか?


内需型企業(インフラなど)や外需型企業(自動車、電機など)のどちらにも行けるとしたら皆さまはどちらに行きますか?今後、40年働くとして・・・どちらも大手企業だとします。

Aベストアンサー

内需型企業(インフラなど)外需型企業(自動車、電機など)
という切り分け方をするのはちょっと疑問ですが・・


自動車、電機なども内需を重視していたものが
昨今の不景気で国内の個人消費が落ち込んだ
(構造型不況なので今後戻ることはないと思います。)
エコポイントも一時のものですし。

安価な中国製品、中国東南アジアインドの安い人件費で
国内雇用が落ち込んでおり一層国内需要を冷え込ませています。

そこで輸出はどうかというとトヨタは売れすぎて、
アメリカでバッシングにあっております。


インフラ系は落ち込むことはあってもなくなることはないでしょう。
また、日本の環境技術は世界に先んじていますので
海外での環境エンジニアリングでも大いに活かされるでしょう。

インフラは応募者多数で大変ですががんばってください。

Q就職先におくる手紙について

先に質問されておられる方とにているのですが、就職先から社会人としてのマナーの本が届けられ、(何回か送られてくる)用紙に、近況報告を書き、送ることになっています。そこで送る際の質問です。
1.封筒は白のものでよいのでしょうか?
2.履歴書を送ったように、○○在中と書かなければ  いけないのでしょうか?

Aベストアンサー

近況報告在中 でいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報