最新閲覧日:

アルバイトをしている者ですが労働時間の計算が30分単位なんです
で、労働基準法では一分単位計算となっているとの事なんですが、その条文は何条でしょうか?
それと労働基準法15条 労働条件の明示の条文で賃金 労働時間…を明示しなければならないとありますが、アルバイト先の就業規則では時給計算は査定給とし、給料支払い後の明細でしか判断できません、また査定との事でころころと変わります(10円あがったりさがったり)これは明示といえますか?宜しくお願い致します 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 「1ヶ月における時間外労働の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切捨て、それ(30分)以上を1時間に切り上げることは、「常に労働者の不利になるものではなく、事務簡素化を目的としたものと認められるから、法第24条及び第37条の違反としては取り扱わない」(昭63.3.14基発第150号)


http://www.k2.dion.ne.jp/~kakroum9/soudan/soudan …
明治とは労働する前に示されるものであって、事後では明示といえません。

この回答への補足

返答ありがとうございます
この判例は一ヶ月分で計算した数字の端数にたいする30分未満の切り下げ 30分以上の切り上げだと思うのですが、一日の労働時間には切り上げ、切り下げをしてはならないというマクドナルドの給料未払いの事件(事件といっても労働監督所の摘発で裁判にはなっておりません)
がありました、そちらの根拠条文はお分かりになりますでしょうか?
24条賃金 37条時間外、休日及び深夜の割増料金
以上の条文中には一日の時間計算は一分単位の計算とする、等の文言は見当たりませんでしたので、お分かりになれば宜しくお願いいたします

やはり事後通知は違法なのですね有り難う御座いました

補足日時:2006/05/17 07:41
    • good
    • 6

通達の解釈は最初の方が答えられているとおりです。



どうも、質問者は原則と例外がひっくりかえっているような気がします。
原則が「1分単位」であって、切り上げ、切り捨てが例外なんですから、法律に書いている訳がありません。通達はあくまで運用に過ぎませんから、裁判でひっくりかえる可能性もあります。

それを前提にしても、運用上は、計算上の便宜を図るため、端数処理することは違法にはしないということで、切り上げたり、切り捨てたりした結果、労働者に不利が生じないということならば問題なしとなるでしょうし、そうでなければ問題となります。

マクドナルドの件は一律30分未満を切り捨て処理をしていたというふうに聞いています。これは常に労働者に不利になるので問題があるということです。その指導を受けた結果、1分単位で計算すれば違法にもならないし、事務負担も増大しないと判断したのでしょう。

次に査定給の関係ですが、こういう場合は最低限の額を基本給とし、結果に従い時給×10円を支払うという形になるでしょうか。これなら違法とまでは言い切れない気がします。

この回答への補足

どうやら、そのとうりだったようですね
労働時間の全額に値する賃金=一分単位になるはず
といった解釈の問題だと言う事が理解できました
そしてその解釈も行政側で証明されている事もわかりました
査定給は最低限の額がしっかり約定、明示されていれば大丈夫なんですね
どうも有り難う御座います

補足日時:2006/05/18 01:55
    • good
    • 1

あえて根拠条文をといわれると、労基法24条1項と(時間外については)37条だとしかいいようがありません。



「1日について30分未満切り捨てなどという扱いは不可」ということを明示した法令はありません。

〉この判例は一ヶ月分で計算した数字の端数にたいする30分未満の切り下げ 30分以上の切り上げだと思うのですが
判例ではなく労働省労働局長通達です。
切り捨ては違法であることを前提として、計算上合法な範囲を示したものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり24条と37条ですか、条文の解釈の問題と言う事が理解できました、有り難う御座います

お礼日時:2006/05/18 01:55

労働基準法第24条1項では、労働者が労働した時間に対する賃金の全額を支払うよう定められているようです。

また、第37条では時間外の割増賃金が規定されています。すでに回答されている方があるように、1ヶ月単位ではその端数処理か認められているようですが、これはあくまで賃金の計算期間の端数処理を認めているのであって、日々の労働時間についてまで認めたものではないようです。したがって、日々の労働時間において端数処理をすることは、賃金の全額払いを定めた労働基準法第24条1項に違反すると解釈されるのではないでしょうか。例えば、一日15分程度の残業を月に10回行ったとすると、月間では合計2時間30分となり、その時間分の残業代の支払いが必要となることになります。ただし、一般の会社でそこまでしているところはほとんど無いとは思いますが、一日の残業時間が1時間15分だったり、2時間15分だったりする場合の端数を削ってしまうのはまずいかもしれませんね。こんな回答でいかがでしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど、時間に対する賃金の全額を支払うと言う事は、当然に一分単位になるはず、という解釈の問題なんですね、有り難う御座いました

お礼日時:2006/05/18 01:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報