アルバイトをしている者ですが労働時間の計算が30分単位なんです
で、労働基準法では一分単位計算となっているとの事なんですが、その条文は何条でしょうか?
それと労働基準法15条 労働条件の明示の条文で賃金 労働時間…を明示しなければならないとありますが、アルバイト先の就業規則では時給計算は査定給とし、給料支払い後の明細でしか判断できません、また査定との事でころころと変わります(10円あがったりさがったり)これは明示といえますか?宜しくお願い致します 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 「1ヶ月における時間外労働の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切捨て、それ(30分)以上を1時間に切り上げることは、「常に労働者の不利になるものではなく、事務簡素化を目的としたものと認められるから、法第24条及び第37条の違反としては取り扱わない」(昭63.3.14基発第150号)


http://www.k2.dion.ne.jp/~kakroum9/soudan/soudan …
明治とは労働する前に示されるものであって、事後では明示といえません。

この回答への補足

返答ありがとうございます
この判例は一ヶ月分で計算した数字の端数にたいする30分未満の切り下げ 30分以上の切り上げだと思うのですが、一日の労働時間には切り上げ、切り下げをしてはならないというマクドナルドの給料未払いの事件(事件といっても労働監督所の摘発で裁判にはなっておりません)
がありました、そちらの根拠条文はお分かりになりますでしょうか?
24条賃金 37条時間外、休日及び深夜の割増料金
以上の条文中には一日の時間計算は一分単位の計算とする、等の文言は見当たりませんでしたので、お分かりになれば宜しくお願いいたします

やはり事後通知は違法なのですね有り難う御座いました

補足日時:2006/05/17 07:41
    • good
    • 6

通達の解釈は最初の方が答えられているとおりです。



どうも、質問者は原則と例外がひっくりかえっているような気がします。
原則が「1分単位」であって、切り上げ、切り捨てが例外なんですから、法律に書いている訳がありません。通達はあくまで運用に過ぎませんから、裁判でひっくりかえる可能性もあります。

それを前提にしても、運用上は、計算上の便宜を図るため、端数処理することは違法にはしないということで、切り上げたり、切り捨てたりした結果、労働者に不利が生じないということならば問題なしとなるでしょうし、そうでなければ問題となります。

マクドナルドの件は一律30分未満を切り捨て処理をしていたというふうに聞いています。これは常に労働者に不利になるので問題があるということです。その指導を受けた結果、1分単位で計算すれば違法にもならないし、事務負担も増大しないと判断したのでしょう。

次に査定給の関係ですが、こういう場合は最低限の額を基本給とし、結果に従い時給×10円を支払うという形になるでしょうか。これなら違法とまでは言い切れない気がします。

この回答への補足

どうやら、そのとうりだったようですね
労働時間の全額に値する賃金=一分単位になるはず
といった解釈の問題だと言う事が理解できました
そしてその解釈も行政側で証明されている事もわかりました
査定給は最低限の額がしっかり約定、明示されていれば大丈夫なんですね
どうも有り難う御座います

補足日時:2006/05/18 01:55
    • good
    • 1

あえて根拠条文をといわれると、労基法24条1項と(時間外については)37条だとしかいいようがありません。



「1日について30分未満切り捨てなどという扱いは不可」ということを明示した法令はありません。

〉この判例は一ヶ月分で計算した数字の端数にたいする30分未満の切り下げ 30分以上の切り上げだと思うのですが
判例ではなく労働省労働局長通達です。
切り捨ては違法であることを前提として、計算上合法な範囲を示したものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり24条と37条ですか、条文の解釈の問題と言う事が理解できました、有り難う御座います

お礼日時:2006/05/18 01:55

労働基準法第24条1項では、労働者が労働した時間に対する賃金の全額を支払うよう定められているようです。

また、第37条では時間外の割増賃金が規定されています。すでに回答されている方があるように、1ヶ月単位ではその端数処理か認められているようですが、これはあくまで賃金の計算期間の端数処理を認めているのであって、日々の労働時間についてまで認めたものではないようです。したがって、日々の労働時間において端数処理をすることは、賃金の全額払いを定めた労働基準法第24条1項に違反すると解釈されるのではないでしょうか。例えば、一日15分程度の残業を月に10回行ったとすると、月間では合計2時間30分となり、その時間分の残業代の支払いが必要となることになります。ただし、一般の会社でそこまでしているところはほとんど無いとは思いますが、一日の残業時間が1時間15分だったり、2時間15分だったりする場合の端数を削ってしまうのはまずいかもしれませんね。こんな回答でいかがでしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど、時間に対する賃金の全額を支払うと言う事は、当然に一分単位になるはず、という解釈の問題なんですね、有り難う御座いました

お礼日時:2006/05/18 01:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QExcel:週単位の一覧の作り方

Excelについて教えてください。
以下のような表を作りたいと思っております。
======================================
A1:開始日 (任意の日付YYYY/MM/DDを入力)
2行目:A1の日付から始まる1週間単位の日付(金曜日の日付)

例:
  A B C D E F
1 2008/1/1
2 2008/1/4 2008/1/11 2008/1/18 2008/1/25 2008/2/1 2008/2/8


上記のような一覧を作りたい場合、A2、B2等2行目にどのような関数を入れれば良いのか分かりません。
A2の日付さえ自分で手入力すれば、Excelのメニュー:編集>フィル>連続データの作成で、連続したデータを作れることはわかっているのですが、できれば、A1の開始日付を入れれば、すべて自動で週単位の日付が入るようにしたいです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

一例です。
A2セルに=IF(A1<>"",IF(WEEKDAY(A1,2)>5,7+(5-WEEKDAY(A1,2))+A1,5-WEEKDAY(A1,2)+A1),"")
B2セルに=IF($A2<>"",$A2+(COLUMN()-1)*7,"")として必要分右にコピーして下さい。
因みに大きい数値が表示された場合、セルの書式設定で表示形式を日付に設定して下さい。

Q一ヶ月単位の変形労働時間制の時間外労働時間の計算方法

以前、変形労働時間制の時間外の計算方法に関して質問したものです。
先日は1週間単位での計算方法を質問させて頂いたのですが
それをもとに一ヶ月単位で計算してみました。
ですが、曖昧な部分があり質問させていただきたいです。

添付画像のように計算しているのですが、こちらあっていますでしょうか。

前提条件として、今年の六月の暦をもとに計算しています。
変形労働時間制ですので本来所定労働時間に変化がなければならないのですが
考えやすいように、所定労働時間を一律一日7.5時間、一週37.5時間で計算しています。

手順としては
①日曜日を週の始まりとするため端数週の労働時間は40÷7×日数で設定しています。
  6/1~6/4は22.85時間   6/26~6/30は28.57時間
②まず一日毎の8時間を越える時間を法定外時間外労働として算出
③週の総労働時間から一日毎の法定外時間外労働を除き、そこからさらに週の労働時間を
 こえたものを週の法定外時間外労働として算出
④すべての週を同じように計算
⑤5週目は週の労働時間が28.57時間のため、30日の4.57時間までが法定内
 それ以降の3.43時間を週の法定時間外としている
⑥月の労働時間は7.5×22=165時間
⑦法定内時間外労働は週の時間外労働にならない部分のみ算出して0.5×20=10時間
⑧3日の1.15時間と30日の3.43時間は時間外なので月の労働時間から差し引く

165-1.15-3.43+10-171.4=-0.98

のためこの月は月の法定時間外労働は出ない

よって一日毎と週毎の法定時間外労働時間を合算し、6月の時間外労働時間は 29.58時間


という形で計算を行っています。

根本から間違っていたら申し訳ありません。

よろしくお願いいたします。

以前、変形労働時間制の時間外の計算方法に関して質問したものです。
先日は1週間単位での計算方法を質問させて頂いたのですが
それをもとに一ヶ月単位で計算してみました。
ですが、曖昧な部分があり質問させていただきたいです。

添付画像のように計算しているのですが、こちらあっていますでしょうか。

前提条件として、今年の六月の暦をもとに計算しています。
変形労働時間制ですので本来所定労働時間に変化がなければならないのですが
考えやすいように、所定労働時間を一律一日7.5時間、一週37....続きを読む

Aベストアンサー

ん~、どこで計算違いしてるのだろう?

2)日において、8時間をこえた時間
→計5時間

3)丸7日ある週において、40時間超えた時間(ただし上2)で時間外とした時間は除外)
第2週→3時間
第3週→3時間
第4週→8時間

3-2)端数週の第1週(暦日数4日)において、法定22.85時間と所定22.5時間の長いほうである、法定22.85時間をこえた、7.15時間(=30-22.85)

3-3)端数週の第5週(〃5日)法定28.57時間、所定30時間、長い方の所定30時間こえた、2時間(=32-30)

→週枠を超えた時間外労働 計23.15時間(=14+7.15+2.0)

4)月総労働時間196時間のうち、時間外としなかったのは、167.85時間(=196-(5+23.15))、よって月枠法定171.42時間におさまる。

(再掲)ついでにこの月時間外労働
日5時間
週23.15時間
月0時間

計28.15時間

Q発注単位について

発注単位の一覧を作りたいと思っています。
例えば、個、g、kg、ケース・・・
これらの一覧が掲載されているようなHPなどあれば、
教えていただけないでしょうか?
ちなみに業種は結婚式場、宴会場などの企業向けの一覧を作りたいと思っています。

Aベストアンサー

単位の一覧ならあるのですが。
http://www2.tokai.or.jp/hiramatu/onyak/tani-iti.htm
http://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Electrochem/Unit/UnitIndex.aspx

思いつく範囲で自分で作ったら駄目なのでしょうか?

Q1箇月単位の変形労働時間制の時間外労働

社会保険労務士の試験勉強をしている者です。
1箇月単位の変形労働時間制の時間外労働となる時間で(1)1日については、就業規則等により8時間を超える時間を定めた日はその時間、それ以外の日は8時間を超えて労働した時間というものがありますが、これは、あらかじめ、8時間を超えて定めている場合も、あらかじめ定めてなく結果的に8時間を超えて労働した日もいずれも時間外労働になるという理解でよろしいのでしょうか?もし、ご存知の方がいらっしゃったら教えていただけばと存じます

Aベストアンサー

1か月単位の変形労働時間制を採用している事業場で、あらかじめ定められた勤務時間が10時間の日と6時間の日がある場合、10時間勤務の日は10時間を超えたところから時間外となり、6時間勤務の日は法原則の8時間を超えた場合に時間外対象となります。ここで言う時間外とは割り増し賃金の支払い義務が生じる時間のことです。ですから、6時間勤務の日に7時間労働すると、正確には時間外ですが当日分についての割り増し賃金の支払いが発生しません。(当該週の定められた時間が40時間以上のときは週の所定時間を超えればその要件で割り増し賃金の対象となります)また、1か月単位の変形労働時間制では、あらかじめ各日および各週の労働時間を定めなければならないので、あらかじめ定めがなくてたまたま8時間を超えたという事態は起こらないはずです。

Q中途退学者募集一覧

中途退学者募集(平成24年版)高校一覧
神奈川なのですが、
今年、高校一年のときの単位を使って
再入学をしたいので
参考までに前年度の高校一覧を教えて欲しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

教員です。
まず、用語について確認されたほうがいいかと思います。

1.入学
  中学卒業後に初めて高校に入る場合
  または、高校に一度入学したけれども1単位も取れずに退学して受験し直す場合

2.転入学
  一度高校に入学して、在籍をしたまま他の学校に転校する場合

3.編入学
  一度高校に入学して、単位を取得してから退学して、もう一度途中から他の高校に入学する場合

4.再入学
  一度高校に入学して、単位を取得してから退学して、同じ高校で途中からやり直す場合


質問者さんは中退していて他の高校を希望しているので『編入学』に該当します。
ネットで質問するよりは、教育委員会に質問したほうが「確実」ですし、具体的な指導をしていただけます。

Q1カ月単位の変形労働時間制の法定労働時間

1カ月単位の変形労働時間制の法定労働時間について質問します。
例えば1カ月が31日の場合
 31日/7日×40時間=177.1428・・・・時間となりますが、どの本やパンフレットを見ても177.1時間と書かれています。
恐らく、端数処理のルール(法令等)があると思うのですが、根拠となる条文や通知等をご存知でしたらご教示ください。
小数点第2位以下を切り捨てれば177.1時間となり177時間6分となりますが、第3位以下を切り捨てれば177.14時間となり177時間8分となります。2分の差が生じてしまいますので、根拠をしっかりと理解しておきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

法定枠を小数点以下何桁まで使用するかは決められていませんから,端数を切り捨てる限りは違法ではありません。
参考
http://www.syaroshi.jp/roumu_q_a/0703_1.htm

Qファイルサイズ一覧の表示方法

フォルダ内のファイルのサイズを一覧表示したいのですがフォルダによってリストビューのヘッダの項目が違っていて表示方法で詳細表示にしても"サイズ"がヘッダに存在しないものがあります。
表示方法でコンテンツを選べばサイズの一覧が見れますが更新日時が同時に見れないので不便です。
単位はKBでもよいですが、バイト単位にする方法も教えてください。

Aベストアンサー

ヘッダ部に「名前、更新日時、種類、サイズ」などが表示されている
行がありますよね。
その行にカーソルをあてて、右クリックします。
そうすると表示したい情報が設定できます。

Q1年単位変形労働時間制の労働時間限度について

1年単位変形労働時間制の1日の労働時間の限度についてお尋ねです。

労働時間の限度が1日10時間と決まっていますが、
10時間超えた労働は違法になるのでしょうか。

1年単位変形労働時間制を採用した場合、
36協定での延長することができる時間は、
所定労働時間が8時間の場合、1日の延長することができる時間は
2時間が限度なのでしょうか。
2時間を超える協定は締結できないのでしょうか。

教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1日10時間、週52時間というのは、協定を結び、年間勤務予定表(条件がそろえば、翌々月の予定表)を組む上での制限です。

実際の就労で、その時間(今日の勤務予定が10時間なら10時間)を超えて労働させるのであれば36協定を締結していないと、違法となります。その36協定での1日の残業させる延長時間には限度はありません(ただし法令で定めた危険業務につき残業2時間までという制限あり)。

36協定で締結する延長時間には、日に限度がない替わりに、日を越えて3月以内、および年の2つに制限があるだけです(例:3月をこえる1年単位の変形労働時間制の場合、月において定めるなら42時間、年320時間)。

参考URL:http://www.kana-rou.go.jp/users/kijyun/1nenhenk.htm

Q株取引の時の単位が分かるデータについて

株取引をする時の単位が分かるデータを入手(ダウンロード等)する方法があれば教えてください。(一覧が表示されている等でも結構です。)

Aベストアンサー

♯1です。

DrPINO 様、すみませんでした。

とりあえず・・・
http://www.kabu.com/Meigara/Kabusiki/Tanihenkou/Kta1.asp

http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/Companyfile/stock_unit_change_200701.html

いずれにしても、もっと便利なサイト等があるかもしれませんが
見つかりませんでした。
あとの方からの回答に期待します。

Q1ヶ月単位の変形労働時間制の所定労働時間数は、どのように決めるのでしょ

1ヶ月単位の変形労働時間制の所定労働時間数は、どのように決めるのでしょうか?

会社には31日の時は177時間(法定労働時間)だと言われました。
しかし週休2日休みで1日8時間です。
土日を除いた出勤日が21日間の月などは定時で帰ると177時間に達しないので減給されるか残業をして177時間にしなければいけません。
もちろん177時間以内のものは残業代はつきません。
すべてコアタイムのフレックス制の考え方のような気がするのですが合っているのでしょうか?

あと、就業規則の休日に12時29日から1月3日の期間と書いてあり会社は休みなのですが、その月は土日と年末年始を除いた出勤日数で177時間働かなければいけません。
これは休みであって休みでないような気がするのですが合っているのでしょうか?

調べてもよく分かりませんでしたので詳しい方がいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>そして残業が多い時もあるので、法定労働時間内に収まっている残業は支払われない状態です。

それが違法だといえます。日において、その日働けとあらかじめ指定された所定労働時間と、8時間のどちらか長い方を越えた時間は、時間外労働です。たとえそれを含めて177時間に達しなくてもです。週においても同じです(ただし日において時間外をつけた分は除く)。

一方、減額調整の根拠が就業規則(給与規定)になければ、勤務予定表通り働いたのだか、前述の時間外労働を含め、月の所定賃金を支払えと、労働審判を起こすしかないでしょう。

最初に戻って、変形労働時間制における休日は「毎月の勤務予定表に割り当てた日」というのが通例です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報