「ください」の付け方にルールはないのでしょうか。

疑問に思っているのは、たとえば、「ご確認ください」や「確認してください」ではなく、「確認ください」というのは日本語として正しいのだろうか、ということなのです。

似たようなケースに「参照ください」「一読ください」などがあります。最近では「ダウンロードください」と書かれたものがあり、毎度「こういうのありなのだろうか」と疑問に思っています。「ください」の乱用なのかそうでないのか気になってしかたがありません。

これらはとくに身内や社内などのやりとりの中で、丁寧な表現からやや差し引いたニュアンスで使われているのですが、自分としてはどうもしっくりきません。

「ら」ぬき言葉のように、本来は文法上誤りとされたものだけれど、現在では容認されているもの、なのでしょうか。

「ください」についていろいろ調べたところ、「お(ご)~ください」か、「~してください」と使う、と説明しているものはありました。しかし、「確認ください」という書き方がokなのかそうでないのかは分からないままです。

周りに話してみても「通じるし、そんなに問題意識を持つ必要ない」「いちいち細かい」と片付けられてしまいました。こういう疑問を抱くこと自体がおかしいのかな…とも感じてきて、最後のたのみのつなの気持ちで投稿しました。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

「ダウンロードください」っていうものは、「ダウンロードしてください」という意味じゃないんですかね?「参照ください」なども、「して」ぬき言葉(?)だと思います。

だから、質問にあったものは、間違いだと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「して」ぬき言葉!なるほど!
ながながと書きましたが、私が言いたかったことはすべてその一言に集約されます。とてもすっきりしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/14 00:24

たぶん、「ご確認ください」の「ご」を省略したのだと思います。


私も、「参照ください」「一読ください」などはおかしいとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同じように違和感をお持ちの方がいらっしゃると分かっただけでも投稿した甲斐がありました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/11 02:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q朝日新聞 蓮舫氏擁護 「二重国籍 多様な社会への議論を」 「日本は日本人だけのものではありません」鳩

朝日新聞 蓮舫氏擁護
「二重国籍 多様な社会への議論を」
「日本は日本人だけのものではありません」鳩山由紀夫

ほんとにそう思いますね。
在日バンザイ
朝鮮総連、金正恩元帥閣下バンザイ

Aベストアンサー

此処は、意見表明の場では無い。
質問を投稿しろ。

Q「岐阜」はどうして「きふ」ではなくて「ぎふ」と読むのでしょうか?

全くどうでもいい質問をしてすみません!
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=378504
の中でついボヤいてしまっていることなのですが、子どもの頃から疑問に思っていることなんです。

「岐阜」の「岐」の字は普通「き」と読みますよね。
用例=「岐路」 「分岐点」 「多岐亡羊」・・・これらは全て「き」と読みますよね。
例えば普通は「た」と読む「田」の字が、熟語の下に来る場合は「だ」になったりします。
でも「田」の字が熟語の頭に来る場合は、「だ」にはなりませんよね?
「山」の字にしても、熟語の頭に来る場合は「ざん」とは読みませんよね?
それなのに、どうして「岐阜」では「岐」の字が頭にあるにも係わらず「ぎ」と濁るんでしょう?

もしかして浅学非才な私が知らないだけであって、こういう事例は他にも結構たくさんあるのでしょうか?
尚、お礼に数日かかると思いますのでご承知置き下さい。
宜しかったら、冒頭の質問378504にもお答え頂けたら幸いに思います。

Aベストアンサー

#2(No.2)のものです。
(まさか、私、質問の意味を取り違えていないですよね。)

>こういう事例は他にも結構たくさんあるのでしょうか?

語のはじめにあって、濁る言葉と濁らない言葉があればいいのですね。

分解 ぶんかい
分別 ふんべつ

伴奏 ばんそう
伴侶 はんりょ

貧乏 びんぼう
貧富 ひんぷ

次回 じかい
次第 しだい

大事 だいじ
大安 たいあん
(っていうか「大」の場合は、濁るのと濁らないのともっとたくさん言葉があると思います。)

もし、讀み方の書いてある漢字の表(常用漢字表など)が身近にあったら、
濁るのと濁らないのと兩方載っている漢字を見つけて、
それぞれ頭に附いている言葉を見つけるといいと思います。

もっとたくさんあると思うのですが、すみませんがもう寢たいので、これくらいで終わりにさせていただきます。
(^-^)/

Q数学「I」II「II」「III」「A」「B」「C」の違いについて

数学には、「I」「II」「III」「A」「B」「C」というような
いろんな種類がありますが、そもそもどうしてこのように
分かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

文部科学省が「学習指導要領」で決めています。

指導要領が変わると、「I」「II」「III」「A」「B」「C」の区分も変わったりして、迷惑な話です。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603.htm

Q松坂出身の国学の大成者で、「古事記」「源氏物語」を学び、「もののあわれ」を知る事を説いたのは誰ですか

松坂出身の国学の大成者で、「古事記」「源氏物語」を学び、「もののあわれ」を知る事を説いたのは誰ですか?

Aベストアンサー

本居宣長


人気Q&Aランキング

おすすめ情報