祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

NHK功名が辻で、土佐の高知城は、連日大変な賑わいですね。さすが大河ドラマ。でも山内一豊(かつとよ)の妻、千代って・・・銅像まであるのに。名前が千代?名前分かってないのでは?千代じゃないですよね。岐阜には山内一豊の妻の像というのはあっても、妻千代とは書いてないし。山内一豊夫人顕彰会は、あっても千代の顕彰会ではないし。
山内一豊の妻という、逸話はきていたのに
いつのまにか、山内一豊の妻、千代になってる。
原作者が勝手につけた名前ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

功名が辻は見てませんが…


名前は千代の名前で有名ですが、実名かどうかは定かではないらしいですね。
以下、ウィキペディアで見つけた文章です。

見性院 (山内一豊正室)
見性院(けんしょういん、1557年(弘治3年)- 1617年12月31日(元和3年12月4日))は、安土桃山時代から江戸時代の女性。土佐国高知藩主となる山内一豊の正室。出自は諸説あり、浅井氏家臣の若宮喜助友興の子とも、群上八幡城主の遠藤盛数の子とも言われる。名は千代ともまつともいわれるが不詳。

山内一豊との間には娘(与祢姫)が一人生まれたが、天災(天正大地震)により幼くして失ってしまい、それ以降は子供には恵まれていない。

嫁入りの持参金、または臍繰りで名馬を購入した話や、俎板代わりに枡を裏返して使い倹約した話など、「内助の功」で夫を支えたエピソードで有名である。又、千代紙の命名の由来ともされている。これらの話は、江戸時代中期の新井白石の『藩瀚譜』や室鳩巣の『鳩巣小説』などから人口に膾炙したものであるが、真偽については必ずしも詳らかではない。
墓所は高知県高知市の山内家墓所。
    • good
    • 0

No.1さんの通り、千代の名は江戸中期の新井白石等の書物によるのです。

   それで戦前から千代で通っているので、司馬さんの命名ではありません。    
1.白石等になんらかの根拠があったが、資料が焼失して残っていない。
2.千代夫人、まつ夫人というのは一豊の知り合いにいたので、白石等が誤って一豊夫人にした。    もっとも千代、まつは当時ありふれた名なので、二人いてもおかしくない。
正史も結構誤りがあり、伝承が後年立証されることも少なくないので、ここでは伝承として、一豊夫人は確かではないが千代といわれている。   にしたらどうでしょうか。(まつ説は傍系として)  
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですか、やはり白石の説なのですね、採用するにあたり、根拠・出自がある程度わかれば、一説として、受け入れることもしやすくなりますね。
古来、山内一豊の妻といった、呼び方で、賢妻ぶりは、日本史を学ぶ中で、解説はありましたが、なかなか女性の名前は表舞台では、記録されないもので、仕方がないものです。

お礼日時:2006/05/22 10:42

確かに司馬氏の小説には誤った記述や事実の誤認などが散見されますが、司馬氏は歴史を題材にした小説を書いていたのであって、氏の著作は歴史研究書などでは無い事を認識するべきでしょう。

歴史捏造とまで言うのは悪意を込め過ぎです。
功名が辻については、執筆時期が古く考証が充分でなかった事を司馬氏自身が認めており、生前の司馬氏は映像化の打診を断っていた事実もありますが、氏の死後になって橋本高知県知事の梃子入れにより映像化が決まった経緯があるようです。
千代と言う名前に関しては、小説の登場人物である以上、呼び名や通り名が無ければ会話のシーン等が成立し辛いので、明確な記録が無く不明の場合は作者が勝手に命名するのも仕方の無い事です。若い一豊が新妻を「見性院 」と呼ぶ訳には行かないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうでした、高知県知事は、もとNHKでしたね。選挙速報などでもよく番組で解説してましたよね。
コネはいくらでもありますよね。
まあ、古来正史以外の合戦記などのよみもので、勘違いしている史実も多くありますね。それらを捏造と切って捨てるには気の毒な気もいたします。

お礼日時:2006/05/22 10:36

原作者が歴史捏造の神様ですから…

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山内一豊のどこがすごい武将なのでしょうか。

山内一豊のどこがすごい武将なのでしょうか。
NHKの大河ドラマ「功名が辻」を楽しく毎週見ています。
そこで質問ですが、山内一豊のどこがすごい武将なのでしょうか。
高知県では英雄なのでしょうか。
ちなみに、信長、秀吉、家康以外の大河ドラマで取り上げられた武将;
武田信玄は山梨県の英雄です。
前田利家は金沢の英雄です。
伊達政宗は仙台の英雄です。

Aベストアンサー

多分次回の功名が辻で放映になると思うんだけど、一豊が土佐に入ったとき長宗我部の遺臣らの激しい抵抗にあったと思うのですが、その抵抗をうまく抑えて、幕末の雄藩として歴史に残る土佐藩の礎を築いた武将。
充分英雄といえるのではないでしょうか。
ただ弾圧するだけでは、内乱が起こります。そうなれば幕府によって改易となります。
実際、東軍に味方した豊臣恩顧の外様大名が、大阪夏の陣以降どんどん取りつぶされていきました。

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Q山内一豊の地元の評判はどうなのですか?

来年のNHK大河ドラマは、土佐藩(高知県)の
始祖・山内一豊と妻の歴史を題材にしたものに
なります。
「功名が辻~山内一豊の妻~」
http://www.nhk.or.jp/kochi/koumyogatuji/index.html

不器用だった彼が妻の頑張りで徳川家康に認められて
土佐藩の藩主になれたサクセスストリーは素晴らしい
のですが、藩主になってからは地元の武士を弾圧した
(地元の武士がよそ者に排他的だったというのもあ
 りますが)
所や、彼が引き連れた武士と地元の武士で上士・下士
に分けて差別し始めた事が、幕末に坂本竜馬などの
台頭に繋がった事実もありますが・・・
実際の所、地元高知県での山内一豊と山内家の評判は
どうなんでしょうか?

地元の人からの回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

地元民です。

以下、個人的感想ですが。
静岡掛川からきた余所者だという意識はありますね。
「陸の孤島」と呼ばれる土地柄、意識として排他的な部分があります。
どちらかと言うと、判官びいきのきらいはありますが戦国大名の長宗我部氏が好きです。

時代が下って龍馬の時代、容堂公の頃になると、「竜馬がいく」「おーい、竜馬」などの影響もありますので変わります。

あとの山内家の当主についてはさっぱりわかりません。



今回のドラマでは、資源のない県ゆえに「観光のネタにしよう」と鼻息が荒い人が多いのが気になります。


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較