一、十、百・・・・と続く桁で、兆から上の桁の名前を出来るだけ数多く教えてください。常識なくてごめんなさい・・・

A 回答 (4件)

僕はあんまり詳しくないので



下記のURLをご覧下さい!

参考になれば幸いです!

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fxba0016/misc/suum …
    • good
    • 0

こちら(参考URL)もどうぞ。

(^_^)

参考URL:http://www.ffortune.net/kazu/kazu/big.htm
    • good
    • 0

No.2 の方の、ちょっと違います。


ゴクの次から、

ゴウガシャ
アソウギ
ナユタ
フカシギ
ムリョウタイスウ

です。また、兆の次はケイです。
    • good
    • 0

京、(きょう)


該、(がい)
叙、(じょ)
壌、(じょう)
江、(こう)
漢、(かん)
正、(せい)
賽、(さい)
極、(ごく)
那由多、(なゆた)
阿曾儀、(あそぎ)
無量大数(むりょうたいすう)
だったと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学生算数 「上から2けた」の考え方

小学生算数 「上から2けた」の考え方

お世話になります。
数学のカテゴリで恐縮ですが、小学生の子供に算数を教えていてわからなかったので教えてください。
答えを上から2けたのおよその数で答えなさい、というときに、計算結果が0.536になった場合は、小数第1位を上から1けた目と考えて、小数第3位の6を四捨五入して0.54とすればよいのでしょうか?
1のくらいの「0」を1けた目と数えていいのかどうか、わからなくて質問させていただきました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

小数の場合、「上から?桁」はゼロを無視して数えます。

例)0.00829の上から2桁の概数 → 0.0083

Q4桁の自然数nの千の位、百の位、十の位、一の位

4桁の自然数nの千の位、百の位、十の位、一の位の数字を、それぞれa,b,c,dとする
次の条件を満たすnの個数を求めよ
(1)a>b>c>d
何ですが解答は 
10個の整数0、1、2、…、9から異なる4個を取り出して、大きい順にa,b,c,dとおけばよいから
10C4=210(個)
 
とありました
私は10C4は10個の整数から異なる4個を取り出すという意味はわかるんですが

なぜ大きい順にa,b,c,dとおけるのかがよく分からないです

10C4に大きい順にa,b,c,dと並べるという意味まで入っているとはとても思えないです

Aベストアンサー

こんにちは。

たとえば、0から9までの数字が書かれた10個のボールがあるとして、
その中から抽選で4個取り出したら、7と2と8と0だったとします。
そしたら、その後で、a=8、b=7、c=2、d=0 と決めればよいです。

つまり、10個から4個の組み合せを選びさえすれば、4つのうちのどれがそれぞれa、b、c、dに割り当てられるかは必ず1通りに決まってしまうので、10個から4個選んだ時点で実質的に「仕事」は終わっているということです。

Q小学生の算数問題です

子どもが塾で出された課題です。
「0から9までの数字を1回づつ使用して、4けた+2けた=4けたの式が成り立つものをすべたあげなさい。」
4通りは発見できたのですが、はたして全部で何通りあるかもわかりません。
どなたか助けて下さい。

Aベストアンサー

ABCD+EF=GHIJ とすれば、
B=9
H=0
A+1=G

また、各桁の偶奇を調べると、
偶+偶=偶、偶+奇=奇、奇+奇=偶
なので、繰り上がりを考えないと、奇数の数は偶数個でなければなりません。
0~9のうち奇数は5個なので、繰り上がりしている桁は奇数個あることになります。
2桁目、3桁目は繰り上がりしているので、1桁目も繰り上がりしています。

以上のことを踏まえて、
CとE、DとFは交換しても和は同じなので、C>E、D>Fとして、
2桁目の組み合わせを調べると、
A92D+8F=G01J (3,4,5,6,7)
A93D+7F=G01J (2,4,5,6,8)
A93D+8F=G02J (1,4,5,6,7)
A94D+6F=G01J (2,3,5,7,8)
A94D+7F=G02J (1,3,5,6,8)
A94D+8F=G03J (1,2,5,6,7)
A95D+6F=G02J (1,3,4,7,8)
A95D+7F=G03J (1,2,4,6,8)
A95D+8F=G04J (1,2,3,6,7)
A96D+7F=G04J (1,2,3,5,8)
A96D+8F=G05J (1,2,3,4,7)
A97D+8F=G06J (1,2,3,4,5)
の12通り。(括弧内は残りの数字)

さらにそれぞれの組み合わせを調べると、

4926+87=5013
5934+78=6012
5934+87=6021
2947+68=3015
5943+78=6021
1956+78=2034
1956+87=2043
1965+78=2043
2964+87=3051
の9通り。

1桁目、2桁目を交換したものも加えると、合計36通りとなります。

ABCD+EF=GHIJ とすれば、
B=9
H=0
A+1=G

また、各桁の偶奇を調べると、
偶+偶=偶、偶+奇=奇、奇+奇=偶
なので、繰り上がりを考えないと、奇数の数は偶数個でなければなりません。
0~9のうち奇数は5個なので、繰り上がりしている桁は奇数個あることになります。
2桁目、3桁目は繰り上がりしているので、1桁目も繰り上がりしています。

以上のことを踏まえて、
CとE、DとFは交換しても和は同じなので、C>E、D>Fとして、
2桁目の組み合わせを調べると、
A92D+8F=G01J (3,4,5,6,7)
A93D+7F=G01J...続きを読む

Q「十人十色」ならば「百人百色」と言えるか?

よく「十人いれば十人みな違うのだから、百人いれば百人みな違う」と挨拶などで述べる人がいます。
そんな時に(私は雑念の多い人間なので)妙なことを考えてしまうのですが
「十人いれば十人みな違う」ということだけを根拠に「百人いれば百人みな違う」と言うことはできるのでしょうか?
「人類の種類が10種類しかなかったら? 100種類未満だったら?」などと考えてしまうのですが…。

Aベストアンサー

数学カテゴリーですので、数学的に考察するということですね。

「十人十色」が、「十人いれば必ず十人みな違う」という意味ならば、「百人いれば百人みな違う」でないと矛盾が生じます。
「百人いれば百人みな違う」の余事象は「百人のうち少なくとも2人は同じ」です。
すると、この2人を含んだ10人は、「十人いれば必ず十人みな違う」の反例となり、「十人十色」は真の命題(常に成り立つ)とは言えません。

「十人十色」が、「十人いればたいていは十人みな違う」という意味ならば、「たいてい」に該当する確率かどうかを検証してみると良いように思います。

仮に「百人が10種類に分類できるが、そのうちの10人を選んで10種類になる確率」を計算すると、
(10^10)/(100C10)=約0.06%
これが「百人が50種類に分類できそれぞれ2人ずついるが、百人のうちの10人を選んで10種類になる確率」では、
(50C10)*(2^10)/(100C10)=約60.8%
だと思うので、かなり「完全百人百色」に近くないと「ほぼ十人十色」は言えない感じがします。

数学カテゴリーですので、数学的に考察するということですね。

「十人十色」が、「十人いれば必ず十人みな違う」という意味ならば、「百人いれば百人みな違う」でないと矛盾が生じます。
「百人いれば百人みな違う」の余事象は「百人のうち少なくとも2人は同じ」です。
すると、この2人を含んだ10人は、「十人いれば必ず十人みな違う」の反例となり、「十人十色」は真の命題(常に成り立つ)とは言えません。

「十人十色」が、「十人いればたいていは十人みな違う」という意味ならば、「たいてい」に該当...続きを読む

Q小5算数パズルの宿題が解りません。

1から9までの数字を1回ずつ使用し、5けたひく4けたの筆算式を2つ作り、
それぞれの答えが22222と33333になる筆算式を作ります。

     □□□□□
   -  □□□□
     2 2 2 2 2

     □□□□□
   -  □□□□
     3 3 3 3 3 

どうしても解けません。助けてください。

 

Aベストアンサー

回答例です。

31874
9652
22222

41286
7953
33333

Q算数の質問です。 ある整数を、一の位を四捨五入して十の位までの概数にしました。その概数を3倍し、十の

算数の質問です。
ある整数を、一の位を四捨五入して十の位までの概数にしました。その概数を3倍し、十の位を四捨五入して百の位までの概数にすると、3000になりました。もとの整数として考えられるもののうち、もっとも小さい数を求めなさい。

解説の
十の位を四捨五入して3000になるもっとも小さい数は2950だから、2950÷3=983余り1

ここまではわかります。

十の位までの概数は990だから、一の位を四捨五入して990になるもっとも小さい数は985


十の位までの概数は980ではないのですか?990になぜなるのかわかりません。

どなたか詳しくご教授お願いします。

Aベストアンサー

十の位までの概数を三倍して2950以上になるのは990で、計算されたように980では3倍しても2940だからです。

Q小3の算数


1.2.3.4.5.6
1~6までのカードが1まいづつあります。
このカードを使って、
(3けた)-(3けた)の式を作りなさい。
Q1答えが111になる式はなんでしょうか?
 (111になるようにしましょう 答えは6パターンあります)
Q2答えが一番小さくなるのは?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1
246-135 264-153 426-315 462-351 624-513 642-531
隣り合う数字を引けば1になることに気づく。それをうまくならべる方法。パターンをもれなく数え上げるコツ。こんなところを学ぶ問題でしょうか。

2
ほんとはマイナスの数字がいちばん小さいですが、小3ですからそれは考えないんでしょう。だとすると、

100の位は隣り合う数にすべきだというのをまず思いつく。
で、残りの10の位と1の位の数字で、できるだけ、引かれる方を小さく、引く方を大きくするのがいいなと考えるんでしょう。
そうすると65がいちばんでかくて、12がいちばん小さい。のこりの3と4で100の位を作ろう。

みたいな感じでしょうか。
412-365

Q兆より上の桁について

はじめまして。
兆より上の桁についてお聞きしたいのですが、
私が子供の頃憶えたのは次のとおりです。
 けい-がい-じょ-じょう-こう-かん-せい-さい-きょく-こうがしゃ-
 あそぎ-なゆた-ふかしぎ-むりょうたいすう
間違いないでしょうか?
また、その漢字ですが、「けい」は京だと思いますが、
後ははっきり憶えていませんので、漢字も知りたいと思います。
詳しい方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

おっしゃる通りです。

http://chisiki.sub.jp/MorinoKigi/KazunoKi/BigAndSmall/Ookinakazu1.htm

QACCESSで10桁の中から中の3桁を抜き出す関数

ACCESSで7けたの数値7654321から765の部分3桁と43の部分の2桁、21の桁を分けて抜きとりたいのですが、どういう関数を使ったらよいかわかりません、LEFT関数を使ってみたりしたのですがどうも欲しいものが取り出せないので基礎的なことですが教えてください
よろしくおねがいします

Aベストアンサー

クエリのデザイングリッドの「フィールド」のセルに

a: [x] \ 10000
b: ([x] Mod 10000) \ 100
c: [x]-[a]*10000-[b]*100

と入力してください。ここで、x は 7654321 などが入っているフィールドの名前、a, b, c は計算結果が入るフィールドの名前です。

7654321 に対しては、a に 765、b に 43、c に 21 が得られます。

Q3けたの自然数があり、この数の百、十、一の位の数の和が、3の倍数になる

3けたの自然数があり、この数の百、十、一の位の数の和が、3の倍数になるとき、もとの3けたの数は、3の倍数である。このわけを文字を使って説明しなさい。という問題なのですが、どう解けば良いのでしょうか?中学2年の数学の問題なのですが・・・

Aベストアンサー

こんにちは。
数学の面白いところの一つだから、人に頼るのはもったいないなー。

3桁の自然数Nの百の位の数字をa、十の位の数字をb、一の位の数字をc と置く。
a+b+c が3の倍数であるとき、整数mを用いて
a+b+c = 3m と書ける。

N = 100a + 10b + c
 = 99a + 9b + a + b + c
 = 99a + 9b + 3m
 = 3(33a + 3b + m)

33a + 3b + m は整数であるので、
3(33a + 3b + m) は3の倍数。

よって、Nは3の倍数。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報