これからの季節に親子でハイキング! >>

沖縄の海は透き通る青色や緑色です。しかし、大抵の他県では、濃い青色です。汚染している地域では、色が濁っているのは当たり前ですが、汚染されていない地域でも沖縄の色とは違います。この違いはどこから来るのでしょうか?なぜ沖縄の海の色はああいう色なのでしょうか?また、地球全体が現在のように汚染されていなくても、場所によって海の色に違い(例:赤道に近いほど透き通る)が出ると考えていいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まずは基本的に海の色の大半は空の色が写っている状態です。


つまり青が基本色です。
海水が澄んでいることを前提として。
沖縄の海も水深が深い所では写るべき空が深い海底により写らないので濃い青色です。
反射するべき光の大半が海水の層に吸収?されます。

エメラルドグリーンに見える部分の下にはサンゴ由来の砂があります。
大半はブダイの糞中の未消化分のサンゴカルシウムです。
本州にはない真っ白な砂です。
青色がかった部分の下はサンゴ由来と有孔虫由来の砂がブレンドされていたり
または水深が4m前後の少し深い状態だったりします。
つまり海底の状態と水深によって写る色が変わります。
また、太陽光の照射角度も鈍角?に当たるのでその影響もあるでしょう。
    • good
    • 0

水質もさることながら海底の砂の色によるものが大きいと思います。

沖縄は中国大陸に近いので砂が白に近い黄色ですよね、これは福井県以西の日本海側もそうですが夏場は海がとてもきれいに見えます。飛んでくる黄砂や黄河の土砂のせいだと思います。

日本の太平洋側の海の多くは白っぽい灰色の砂なので海底が暗く見えます。海底が岩礁だったら当然ですが暗く見えます。
    • good
    • 0

以前同じような質問が



参考URL:http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=2056158
    • good
    • 0

別に本州の海が汚れているという訳ではありません。


海には山の森からの栄養素が流れ込んでいます。
そのためプランクトンが発生し、透明度が下がります。
人間の活動で汚れているからと言うわけではないんです。
それが自然なんです。
沖縄や離島は大きな河川がないから、澄んでいるのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング