フェミニズムについて調べているうちに疑問に思ったことです。

女性のみの再婚禁止期間は、男女差別と言うより婚姻の自由の侵害と考えた方が妥当だ、という問題があったのですが、なぜ女性は男性に比べて再婚期間が長いのでしょうか?また、なぜ男女差別というより婚姻の自由の侵害と考えた方が妥当なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 民法733条に関する問題であると思いますが、本条の立法趣旨は離婚時あるいは死別時に妊娠していた場合の子の親子関係についての争いを防ぐことにあります。

しかし、現在は科学・医学の進歩によって、子の親子関係は容易に、確実に判明することができます。本条の存在意義はほぼ失われていると言えます。そして、本条が違憲無効であるとする説も多数を占めています。

 なぜ男女差別というより婚姻の自由の侵害と考えた方が妥当かということですが。本条は女性の婚姻権を制限する条文です。そして、その合理的(とされていた)根拠は、女性の妊娠と子の関係にありますから、男性とは比較できないという側面があります。男女差別であれば、男性にも同様の規定を設ければ少なくとも差別は解消されることになりますが、それではこの条文への批判とはなりません。この条文への批判は6ヶ月間の再婚禁止そのものですから、婚姻の自由を侵害する規定であると捉えた方が、より整合的ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に対してわかりやすく解説していただいてありがとうございます。
そうですよね、男性にも女性と同じように規定を設けたら
男女差別は解消されるけれど、一方では婚姻の自由が侵害されしまう。。。
難しい問題ですね!

お礼日時:2002/02/19 13:32

学生さんのようですので、多少専門的な切り口でお話ししたいと思います。



まず、女性のみに再婚禁止期間が存在するのは民法733条に規定があるためというのはご存じかと思います。

この再婚禁止期間のレゾンデートルとしては出生子の父性を確実にする、というものと説明されています。再婚禁止期間を設けずに女性が再婚した場合に法律的にも生物学的にも前婚、後婚いずれの子どもかが判断できないからです。
(民法が改正になった戦後すぐの時点の話です、現代ではDNA鑑定で判断が付く、ということはとりあえず置いておきます)
男性と女性では出産という大きな差異が存在しますので、合理的な区別は差別ではないという解釈が出来ます。差別というものは合理的理由無しに行われるもので、再婚禁止期間の規定にはそれなりに理由付けがされていますので差別ではなく婚姻の自由の侵害、という表現をしているかと思います。

また、法的に父性(嫡出性)を確定させる手段ですが、民法772条の規定により婚姻成立の日から200日以降、婚姻解消の日から300日以内の出生子は婚姻中に懐胎した子と推定する。との規定があります。

ここで先の合理的な区別ですが、なにをして合理的か?という疑問が生ずると思います。
現在の規定(733条)では六箇月と規定されていますが、772条を基準に考えた場合再婚禁止期間が100日あれば嫡出子の推定が重複しないこととなります。
そういう意味では約80日(六箇月-100日)の間、女性の婚姻する自由を侵害しているという結論を導くことも可能です。

参考までに、再婚禁止期間が出生子の嫡出推定の重複を回避するためにあるとの証拠として以下のような事例では再婚禁止期間の適用はありません。
よって、女性であるが故に再婚禁止期間を規定しているわけではなく出産可能であるが故に再婚禁止期間を定めていますので、それを男女差別、と一括りにしてしまうのも乱暴な話ではないかと感じます。

参考例
女が前婚の解消又は取消の前から懐胎していた場合には、その出産の日から前項の規定を適用しない(民法第733条2項)
前夫との再婚については制限がない(大元.11.25民事708回答)
配偶者の生死が3年以上不明により離婚の判決を受けた場合には制限はない(昭25.1.6民甲二回答)
67歳女の待婚期間中の婚姻届は受理してよい(昭39.5.27民甲1951回答)
離婚後優生手術をした場合には制限はない(昭29.3.23民甲607回答)
子宮摘出手術を受けた女性が医師の診断書を添付した婚姻届は受理してよい(ソース不明)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なぜ六ヶ月なのか、という疑問について、またわかりやすく事例を挙げて
回答していただいてありがとうございました。
法律とか無知だったため、丁寧に教えていただいて
ためになりました!

お礼日時:2002/02/19 13:37

離婚するときに子どもを宿しているのを気付かずに再婚した場合に後で生まれた子をめぐって問題が起きるのを防ごうと言う事でしょう。


しかし、そういうことは本人が気をつけてればいい事で法律で規制するものではないとおもいますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
でも、こんなふうに法律で規制されるということは
実際にこういうトラブルが起きているからなんでしょうね。。。

お礼日時:2002/02/19 13:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q婚姻届の書き方で、親が離婚・再婚してる場合

過去の質問・回答もいろいろ検索したのですが、
わからない箇所がありましたので質問させて頂きます。

今度婚姻届を出すのですが、父母名の欄に、実父・実母の名前を
書きますよね?
それは死亡していても離婚していても書く、という事はわかりました。

が、再婚している場合でも実母ですよね?
というのは、実母とは連絡も取っておらず、行方知れずです。
現在の名字もわからない場合でも、再婚後の母の名前ではダメですよね?
さらに、再婚した母は事情があるようで私の実父と未入籍なんです。
尚更ダメですよね?

例えば(私の事ではないですが)未婚の母だったり、
実母・実父の名前がわからない場合はどうするんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

 以前,戸籍の仕事をしていましたが,父母欄はあなたの現在の戸籍の記載と照合するだけですので,戸籍に書かれている通りに書かれればよいと思います。

 本籍地以外の役所に出される場合は,婚姻届に戸籍抄本の添付が必要ですが,戸籍に父母の名前が書かれていますので,それを見ればよいです。
 
 ちなみに,未婚の母の場合(認知届が出されている父がいれば別ですが)や,実父母がわからない場合は,戸籍の名前の欄は空白になっていますので,婚姻届の父(または父母)欄も空白でよいです。

Q婚姻届 「初婚・再婚」記入欄についてと週末に出す場合

前回はお世話になりました。
友人が再度、問題点があるみたいですのでお力になってください。
1、婚姻届 「初婚・再婚の別」記入欄ですが、彼の方が離婚日時を忘れてしまったとの事で
これは日時部分のみ空白で出せば大丈夫なのでしょうか?その場で調べてくれるのでしょうか?どうやら転籍の際、確認をするのを忘れてしまったらしく今の状態はA区からB区になっています。また数日後にA区に戻す予定です。詳細(http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=818217)
この際除籍証明など必要になるのでしょうか?との事です。また同じA区で調べられるので転籍しているのを怪しまれるのではないかと心配しておりますが・・・どうなんのしょうか?
2、入籍日を希望日(週末)にしたいとの事ですが
上記の問題もあってすんなり当日に受理されない可能性がありますか?
ぜひ教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1 分からないところは空欄のままにしておいてください。署名欄のような場所は本人が書かないと問題ですが、離婚の日は戸籍で調べれば分かるし、うごかしようのない事実だから問題ありません。
転籍は筆頭者の意志ですることなので、怪しむとか怪しまないとかはありません。あるとすれば書類上20歳なのに本人だという人が50歳くらいとか、そういうのでしょう。
2 希望の日に役所の日直に預けてください。本人が直す必要があれば来庁して直してもらい、提出日にさかのぼって受理になります。
法律上婚姻ができない場合(たとえば男18歳,女16歳になっていないとか、離婚が成立していないのに婚姻しようとか)や、直してもらわないと受理できないのに直しに来てくれないといった場合を除いて受理されないということは99.9%ありません。

Q男女差別のある法律

英語でスピーチをしないといけないのですが・・・ 男女差別のある法律って何かありますか?

Aベストアンサー

差別と区別の違いを明確にすること
差別のある法律は憲法違反で禁止されてますと説明をすること
第十四条  すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

男女の性的な部分で保護の必要とか歴史的な背景で区物のある法律はあること
歴史的背景・・・皇室典範第一条
性的保護の必要性・・・強姦罪・民法再婚禁止期間

Q「女性無料」って男女差別にならないのですか。

出会い系は女性無料が当たり前。

飲み屋、レストランも女性半額で客を集め、電車やタクシーにも女性専用車。

これって、男女差別にならないのですか?

男だって、半額でメシ食いたい!!!!!

Aベストアンサー

女性は強いので、女性が有利になる場合は差別ではなくなるようです。
男性差別は許されているのです。男性は虐げられているのです。

Q会社内の男女差別?になるのでしょうか?

10月から某商社に派遣で勤務しています。
最初の条件に、9:00から勤務ですがその前にきて毎朝掃除をします。(時給対象外)とのことでした。

入ってから知ったのですが、女性は9:00~5:00 男性は9:15~5:15までと時間帯がずれているということ。
当然、掃除は女性のみがします。(結果的に男性社員より25分は早く出社)
帰りの時間が早いのだからそれであいこでは。。と思われるかもしれませんが、退社時間、業務の流れは男性社員に合わせる部分もあるので退社時間はほとんど変わりません。

女性は他に ポットの給湯や、使った食器などの洗い当番、郵便当番、社長へのお茶だし当番があります。

正社員の人に聞いたところ、最初から女性は男性(営業)のサポート事務的な役割のみで、やりたくても営業職には就けず、会議にも参加できず、子供ができたら退職しなければならないそうです。
疑問を感じ部長に話してみたところ、他と比べちゃだめなんだ!!
その条件(掃除)を知ったうえで入ったんだろう?前はお茶くみもあったんだから・・(今は無くなっただけまし)と、頭ごなしに言われ手しまいました。
私個人の問題としてではなく、女性として疑問をかんじております。

こういう状況・・1男性・女性出退社時間がちがうこと
        2女性のみに課せられている業務があること
        3女性の出世がありえないこと(妊娠=退職など)
・・・法律的にはどうなるのでしょうか? 
   どなたか教えてください。よろしくお願いいたします。

10月から某商社に派遣で勤務しています。
最初の条件に、9:00から勤務ですがその前にきて毎朝掃除をします。(時給対象外)とのことでした。

入ってから知ったのですが、女性は9:00~5:00 男性は9:15~5:15までと時間帯がずれているということ。
当然、掃除は女性のみがします。(結果的に男性社員より25分は早く出社)
帰りの時間が早いのだからそれであいこでは。。と思われるかもしれませんが、退社時間、業務の流れは男性社員に合わせる部分もあるので退社時間はほとんど変わりません。

女性は他に...続きを読む

Aベストアンサー

男女雇用機会均等法に触れるかもしれませんが、

会社としては、営業・営業補佐(事務)の職種を採用しており、
「たまたま」営業は男性のみ。営業補佐は女性のみ。の採用が続いており
結果として現在の状況にあるだけ。
という事かもしれませんね。
採用したくても能力が高いのが男性ばかりで、補佐までしか使えないのが女性ばかり。
という状況(逆もあるでしょうが)は普通にありえますからねぇ・・・。

職種が違えば、仕事内容や勤務時間・給与などに違いが出るのは当たり前ですので
1,2に関しては問題なくなってしまいますね。
性別の違いに起因するものではなく、職種の違いによるものですから。

3については会社側が正社員と同様に「女性は出世させない」と回答したのであれば問題でしょうが
そこまで言う馬鹿は流石にいないでしょうから微妙かもしれませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報