今とてもはやっている感じの3D業界なのですが、3D人口も増えてしまって、就職の競争も激しくなっていると思うのですが、3D業界の成長は止まっているのでしょうか。
またWeb3Dは伸びていくのでしょうか。
3D業界へ就職するか、Webも勉強してWeb3Dにかけてみるべきでしょうか、非常に迷っています。おねがいします。

A 回答 (1件)

私はゲーム会社に勤めています。

3Dについては、数年前すでに「3Dのバブルははじけた」といわれてました。何の3D業界かは存じませんが、AliasWavefront社の開発の方が言うにはマルチメディアで使われる3Dの割合よりも、プロダクトデザイン、建築などいわゆるCAD関連の割合のが圧倒的に多いそうです。安定性にかけてはCAD関連、新しいジャンルを開拓するのにはWebを中心にした3Dをお勧めしますが、私の仕事関連では、あくまでも表現する選択の一つとして3Dを扱っています。技術の進歩も早いし、3Dの表現に対して観客もかなり見慣れているので、アイデアとセンスの問われる時代では?と私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。進路をどうしようかまよっていたのですが、Webを勉強して頑張ってみようとおもいます。

お礼日時:2001/01/02 21:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QD90、D300s、D700。

D90、D300s、D700。

先日こちらで中級機とはどれか教えて頂きましたが、どれにしようか迷っています。
撮りたい写真は決まっているのですが…(人物中心、背景はぼかす)

また、コスプレイヤーですので、自分の写真はもちろん友人が撮る事になります。

D700はフルサイズですが、重さはどうなのでしょうか?

お店が遠くて確かめるのが難しい状態です。

どうか宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

D700、あるいはD3クラスでも慣ればどうということはないですよ。
ただ、重いことは事実です。本体が1Kgですから、明るい中望遠を付けたら2Kg近くなります。F2.8の望遠ズームを付ければ2.5Kg位です。でも、慣れればどうということはないです。少なくとも撮影は・・・。さすがに機材一式をかばんに詰めるとずっしり来ます。でも、これも慣れればどうということはないです。
35mmフルサイズのボケは良いですよ。D300などで90mmで撮るところを135mmで撮るわけですから、ボケが一段大きくなります。私は35mmフルサイズで135mmF2を使ったりしていますが、ボケは大きく、それを生かすと良い写真が撮れます。F2.8のズームも持っていますが、この1段、差はありますね。(ただし、人物はちょっと距離を長めにしないとアップになりすぎますけど) 

ただ・・・慣れない人にはきついかもしれませんね。以前、ショールームでD300を見ていて”意外と軽いな”と私は思い、次に14-24mmF2.8付きのD3を持ってもこの程度なら、と思ったのですが、その直後、”重すぎ・・・”なんて言ってる人(若い男性でした)もいましたから。他人に写して貰おうとすると、重さに驚く人もいるでしょう。もっとも、うちの女房は平気で子供を写してますけど。

ボケを生かしたいと思うなら35mmフルサイズは非常に有用です。でも、ボケを重視するなら、手ぶれ補正の有無なんて気にしないで明るい中望遠くらいまでの単焦点を2,3本用意し、意識して開放で撮ることでしょう。 当然練習も要ります。目などにピントを合わせないとだめですよ。複数のフォーカスセンサーを頼って何も考えずに自動で写すと肝心の場所にピントが合いません。でも、そうして写した写真にはそれだけの価値はあります。背景がきれいに整理されます。

だけど、慣れない友人にそれは期待できませんよ。自分で良い写真を撮ることと、慣れない人にもそれなりの写真が撮れること、どっちを優先しますか? 良い写真を求めるなら、D700に明るい単焦点は魅力です。でも、友人にもそれなりの写真を撮ってもらうなら、軽いカメラに少々暗くて軽い手ぶれ補正のあるズームレンズでも買っておいた方が無難です。
繰り返しますが、良い写真を撮ることと、他人に自分を写して貰うこと、どちらを重視しますか? 前者なら、手ぶれ補正や重さを気にしないで機材を選びましょう。”ぼけを重視する”というのがはっきりしているのですから。重さや手ぶれは練習でいくらでもカバーできます。

最後に・・・他人に写してもらうときは少々絞ればピントの心配はないです。当然、ボケは減りますけど。

D700、あるいはD3クラスでも慣ればどうということはないですよ。
ただ、重いことは事実です。本体が1Kgですから、明るい中望遠を付けたら2Kg近くなります。F2.8の望遠ズームを付ければ2.5Kg位です。でも、慣れればどうということはないです。少なくとも撮影は・・・。さすがに機材一式をかばんに詰めるとずっしり来ます。でも、これも慣れればどうということはないです。
35mmフルサイズのボケは良いですよ。D300などで90mmで撮るところを135mmで撮るわけですから、ボケが一段大きくなります。私は35mmフルサイズ...続きを読む

Q10Dからの買い換え。1Dか30Dか・・・

現在、EOS 10Dのバッテリーグリップ付きを使用していますが、近々買い換えを考えています。

初代1Dのピントの確認方法って面倒なんでしょうか?
またきちんと確認できますか?
これさえクリアできれば、1Dの中古を考えています。
1Dの中古と30D+グリップの新品がほぼ同じ値段なので、非常に悩むところです。

1Dはあこがれというのもありますし・・・中古というのが心配要素ではありますが。。。

できましたら、10D、1D、30D使ったことある方の率直な意見をお聞きしたいです。
あと1Dの中古を買うとしたらどこに注意したらいいでしょうか?

以上、長くなってしまいましたがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

みなさんのおっしゃるとおり、30Dを買われた方が良いと思います。

初代1Dの中古品となると、外観はそこそこの美品でも報道や、スポーツ写真のプロが放出している可能性も高く、相当数のシャッターを切って酷使しいる物が殆どだと思います。キッスデジタルに比べてやたらと1D、1DMark2の中古品が多いのもうなずいていただけると思います。
そういった理由からして1Dやフィルム機、あるいはキャノン、ニコンに限らず、殆どのいわゆる「フラッグシップ機」と呼ばれるカメラをお求めになるならば中古品と言わず、是非新品をお勧めします。
私もこないだ実物の30Dのファインダーを覗いてきました。1Vを使っているとやや違和感もありますが、意外に倍率も高いし(1Vより良く見えた気がします。)ピントも合わせ易く感じました。なかなかイイですよ。

Q60DのISOオートの機能は7Dや50Dでは?

キャノンの60Dでは撮影時の光量に合わせてカメラが自動的にISO感度を設定してくれるISOオートを搭載していますが7Dや50Dではあるのでしょうか?
またニコンD7000はどうでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

EOS50D・7D使ってます。
当然、ISO感度自動設定は可能です。

Tvモードでは、被写体の輝度がレンズの開放値より暗くなると適正露光を維持するため、1/3段制御でその機種の自動設定上限まで感度アップ。
Avモードでは、シャッタースピード「(1/レンズの焦点距離)+1/3段」以下になると、その機種の自動設定上限まで感度アップ。
なお、使用説明書には載っていませんが、7Dでは、Mモードでシャッタースピードと絞りを任意に設定しても、ISO100~3200の範囲内なら、適正露光をキープする事が可能です。要するに、Tv/Av優先的な使い方も可能です。この機能は50Dは不可です。

D7000の方は判りませんので、別の方の回答をお待ち下さい。

Q舞台・ライブ撮影 40DとD300・D90でおすすめなのは?

他にもダンスやスポーツなどの撮影をしたいと考えています。
それで上記の3機種で悩んでおります。個人的に使用したいのはD300です。もう結構調べましたが、気になる点は、やはりキヤノンのほうが色がいい特に肌色、それAF速度の2点。
スタジオやスポーツでキヤノンが多く使われると聞きました。
しかし、EF-Sレンズにフルサイズ(35mm)と互換性がない。それに40D/50Dは同価格帯のニコン機D90/D300よりチープな作りで、やはりニコンはモノとしてはすばらしいです。それに機能的。持ってるだけでテンション上がる。D300のカタログに載ってるバレエの写真が素敵です。
しかしさっき言った2点と、さらに知り合いにキヤノンを買ったときにはEF70-200mmf4のLレンズを貸してくれると言ってくれる方がいるのも迷うところです。どの機種を買えば一番後悔しないで済むでしょうか?

Aベストアンサー

No.5です。
D300と50D/40DのAF速度についてですが、特にD300は使用レンズで全然違います。
安い超音波モーターより、ボディ内モーターの方が速く動きます。
なので確かめるときはできるだけ、使用予定のレンズでやってください。
10万オーバーの高級レンズは驚くほど速く動きます。

肌色が黄色くなることについてですが、RAW現像時やPhotoshopでのレタッチの能力があれば簡単に直せます。
要は色の置き換えで黄色をちょっと赤方向にずらせばいいだけです。
バッチ処理すれば数百枚単位でもそんなに手間ではありません。
また、この色がおかしいというのは、オートホワイトバランスの精度の問題なので、現像時ホワイトバランスを色温度などで微調整しても直せます。

それと、ニコンのカメラの黄色かぶりは昔から有名ですが、D3Xで改善されたのでD400では改善される可能性が高いです。
あんまり変わらないと言いましたが、ここはひょっとしたら大きいかもしれません。

色のきれいさはキヤノンの昔からの美点だったんですが、正直デジタルだと何とでもなるのであんまり気にしなくていいです。
D300でjpegで撮ってだしする場合も、カメラ内の設定をある程度いじれば多少ましにはなります。

それとjpegで撮ってだしにする場合は、50Dより40Dの方がきれいです。
50Dは以前のEOSよりもノイズリダクションが強くかかる設定で、jpegでは実質1500万画素の解像度は得られません。
実は30Dが一番ノイズは少なかったんですけどね。

それと40Dの方が暗いところでAFが合うという話は、F2.8以上の明るさのレンズでAF測距点の中央を使う場合の話だと思います。

40DのAFセンサーは中央のみF2.8以上の明るさのレンズを使ったとき精度が上がります。
D300はAFが反応する範囲は広いですが、センサーはF5.6です。
まあ、私はそれほど遅いと感じたことはないんですが、もしサンニッパとかを購入予定なら、そういうことも考えてもいいと思います。

No.5です。
D300と50D/40DのAF速度についてですが、特にD300は使用レンズで全然違います。
安い超音波モーターより、ボディ内モーターの方が速く動きます。
なので確かめるときはできるだけ、使用予定のレンズでやってください。
10万オーバーの高級レンズは驚くほど速く動きます。

肌色が黄色くなることについてですが、RAW現像時やPhotoshopでのレタッチの能力があれば簡単に直せます。
要は色の置き換えで黄色をちょっと赤方向にずらせばいいだけです。
バッチ処理すれば数百枚単位でもそんなに手間...続きを読む

QD3000って中身はD60??。いま、D60を仕事で使っています。一日

D3000って中身はD60??。いま、D60を仕事で使っています。一日30枚前後の撮影を行っていますが、液晶モニターが小さいのでモニターの大きいものに買い換えたいと思っています。
とはいっても、モータードライブも要りませんし、できるだけ軽いものでなければ女性スタッフがツラそうですので実際、D5000かD3000かなぁと思っています。 そこで、D3000の仕様を見ていたのですが・・・ん? D60と殆ど同じスペック!?!?  もしかしてカメラの機構は殆ど同じなのでしょうか? せめて画像エンジンくらいはバージョンアップしているのでしょうか?

もしかして、D60からD3000に買い換えるのは無意味なのでしょうか?? 

Aベストアンサー

D3000とD60、ボディーサイズ、重量もほぼ同じ。外見ではっきり違いが分かるのは
背面液晶のサイズぐらい(型番バッジは別として)で、そこを見なければ区別するのは
確かに難しいくらいクリソツですよね。

使い勝手の上で一番大事なファインダー視野率、倍率、ペンタダハミラーである点も
同じだし、撮像素子も画素数も・・・。何から何までそっくり。(汗)

しかし、見えない所でかなりブラッシュアップされています。CCD素子はD200で採用
されたCCDと同等のものを使ってはいますが、ローパスフィルターを含め、処理エンジン
もモディファイされ、D200やD60と比べると、ノイズの出方も穏やかになっていますし、
ピクチャーコントロールの幅も広がっています。

AFユニットもD90と同じマルチカム1000型で、フォーカスポイントも11点(クロスセンサー1点)
となっており、D60のフォーカスポイント3点(中央クロス)のマルチカム530型と比べる
と、AF測距精度もスピードも明らかに進化しています。

そして、何と言ってもシャッターユニットの信頼性耐久性の向上も大きな違いの一つ
です。エントリークラスの位置付けながら、D3000やD5000のシャッターユニットには
、高耐久10万回が謳われています。私の知る限り、このクラスで10万回耐久が
正式に記載されたカメラは初めてだと思います。

画質設定の如何に大きく影響される事は勿論ですが、基本的な描画を見ると、
D60やD80、D200等の同じCCD機種よりも、現行機のD90やD5000の方に
似ています。これは、撮像素子の違いに由来する以上に、処理エンジンや味付け
が現行CMOS機と近似していると置き換える事が出来ると思います

特に、アクティブDライティング(ADL)を効かせると、ノイズ特性を突き詰めて見る事
でもしない限り、DX現行CMOS機と比べて明らかな区別をする事はかなり難しく
なります。

知り合いもD3000を使っていますが、ADLをオフにし、ピクチャーコントロールを穏やか
なニュートラルにして写した描画を見て、CMOS機とは違う、CCDの良さを再認識
しました。

D5000もAFモジュールなどは一緒ですが、D3000と比べると、バリアングルユニット
の分、厚みも重量も増していて、握った感じにはかなり違いがあります。

D5000には、D3000やD60に無いライブビューが備わっていますが、ニコンのライブ
ビューは、中望遠以上の焦点距離になると、途端に合焦が難しくなり、基本的に
標準から広角域でのみ生きる機能と割り切りは必要です。

D3000とD60、ボディーサイズ、重量もほぼ同じ。外見ではっきり違いが分かるのは
背面液晶のサイズぐらい(型番バッジは別として)で、そこを見なければ区別するのは
確かに難しいくらいクリソツですよね。

使い勝手の上で一番大事なファインダー視野率、倍率、ペンタダハミラーである点も
同じだし、撮像素子も画素数も・・・。何から何までそっくり。(汗)

しかし、見えない所でかなりブラッシュアップされています。CCD素子はD200で採用
されたCCDと同等のものを使ってはいますが、ローパスフィルターを含め...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報